あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    2018年01月

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 11:33:16.34 ID:CAP_USER9.net
    3

    12月20日、AED(自動体外式除細動器)に関するTwitterの投稿が話題になりました。

    “AEDを使用する際服を脱がすわけですが、社内アンケートの結果「男性にされたらセクハラで訴える」という女性社員が多かったため、女性社員が倒れていたときの救助活動一切を女性にさせ、男性しかいないときは女性を呼び出すか、契約書に本人の署名をしてもらってから救助する。という会社に遭遇した。”

    この投稿は瞬く間に、拡散。
    見た人からは「訴えられるから、女性が倒れてても救助しない」「すぐにセクハラで訴えられて怖い時代だ」などのコメントが寄せられました。

    AEDは突然心臓が止まった時などに、電気ショックを与えて心臓の動きを復活させる機械です。AEDの電極パッドを衣服の上から使うと、衣服が燃えてしまう可能性があるため、直接肌につける必要があります。
    そのため女性にAEDを使う場合、衣服を脱がす・切るなどして胸をはだけさせる必要があります。

    先の投稿では、AEDを使った救助行為を「セクハラとして訴えられる」とまとめていました。しかし12月22日に、投稿者はこの投稿が創作であることを明らかにし、謝罪しています。

    ちなみに、救助の中で胸をはだけさせる行為は命を救うためにはやむを得ないため、セクハラにはなりません。(ただし、周囲の人と協力し、壁を作るなど一定の配慮が必要です)

    つまり先にあげた投稿は結果的に「AEDに関する間違った認識を広めるデマ」ということになります。

    ■定番となっている「AEDセクハラデマ」

    実はAEDセクハラデマはネット上で定期的に発生する、定番ネタになっています。
    そのため「今回の投稿者が悪い」で片付けてはいけない話です。

    話の細部は変わりつつ「AEDを使うために女性を裸にしたら警察を呼ばれた」と言った共通のストーリーで、最後は「女性は助けない方がいい」「すぐセクハラ認定されて男は辛いよ」と言った結論になります。

    前述したように「救助として適切な行為」はセクハラに当たりませんので、こうしたデマは適切な人命救助を阻害する間違った認識を広げていることになります。本来助かるはずの命が、こうしたデマがきっかけで救われないのだとしたら、とても悲しいことです。

    かくいう私もAEDの使い方は「なんとなく」でしか理解していませんでした。これをキッカケに、改めて適切な使用方法を予習すると、いつか誰かの命を救うことになかもしれません。

    総務省消防庁―救命処置の流れ(心肺蘇生法とAEDの使用)

    ■デリケートな問題を、デマによる偏見で考えない

    さらにこうしたデマでは「セクハラ」に関する偏見を助長することにもなります。「何かあると男はすぐにセクハラで訴えられ、社会的に抹殺される」という意見です。

    実際「痴漢冤罪」などの事例もあるため、こうした懸念を抱く人がいるのも理解はできます。ただし、今回の事例は、「作り話」であり「デマ」です。

    セクハラの告発は冤罪を生む可能性もあるため、本来とてもデリケートな事象です。
    セクハラを野放しにしてはいけませんし、かと言って冤罪を容認するわけでもありません。どちらも発生させないために、丁寧かつ慎重に考えなければいけません。
    だからこそ、デマを基に考えてはいけないのです。
    デマを信じてはいけないのです。
    デマを容認してはいけないのです。

    現在、女性がセクハラを告発する#MeTooというムーブメントが広がっています。
    このムーブメントも、セクハラが抱え持つ構造について本質的な問題点が広く認知されないと、定着せずにただのブームで終わるでしょう。だからこそ、丁寧かつ慎重な議論が必要です。

    SNSで広がる#MeTooムーブメント 告発者バッシングに転化させないために考えたいこと モバプリの知っ得!

    AEDのデマに類似したデマを信じ、間違った「セクハラ感」を築いた人もいるかもしれません。

    >>2以降に続く

    配信2017年12月31日
    琉球新報STYLE
    https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-639820.html

    関連過去スレ
    「問題提起のつもりだった」 男性社員がAEDを使用した場合「セクハラで訴える」との女性社員が多数との投稿 実際は全くのデマだった★4
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514080092/

    引用元: ・【デマ/話題】広がった「AEDセクハラデマ」 その裏で築かれる偏見

    【広がった「AEDセクハラデマ」 その裏で築かれる偏見】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 09:30:04.03 ID:CAP_USER9.net
    3

    大半の運転者がルールを守らないとき、どうすべきか。警察の取り締まり強化を求める声が多く寄せられました。取り締まりは、ここ10年で倍増しています。それでも事故はなくなりません。交通心理学の専門家は、背景にある日本人の振る舞いや、道路をめぐる欧米との意識の違いを指摘します。寄せられた提言などとともに紹介します。

    ■言い訳せず まず停止

     アンケートには、道交法の原点に立って考えるべきだという意見が多く寄せられました。その一部です。

    ●「道路交通法は我々の社会生活の安全を担保する社会ルールだと思っています。横断歩道に歩行者、自転車がいるときは渡らせなければならない、という道交法第38条の他、交通弱者である歩行者の安全を守るという社会ルールは義務教育で教え、PTAで教え、自治会で教え、学ばなければならないと思っています」(千葉県・60代男性)

    ●「横断歩道に立っていてもほぼ止まらないため、手を挙げるようにしています。歩行者も渡りたいのかの意思表示が必要ですね」(愛知県・50代男性)

    ●「警察が取り締まりを徹底すべきです」(秋田県・70代男性)

    ●「諸外国の郊外など、横断歩道に立っていれば渡りたいんだとすぐに判断が出来ると思いますが、狭い煩雑な日本の街中などただ単に立っているのか渡りたいのかが不明な場合が多々あります。私が歩行者の場合には積極的に手を上げて渡りたいとの意思表示をしています。そうすると左右両方の車両の運転手にも分かりやすく、すぐに止まってくれます」(神奈川県・60代男性)

    ●「自動車は一時停止できる構えで横断歩道に接近するべきなのに、そのように実行している運転手はほとんどいない。『歩行者が横断する気か分からない』という言い訳があるけれども、分からないならばいったん停止してみてはどうか。それが運転する上での安全配慮というものだろう。『そんなことやってられない』というのがドライバーの本音だと思うが?」(東京都・50代男性)

    ●「人と車が衝突したら100%人が負けるわけで、そういう力関係のもとで車の不法行為がまかり通ってしまっている。もはやマナーに期待はできない。どんどん取り締まって罰金を科すべきである」(東京都・60代男性)

    ●「『歩行者が待っていてくれるだろう』という運転手が多すぎる。信号なし横断歩道では、横断しようとする人がいれば一時停止、いるかどうか分からない時は徐行ですから(道交法38)、直進車と横断者の事故は本来、起こりえないはずなんです。即効性のある解決策は、信号なし横断歩道の手前にバンプをつけることです。そうすれば、どんな車も速度を落とさざるをえませんし、減速したのでそのまま止まって歩行者を優先するようになると思います。あとは取り締まり強化しかありません」(東京都・40代女性)


    ■「弱者に冷たい」背景に

     日本人や日本の社会についての意見もありました。

    ●「やはりこれは『他の人も止まらないから』という日本人の横並び意識からきていると思う。シートベルトや一時停止、酒気帯びなど、日本の交通ルールは警察が厳しい取り締まりをしだしてから守る人が増え始め、ある一定の割合以上になると急にほとんどの人が守るようになる傾向にあると思う。明らかに歩行者優先の横断歩道で事故が頻発しない限りは警察も取り締まりを強化しないのかもしれない」(京都府・50代男性)

    ●「日本は車に限らずだいたい強者優先の社会で、弱者は我慢せよ、と冷たい。それが車優先にも出ているのでは。横断歩道で渡ろうと、運転者の目をじっと見ていてもほとんど無視され止まってくれません。ちなみに歩道を走る自転車も、歩行者を押しのけるように走っていくのが多いです」(東京都・40代女性)

    ●「車の流れに乗らない方が危険というのをよく聞くが、ただの言い訳に過ぎない。『赤信号、みんなで渡れば怖くない』とほとんど変わらない。それで法律違反が許されるならホントに警察はいらない。歩行者優先を徹底しないと何よりも大切な命を守ることが出来ません」(埼玉県・50代男性)

    >>2以降に続く

    配信2017年12月31日05時03分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASKDW11LPKDVUPQJ00K.html

    関連過去スレ
    【調査】信号機のない横断歩道、止まらぬ車 運転者の意見は?「かえって危険」「マナーではなくルール」★7
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514151283/

    ★1が立った時間 2017/12/31(日) 17:19:05.64
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514708345/

    引用元: ・【交通ルール】「他の車も止まらない」横並び意識 信号機ない横断歩道 「言い訳せず、まず停止」★2

    【交通ルール「他の車も止まらない」横並び意識 信号機ない横断歩道 「言い訳せず、まず停止」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 09:45:06.48 ID:CAP_USER9.net
    3

    私たちは制約があると不満やストレスを感じますが、それがあるからこそ自由の獲得への欲求が高まります。逆に言えば、自由にさせられると不満もストレスもない分、自由のために行動するという意欲そのものを失うのです。

    結婚にも同じことが言えます。
    結婚が自由化されると結婚意欲を減退させ、未婚化を推進してしまうのではないか。
    今回はそんなお話をします。

    ■結婚の自由化が未婚化を推進している?

    未婚化の原因は決してひとつではなく、さまざまな要因が複層的に影響しあって起きています。
    が、巷(ちまた)で言われているような「未婚化は若い男の草食化」などではないということだけは断言できます。
    その論拠については、こちらの記事「『草食系男子の増加』という大いなる勘違い(http://toyokeizai.net/articles/-/148345)」でもご紹介しましたが、改めて男性の交際相手がいた比率の推移をご覧ください。

    少なくともここ30年間、男の交際率は変わっておらず、時代によって交際率が変化したなんてことは統計上はまったく言えません。
    むしろ、自発的に恋愛ができる男の割合なんてものはいつも3割にも満たず、7割強の男には交際相手はいなかったんです。
    最近の若者が「恋愛離れ」しているのではなく、バブル時代に青春を過ごした今50代以上の男性も、肉食系のイメージで見られがちですが、例外ではありません。

    「それはおかしい。かつてはみんな結婚できていたんだから」というご指摘もあるでしょう。
    確かにそのとおりです。
    ですが、だからといってかつての男が積極的だったという証明にはなりません。

    日本はかつて、皆が結婚する皆婚社会でした。
    国勢調査が始まった1920(大正9)年からのデータを振り返ってみても一貫して生涯未婚率は1990年まで5%以下で推移しています。
    この驚異的な婚姻率が1875年(明治8年)にはまだ3340万人だった人口を、1967(昭和42)年頃には1億を突破させるほど急成長させた原動力でもあります。
    しかし、それはいわば国家的な「結婚保護政策」のおかげだったことを認識したほうがいいと思います。

    近代日本の婚姻制度を成立させたのは1898(明治31)年に公布された明治民法です。
    誤解されている方も多いですが、ここで定められた結婚のあり方というのは、それまでの日本人庶民の結婚観とは大きく異なります。
    時代劇や歴史小説などでは主に武家の話しか出てこないため、すべての日本人が武家様式の結婚生活をしていたと思われがちです。
    しかし、武家人口は江戸時代の戸籍資料によると、総人口に対してわずか7~8%のマイノリティです。

    現在の私たちの祖先のほとんどが農民や町人であったわけで、日本人=武士という考え方は間違いです。
    当時の庶民たちの結婚は、夫婦別姓であり、ほとんどの夫婦が共働き(銘々稼ぎという)でした。
    何より、夫婦別財であり、夫といえども妻の財産である着物などを勝手に売ることはできなかったのです。

    要するに、明治民法が制定されるまでの日本人庶民の結婚とは、限りなくお互いが精神的にも経済的にも自立したうえでのパートナー的な経済共同体という形に近かったわけです。
    別の見方をすれば自由でもあり、夫婦の関係は対等でした。

    ■明治民法により妻の経済的自立と自由が奪われることに

    それが、明治民法により、庶民の結婚も「家制度」「家父長制度」に取り込まれることになり、主に妻の経済的自立と自由が奪われることになります。
    夫は外で仕事、妻は家事と育児という夫婦役割分担制もここから「あるべき夫婦の規範」として確立していきます。
    それにより、女性にとって結婚とは生きるための就職のような位置づけとなり、基本的に結婚をしないという選択肢はありませんでした。
    そこで大いに機能したのが「お見合い」という社会的なマッチングシステムなのです。
    実は、これこそが結婚保護政策の最たるものです。

    お見合いとは、個人の恋愛感情より、家と家という2つの共同体を結びつけるための機能が優先されるものであって、ある面では個人の自由がないと言えます。
    しかし、むしろ個人最適の選択によらず、強制的な全体最適を目指したシステムだからこそ、皆婚が実現できたともいえます。
    特に、自分からアプローチできない男にとってこのお見合いシステムというのは神システムだったと言えるでしょう。

    一部引用しました。全文はソースで
    http://toyokeizai.net/articles/-/202863

    引用元: ・【話題】100年前の日本人が「全員結婚」できた理由 「恋愛結婚」が9割の現代は離婚率も増加

    【100年前の日本人が「全員結婚」できた理由 「恋愛結婚」が9割の現代は離婚率も増加】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/01(月) 23:29:23.04 ID:CAP_USER9.net
    3

    ブルゾンちえみの新ネタ「女のイヤはイヤじゃない」に反発する声も

    1/1(月) 18:39配信

    ハフポスト日本版

    お笑い芸人のブルゾンちえみの新ネタ「素直じゃない女」が、ネット上で反発を呼んでいる。

    安室奈美恵がブルゾンちえみ風に変身、「カワイイ」と評判に

    ■どんなネタだったのか?

    ブルゾンは、1月1日未明に日本テレビ系で放送された「ぐるナイ!おもしろ荘」に出演した。
    ちょうど1年前、この番組で優勝したことをきっかけに大ブレークしたこともあり、後輩の男性コンビの「ブリリアン」と共に凱旋して約3分間のコントをした。

    “素直になれない系女子“を演じたブルゾンは、「男子、これだけは覚えてて欲しい。女のイヤはイヤじゃない」と独白。
    ブルゾンの飲みかけのミネラルウォーターを、ブリリアンが飲むと「やだ、やだって、やだやだ。それ、私が飲んでた水だよ」と、わざとらしく嫌がる。

    足をくじいた演技をした後に、甲斐甲斐しく介護するブリリアンを「やめて、お願い!」と突き飛ばすなどした後に、
    「なんでこうなっちゃうんだろ。私」と後悔し、「本当は、イヤじゃないよ!」と絶叫するというネタだった。

    これを見たゲストの反応もさまざまだった。

    綾瀬はるかは「本当にイヤなときもありますよね?」と質問。ブルゾンは「そうなんです」と即答。

    一方、出川哲朗は「ブルゾンの気持ちわかる。女のイヤはイヤじゃない。俺がチューしようとして嫌がる女の子に、
    『お前がイヤだっていう気持ちよりも、俺がチューしたい気持ちの方が絶対勝ってるから』と言うと、ほとんどできる。92%くらい」と持論を述べていた。

    ■ネット上の反応は?

    ブルゾンの新ネタに対するネット上の反応を見てみると「共感できた」「めっちゃ好き」という好意的な反応の一方で、
    「男に変な誤解を与えかねない」と反発する声や、「#MeToo でセクハラ被害を告白するようになった今、このネタか」と呆れる声が続出している。

    番組中で「本当にイヤなときもありますよね?」と釘を刺した綾瀬はるかを称賛する声も多かった。

    ------ 主な反応 ------

    「はやらせる前にやめてください。勘違い男湧くから。すでに出川さんの発言目の当たりにしましたよね? 撤回してほしい」

    「世のおかしな男に変な誤解を与えかねないんじゃないだろうか」

    「勘違い男湧くから辞めてくれ」

    「路線間違えちゃってるよ...炎上案件だ...。」

    「本当にイヤな時もあるやろって思ってたら綾瀬はるかが言うてくれた」

    「Metooタグなどで世界中でイヤなものはイヤだと声を上げ出した今このネタか、、うーん」

    「凄い勝手だけどちえみにこんなネタやってほしくなかった。強くてカッコイイ女のネタでブレイクしたのに」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00010006-huffpost-soci

    引用元: ・【時代錯誤】ブルゾンちえみの新ネタ「女のイヤはイヤじゃない」に反発の声

    【ブルゾンちえみの新ネタ「女のイヤはイヤじゃない」に反発の声】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/01(月) 21:09:12.64 ID:CAP_USER9.net
    歌手のGACKTが1日放送のABC・テレビ朝日系の正月恒例特番『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル』(後6:00~9:00)に出演。
    “一流芸能人”としての個人連勝記録を55に伸ばしただけでなく、YOSHIKIとのペアでも全勝を果たした。

    GACKTの個人51連勝中で迎えた今回の放送。
    「5年前からずっと(出演を)お願いしていた」というX JAPANのYOSHIKIを相棒に迎えた最強タッグで臨んだ。今回、2人が“AB部屋”どちらかに入った瞬間に、ほかの出演者たちがまるで正解したかのような気になってしまうのを防ぐため、出演者も視聴者もシャットアウトしたYOSHIKI&GACKT専用の“AB部屋”が用意されたほど、事前の期待値も高かった。

    その前評判に違わず「100万円のワイン」、「ベテランの和楽器演奏」、「高級キャビア」、「総額39億円の名器による弦楽器演奏」、「1億円の盆栽」、「最高級神戸牛」と2人で危なげなく連勝を積み上げ、一流芸能人の格を守りきった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000320-oric-ent

    『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル』GACKTとYOSHIKI
    no title

    no title

    引用元: ・【テレビ】『格付け』GACKTの個人連勝55に YOSHIKIとの最強コンビでも全勝

    【『格付け』GACKTの個人連勝55に YOSHIKIとの最強コンビでも全勝】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 07:57:01.39 ID:CAP_USER9.net
    3

    きょうからUターンラッシュ

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20180102/1100001142.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    年末年始をふるさとや行楽地などで過ごした人たちのUターンラッシュが、高速道路や空の便で2日から始まり、各地の高速道路は上り方向での激しい渋滞が予想されています。

    Uターンラッシュに伴う高速道路の上り方向の渋滞や混雑は、2日午前から始まると予想されています。
    日本道路交通情報センターによりますと、午前6時半の時点では、全国の高速道路の車の流れは順調です。
    高速道路各社によりますと、午後からは各地で激しい渋滞が予想されていて、このうち35キロの渋滞が予想されているのは、東名高速道路が神奈川県の大和トンネル付近で午後2時ごろ、関越自動車道が埼玉県の高坂サービスエリア付近で、東北自動車道が埼玉県の加須インターチェンジ付近でいずれも午後5時ごろとなっています。

    また、航空各社によりますと、国内の空の便のUターンラッシュも2日から始まり、各地から羽田に向かう上りの便は全日空、日本航空ともほぼ満席になっています。

    一方、新幹線は3日、混雑のピークを迎えるということです。

    01/02 07:27

    引用元: ・【はえーよ!】きょうからUターンラッシュ(1月2日)

    【きょうからUターンラッシュ(1月2日)】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 08:13:18.21 ID:CAP_USER9.net
    3

    飲酒の夫が妻に暴力 逮捕相次ぐ

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7004061621.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    元日(1日)の夜、道内では酒に酔った夫が妻に暴力をふるったとして傷害や暴行の疑いで逮捕される事件が3件相次ぎました。

    このうち札幌市厚別区の住宅では、午後9時すぎ44歳の夫が妻を殴っていると一緒にいたこの夫婦の友人から警察に通報がありました。
    警察官が駆けつけ、夫が40代の妻の顔や腹部を殴ったり蹴ったりしたことを認めたことから夫を傷害の疑いでその場で逮捕しました。
    警察によりますと、夫婦は友人と食事をしていたところ口論になり、酒に酔った夫が妻に暴力をふるったということです。

    また、道東の白糠町でも午後10時すぎ69歳の夫が自宅で60代の妻の顔を殴っていると
    息子から通報があり、駆けつけた警察官が夫を傷害の疑いで逮捕しました。

    さらに函館市では、午後7時ごろ49歳の夫が自宅で40代の妻の顔を殴ったとして暴行の疑いで逮捕されました。

    警察によりますと3人はいずれも酒に酔った状態で妻に暴力をふるっていて、いずれも容疑を認めているということです。

    01/02 07:26

    引用元: ・【北の暴力大将】ポカリ、ポカリ、ポカリ 北海道で飲酒の夫が妻に暴力 逮捕相次ぐ

    【北海道で飲酒の夫が妻に暴力 逮捕相次ぐ】の続きを読む

    このページのトップヘ