あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    芸能NEWS

    1: 小豆大福 2016-12-12 17:56:34 ID:

    【【画像あり】日本一かわいい女子高生ミスコン、全国6地区の代表をご覧ください】の続きを読む

    無題
    1: 小豆大福 2017/09/01(金) 23:46:19.14 ID:CAP_USER9
    叶姉妹はなぜコミケで受け入れられたのか (プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170901-00023001-president-soci
    9/1(金) 9:15配信

    女優・真木よう子が年末のコミケに参加しようとして批判を浴びた。一方、今年夏のコミケに“降臨”し、コミケ参加者に絶賛されたのが叶姉妹だ。叶姉妹はなぜ受け入れられたのか?  彼女たちの言葉を探ると、異文化交流の神髄が見えてくる。

    ----------
    叶恭子
    「世界のどのような場所であっても、未知の世界のルールとマナーを熟知しなければ、わたくし達が真の敬意を払っていることが伝わらないでしょう」
    ――叶姉妹オフィシャルブログより(2016年12月26日)https://ameblo.jp/kanosisters/entry-12231561264.html
    ----------

     女優の真木よう子が今年12月に開催される「コミックマーケット93」(コミケ)への参加を表明したが、参加者などから猛批判を浴びて炎上状態になっている。結局、真木は謝罪を行い、コミケへの出展を取り消した。

     ここで思い出すのが、今年8月に開催された「コミックマーケット92」に初出展し、極めて好意的に受け入れられた叶姉妹のことだ。なぜ彼女たちはコミケ参加者たちに好かれ、絶賛されたのか?  彼女たちのブログに記された言葉から、「未知の世界」との付き合い方を学んでみよう。

    ■迷惑にならないよう、全力でベストを尽くす

     ゴージャスな叶姉妹とオタク文化はまったく縁がなさそうだが、2016年7月に妹の叶美香が『ジョジョの奇妙な冒険』のファンであることをブログで告白。同年末のコミケに一般客として参加し、無事に『ジョジョ』の同人誌を入手した。

     しかし、3日間で延べ50万人以上もの人が詰めかけるコミケに、有名人である叶姉妹御一行がそのまま乗り込めば大混乱になりかねない。そこで2人はブログなどを活用して徹底的に「冬のコミケの知っておくべき基礎知識のお勉強とお支度」(叶姉妹オフィシャルブログ 2016年12月28日)を行った。冒頭の言葉にある通り、「未知の世界のルールやマナー」を学ぼうとしたのだ。

    ----------
    叶美香
    「全力でご迷惑にならないようにベストを尽くすこと」のため いろいろお勉強しておりますよ。」
    ――叶姉妹オフィシャルブログより(2016年12月27日)https://ameblo.jp/kanosisters/archive11-201612.html
    ----------

     ブログではとにかく「皆さんのご迷惑にならないように」ということが強調されていた。「全力で」迷惑にならないように「ベストを尽くす」。コミケでブースを出展するのではなく、ちょっと遊びに行くだけでこの念の入れようである。

    【【悲報】叶姉妹はなぜコミケで受け入れられたのか?女優・真木よう子は炎上】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/02(土) 11:12:04.95 ID:CAP_USER9
     俳優の速水もこみちさん(33)の弟で、会社員の表久禎(おもて・ひさよし=28)容疑者が
    2017年8月31日、交通トラブルで揉めた男性に暴行を加え重傷を負わせたとして、傷害容疑で
    警視庁に逮捕された。

     表容疑者は元俳優で、「俵尚希(おもて・なおき)」の芸名でドラマやCMに出演していた。
    2007年3月に芸能界デビューを果たした際には、スポーツ各紙が「もこみち弟が芸能界デビュー」
    などと報じていた。

    ■全治2か月のけがを負わせた疑い

     警視庁の発表によれば、表容疑者は17年6月、東京都大田区の路上で47歳の男性の頭部を数回殴り、
    路上に引き倒した上で、首や胸のあたりに両ひざで圧しかかるなどの暴行を加え全治2か月のけがを
    負わせた疑いが持たれている。

     日本テレビのニュースサイト「日テレNEWS24」の逮捕報道によれば、事件当時、表容疑者は
    車を運転していた。「運転の仕方が気に入らない」と男性に因縁をつけ、車から降りてきたところで
    暴行に及んだ。表容疑者は容疑を認めているという。

     この報道を受けて、インターネット上では、「マジか...」「もこみちの弟捕まったん!? 」
    などの反応が広がると共に、速水さんの「本名」について言及するユーザーの姿も目立っている。

     ツイッターやネット掲示板では、弟が逮捕されたことで速水さんの名字を初めて知った、などとして、

      「もこみちの名字って表って言うんだ...」
       「弟の暴行事件から速水もこみちの本名が表もこみちと知るなんて」
       「『速水』って芸名だったのか...」
       「内容より、もこみちの名字が表ってゆーことにびっくり」

    との書き込みが相次いでいる。実際、8月31日夕時点で、ツイッターの検索欄に「もこみち」と
    入力すると、関連ワードの2番目に「表」が出てくるほどだ。

     なお、速水さんの本名は、所属事務所の公式紹介欄には掲載されていない。ただ、日刊スポーツの
    2006年4月28日付け記事では、速水さんのプロフィールについて「本名表(おもて)もこみち」と
    説明している。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000013-jct-soci

    【【速報】もこみち弟逮捕で意外な余波情報 本名は「速水」ではなく...】の続きを読む

    o030003001431939329117
    1: 小豆大福 2017/09/02(土) 09:02:55.48 ID:CAP_USER9
    過酷な闘病生活、そして深い悲しみを乗り越えるため、“家族”は一丸となってきた。だが、いずれ歌舞伎界を背負う宿命の父と子。
    「義理の姉」であり「伯母」である独身女性に、いつまで頼ることができるだろうか──。

    妻・小林麻央さん(享年34)が旅立ってから2か月。市川海老蔵(39才)は歌舞伎役者として精力的に舞台に立っている。
    そして、長女・麗禾ちゃん(6才)と長男・勸玄くん(4才)の母親代わりとなっているのが、麻央さんの姉・小林麻耶(38才)だ。

    地方公演などで自宅をあけることの多い海老蔵にとっても、麻耶がそばにいてくれることは心強いに違いない。子供たちが慕っているならばなおさらだ。

    「海老蔵さん自身、母親の必要性は痛いほどわかっています。でも、“代理ママ”という中途半端な状態でずっと麻耶さんを縛りつけていくわけにもいきません。
    麻耶さんももうすぐ40才ですから、例えば誰かと結婚して子供を産むといった女性の幸せを考えるなら、海老蔵さんもどう身を振るか早く決断しないといけません」(歌舞伎関係者)

    麻耶もまた、同じような迷いを抱えているようだ。

    「麻央さんの看病に駆けずり回るうちに、麻耶さんは“自分はもう結婚しなくていい”といったような心境にまでなっていたそうです。
    でも、いざ麻央さんが亡くなって、あえて触れないようにしていますが、世間で再婚とかが噂されているのはわかっています。
    最近は、海老蔵さんのプライベートとどう線を引くかが難しくなっているみたいです」(芸能関係者)

    麻耶は8月末には海老蔵と2人の子供、そして実母とともにハワイに滞在していた。その間、麻耶は幾度となくブログを更新した。
    だが、会員限定の記事を除いて、海老蔵の名前が出てくることもなければ、海老蔵が写り込んだ写真がアップされることもなかった。

    「本当に仲のいい姉妹でしたから、麻耶さんは麗禾ちゃんと勸玄くんに深い愛情を持って接しています。海老蔵さんに対しても、子供たちのそばにいられる機会をもらえて感謝の気持ちもあるんじゃないですかね。
    でも、子供たちが懐いてくれているのは嬉しい半面、自分があまりに近い場所に居続けるのは、もし新しいママを迎えることになったときに子供たちがうまく受け入れられないのではないかとも考えているみたいです。
    ブログで海老蔵さんへの言及を避けたのは、そういった配慮もあったようです」(前出・芸能関係者)

    歌舞伎界の中心に鎮座する「成田屋」の事情も複雑に絡んでくる。歌舞伎役者とそれを支える妻は、いうなれば表と裏の関係。弟子や関係者もたくさん抱えるだけに、“おかみさん”の存在は必要不可欠だ。

    「さまざまなしきたりや決まり事もありますから、勉強しなければならないことも多い。梨園の妻デビューをした麻央さんが、海老蔵さんの母である堀越希実子さんの後ろをついて歩く姿は記憶に新しいでしょう。
    ですが、麻耶さんはあくまで『嫁のお姉さん』。希実子さんにとっても、いろいろ教えたりということができるわけではありません。

    ただ麻耶さんはもともと麻央さんより海老蔵さんファンを公言していたほど歌舞伎好きです。今はまだ、麻耶さんは歌舞伎座に行ったとかいうことはなく一線を引いているようですが、
    おかみさんをこなせる器は充分にある。子育ても、パートナーとしてもこんなに合う人はいないというのも周囲の本音です。

    麻央さんもそれを望んでいたのでは…という声もあるほどで、贔屓筋では再婚確率は5分以上あるのではないかと、期待を込めた声があがるのも当然なのかもしれません」(前出・歌舞伎関係者)

    ※女性セブン2017年9月14日号

    NEWSポストセブン / 2017年9月2日 7時0分
    https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_608903/?p=1

    【【話題】<市川海老蔵>小林麻耶との「再婚確率は5分以上」との噂】の続きを読む

    2086636_201702280591048001488229243b
    1: 小豆大福 2017/09/02(土) 08:19:38.81 ID:CAP_USER9
    9/2(土) 8:05配信

    交際していることが分かった泉里香と川崎FのMF谷口彰悟

     モデル、グラビアの両方で活躍する「モグラ女子」として人気沸騰中の泉里香(28)が、サッカー元日本代表でJリーグ川崎FのMF谷口彰悟(26)と交際していることが1日、分かった。知人の紹介で知り合い、2年前から交際を続けている。

    【写真】写真集「Rika!」で水着姿を披露する泉里香

     今年、大ブレークを果たした泉と、Jリーグ屈指のイケメンといわれる谷口。食事やショッピングなど、デートを楽しむ姿が目撃されていた。2人の知人は「とてもお似合いの美男美女カップル。どちらかというと谷口さんの方が、泉さんにゾッコンのように見えましたね」と話している。

     泉はモデルとして活動しながら、細身のスタイルに豊満なバストの“エロふわボディー”を武器にグラビアでも活躍。初写真集「Rika!」は発売前に重版がかかる人気で、モグラ女子ブームの火付け役となった。最近はCMやバラエティー番組に引っ張りだこで、女優としても活躍するなど、その勢いは止まらない。一方、谷口は2015年に日本代表に初選出された有望株。昨年12月の天皇杯準決勝で決勝ゴールを決めて、クラブ史上初の決勝進出に貢献するなど、勝負強さで知られる。

     知人は「2人とも仕事面で今が“勝負時”。刺激し合いながら成長していく、いい関係のようで、結婚の話はまだ出ていないようです」と話している。

     ◆泉 里香(いずみ・りか)1988年(昭63)10月11日、京都府生まれ。明大文学部英米学科卒。02年にスカウトされ、03年からモデルとして活動。同年に実写版「美少女戦士セーラームーン」で女優デビュー。08年からファッション誌「Ray」の専属モデルを務め、15年末に卒業した。血液型A。

     ◆谷口 彰悟(たにぐち・しょうご)1991年(平3)7月15日、熊本市生まれ。10年、熊本・大津高から筑波大に入学。1年時からレギュラーに定着し、4年時は主将を務めた。11年、ユニバーシアードに日本代表として出場し、金メダル獲得。14年に川崎F入団。1メートル82、70キロ。血液型B。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-00000079-spnannex-ent

    【【画像あり】“モグラ女子”泉里香、谷口彰悟と交際!2年前から】の続きを読む

    07631
    1: 小豆大福 2017/09/02(土) 07:54:06.70 ID:CAP_USER9
     女優の吉岡里帆さんが出演するニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」の新CMが1日、公開された。吉岡さんは新CMで、パジャマ姿で寝転ぶ姿や、キュートな歌声を披露している。2日から放送。

     新CMは「朝1分のニュースが人生を変える」シリーズの「色々な新聞篇」、「バス篇」の2パターン。「色々な新聞篇」では、パジャマ姿でベッドに寝転んだ吉岡さんが、「もう起きなさい!」と声をかけられ、目をこすりながらスマホを手にし「今いろんな新聞のニュースチェックしてるの」と答える、という内容。「バス篇」では、メガネ姿でバス通勤中の吉岡さんが、スマホを見ながら「朝1分のニュースが人生を変える、って言うけど…」と同CMのCMソングを口ずさむ様子が映し出される。

     撮影で早朝から元気に現場入りしたという吉岡さんは、監督とともにせりふの言い回しなどを試行錯誤しながら、懸命に演じていたという。また、普段からスマートニュースを使っているといい、撮影の合間に普段の使い方やおすすめのチャンネルについて熱く語っていたという。

     「朝1分のニュースが人生を変える」シリーズにはこのほかに「英語」篇、「朝1分」篇、「昼1分」篇もあり、それぞれYouTubeのSmartNews公式アカウントで順次公開される。

    2017年09月01日
    https://mantan-web.jp/article/20170901dog00m200020000c.html
    https://storage.mantan-web.jp/images/2017/09/01/20170901dog00m200020000c/001_size10.jpg
    動画https://youtu.be/I7-1aFmBUMM


    【【話題】吉岡里帆:新CMでベッドでゴロゴロ…キュートな歌声も披露】の続きを読む

    このページのトップヘ