あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    雑談・議論

    1: 小豆大福 2018/01/05(金) 11:42:44.93 ID:CAP_USER9.net
    若者の「恋愛離れ」に歯止めがかかったようだ。
    2018年に成人式を迎える新成人600人のうち「これまでに交際経験がある」と答えた人の割合は昨年の59%から62%にまで上昇。

    男性では54.3%から55.3%に、女性では63.7%から68.7%に増加した。
    楽天オーネットが1月4日に発表した「恋愛・結婚に関する意識調」で明らかになった。

    no title


    「現在、交際している人がいる」と答えた人の割合も全体で30.7%から31.5%にまで増加している。
    恋人がいると答えた人の割合は、1996年の50.0%をピークに下降を続け、2011年には23.0%に。
    その後は上昇傾向が続き、2014~2018年は5年連続で増加を続けている。

    ■「交際相手がほしい」も2015年の62.6%から76.5%にまで上昇

    「出会いのきっかけ」で最も多かったのは「大学・専門学校」(30.2%)で、次に多かったのは「中学・高校時代の同級生」(18.0%)だった。
    3番目に多いのは「ネット(SNS)」の15.3%で、新成人がSNSを通じて恋人と出会っていることもわかった。

    ただし、男性に絞ると「その他」が22.4%で「ネット」(14.5%)を上回っている。
    選択肢には、「合コン」、「アルバイト」、「紹介」なども並ぶ中、それらに含まれない「その他」の方法で出会っている男性が多いということだ。

    no title


    現在、恋人がいない人に「交際相手がほしいか」を聞いたところ、「ほしい」と回答した人は76.5%に上った。
    「恋人がほしい」と回答した人の割合も2000年の90.0%をピークに下降傾向にあったが、2015年(62.6%)以降、増加が続いている。

    交際相手がほしい理由としては、男女ともに「一緒に時間を過ごす相手が欲しい」(71.4%)、「ときめきたい」(47.1%)が多かった。
    しかし3番目に多い理由としては、男性の場合「Hがしたい」(28.6%)で、女性の場合「何でも相談できる異性がほしい」(22.1%)となっている。

    no title


    「将来、結婚したい」と答えた新成人の割合も2年連続で増加し、2018年は83.8%に達した。
    結婚したい理由としては、男性は「好きな人と一緒にいたい」(55.7%)が最も多く、女性は「子どもが欲しい」が60.5%でトップだった。
    若者の「恋愛離れ」に歯止めがかかった形だが、相手が見つからない人や恋愛に興味がない人にとっては生きづらい世の中になりそうだ。

    https://news.careerconnection.jp/?p=48378

    引用元: ・【話題】新成人の3人に1人は恋人がいることが判明!交際経験ありも6割を超え 若者の「草食化」に歯止めか

    【新成人の3人に1人は恋人がいることが判明!交際経験ありも6割を超え 若者の「草食化」に歯止めか】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/14(木)20:03:35 ID:7tb
    3

    わいは下水道関連の仕事してる者なんやが、「下水道には何でも流せる」って勘違いしてる人や、ためらいなく異物を流す人もおるけんもうめちゃくちゃ困っとるんや
    このスレでは下水道に流してはいけないもの、流したらどうなるか、などを書いていくで

    引用元: ・【完成版】下水道に流してはいけないもの

    【下水道に流してはいけないものをあげていく】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/03(水) 21:11:12.66 ID:CAP_USER9.net
    スズメや野鳥の写真を撮影している、すずめ四季(@suzumeshiki)さんがとらえた、貴重な瞬間をご紹介します。

    写真が撮影されたのは、気温が下がってきた11月の初旬。撮影者さんの目に入ってきたのは、スズメたちによる『素晴らしい整列』だったのです!

    【ネットの反応】

     ”「こんなにスゴイ写真、初めて見た!」

     ”「モフモフした冬毛がたまらん…!」

     ”「すごーい!まさに『整列』って感じ!」

     ”「通勤ラッシュ時のホームっぽいと思ってしまった。」

    冬毛で丸っこくなったスズメたちがキレイに整列しているだなんて、見ているだけで頬がゆるむような光景です!

    あまりの可愛らしさに、「自分もこの中に混じりたい…!」と思ってしまいますね。

    スズメは夜に眠る際、集団で身体を寄せ合って暖をとるといわれています。この写真が撮影された時も、みんなで温め合っていたのかもしれませんね!

    2018年1月1日
    https://grapee.jp/437501

    スズメたちによる素晴らしい整列
    no title

    引用元: ・【鳥】「こんなにスゴイ写真初めて見た!」 スズメの『レアな姿』が話題に

    【「こんなにスゴイ写真初めて見た!」 スズメの『レアな姿』が話題に【画像あり】】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/02(火)18:55:59 ID:Lj9
    外観はご存知の通り

    3


    中身はこんな感じ
    no title


    5000年前やで?

    引用元: ・冷静に考えてピラミッド作ったの人間じゃないだろこれ

    【ピラミッドを作ったのは人か?宇宙人か? 冷静に考えてみる】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/14(木) 19:40:04.98 ID:CAP_USER9.net
     ビジネスパーソンの出世意欲が変化し、「出世したいと思わない」人の割合が「出世したい」人を上回る年齢は42.5歳――パーソル総合研究所の調査でこんな結果が出た。「年齢を追うごとに、出世コースから外れる人と役職・階級を上り続ける人の差がはっきりと分かれるため」という。

    出世欲の分かれ道は「42.5歳」
    no title


     また、「キャリアの終わりを意識する」と考える人が多数派になるのは45.5歳という結果に。「(40代半ばは)出世意識とキャリアに対する意識が変化する時期であり、就業人生全体の中で、大きな気持ちの転換点といえる」としている。

     調査では、45~59歳のミドル・シニア世代に「自分が思うように成長できていない」との課題を抱える人が多いことも判明している。

    ミドル・シニア世代の成長志向と実感のギャップ
    no title


    ミドル・シニア世代はなぜ、仕事に対して後ろ向きな人が増えてしまうのだろうか。調査では「体力が衰えた」「忙しすぎて、仕事を振り返る余裕がない」「仕事に意義を感じられなくなった」――といった答えが多く集まった。

     パーソル総合研究所は「健康面への不安や、残業時間の長さは成長・内省に対する意識に大きく影響しそうだ」とみる。「50代後半は、管理職から降りる『ポストオフ(役職定年)』を経験する層が多いため、やりがいが見えにくくなっているようだ」と分析する。

     ただ、現在は人手不足と少子高齢化が進み、人々の労働寿命は延び続けている。ミドル・シニア世代も10~20年は働き手であり続けるため、同社は「成長実感が40歳ごろから下降し始めるというミドル・シニアの成長実態は、本人にとっても企業にとっても、中長期的な意味で影響の大きい問題だ」と警鐘を鳴らしている。

     調査は今年3月、全国の15~69歳の男女1万人を対象に実施した。

    パーソル総合研究所「キャリアの曲がり角は42.5歳 ミドル・シニア正社員と成長の関係」
    https://rc.persol-group.co.jp/column-report/201712140930.html

    配信2017年12月14日 13時09分
    ITmedia
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1712/14/news087.html

    引用元: ・【調査】「出世したい」意欲、分かれ道は「42.5歳」

    【「出世したい」意欲、分かれ道は「42.5歳」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/22(水) 18:56:46.80 ID:Bvamj7em0
    3


    ●●●●がエアコンに入っていった」「●●●●がエアコンから出てきた」おそろしいですね。
    毒を持っていないのに恐ろしい生き物といえば...。

    【毒も持ってないのに●●●●だけ異常に恐ろしい理由 】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/05(火) 23:25:00.74 ID:JcN/nwgna
    3

    以前、連日のように報道されていた外来種の「ヒアリ(火蟻)」、東京都の他にも兵庫、愛知、大阪の港で確認されていましたが最近は報道もなくなり....。

    もうどうしようもなくなったから国から規制かかったらしい?

    【ヒアリが一切報道されなくなった理由がこちら 】の続きを読む

    このページのトップヘ