あずきブログ@2chまとめ

あずきブログは2chまとめブログです。

    あなたには負けない

    1: 小豆大福 2017/10/12(木) 19:55:23.41 ID:CAP_USER9.net
    3

    川谷絵音がボーカルを務めるゲスの極み乙女。が、10日配信の新曲「あなたには負けない」のミュージックビデオで、因縁の「週刊文春」と異例のコラボだ。

    今回のミュージックビデオは文春の発行元である文藝春秋本社ビルで撮影が行われ、エキストラとして同誌の編集部の記者たちも参加しているとのこと。

    川谷といえば、昨年1月に同誌にベッキーとの不貞愛をスクープされ、同年5月に離婚。
    さらに、9月には当時未成年であった元恋人・ほのかりんとの飲酒デートが報じられ、12月から今年3月までバンド活動休止に追いやられた。
    文春はいわば、ブレイク絶頂期をめちゃくちゃにされた不倶戴天の敵なだけに、今回のコラボは世間に驚きをもって受け止められている。

    川谷は文春編集部を訪れ、編集長のイスにも座っている。同誌のグラビア記事では「今、音楽もそうですけど、ジョークが少なくなって堅苦しくなってると感じてる。
    こういうのは僕らしかできないジョークだし」とコメントしている。

    この当事者意識のなさは案の定、ネット上から絨毯爆撃を受けている。「お前が言うか」「どういう神経してるんだ」
    「元奥さんとベッキーが気の毒」「自分が良ければ、女はどうなってもいいって発想だよ」と、世の女性の川谷に対する嫌悪感は増幅しているようだ。

    「再起をかけるゲスの極みの立場からすれば、これぐらいの開き直りがあってもいい。
    また、不貞報道発覚直後に発売された2ndアルバムのタイトルが偶然にも『両成敗』だったこともあって、炎上商法もいとわないイメージもある同バンドですから、不思議なことではありません。
    ただ、川谷の不貞相手であったベッキーは、文春スキャンダルの餌食になった後、活動休止しても好感度はどん底のまま。
    それゆえ、川谷だけが文春と手を結び、ビジネスに繋げるという商法に違和感を覚える人が多いですね」(エンタメ誌ライター)

    同曲は先月20日にショートバージョンがYouTubeで公開されており、その映像の中に「週刊文春」を模した「週間人春」なるCGの雑誌が登場。それを文春が記事にした流れから今回のコラボが実現したという。 
    川谷はこれで文春と手打ちと勘違いしているかもしれないが、同誌のスローガンは「親しき仲にもスキャンダル」であることをお忘れなく。

    http://dailynewsonline.jp/article/1364404/
    2017.10.12 18:15 アサジョ

    引用元: ・【芸能】文春と“ゲスコラボ”川谷絵音に「自分だけよければ」と非難噴出

    【文春と“ゲスコラボ”川谷絵音に「自分だけよければ」と非難噴出 】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/26(火) 06:16:05.16 ID:CAP_USER9.net
    no title


     川谷絵音率いるバンド「ゲスの極み乙女。」が9月21日、最新曲「あなたには負けない」のミュージックビデオ(MV)を公開。ところが、10月10日には配信開始となる同曲のMVがツッコミどころ満載だとして話題になっているという。音楽ライターが指摘する。

    「メンバー4人が着ているおそろいの青い制服について、一部報道では『戦隊シリーズのヒーロー』と表現していますが、どう見ても特撮番組『サンダーバード』のオマージュであることは明らか。しかし元が60年代の番組ですし、ゲス極ファンの主流である若者にはまったく響いていないですね。しかも終盤で『あなたには負けない』と連呼するシーンには『週間人春』と書かれた雑誌が登場。川谷のゲス不貞をスクープした雑誌をみずからネタにしているあたり、少しも反省心が伝わってこないのが痛いところです」

     しかもその“週間人春”の表紙には3人の人物が描かれており、一人は髪型から川谷であることは明らか。そうなると他の二人は不貞相手のベッキーと、その後に交際していたほのかりんということか。だがベッキーはゲス不貞騒動で芸能活動休業に追い込まれ、ほのかは未成年者飲酒疑惑で引退(のちに復帰)。川谷により不幸のドン底に落ちた女性2人をネタに仕立てる様は“ゲスの極み”と言わざるを得ないだろう。

    「そのゲス極は10月10日からツアーを開催しますが、現時点で10月11日の赤坂ブリッツ公演すら売れ残っている有様。従来はさらにキャパの大きいZepp Tokyo規模でもソッカン(即日完売)だったのに比べると、明らかに勢いは落ちています。現在のゲス極は知名度こそ高いものの、人気面では平凡な中堅バンドに過ぎないのが現実でしょう」(前出・音楽ライター)

     ゲスな自分についてきてくれる他のメンバーの期待をこれ以上、裏切らないようにすべきではないか。

    (金田麻有)

    http://www.asagei.com/excerpt/89487

    引用元: ・【芸能】「ゲスの極み乙女。」最新PVに“不貞の反省ナシ”批判が止まらない!

    【【川谷絵音】「ゲスの極み乙女。」最新PVに“不貞の反省ナシ”批判が止まらない!】の続きを読む

    このページのトップヘ