あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    いじめ

    1: 小豆大福 2017/12/05(火) 06:11:55.58 ID:CAP_USER9.net
    3

    相撲リポーターの横野レイコ氏が、元横綱・日馬富士の引退の背景にあった事情についての特集の後、目に涙を浮かべた。これにインターネット上では一部からツッコミが入っている。

    日馬富士は平幕・貴ノ岩への暴行問題のあくまで「加害者」であることから、「横野さん、泣きたいのはあなたじゃなくて、被害者の貴ノ岩関ですから」といった声が続出したのだ。

    「自分が今まであるのは会長のおかげです」とお礼
    2017年12月4日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)では、日馬富士を10年以上応援してきた佐藤俊一・伊勢ヶ浜部屋後援会長が、引退の背景として日馬富士から聞いたという話を明かした。日馬富士の小学生の長女が、「学校行ったら『あんたのお父さんは何か悪いことしたんだって』と泣いて帰ってきた。父親として本来自分が起こしたことの責任を取るという意味において、彼(日馬富士)は本当につらい立場に立ったわけですよ」という。

    番組では、日馬富士が九州場所中の11月15日、福岡から東京に日帰りで行ってきた理由について、上記の長女の状況を聞いて家族に会うためだったとしていた。途中、「連日事件の報道が飛び交う中、無言を貫いた日馬富士だったが、胸中には横綱として、父親として重大な決意を秘め続けていた」とのナレーションも入った。

    同月29日の引退会見直後にも電話で日馬富士と話したという佐藤会長は、「今日で身を引くことを表明しましたと。大変長らく有難うございましたと。いろいろお騒がせしてご迷惑をおかけしましたと」と会話の内容を明かした。また、日馬富士は自身が描いた富士山の絵を佐藤会長のもとに持ってきたことがあるといい、「自分が今まであるのは会長のおかげです」とのお礼を言われたという。

    「えっ??なんで横野さんが泣くの??」
    日馬富士の置かれていた状況を垣間見た、スタジオゲストの横野レイコ氏は、目を赤くしていた。スタジオで会話がなされるなか、無言。「横野さん、この話は聞いていらっしゃいましたか」と聞かれると、「知らなかったです。可哀想だなと思って」と答えた。安藤優子キャスターは横野氏を見て「泣いてらっしゃいますよね」と伝えた。

    その数分後、もう一度「横野さん、泣けちゃいましたか。やっぱり、ずっと取材されていてね」と促されると、横野氏は「そうですね」と言い、涙を浮かべた顔が数秒間映された。横野氏はか細く何か喋っていたが、声にならないような状態だった。

    こうした放送を見た視聴者はツイッターで「日馬富士の子供にはもちろん罪はない」「お子さんが辛い思いをするのはかわいそう」といった声をあげている。一方で、感極まる横野氏を冷静に見ていた視聴者には違和感も覚えられていた。日馬富士は暴行問題の「加害者」であり、貴ノ岩側は鳥取県警に被害届を提出している。近く書類送検される見込みともされている。ツイッターでは、

    「横野さん、泣きたいのはあなたじゃなくて、被害者の貴ノ岩関ですから」
    「横野れいこ氏は、自分が日馬富士を好きだということだけで擁護している 何涙ぐんでるねん 泣きたいのは貴の岩やし貴乃花親方やで」
    「えっ??なんで横野さんが泣くの??」
    「日馬富士以上に貴の岩の周りも大変なことたくさんあるはずだぞ」
    といった反応が続々と出ることになった。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13982422/

    写真no title


    2017/12/04(月) 22:12:09.26
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512393129/

    引用元: ・【大相撲】<日馬富士の長女にイジメ>横野リポーターが涙 ネット「泣きたいのは貴ノ岩」★2

    【日馬富士の長女にイジメ 横野リポーターが涙 ネット「泣きたいのは貴ノ岩」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/04(月) 19:06:13.08 ID:CAP_USER9.net
    3

    12/4(月) 15:30配信
    スポーツ報知

    日馬富士

     4日放送のフジテレビ系「直撃ライブグッデイ」(月~金曜・後1時45分)では、貴ノ岩(27)への暴行問題で引退した元横綱・日馬富士(33)について特集。日馬富士が所属する伊勢ケ浜部屋の後援会長・伊藤俊一氏が引退決意の真相を語った。

     日馬富士が16歳で入門した時から親交があり、過去9度の優勝の際も常に乾杯の音頭をとってきたという伊藤さん。「日馬富士関は騒動の直後から腹を固めていました。起こったことに対して、責任を取ると言っていました」と、騒動の直後から日馬富士が引退を決意していたことを明かした。

     さらに周囲の説得に対しても引退の決意が揺らがなかった理由について、「お子さんが学校に行ったら、あんたのお父さん、何か悪いことしたんだろと言われて、泣いて帰ってきたそうです。父親として、自分が起こしたことの責任を取る。彼は本当に辛い立場に立ったわけです」と伊藤さんは話していた。

     日馬富士は2010年に結婚した3歳年下のモンゴル人女性との間に1男2女をもうけているが、今回、いじめ被害にあったのは小学校に通う長女だという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000150-sph-ent


    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512376484/

    引用元: ・【相撲】日馬富士、引退決断の理由は長女へのいじめ…「あんたのお父さん、何か悪いことしたんだろ」★4

    【日馬富士、引退決断の理由は長女へのいじめ…「あんたのお父さん、何か悪いことしたんだろ」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/12(日) 08:27:31.98 ID:CAP_USER9.net
    3

    たばこ税の増税に対して、依然疑問の声が相次いでいる。
    政府は、社会保障に充てる財源を確保するため、たばこ税を1本当たり3円増税する方針だという。11月7日、NHKなどが報じた。
    まずは来年10月に1本当たり1円増税し、2020年度と2021年度にもそれぞれ1円ずつ増税する予定だ。
    2019年度には消費税率が10%に引き上げられるため、たばこ増税は行わない。
    1本当たり計3円増税することで、2000~3000億円の増収が見込まれる。

    度重なる増税で喫煙者にとっては厳しい情勢だが、喫煙文化研究会の山森貴司事務局長は、「喫煙者がいじめを受けている」と語った。

    「増収分の一部を喫煙場所の整備に回せないのでしょうか」
    山森さんは、「喫煙者が厚生労働省と財務省の板挟みになっている」とも指摘する。
    「受動喫煙を防止するため、条例や法律で喫煙への規制を進める一方、税金が足りなくなるとたばこ税に逃げているように思えます。
    厚生労働省は、健康のために規制をしたいのに、財務省は税率を上げて財源を確保したいのではないでしょうか」

    また増収分は社会保障の財源になると報じられているが、その一部でも喫煙者に還元してほしいと訴えた。
    「大規模な増税を行うのであれば、少しくらい喫煙場所の整備にや喫煙室を設置するための補助金に回せないものでしょうか」

    それにしてもなぜたばこだけが度々、増税されるのか。
    「たばこは嗜好品ですし、習慣性があるので、税率を上げやすいのでしょう。それに喫煙者は今やマイノリティですから、反対の声が届きにくいのだと思います。
    もし酒税を引き上げようとすれば、反発はかなり大きくなるのではないでしょうか。結局、喫煙者がいじめを受けているのだと思います」
    「消費税増税に続いてドンドン国民に負担を押し付けてきます」
    経済評論家の平野和之さんは、衆院選の後に増税が発表されたことについて、「選挙後は是増税しやすい」と指摘。
    また今後、新たに新設されそうなものとして、砂糖課税、炭酸課税、ペット課税、メタボ課税などがあるという。

    増税の報道を受け、ネットでは、「消費税増税に続いてドンドン国民に負担を押し付けてきます」
    「選挙が終わってから毎日増税の話ばかり…」といった苛立ちの声が相次いでいた。
    同じく7日には、高所得を得ている会社員や年金受給者を対象に所得税の増税が検討されていることもわかっており、増税の話が多いと感じるのも無理はない。

    低所得者ほど喫煙率が高いことから「低階層に対する、正論に名を借りた体のいい『いじめ』」という声もあった。
    「いじめ」かどうかはともかく、たばこ税は逆進性の高い税金だと言えそうだ。

    https://news.nifty.com/article/economy/cc/12117-7405/

    ★1)2017/11/10(金) 13:47:47.35
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510401984/

    引用元: ・【社会】「喫煙者がいじめを受けている」 たばこ税1本当たり3円値上げに愛煙家から疑問の声★6

    【「喫煙者がいじめを受けている」 たばこ税1本当たり3円値上げに愛煙家から疑問の声】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/09(木) 10:30:18.39 ID:CAP_USER9.net
    女子生徒を中傷するツイッターの書き込みについて話す父親=三重県内で(一部画像処理)
    no title


    三重県立高校の女子生徒(18)が「いじめに学校側が適切に対応しなかった」として県に損害賠償を求めている訴訟で、生徒の両親が取材に応じた。会員制交流サイト(SNS)による匿名の嫌がらせで不登校になり、スマートフォンに届く言葉に傷つく日々。両親は「逃げ場がない」と訴える。

    最初にいじめが始まったのは、一年生だった二〇一五年十月。体調不良で休んだ翌日、同級生の態度が一変した。集団に呼び出され「あなたの悪いところを教えてあげる」と非難され、無視されるようになった。

    「学校で少しずつ居場所を失い『自分が悪い。苦しい』と、不登校になった」と父親。だが、あこがれていた高校で学びたい思いは消えなかった。進級して登校すると決心し、補習を受けて二年生の教室へ。その直後、ツイッターでメッセージが送られてきた。「あなたが許せません」。進級をとがめる内容だった。

    送信者は同学年の生徒とみられたが、匿名。その後もメッセージは続いた。「友達に裏切られた気分はどうですか」「しねしねしねしね」「生きてる意味あるんですか」「あなたのいない学校生活は楽しい」「不登校になってくれませんか」…。一日に十件の書き込みが続く時もあった。

    一年時のいじめは相手の顔が見えていたが、今度は分からない。「同級生全員が犯人に見えて怖い」。疑心暗鬼で再び不登校に。「私たちが守るから」と気遣う友人さえ疑うようになり、そんな自分を責める悪循環に陥った。

    それでも女子生徒はスマホを手放さなかった。自分の悪口を読んだり、かつての仲間が楽しそうに過ごす様子を知ったりして落ち込んだ。父親は「学校に行かなくてもいじめが続き、逃げ場がない。本当に怖い道具」と話す。「SNSでは他人同士のやりとりが見える一方、自分だけが仲間外れになっていることを突きつけられる」

    今年二月、両親の相談を受けた弁護士と警察が連携し、送信者を特定。実は、女子生徒が苦しみを打ち明けていた同学年の生徒だった。父親は「娘はショックを受けていたが、ほかの友達を疑わなくて済むだけ、心が楽になった」。

    心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、食事や外出もままならない。それでもスマホをのぞき込む女子生徒の姿を、父親は複雑な思いで見守る。「気を許せる友達とつながる唯一の手段でもある。これがないと、本当に独りぼっちになるから、取り上げることはできないんです」

    ◆反応見えず、中傷過熱も

    文部科学省によると、SNSなど「パソコンや携帯電話」のいじめ認知件数は二〇一六年度、約一万八百件で、一五年度から千六百件増加。高校ではいじめ全体の17・4%を占め「冷やかしや悪口」に次いで二番目に多かった。

    ネットいじめに詳しい全国webカウンセリング協議会の安川雅史理事長は「SNSいじめは相手の反応が見えないことから過熱しやすい。転校しても、いじめが続く例がある」と指摘する。

    安川氏によると、中傷された生徒らは「すべての人が書き込みを真に受ける」と思い込み、心に傷を負いやすい。一方で「自分が何を言われているか気になって仕方がないのがスマホ世代。ネットでのつながりが切れて孤立するより、傷つくと分かっていても見る方を選ぶ」と話す。

     (北島忠輔)

    <三重SNSいじめ問題> 三重県立高の女子生徒が2016年4~6月に同級生からツイッターなどで中傷されるいじめがあったとして、学校は同年9月、いじめ防止対策推進法の「重大事態」があったと県教委に報告。生徒側は、父親が15年11月に被害を訴えた際に学校が適切な対応を怠った結果、SNSの被害を招いたとして、県を相手取り損害賠償請求訴訟を起こした。県警は、ツイッターに投稿した生徒を侮辱容疑で津家裁に書類送致。家裁は保護処分に付さない決定をした。

    配信2017年11月9日 朝刊
    中日新聞
    http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017110902000062.html

    関連過去スレ
    【三重】県立高「仲間外れであり、いじめではない」 被害の生徒が提訴 ★2
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502377302/

    引用元: ・【三重】「しねしねしねしね」 逃げ場ないSNSいじめ 送信者は苦しみを打ち明けていた友人 県に提訴した被害生徒の父訴え

    【「しねしねしねしね」 逃げ場ないSNSいじめ 送信者は苦しみを打ち明けていた友人 県に提訴した被害生徒の父訴え】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/07(火) 19:44:21.14 ID:CAP_USER9.net
    1

    いじめ自殺裁判で同級生の父親「男子生徒を思っての暴力」
    11/7(火) 11:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000023-mbsnewsv-l25

     6年前、滋賀県大津市でいじめを受けていた中学2年の男子生徒が自殺し、遺族が同級生らに損害賠償を求めている裁判で、同級生の父親が法廷に立ち「男子生徒を思っての暴力だった」などと述べました。

     6年前、大津市で同級生から暴行されるなどいじめを受けていた中学2年の男子生徒が自宅マンションから飛び降りて死亡しました。遺族は大津市や同級生3人らを相手に損害賠償を求め提訴。市とは和解が成立しましたが、同級生らは「いじめではなかった」として争っています。

     7日はいじめに関わったとされる同級生の父親の尋問が行われ、父親は息子が暴力を振るったことは認めたうえで「被害者を思ってのことだった。当時は仲が良いと思っていたので、いじめがあるとの疑いはなかった」と述べました。午後には別の保護者と同級生への尋問が行われる予定です。

    ★1:2017/11/07(火) 14:48:40.84
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510044624/

    引用元: ・【滋賀】いじめ自殺裁判で同級生の父親「男子生徒を思っての暴力」 滋賀・大津市 ★3

    【いじめ自殺裁判で同級生の父親「男子生徒を思っての暴力」 滋賀・大津市】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/07(火) 17:50:24.46 ID:CAP_USER9.net
    1


    いじめ自殺裁判で同級生の父親「男子生徒を思っての暴力」
    11/7(火) 11:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000023-mbsnewsv-l25

     6年前、滋賀県大津市でいじめを受けていた中学2年の男子生徒が自殺し、遺族が同級生らに損害賠償を求めている裁判で、同級生の父親が法廷に立ち「男子生徒を思っての暴力だった」などと述べました。

     6年前、大津市で同級生から暴行されるなどいじめを受けていた中学2年の男子生徒が自宅マンションから飛び降りて死亡しました。遺族は大津市や同級生3人らを相手に損害賠償を求め提訴。市とは和解が成立しましたが、同級生らは「いじめではなかった」として争っています。

     7日はいじめに関わったとされる同級生の父親の尋問が行われ、父親は息子が暴力を振るったことは認めたうえで「被害者を思ってのことだった。当時は仲が良いと思っていたので、いじめがあるとの疑いはなかった」と述べました。午後には別の保護者と同級生への尋問が行われる予定です。

    ★1:2017/11/07(火) 14:48:40.84
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510033720/

    引用元: ・【滋賀】いじめ自殺裁判で同級生の父親「男子生徒を思っての暴力」 滋賀・大津市 ★2

    【いじめ自殺裁判で同級生の父親「男子生徒を思っての暴力」 滋賀・大津市 】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/28(土) 22:35:37.75 ID:CAP_USER9.net
    1

    mamatenna 2017年10月28日 5時58分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13811533/

    いじめは子どもたちだけの問題ではなく、大人社会にも存在します。それは、たとえば最も身近なコミュニティである家庭においても起こり得ることです。

    「妻からのいじめ被害を訴える夫は少なくありません」と語るのは、夫婦問題専門家として、これまで2万件以上の相談に乗ってきた岡野あつこさん。その実態について聞きました。

    ●お風呂に入るな! 安物でいい! 「夫いじめ」のリアル
    本来は、お互いに支え合い、慈しみ合うのが夫婦としてのあるべき姿とされています。しかし、それはあくまでも理想の話。現実世界で起きている「夫いじめ」は、妻が生活の主導権を握り、夫の日常をじわじわと追い詰めるケースが見受けられるようです。

    「ある方(夫)は、妻から『汚い、不潔』と罵られて、お風呂も入らせてもらえないと相談にきました。その方は銭湯に通っていて、『まだ我慢できるけど何とかしたい』と和解を望んでいたんです。ただ、どうやら妻が女友達と結託していたようで、夫をどういたぶるか相談していたことが発覚。

    結果的に不信感が払しょくできず離婚してしまいましたね」(岡野さん、以下同)

    他にも、こんな事例があるとか。

    「毎日スーパーの安い惣菜だけを食べさせたり、安い材料で簡単な料理しか作らなかったりと、経費を抑えるケースはよく耳にします。食事だけではなく、シャンプーや石鹸など、夫が使うものすべてを安物で埋め尽くすんです。

    あとは、趣味や遊びなど、好きなことをさせないように邪魔をするケースも多いですね。もし育児中で、妻自身も時間がない場合だったとしても、『今日は遊びに行っていいけど、来週の休みは代わりに子どもの世話をしてね』など、譲歩したり交渉したりするのが思いやりですよね。

    でも、夫いじめのスイッチが入った妻は、とにかく夫の自由な時間を奪う。無理矢理予定を入れたり、小遣いを減らしたりと邪魔をするべく画策します」

    引用元: ・【社会】悲惨! 妻による「夫いじめ」の実態とは?

    【悲惨! 妻による「夫いじめ」の実態とは? 】の続きを読む

    このページのトップヘ