あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    がん検診

    1: 小豆大福 2017/10/24(火) 10:52:12.91 ID:CAP_USER9.net
    第3期がん対策推進基本計画のポイント
    no title


    政府は24日、予防と検診の強化を柱とした第3期がん対策推進基本計画を閣議決定した。がん検診の受診率を50%に引き上げることを目指すとした一方、受動喫煙にさらされる人の割合をゼロにするとの目標は、自民党の理解が得られず、盛り込むことを断念した。当初は今夏の閣議決定を予定していたが、調整の難航で大幅に遅れた。

    計画は、本年度から6年間のがん対策の方向性を定めた。早期発見により死亡率を減らすため、現在30~40%にとどまっているがん検診の受診率を50%に引き上げ、疑いがあった場合に進む精密検査の受診率は90%に高める目標を掲げた。

    配信2017/10/24 09:55
    共同通信
    https://this.kiji.is/295359709623862369?c=39546741839462401

    引用元: ・【政府】がん検診強化で50%目標 自民と溝、受動喫煙ゼロは断念

    【日本政府 がん検診の推進強化も受動喫煙ゼロは断念する】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/30(土) 12:37:58.27 ID:CAP_USER9.net
    3

    13種類のがん 血液一滴で
    9月30日 10時00分
    http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_0930.html?utm_int=news_contents_news-closeup_001

    13種類のがんをごく早期に、しかもごく簡単な方法で発見する―そんな夢のようながん検査法を確立しようという国家プロジェクトが、いま佳境を迎えています。その方法とは血液中を流れている「がん細胞からのメッセージ」をとらえて、体に潜んでいるがんの種類を特定しようというもの。一体どんな仕組みなのか、そしていつ受けられるのか。研究の最前線を取材しました。(NHKスペシャル「人体」取材班 宮脇壮行ディレクター)
    「夢のがん早期診断」が実現間近に

    東京築地にある国立がん研究センター。患者の皆さんが訪れる中央病院を裏に抜けると、ことし完成したばかりの新研究棟が現れます。その一角で日々研究が進められているのが、今回の画期的ながん診断技術です。まだ試験段階ではありますが、血液検査をするだけで、胃がんや乳がんといった患者数の多いがんはもちろん、希少ながんも含めた13種類ものがん(大腸がん、胃がん、肺がん、乳がん、前立腺がん、食道がん、肝臓がん、胆道がん、すい臓がん、卵巣がん、ぼうこうがん、肉腫、神経膠腫)を、ごく初期の段階で診断できるという、夢のような検査手法が実現しようとしています。

    最新報告によれば、がんを正しく判定できる精度は95%以上という結果が出ています(数値については変動があり、現在も精度を上げる努力が続けられています)。3年後の実用化を目指し、現在急ピッチで研究が進められています。

    以下はソース元で

    引用元: ・【医療】13種類のがんをごく早期に、しかもごく簡単な方法で発見 「夢のがん早期診断」が実現間近に

    【【最先端医療】血液一滴で13種類のがんを発見できる「夢のがん早期診断」が実現間近に】の続きを読む

    このページのトップヘ