あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    1: 小豆大福 2017/10/13(金) 20:10:49.95 ID:CAP_USER9.net
    3

    きゃりーぱみゅぱみゅの“歌手廃業”が有力視されている。すでに旬が過ぎていて、今後も上がり目が見込めないからだという。

    きゃりーはもともとストリート雑誌の読者モデルで、マイナーレーベルでCDを発売したところ、音楽関係者の目に止まりメジャーデビューを果たした。

    その後、『つけまつける』や『ファンションモンスター』といったヒット曲を生み出したが、4月に発売した最新作のシングル曲『良すた』のCD売り上げは初速が約4400枚だった。その前作の『原宿いやほい』も約3900枚にとどまっている。

    「初速(発売1週目)の半分が2週目で、3週目は2週目の半分というのがCD売り上げの推移です。だいたい4週目で総売り上げの9割が決まります。だからきゃりーの良すたも原宿いやほいも1万枚いくかどうかといったところでしょう。算定方法は明かせませんが、彼女はCD1枚、ギャラ10万円ぐらいだと思います」(レコード会社関係者)

    きゃりーは作詞作曲を自分で行わないので、その分の印税収入はない。

    「きゃりーの曲は作詞作曲もプロデューサーの中田ヤスタカが担当しています。彼女のオリジナル要素はファッションぐらいで、声にしても“デジタル処理”でいかようにもなり、ライブは“口パク”で問題ありません。きゃりーは楽曲を売るための道具にすぎないのです」(同・関係者)

    このまま次のヒット曲がないようならば、歌手を廃業せざるを得ない。

    「ライブに来るファンは決まっているので、これ以上の増加も望めません。衣裳とステージで仕掛けを大掛かりにすれば赤字になり、ライブでも稼げなくなってしまいます。今後は歌手をやめて、原宿のショップ店員も考えているそうで、その方が賢明でしょう」(同・関係者)

    このまま消えていってしまうのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1364863/
    2017.10.13 19:00 まいじつ

    引用元: ・【芸能】きゃりーぱみゅぱみゅ楽曲売れず「歌手引退」か

    【きゃりーぱみゅぱみゅ いよいよ廃業か】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/29(金) 09:46:09.43 ID:CAP_USER9.net
    3子供向けアニメ「おじゃる丸」(Eテレ)の実写版ドラマが11月3日に「おじゃる丸スペシャル アニメじゃないでおじゃる?」として放送されることが分かった。本作には謎の美しい青年の役で、カリスマ店員でモデルの“ゆうたろう”が出演する。

    ゆうたろうは“女の子みたいな美少年”として、性別に捉われないファッションでも話題の人物。ツイッターでは18万人のフォロワー数を誇り、ファッションアイテムのプロデュースも手掛ける話題のカリスマ店員である。そんなゆうたろうの起用に所属事務所の戦略が透けて見えると、芸能ライターがささやく。

    「ゆうたろうは原宿系芸能事務所のアソビシステムに所属。ここの看板タレントはきゃりーぱみゅぱみゅで、彼女の人気上昇と共に事務所も急成長したのですが、最近のきゃりーはかつての話題性が沈静化しています。アソビではぱっつん前髪で知られる三戸なつめを担ぎ出したものの、期待したほどの人気が出ず、次なる戦略として男性のゆうたろうに白羽の矢を立てたのではないでしょうか」

    しかし女性タレントで急成長した会社が、売り出し方がまったく異なるはずの男性タレントをそう簡単にプロデュースできるのだろうか?

    「彼らにとって参考になるのはりゅうちぇるでしょう。りゅうちぇるの所属事務所も女性誌モデルがメインでしたが、原宿ショップ店員のりゅうちぇるを大々的に売り出して成功。その方法を真似れば、ゆうたろうが第二のりゅうちぇるになる可能性もありそうです」(前出・芸能ライター)

    ちなみにゆうたろうは中学生のころは不登校だったそうで、バラエティ番組への対応能力は未知数だ。それゆえのドラマ出演なのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1359740/
    2017.09.29 07:15 アサジョ

    引用元: ・【芸能】きゃりーぱみゅぱみゅ人気に陰り!?後輩・ゆうたろうがドラマ出演

    【【悲報】きゃりーぱみゅぱみゅ人気に陰り!?後輩・ゆうたろうがドラマ出演】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/10(日) 22:32:32.59 ID:CAP_USER9.net
    3 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(24)が10日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。芸能生活で「1番ツラかった時に優しかった俳優Yと冷たかった芸人S」の実名を公開した。

     一流アーティストとして活躍するきゃりーにとって、一番ツラいのは「プライベートで自由がなくなってしまったこと」。数年前はSNSでの盗撮被害も多く、“こんな生活が続くのだったら芸能界を辞めたほうがよいのかな”と悩んだという。

     苦悩するきゃりーを支えたのが俳優の山田孝之(33)。きゃりーのファンを公言する山田は、面識はなかったがSNSを使って「あなたのプロ意識を信じていいと思うよ。いろんな人に何を言われようが自分の道を突き進んでいってほしい」とメッセージ。温かい応援に励まされたきゃりーは、やる気を取り戻して再び歌手活動に邁(まい)進した。

     山田とは対照的に、ツラい時期に冷たかった「芸人S」の正体についてはアンタッチャブルの柴田英嗣(42)と暴露。親交のあった芸能界の仲間と集まったときに、悩みを相談しようとすると柴田は「そんなことよりさあ、俺いま恋したいんだよね!」とひたすら話し出し、きゃりーは朝まで妄想恋愛の話に付き合わされたという。

     スタジオに登場した柴田は「確かにVTRを観て悪いなとは思いました。でも…」と過去に自身の周りで起きた騒動を引き合いにして「自分にも責任あるよ。でも、僕は恋したい!」と叫び笑いを誘った。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/10/kiji/20170910s00041000437000c.html

    引用元: ・【音楽】きゃりぱみゅ、1番辛い時に優しかった人は「山田孝之」冷たかった「芸人S」とは…

    【【音楽】きゃりぱみゅ、1番辛い時に優しかった人は「山田孝之」冷たかった「芸人S」とは…】の続きを読む

    このページのトップヘ