1: 小豆大福 2018/01/15(月) 12:08:50.52 ID:CAP_USER9.net
3

 1月14日、北海道北見市の住宅街で、そり遊びをしていた小学2年生の男児が軽乗用車にはねられ、足の骨を折る重傷です。

 事故があったのは、北見市花園町の市道です。

 14日午後2時15分ごろ、住宅街の空き地で近くに住む小学2年生の吉沢侑生君(8)が、そり遊びをしていたところ、右から来た軽乗用車にはねられました。

 吉沢君は病院に搬送されましたが、右足の骨を折る重傷です。

 警察によりますと、事故当時、吉澤君は近所の友だち数人と、除雪の雪がたまってできた空き地の雪山に登って、そり遊びをしていました。

 雪山は道路に面していて、そりで滑り降りた場所が道路だったということです。

 警察が、事故の詳しい原因を調べています。

配信2018年1月15日09:41
北海道ニュースUHB
https://uhb.jp/news/?id=3564

引用元: ・【北海道】危険 道路脇の雪山"そり遊び" 8歳男児 はねられ骨折重傷 除雪でできた山で/北見

【危険 道路脇の雪山"そり遊び" 8歳男児 はねられ骨折重傷 除雪でできた山で/北見】の続きを読む