あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    たばこ

    1: 小豆大福 2017/11/15(水) 15:06:57.63 ID:CAP_USER9.net
    3

    日本では毎月22日だが、米国では11月の第3木曜日(16日)が「禁煙の日」であることをご存知だろうか?最近は、タバコを吸わなくても、喫煙者が吐き出した煙や副流煙のほか、衣服や髪の毛にまとわりついたタバコ臭で健康被害を受ける「受動喫煙」が問題になっている。東北大学のグループが宮城県内の2400人以上を対象に調査した結果、低学歴の人は職場で受動喫煙の被害を受けやすいことが明らかになった。

    東北大大学院歯学研究科の相田潤准教授らは、宮城県内の成人2443人を対象に受動喫煙の実態に関する調査を実施。職場や学校、家庭での受動喫煙について、「ほぼ毎日」「週に数回」「週に1回未満」「なし」の4段階で答えてもらい、過去の喫煙歴や、タバコの健康被害の知識の有無などを尋ねて分析した。

    その結果、家庭での受動喫煙は19%にとどまったのに対し、職場や学校では39%に倍増した。回答者を教育年数で区分すると、大学入学歴がある13年以上の人に比べて、▽10?12年の人は家庭では1.94、職場・学校で1.80、▽中学卒業までの9年以下の人になると、家庭では3.00、職場・学校で3.82と軒並み高くなることが判明した(いずれもオッズ比)。

    この調査結果は、教育年数が短い人は、非喫煙者であっても受動喫煙にさらされやすいという社会格差があることを示している。一方で、一人ひとりの回答者が、健康被害に関する知識を知っていても、職場での受動喫煙を防げないことも明らかになった。

    研究グループは、「海外の研究では、収入や学歴などの社会的経済的状況が低い人は、受動喫煙の被害を受けやすいという格差があると指摘されているが、日本ではほとんど報告がない。今回の調査で、格差縮小には、知識の普及だけでは十分でなく、受動喫煙対策を進めるなど職場への介入が必要であることがわかった」と述べている。

    なおこの研究成果は、疫学研究誌『Journal of Epidemiology』に掲載された。

    教育年数と受動喫煙の関連を示したグラフ(東北大)
    no title

    タバコによる健康被害の知識があっても受動喫煙は減らない(東北大)
    no title


    東北大学 プレスリリース
    知識の普及だけでは受動喫煙の格差は縮小しない(2017年11月13日)
    https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2017/11/press20171113-03.html

    配信2017年11月14日 17時17分

    ハザードラボ
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22706.html

    引用元: ・【研究】「学歴低い人ほど 受動喫煙の被害受けやすい 」 東北大が衝撃の研究

    【「学歴低い人ほど 受動喫煙の被害受けやすい 」 東北大が衝撃の研究】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/08(水) 05:31:18.09 ID:CAP_USER9.net
    3

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171107/k10011214241000.html

    政府は来年度の税制改正で引き上げを検討しているたばこ税について、来年10月から3年かけて1本当たり合わせて3円増税する案を軸に与党との調整に入りました。

    一般的なたばこにかけられているたばこ税は現在、一部を除いて1本当たり12.2円となっていますが、政府・与党は厳しい財政状況を踏まえ、社会保障などに充てる財源を確保するため、たばこ税を引き上げる方針です。

    政府は、増税の影響を緩和するため段階的に引き上げることを検討していて、来年10月から3年かけて1本当たり合わせて3円増税する案を軸に与党との調整に入りました。

    まずは来年10月にたばこ1本当たり1円増税し、2019年度は消費税率が10%に引き上げられる予定のため増税は見送ります。
    そのうえで2020年度と2021年度にそれぞれ1円ずつ増税する方針です。1本当たり合わせて3円増税した場合に見込まれる増収は2000億円から3000億円程度となる見通しです。

    ただ、たばこ税の引き上げは葉たばこ農家などからの反発も予想され、政府・与党は今後本格化する税制改正の議論の中で慎重に議論を進めることにしています。
    たばこをめぐって政府・与党は、火を使わず煙が出ない加熱式たばこについても来年10月から増税する方針で、今後検討を進めることにしています。


    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510048918/

    1が建った時刻:2017/11/07(火) 14:10:31.37

    引用元: ・【政府】たばこ税、3年かけ1本3円増税で調整へ。加熱たばこも来年10月から増税★3

    【たばこ税、3年かけ1本3円増税で調整へ。加熱たばこも来年10月から増税】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/25(水) 06:33:24.40 ID:CAP_USER9.net
    3

    http://www.asahi.com/articles/ASKBS7V7CKBSULFA038.html

    財務省が2018年度税制改正で、たばこ税の増税を検討していることが分かった。19年10月の消費増税時に導入する軽減税率で、目減りする1兆円規模の税収の一部を穴埋めする狙いがある。ただ、愛煙家やたばこ農家の反発も予想され、調整は難航しそうだ。

     政府・与党は、年末に決める18年度の税制改正で、急速に普及が進む「加熱式たばこ」も増税する方向で検討している。財務省は従来のたばこも併せて増税する方向で、今後、与党との調整を本格化させる。

     たばこ増税が実現すれば10年10月以来となる。当時は1本3・5円、1箱(20本)あたり70円の増税となり、増税後の11年度の税収は、09年度と比べて約3500億円増えた。

     消費税率を10%に引き上げるときに飲食料品などの税率を8%に据え置く軽減税率を導入すると、税収が約1兆円減ると見込まれている。このうち4千億円分は、低所得者の医療や介護の負担を軽くする「総合合算制度」を見送ることでまかなうが、残る6千億円の財源の確保が課題だった。たばこ税は、受動喫煙防止の観点から増税を求める声もあり、穴埋めの手立てとして有力視されていた。

    引用元: ・財務省、たばこ増税を検討 軽減税率の目減り分の一部を穴埋めする狙い

    【財務省、たばこ増税を検討 軽減税率の目減り分の一部を穴埋めする狙い】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/25(水) 02:38:46.79 ID:CAP_USER9.net
    3
    2017/10/25 02:00配信:共同通信

     政府、与党が年末に議論する2018年度税制改正で、たばこ税を増税する方向で検討に入ったことが24日分かった。
    仮に10年の前回増税時と同様に1本当たり3.5円引き上げれば数千億円の増収となる見込み。
    19年10月の消費税増税時に軽減税率を導入することで生じる1兆円規模の税収減の穴埋めに充てる。

     衆院選での与党勝利を受け、政府は週内に経済財政諮問会議や「人づくり革命」の有識者会議を開き、消費税増税分を使った教育無償化の制度設計を始める。
    軽減税率による減収分も、たばこ税をはじめ一連の代替財源について18年度末までにめどを付ける方針だ。

    https://this.kiji.is/295603070430168161/amp?c=39550187727945729

    引用元: ・【政治】たばこ増税検討へ、政府与党

    【たばこ増税検討へ 1本当たり3.5円引き上げでの増収額は?】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/21(木) 21:16:53.99 ID:CAP_USER9.net
    成人男性の喫煙率
    no title


     厚生労働省が実施した平成28年国民健康・栄養調査で、都道府県別の成人男性の喫煙率は群馬が37・3%でトップだったことが21日分かった。最も低かった滋賀は20・6%で地域差が大きい。厚労省の担当者は「理由ははっきりしないが、各自治体は調査結果を参考に、禁煙指導などのたばこ対策を進めてほしい」としている。

     習慣的に喫煙している人の割合は男性30・2%(15年比0・1ポイント増)、女性8・2%(同0・3ポイント増)で、ほぼ横ばいだった。

     都道府県で比較できるよう年齢調整した上で、成人男性の喫煙率を地域別に見ると、最も高かった群馬に続いたのは福井36・6%、北海道35・9%で、低かったのは滋賀に続き奈良22・0%、大分25・3%の順だった。熊本は地震の影響で調査を実施できなかった。

     喫煙を巡っては、他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」の防止の動きが進んでいる。神奈川県が10年度に受動喫煙防止条例を導入。東京五輪・パラリンピックに向けて、厚労省や東京都も法整備や条例制定を目指している。

    配信2017.9.21 20:47更新
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/170921/wst1709210102-n1.html

    引用元: ・【たばこ】男性喫煙率、最も低かったのは滋賀県 トップの群馬県と17ポント差

    【【たばこ】男性喫煙率、最も低かった都道府県は? 高かったのは・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ