あずきブログ@2chまとめ

あずきブログは2chまとめブログです。

    ひるおび

    1: 小豆大福 2017/10/12(木) 00:41:38.88 ID:CAP_USER9.net
    1

    11日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、弁護士の八代英輝氏が、東名高速道路で発生した死亡事故に「殺人罪まで視野にいれるべき」だと意見した。

    番組では、東名高速道路で発生した死亡事故の続報を取り上げた。今年6月、追い越し車線を走行中の車が停車したため、後続のトラックなどが追突し、夫婦ふたりが死亡する大事故が起きた。

    この事故に関連し、死亡した夫婦の車に割り込み、強引に停車させたとして、警察は25歳の男性を過失運転致死傷罪の容疑で逮捕した。直前のパーキングエリアでのいざこざが動機となったようで、男性は一連の容疑を認めている。

    八代氏はまず、夜間の高速道路に同乗者を置き去りにして立ち去った場合、その相手が亡くなったら殺人罪が適用されるだろうと解説する。今回の事件は、自身の車を割り込ませ、被害者の車を動けないようにしたという点で、そうしたケースと同様だというのだ。

    八代氏は、直接的には後続の車が被害者の命を奪ったものの、夜間の高速道路でそうした注意を払って走行している車はさほど多くない、と続ける。

    そして、「私は、起訴の段階では未必の故意(実害の発生を意図するものではないが、自分の行為により結果として実害が発生してもかまわないという心理状態)による殺人罪まで視野に入れるべきだと思います」と主張したのだった。

    2017年10月11日 16時15分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13733415/

    ★1がたった時間:2017/10/11(水) 18:46:33.63
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1507715193/

    引用元: ・【テレビ】<TBS「ひるおび!」>八代英輝氏 東名高速道路の死亡事故に意見!「殺人罪まで視野にいれるべき」★2

    【TBS「ひるおび!」 八代英輝氏 東名高速道路の死亡事故に意見!「殺人罪まで視野にいれるべき」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/03(火) 23:07:35.18 ID:CAP_USER9.net
    小説家でタレントの室井佑月が起こしたちょっとした“放送事故”により、ネットでバッシングを浴びている。

     問題となったのは、9月28日に放送された情報番組「ひるおび!」(TBS系)で、同日召集された臨時国会直前の中継シーン。番組では、天皇陛下に署名いただいた、紫のふくさに包まれた解散詔書を運ぶ内閣総務官が映し出されていた。

     そのとき、コメンテーターとして同番組に出演していた室井佑月の「なんで、あんなことするの~?」と騒ぐ声が漏れてしまったのだ。

    この発言に対して、ネットは素早く反応。「中学で習うだろ」「彼女の発言に本気で怒っていた自分が恥ずかしくなってきた」「国会解散のプロセスを知らずに、今までコメンテーターとして政治を語っていたのか?」など、批判する書き込みが続いたのだ。

     解散詔書とは、衆議院を解散するために天皇から国会に提出される公文書のこと。衆議院の解散を決定するのは内閣だが、憲法上は衆議院解散は天皇の国事行為となっている。

    「一般の方でも、解散詔書のことを知らない人が多いかと思います。しかし、公共の電波を使って政治に関するコメントする立場であるなら、事前に衆議院解散の流れくらいは勉強しておくべき。ただ今回は、無意識の発言が拾われてしまい非難を浴びたわけですから、気の毒な部分もありますが」(週刊誌記者)

     9月26日に発売された「週刊朝日」では、「あたしはタダのおばさんだから、さんまでも買ってきて食べて寝るわ。家呑みしながら、録画したワイドショーでも見てさ」と安倍首相に愛想を尽かしていた室井。その時間を政治の勉強に充てておけばよかった!?

    (石田英明)

    アサジョ2017年10月3日10時14分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_38171/

    写真
    no title

    引用元: ・【テレビ】<室井佑月の政治知識にネットでは非難轟々!>「放送事故」で明らかに?

    【室井佑月の政治知識にネットでは非難轟々! 「放送事故」で明らかに?】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/29(金) 06:28:41.54 ID:CAP_USER9.net
    28日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、弁護士の八代英輝氏が、希望の党に合流する方針となった民進党を切って捨てた。

    番組では、民進党が希望の党に事実上合流する話題を取り上げた。25日に誕生した希望の党だが、早くも翌26日、小池百合子代表と民進党・前原誠司代表が極秘対談。民進党は今後予定されている衆議院選挙の公認候補を擁立しない他、希望の党から公認を得られた場合、同党での立候補を認める方針を固めたという。

    この場合、民進党が事実上解党し、希望の党に合流する形となる。両党は、小沢一郎氏が代表を務める自由党との合流を最終的に目指しているという。

    八代氏は「元々、民進党に期待もないので、驚きもない」と言い放った上で、「野党第一党としての責任感やプライドはないのかって、聞きたいですね」「『解散には大義がない』と、あれだけ吠えていたのに、このなし崩しの合流には大義があるのかって、聞いてみたいですね」と、いまだ最大野党である民進党の態度を猛批判したのだ。

    続けて八代氏は、小沢氏の率いる自由党まで合流した場合、「有権者からの反感はかなり強くなると思いますけどね」と推測していた。

    2017年9月28日 13時3分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13675011/

    写真
    no title

    引用元: ・【テレビ】<「ひるおび!」八代英輝氏>希望の党に合流する民進党をバッサリ!「責任感やプライドはないのか」

    【「ひるおび!」八代英輝氏 希望の党に合流する民進党をバッサリ!「責任感やプライドはないのか」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/28(木) 14:32:15.38 ID:CAP_USER9.net
    3ひるおび(TBS)の総理インタビューの編集が酷いと話題に…

    安倍総理が『加計問題について報道されなかった部分を見た人は理解いただいてる。TVは私が関与していない証拠となる第三者の証言も紹介すべき』という報道への苦言を悪質な編集で違う意味合いになるように編集し全国放送

    ▼DAPPIさんのツイート
    (ツイートに動画あり)

    DAPPI (@take_off_dress)さんが2:01 午後 on 火, 9月 26, 2017にツイートしました。
    #TBS の #ひるおび の総理インタビューの編集が酷い。

    安倍総理が『加計問題について報道されなかった部分を見た人は理解いただいてる。TVは私が関与していない証拠となる第三者の証言も紹介すべき』という報道への苦言を悪質な編集で違う意味合いになるように編集し全国放送
    https://t.co/DGVuJ4REph
    (https://twitter.com/take_off_dress/status/912542702956306432?s=03)

    ▼ネット上のコメント

    ・悪質。詐欺の手口

    ・安倍総理を晒すつもりが、逆に藪を突いて蛇が出たと言う事だ!

    ・TBSはそういうテレビ局です。連中らに公平公正は求めません、代わりに消えて無くなるのを求めます。

    ・おいおいこれマジかよ。いよいよ極まった感があるなあ。TBSやひるおびを糾弾するためには強く粗雑で下品な言葉を使わなければもはや不可能なレベルになってしまった。
    何が言いたいかというと、日本のテレビ局は一回潰れるべきということ。

    ・今日は妙に八代さんに話しをさせてませんでしたね。TBSはサンモニだけではない。と言う事が立証されました。

    ・後先考えない感じだなあ。一体この人たちは日本をどうしてしまいたいの?

    ・汚鮮したいんすよ。日本人の事など考えてもいませんから。

    ・もうTBS視聴をボイコット運動するしかないですね。

    ・もはや報道番組ではなく洗脳番組。真実を伝えるのではなく、テレビという大きな影響力を利用して自分達が思う様に伝える。そこに真のジャーナリズムなどない。

    ・これを見るのが選挙権のある騙されやすい老人達なので未だに地味に効果があるのが腹立たしい

    https://snjpn.net/archives/31790

    引用元: ・【テレビ】TBS・ひるおびの"総理インタビューの編集"が酷い…実際の総理発言内容と、違う意味合いになるように編集し全国放送

    【【偏向報道】またTBS...ひるおびの"総理インタビューの編集"が酷い…実際の総理発言内容と、違う意味合いになるように編集し全国放送】の続きを読む

    このページのトップヘ