あずきブログ@2chまとめ

あずきブログは2chまとめブログです。

    やり直し

    1: 小豆大福 2017/12/04(月) 19:46:15.32 ID:CAP_USER9.net
    3

     元暴力団組員という異色の経歴を持つ神戸弟子教会(神戸市灘区)の牧師、森康彦さん(58)が、傷付いた若者たちを受け入れる活動を続けている。親からの虐待や薬物使用など、さまざまな事情で平穏な生活を失った少年・少女たちに寄り添い、これまで約50人を社会に送り出してきた。森さんは「人生はいつでもやり直せる」と静かにエールを送る。

     東京都出身。中学時代から遊び友達と薬物の使用や売買を始め、大学中退後、24歳で組員になった。クリスチャンになったのは組員時代。キリスト教に触れた暴力団仲間からの誘いで、教会に通うように。組織の幹部にまで上り詰めたが、薬物にのめり込み、仲間とのトラブルが原因で43歳の時に組から破門された。「十分好き放題やってきた。これからは神に尽くそう」。そう改心し、東京を離れ、名古屋と神戸の神学校で学び、2010年10月に神戸弟子教会を開いた。

     同じ頃、経歴を知った教会関係者などの依頼で、少年院を出た少年を預かるようになった。行き場がなく、再犯する少年もいた。そうした子どもたちを救おうと11年、NPO法人「ホザナ・ハウス」を設立。原則15~19歳の自立援助施設と、虐待を受けた少女らを保護するシェルターを作り、現在は15~24歳の7人が生活する。

     11月中旬の日曜礼拝。約20人の信徒らの前で、はつらつと賛美歌を歌う女性(24)の心地よい声が響いた。女性も森さんに保護された1人。親の虐待や離婚、いじめがきっかけで小学4年で学校に行かなくなった。仲間と遊ぶ昼夜逆転の生活が始まり、薬物使用などで少年院に3回送られた。「大人なんて信じられなかった。でも寂しかった」。1年前から教会に通うようになり、森さんを「一番の理解者。『普通』を押しつけず素の自分を受け入れてくれる」と父のように慕う。

     森さんのもとにやって来る若者の多くは、何らかの生きづらさを抱えている。森さんは「孤独でもがきながら生きる子どもたちに、無条件の愛を注ぎ、前に進む力になりたい」と誓う。【藤田愛夏】

    賛美歌の練習をする森さんら=神戸市灘区記田町5の神戸弟子教会で2017年11月19日
    no title


    配信12/4(月) 16:15
    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000035-mai-soci

    ★1が立った時間 2017/12/04(月) 16:22:33.17
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512372153/

    引用元: ・【兵庫】元暴力団組員幹部、神戸で牧師に 「人生やり直せる」★2

    【元暴力団組員幹部、神戸で牧師に 「人生やり直せる」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/11(水) 16:27:26.29 ID:CAP_USER9.net
    1

    今月はじめ、大阪空港の誘導路の上をドローンのような物体が飛行し、旅客機が着陸をやり直していたことがわかりました。国土交通省は、仮にドローンだった場合、航空機の運航に重大な危険を及ぼしかねない事態だとして、詳しい状況を調べています。

    日本航空によりますと、今月5日午後5時半ごろ、大阪空港で、離陸のため滑走路に向かっていた日本航空機のパイロットが、ドローンのような物体が誘導路の上を飛行しているのを見つけました。

    ドローンのような物体は赤っぽい色をしていて、およそ30メートルの高度と一定の速度を保ちながら、誘導路の上を東からに西に移動していたということです。
    ドローンのような物体はすぐに見えなくなり、航空機への接近はなかったということですが、大阪空港に向けて降下していた別の日本航空機が、念のため着陸をやり直したということです。

    空港周辺でのドローンの飛行は、おととし施行された改正航空法で原則、禁止されていて、国土交通省によりますと、仮にドローンだった場合、旅客機の運航に支障が出た初めてのケースとなります。

    国土交通省は、航空機の運航に重大な危険を及ぼしかねない事態だとして、警察にも情報を提供し詳しい状況を調べています。

    ■機長が機内アナウンスで説明

    着陸をやり直した旅客機に搭乗していた盛岡市の40代の男性は「着陸するために高度を下げていて、窓の外を見ていたところ上昇を始めたので『あれっ』と思った。その後、機長の機内アナウンスで『着陸態勢に入っていたが、空港内にドローンがいるようだと連絡が入り、安全確保のために再着陸の判断をしました』と説明があった」と話していました。

    配信10月11日 16時09分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171011/k10011174771000.html

    引用元: ・【伊丹】大阪空港でドローン飛行か 旅客機が着陸やり直し(10月5日)

    【危機一髪 大阪空港でドローンが飛行して旅客機が着陸やり直し】の続きを読む

    このページのトップヘ