あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    アムロス

    1: 小豆大福 2017/09/23(土) 17:58:45.26 ID:CAP_USER9.net
    3 2018年の9月16日をもって引退することを発表した歌手の安室奈美恵。40歳の誕生日を迎えた9月20日に突如、自身の公式サイトで引退を表明し、歌姫の決意に日本じゅうが大騒ぎとなり、今なおショックが続いている状況だ。





     安室といえば、1990年代半ばに小室哲哉プロデュースによる楽曲でミリオンセラーを連発。96年に発売された「Don't wanna cry」で日本レコード大賞を受賞し、翌年も200万枚以上を売り上げた「CAN YOU CELEBRATE?」で連続受賞。同時に細眉や厚底ブーツ、茶髪のロングヘアーなど安室の真似をした「アムラー」なる若者が一世を風靡して社会現象になった。常に第一線を走り続けた歌姫ゆえ、その功績は計り知れない。だが、そんな安室にも低迷していた時期があった。週刊誌の芸能担当記者は言う。

    「2000年代に入って一時、存在感がなくなりました。その頃、安室はヒップホップやR&Bに転向し、それまでのイメージとは違う姿にファンも違和感を覚えたのでしょう。ですが、周りから『人気低迷』と言われる中、テレビへの露出を減らしてストイックにR&B路線を追求。次第にそのパフォーマンスが『かっこいい!』と再評価され始め、2008年3月に発売された『60s 70s 80s』が、9年3カ月ぶりにオリコン・シングルランキングで首位を獲得。同年発売されたベストアルバムも1カ月で100万枚を突破しました。最近では、2015年9月から2016年2月にかけて行われた全国アリーナツアーで約40万人を動員したりと、見事“セカンドブレイク“を果たしたのです」

     今回の引退報道では安室の人気ぶりが話題になりがちだが、実際は苦労を重ね現在の地位を築いたということだろう。そして、安室と同じく平成を代表する歌姫で、同じくセカンドブレイクを経験したアーティストが存在する。

    「それは宇多田ヒカル(34)です。作詞作曲の才能やインパクトのある歌声は世間に衝撃を与え、1999年にリリースされたファーストアルバム『First Love』は200万枚突破。安室と同様に若くして大ブームを巻き起こし一時代を築きました。しかし、2010年8月に『人間活動』に専念するということで、アーティスト活動を休止。結婚や出産を経て2016年4月に復帰し、8年ぶりにアルバム『Fantome』をリリースすると、オリコン週間ランキング初登場1位を獲得。CDが売れない時代にもかかわらず、特典も付けずに25万枚の売り上げを記録したのです。まさに、セカンドブレイクと言っても過言ではないでしょう」(前出の記者)

     もちろん、安室はブログやツイッターをやらない一方、宇多田は自身のツイートがたびたび話題になるなど、2人のスタンスは違う。だが、セカンドブレイクという点で共通していたのだ。

    「1度目の黄金期を経験した後に、2度目のブレイクを迎えるケースはかなり難しい。黄金期からさらに脱皮しなければならないのですからね。ゆえに、セカンドブレイクを果たしたということは本物である証拠でしょう。ジャンルは違いますが、有吉弘行(43)やヒロミ(52)など、芸人についてもそう言えます。安室も低迷期に実力を蓄え、再び黄金期を迎えていたわけですから、引退は本当に惜しいです」(同)

     大ヒット曲を放ったその後、姿を見なくなった歌姫たちは数多い。果たして今後、日本のミュージックシーンに第2、第3の安室&宇多田は出現するだろうか? 注目したいところだ。(ライター・丸山ひろし)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170923-00000010-sasahi-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170923-00000010-sasahi-ent&p=2

    ※前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506148043/

    引用元: ・【芸能】安室奈美恵と宇多田ヒカル…本物の歌姫になれた2人の“ある共通点” ★2

    【安室奈美恵と宇多田ヒカル…本物の歌姫になれた2人の“ある共通点”とは】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/21(木) 10:59:06.82 ID:CAP_USER9.net
    3◇安室奈美恵引退発表

    安室は昨年秋ごろ、京都市内に2億円の超高級マンションを購入。 引退後は古都の歴史ある街並みで新たな生活をスタートさせるとみられる。

    地元の不動産業者は「40代を迎え穏やかに暮らすには最高の場所」と話した。




    また、音楽関係者は「激動の歌手人生だったので、 子供も成人するタイミングで第二の人生を歩むのかもしれませんね」と指摘した。

    9/21(木) 6:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000076-spnannex-ent 

    引用元: ・【芸能】安室奈美恵、引退後は京都に移住か 市内に2億の超高級マンション購入済

    【【安室奈美恵】引退後は京都に移住か 市内に2億の超高級マンション購入済】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/21(木) 17:17:01.99 ID:CAP_USER9.net
    no title安室奈美恵さん(40)の引退宣言が、SNSにも大きな波紋を広げている。

    芸能界にも熱狂的なファンが多い彼女。ハリセンボンの近藤春菜さんや、お笑い芸人のイモトアヤコさんが有名だが、タレントの木下優樹菜さんもその1人だ。

    ただ、木下さんが安室さんの引退を知り公開した「泣き動画」が、今「炎上」する事態になっている。

    ■「この世の終わりです。生きていけない」

    2017年9月20日の19時直前、安室奈美恵さんが18年9月をもって引退することが急きょ発表された。

    その数時間後、木下さんは「絶望 奈美恵様引退」というタイトルの動画を自身のインスタグラムにアップした。内容は、安室さんの曲を聴きながら、ひたすら泣きじゃくる15秒の自撮り動画と、娘に慰めてもらっている1枚の写真だ。

    木下さんは、まず同じ安室さんのファンに対し、「奈美恵様のファンの皆さんありがとうございます 同じきもちです」と述べ、さらに動画を撮った経緯を説明した。

    「わたしは食器を洗いながら 奈美恵様を聴いてたの 夏休みの準備しながら いろんなことおもってきて 涙が兎に角とまらなくって 言葉にならず、友達たちに 送ったやつ」

    この説明によると、もともと動画は、限られた友人に送ったもので、それを改めてインスタにアップしたようだ。

    木下さんは、SNS等で9月21日から一家で夏休みをとることを公言しており、夏休み直前の「安室さん引退報道」のショックは大きかったことが伺える。

    動画が公開されると、

     「この世の終わりです。生きていけない」
     「同じ気持ち。泣ける...てか泣いてる」
     「真っ先にユッキーナのこと思ったよ!あんなに安室ちゃん大好きなこと知ってたから」
     「優樹菜ちゃんが引退の事聞いたらどんなに悲しむだろうと思って心配してたけどやっぱりこうなるよね...」

    など、共感や同情する声が多数集まった。

    しかし、21日、朝の情報番組でこの動画が放送され、多くの人の目に触れられるようになると、風向きが変わり始める。目立ちはじめたのが、なぜこんな動画をあげたのか、という批判の声だ。

    「こんな時でも自分が1番なんですね...」

     「悲しいのはわかるけど。泣いてる姿自撮りしてわざわざ載せなくても...」
     「泣くのはわかるけど、よく動画撮って加工する余裕あったね」
     「泣き動画upする意味がわからないwww」
     「自分のインスタ閲覧数伸ばす為に安室ちゃん利用しないで」
     「なにこれwwwわざわざ自分が泣いてる動画あげる神経...www」
     「こんな時でも自分が1番なんですね...アピールにしか感じられません」

    など、「便乗しているのではないか」「アピールしたいだけでは?」という趣旨のものがコメント欄を埋め尽くすようになった。

    さらには、フォロワー同士で、「気分悪いのはこっちの方です」「こうやって叩かれてる時だけ叩くあなたの方が見苦しい」など、舌戦も激しさを増すようになった。

    中には、 「みんなが心配してるからUpしたんじゃ?」 「安室さんファンの人と気持ちを分かち合いたくて撮ったんじゃない? 言葉だけじゃ伝わらないと思ったんだよ、きっと。

    あまりの衝撃でこんなに泣いたんだって知ってほしかったんだと思うよ」といった、冷静な見方をする発言もあるが、まだ鎮静化にはいたっていない。

    この投稿は、公開から14時間で、「いいね!」が24万件近く、コメントも3000件に近づいている。(21日11時現在)

    自作の安室ちゃんPVも公開

    木下さんは、「絶望」動画から約5時間後の20日深夜、再びインスタに動画をアップした。
    内容は、「安室ちゃん ありがとう!」というタイトルの、自作の安室PVだ。
    「ただただありがとう!! ! あなたの幸せを祈りまくって願ってるから!! !」と、安室さんにメッセージを送っている。 

    引用元: ・【芸能】「安室ちゃんを利用するな」ユッキーナの「泣き動画」が大炎上★2

    【【ユッキーナ】安室奈美恵 引退に便乗した「泣き動画」が大炎上wwwww】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/21(木) 07:06:42.13 ID:CAP_USER9.net
     安室奈美恵(40)が来年9月16日での引退を発表したことを受け、大みそかの「NHK紅白歌合戦」に集大成の大トリ出場を果たすことが確実になった。9回連続出場となった03年以来、14年ぶりの大舞台が劇的引退の記念碑となる。

     安室は95年「NHK紅白歌合戦」に初出場。ロングブーツ、ヒョウ柄など若い女性を中心にした“アムラー”旋風とともに、瞬く間に年末の顔となった。

     産休を控えた97年は紅組トリで「CAN YOU CELEBRATE?」を歌唱。翌98年の紅白では同じ曲で公の場に復帰を果たし、歌手別最高の瞬間視聴率64・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。関係者は「安室にとって紅白は大ブレークから結婚、出産まで、人生の節目をともにした存在」とその特別さを語る。

     以後、03年まで毎年出場を続けることになるが、02年にZeebra(46)らと組んだプロジェクトをきっかけにR&Bやヒップホップ志向を固めた安室は、04年からは紅白をシンボルとした日本のミュージックシーンから、明確に一線を引くことになる。

     日本の中でのトップシンガーから、ビヨンセ(36)やクリスティーナ・アギレラ(36)ら、世界に通用する歌って踊れる「ディーバ」への飛躍を明確な目標とし、以降は事務所からの独立をはじめ、信じた道へと歩みを進めてきた。

     そんな安室が、昨年のNHKリオ五輪・パラリンピックのテーマソング「Hero」を手掛けたときに取り沙汰され始めたのが、40歳での引退だった。「五輪テーマの提供は、日本と世界との懸け橋に足る存在になれたという自負」と関係者は語る。それでも昨年、NHKの三顧の礼にもかかわらず、安室は紅白の舞台を踏まなかった。そこには「本当に、思い入れの舞台に立つのは来年と、心に誓っていたのでは」とNHK関係者は証言する。

     NHKは、引退がホームページで告知されるのとほぼ同時に真っ先にニュース速報を流した。これから1年、あらゆる集大成を遂げる道程に紅白はある。今年が歌手として最後の大みそか。「伝説の歌姫」となる中で、安室が出るべき場所は「大トリ」しかない。

    [ 2017年9月21日 06:06 ]
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/21/kiji/20170920s00041000243000c.html
    no title

    no title

    引用元: ・【芸能】安室、紅白大トリ確実 結婚、出産、復帰…節目ともにした特別な場所

    【【安室引退】紅白大トリ確実 結婚、出産、復帰…節目ともにした特別な場所】の続きを読む

    このページのトップヘ