あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    アメリカ

    1: 小豆大福 2018/01/05(金) 09:05:26.32 ID:CAP_USER9.net
    4日、猛吹雪で全便が欠航となったニューヨークのラガーディア空港=AP
    no title


     【ニューヨーク=平野麻理子】米東部は4日、記録的な猛吹雪に見舞われた。ニューヨーク州やニュージャージー州などは非常事態宣言を出し、最大級の警戒を呼びかけた。ニューヨーク市内では20センチメートル以上の降雪が見込まれ、公立学校が休校になった。航空情報サイトによると、東海岸では3500便以上のフライトが欠航になった。停電や路面の凍結などで、市民生活にも大きな影響が出ている。

     米国では昨年末から強い寒波が流れ込み、広い範囲で記録的な寒さに見舞われている。3日には年間を通じて温暖な気候で知られる南部フロリダ州でも約30年ぶりに雪が降った。米メディアによると、南部テキサス州ヒューストンでホームレスの男性2人が凍死した。東海岸では5万世帯近くが吹雪の影響で停電に陥っているという。

     ニューヨーク市内では4日未明から雪が降り始め、夕方にやんだ。その後も厳しい寒さと強風は続き、週末には最低気温がセ氏マイナス15度に到達する予報が出ている。路面の凍結でけが人や事故が増える可能性が高く、地元自治体は今から注意を呼びかけている。

     4~5日は低気圧が急速に発達しながら東海岸付近を北上するため、米東部は強い吹雪に見舞われる見通しだ。首都ワシントンや東部ペンシルベニア州でも観測史上の最低気温を記録している。

    配信2018/1/5 4:17 (2018/1/5 6:40更新)
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25349090V00C18A1000000/

    関連スレ
    【米国】広範囲で記録的寒波 凍死相次ぐ、交通に乱れも 南部フロリダ州では28年ぶりに雪が降る
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515029638/

    引用元: ・【米国】米東部、猛吹雪で非常事態宣言 欠航3500便超に

    【米東部、猛吹雪で非常事態宣言 欠航3500便超に【画像あり】】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/04(木) 16:52:53.45 ID:CAP_USER9.net
    3

    アメリカでトランプ政権が発足してから今月で1年を迎えるのを前に、NHKが日本とアメリカで実施した世論調査で、北朝鮮の核やミサイルの問題について「脅威だ」と答えた人がアメリカでも8割に上り、北朝鮮の脅威を現実のものとして国民が受け止めていることが明らかになりました。

    調査概要

    NHKは、去年11月27日から12月3日にかけて、日本とアメリカの18歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査では、日本で1232人、アメリカでは1201人から回答を得ました。

    ■中国をめぐり日米の意識にずれ

    一方で、日本にとってアメリカと中国のどちらの国がより重要か、アメリカにとって日本と中国のどちらの国がより重要か、それぞれ聞いたところ、日本では、「アメリカ」が66%、「どちらも同じくらい重要」が11%、「中国」が10%で、アメリカをあげる人が最も多かったのに対し、アメリカでは、「中国」が58%、「日本」が29%、「どちらも同じくらい重要」が5%で、中国をあげる人が最も多くなり、日米の意識のずれが鮮明になっています。

    1月4日 16時34分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180104/k10011278991000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    関連スレ【NHK日米世論調査】日本ではアメリカ第一主義に警戒感 米国「支持する」58% 日本「良くない」66%
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515018460/

    引用元: ・【NHK日米世論調査】米国:日本と中国どちらが重要か「中国」58%「日本」29%-日本:米国と中国どちらが重要か「米国」66%「中国」10%

    【NHK日米世論調査 米国:日本と中国どちらが重要か「中国」58%「日本」29%-日本:米国と中国どちらが重要か「米国」66%「中国」10%】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/01(月) 14:48:35.02 ID:CAP_USER9.net
    3

    半島有事シミュレーション 米の北攻撃、3月18日以降 「武力行使 条件整っている」
    2018.1.1 10:30
    http://www.sankei.com/world/news/180101/wor1801010023-n1.html

     北朝鮮の核・弾道ミサイル排除を目的として、米国は先制攻撃するのか。踏み切るとしたらいつ、どのような形になるのか。海上自衛隊の香田洋二元海将、航空自衛隊の織田邦男元空将が起こりうるシナリオを予測した。

     3つの可能性
     「北朝鮮が本当に核弾頭搭載のミサイルを持って暴れ出したらコントロールできなくなる。それをわれわれは認めますかということですよ」
     こう語る香田氏は、北朝鮮を阻止するため米国が攻撃に踏み切るタイミングとして、3つの可能性を挙げる。
     (1)最短が平昌五輪1カ月前の1月8日までの間(2)3~4月に予定される米韓合同軍事演習「フォールイーグル」の期間中(3)11月の米中間選を控えた夏-だ。
     織田氏はトランプ米大統領が先制攻撃を決断するとすれば3月18日以降だとみる。この日はロシアの大統領選の投開票が行われる。
     「ロシア大統領選が終わるまで米国は下手に動けない。ロシアがさらに反米・反トランプになる恐れがあるからだ」(織田氏)
     ただ、米国といえども北朝鮮の核開発を阻止するための「予防戦争」は国際法上の制約から難しいとの見方で両者は一致する。あるとすれば、緊急避難的に北朝鮮の脅威を除去する「先制攻撃」だ。もっとも予防戦争と先制攻撃の線引きは、他国から見て曖昧な点があることも事実だ。香田氏は語る。
     「気をつけなければいけないのは、先制攻撃の前提となる『米国に対する攻撃の兆候』を決めるのは米国だということだ」
     北朝鮮が弾道ミサイルに燃料を入れてカウントダウンが始まった段階か、格納庫のドアを開けて移動発射台を搬出した時点か。米国の「決断の時」を予測するのは難しい。米領グアムの領海内にミサイルが誤って着弾し、それを機に米国が自衛権を発動するとの見方もある。

    以下はソース元で

    引用元: ・【北朝鮮】半島有事シミュレーション 米の北攻撃、3月18日以降 「武力行使 条件整っている」

    【朝鮮半島有事シミュレーション 米の北攻撃、3月18日以降 「武力行使 条件整っている」】の続きを読む

    3

    1: 小豆大福 2017/12/25(月) 10:30:16.86 ID:CAP_USER9.net
    散歩で雑木林に入った飼い犬の多くは野生の血が騒ぎ、グイグイと前に出ては臭いをくんくんと嗅いで回り、激しい興奮をみせるものである。そんななかで突然の激高をみせたピットブル2頭。若い女性の飼い主を食い殺すという悲惨な事故が米バージニア州から伝えられた。

    事故がおきたのは、リッチモンドの北西に位置するバージニア州グーチランド郡で今月14日のこと。22歳のベサニー・スティーヴンスさんが愛犬のピットブル2頭を連れて自宅近くの雑木林を散歩していたところ、犬たちが突然彼女を攻撃。目撃者や救助も得られないまま体を食われるという非常に悲惨なものであった。

    『Inside Edition』などが伝えたところによれば、郡保安官事務所のジェームズ・L・アグニュー氏は記者会見で「警察官になって40年近くになる私でも、これほど悲惨な現場を目にしたことはありません」と述べたそうだ。

    ピットブルたちは闘犬用として飼育されていた可能性があり、ベサニーさんは最初に喉と顔を噛みつかれ、地面に倒れ意識を失ってから犬に身体を食い荒らされたのではないかという。

    通報者はベサニーさんの父親で、散歩から戻ってこない娘と連絡が取れないことを心配し、雑木林を捜し回るも姿が見つからないため通報していた。警察はやがてベサニーさんを発見したが、Pac-ManおよびTonkaと名付けられた2頭はそれぞれ体重が57kgと大型で興奮も収まらないため、捕獲には数時間かかったとのこと。動物保護局にて安楽死となる予定だが、なぜ飼い主を襲ったのかは解明されていない。

    犬が動物や飼い主も含めて誰かを激しく攻撃する。これは相手をエサとしてしとめるため、そして自分のエサを独占したいというシチュエーションばかりではない。犬種やそもそもの性格、序列意識、縄張り意識、繁殖期、飼育頭数や環境からくるストレスなど原因は多岐にわたり、骨折や関節炎、病気など体のどこかに痛みを抱えていると、近づいてくる者に対して恐怖や不安から激しい攻撃性を示すこともある。うずくまって痛みに耐えているような犬を見つけ、親切心から手を添えて噛まれてしまうのはそのせいだ。

    またそうした理由もなく突発性の攻撃を見せる犬の場合には、「スプリンガー・レイジ・シンドローム(突発性激怒症候群)」という脳神経の病気が背景にあることも。鼻の上にシワを寄せ、ウーッと低い声で唸る“これ以上怒らせるな”といったアピールもないまま発作でも起きたかのように乱暴になり、飼い主を攻撃してしまう。その後少しの間はボンヤリし、また穏やかな普段の姿に戻る。原因についてはセロトニンという脳内伝達物質の量の低下、あるいは遺伝ではないかとの説もあるが、詳しいことはいまだ研究の途中だそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14075659/

    被害女性
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/a/2ad31_196_234acfcf_4ca2aef7.jpg

    引用元: ・【米国】またピットブル…22歳女性が愛犬に食い殺される 警察官「これほど悲惨な現場を目にしたことはありません」 林を散歩中に豹変か

    【アメリカでまたピットブル…22歳女性が愛犬に食い殺される 警察官「これほど悲惨な現場を目にしたことはありません」 林を散歩中に豹変か】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/18(月) 07:33:38.63 ID:CAP_USER9.net
    3

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219725

    「北核実験なら米の軍事行動は70%」――。トランプ側近のグラム上院議員は、米アトランティック誌(電子版=14日付)のインタビューで、トランプ政権が北に対して軍事行動に踏み切る可能性が30%、7度目の核実験を実施した場合は「70%に上がる」とし、「全面戦争になる」と警告した。

     10日にトランプとゴルフをしたというグラム氏。ラウンド中に「北の情勢が常に話題になった」と明かし、トランプの“代弁者”のように振る舞っている。

     日本国内では「いよいよ最終段階か」みたいな報道が目立つが、こういう時こそ冷静になった方がいい。グラム氏と言えば、共和党議員の中でも、「超タカ派」で知られた好戦家。

     例えば、2006年に米国内でイラク駐留米軍の撤退機運が高まった際、「犯罪が多発する地域から警察官を撤収させろというに等しい」と反対し、兵力増派を訴えた。今回の高まる米朝緊張でも早々に「在韓米軍の家族を韓国国外へ退避させ始める時が来た」とあおりまくっている。ざっくり言うと、国内でいえばネトウヨみたいな存在で、発言を真正面から受け取らない方がいい――というのが世界の常識だ。

    だいたい、ティラーソン国務長官は、北との対話について「前提条件なしで応じる用意がある」と発言しているし、15日は米国務省のユン北朝鮮担当特別代表が「対話の用意がある。北が応じると楽観している」と発言している。さらに国連も対話解決に本腰を入れ始めていて、フェルトマン事務次長は北の李容浩外相らの高官と15時間以上話し合った。

     米朝開戦になれば両国が被害を受けるどころか、地球が終わる。そんな小学生でも理解できる簡単なことが分からないのは日本の安倍首相と米国のタカ派議員ぐらいだ。

    「北は明らかに対話の姿勢を示しています。中国、ロシア、韓国は対話路線だし、国連も対話に向けて具体的に動き出している中、グラム氏の発言は強硬派の焦りの表れともいえます」(元韓国国防省分析官で拓大研究員の高永テツ氏)

     ネトウヨ議員の妄言は無視するのが一番だ。

    色物ソースです
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513447836/1-3

    引用元: ・【話題】北7度目核実験で米攻撃70% ...日本でいえばネトウヨみたいなトランプ側近の警告は本当か

    【北7度目核実験で米攻撃70% ...日本でいえばネトウヨみたいなトランプ側近の警告は本当か】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/17(日) 09:43:48.60 ID:CAP_USER9.net
    3

    北京で開催されたシンポジウムで、北朝鮮情勢について複数の中国の専門家らが「戦争が起きる可能性が高い」と指摘し、軍事衝突への危機感をあらわにしました。

    元南京軍区副司令官・王洪光氏:「いつでも戦争は起きる。今夜にもあるかもしれない。今から3月までが瀬戸際だ」中国人民大学国際関係学部・時殷弘教授:「ここ数年来で一番、戦争が起きる可能性が高いのは今だ」

    出席した専門家のうち半数は北朝鮮の核・ミサイル開発技術が進歩し、アメリカと北朝鮮の対話が遠のいているなどと指摘し、朝鮮半島で戦争が起きる可能性が高まっていると主張しました。

    また、有事に備えて核汚染の危険性がある中国東北部を防衛する要員を増やすなど、準備をするべきだと主張する意見も出ました。

    中国戦略文化促進会常務副会長・羅援氏:「中国は会談を促して戦争を防ごうと努力している」

    この軍事評論家は、「中国は、アメリカと北朝鮮の会談の場を提供する。もしアメリカが受け入れず、戦争が起きれば責任はアメリカにある」と強調しました。
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000116849.html

    引用元: ・【北朝鮮情勢】 複数の中国の専門家 「戦争が起きる可能性が高い」

    【複数の中国の専門家 「戦争が起きる可能性が高い」】の続きを読む

    3

    1: 小豆大福 2017/12/15(金) 11:19:39.34 ID:CAP_USER9.net
    米誌フォーリン・ポリシー(電子版)は13日、北朝鮮の当局者が、核実験やミサイル発射を60日間停止すれば米国との直接対話の道が開けるとの「約束」を、米国が破ったと不満を訴えていると報じた。

    元職を含む複数の米政府当局者の話として伝えた。

    ティラーソン米国務長官は12日、「前提条件なしで会う用意がある」と述べたが、北朝鮮側は対話への関心を失っているという。

    同誌によると、実験の60日間の一時停止は米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮政策特別代表が今秋、提案した。米国との直接対話の状況を作り出せると北朝鮮側に示唆したという。この提案は先月、米紙ワシントン・ポストも報じていた。
    http://www.asahi.com/articles/ASKDG643KKDGUHBI04L.html

    引用元: ・【国際】 北朝鮮 「米が約束破った」

    【北朝鮮 「米が約束破った」】の続きを読む

    このページのトップヘ