あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    イギリス

    1: 小豆大福 2018/01/04(木) 16:10:39.24 ID:CAP_USER9.net
    3

    正月に食べる縁起物と言えば、餅。ただ、その柔らかさや飲み込みにくさは毎年、お年寄りを中心に犠牲者を出している。東京消防庁によると、今年の元日も餅を喉に詰まらせたとして、都内だけで15人が搬送された。うち2人が亡くなっている。

    そんな中、英BBCは1月2日、「Delicious but deadly mochi:The Japanese rice cakes that kill」(おいしいけれど危険な日本の餅 死者が出ることも)というタイトルで、餅の危険性を取り上げた。
    http://www.bbc.com/news/world-asia-42537953

    日本人からは「美味しいし危険じゃないよ。詰まらせるのはごく一部」というコメントも

    記事では、餅がどんな食べ物かという説明や、日本で、餅の窒息への注意喚起が毎年出されていること、それでも死者は減らないことなどが報じられていた。窒息を防ぐためには「噛んで、噛んで、噛みまくること」と、十分咀嚼する必要があるとも記している。

    日本で暮らしているとおなじみの内容だったが、海外で報道されたことには、ツイッターユーザーから「ついに国際社会に知れ渡ってしまったか」などと驚く声も多かった。

    海外の反応も様々だ。BBCニュースのツイッターには、

    「先週食べたけど、すごく変わった食感の食べ物だった」
    「日本人はどうして、人を殺しかねない代物をむしゃむしゃ食べるんだ?」

    といった感想や疑問が寄せられたほか、

    「ぶどうでも鶏肉でも、ハンバーガーでもたくさんの人が窒息しているじゃないか」
    「飛行機事故や交通事故で死ぬ可能性の話と似たようなものだよ」

    と、餅だけに限った話ではないという指摘もあった。

    BBCニュースの公式フェイスブックでは5000件以上の反応があり、シェアも800件以上されていた。「餅は好きだけど、子どもやお年寄りには食べさせないかな。窒息のリスクが高いし」というコメントや、「何を食べていても、運が悪ければ窒息するよ」など、反応は様々だ。

    餅が危険な食べ物扱いされた記事と、それを読んだ外国人へは、日本人から「餅は正月料理に欠かせない、美味しい食べ物なんだ。危険なんかじゃないよ。詰まらせるのは本当にごく一部だよ」というフォローも入っていた。

    配信2018.1.4
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=48343

    関連スレ
    【日本文化紹介】おいしいけど危険な日本の餅 死者が出ることも 安全な食べ方も紹介 BBC
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514898468/
    【東京】餅を喉に詰まらせ搬送、都内で今年17人に 2人死亡、1人心肺停止
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514960573/

    ★1が立った時間 2018/01/04(木) 15:03:17.53
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515045797/

    引用元: ・【モチ】英BBCで餅の危険性が取り上げられる 海外からは「なんで人を殺しかねない代物を食べるんだ?」と素朴な疑問★2

    【英BBCで餅の危険性が取り上げられる 海外からは「なんで人を殺しかねない代物を食べるんだ?」と素朴な疑問】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/25(月) 12:48:59.50 ID:CAP_USER9.net
    ハロウィンの次に大きなイベントとなるのがクリスマス。多くの子供たちは指折り数えてクリスマスを心待ちにしており、学校が休みに入る前に児童はクリスマスカードを交換し合う。しかしある少女は、1人のクラスメートから心無いカードを受け取った。

    少女の母親は「親は我が子に自閉症の子へ思いやりを持って接することを教えてほしい」とFacebookに綴った。英メディア『Liverpool Echo』『Mirror』『Metro』などが伝えている。

    英リバプールのノリス・グリーンにあるランワース・スクエア小学校に通うエラ・シングルトンちゃん(9歳)は、自閉症で友達がいない。それは母ジェナさん(32歳)の大きな悩みの種でもあった。しかし学期が終わる前にエラちゃんはクラスメートからクリスマスカードを貰ったようで、とても喜んでいたという。

    ところが12月21日、学期が最後となる日に1人のクラスメートがエラちゃんに手渡したクリスマスカードは「エラへ。あなたなんか大嫌い」と記されており、このメッセージを見たエラちゃんは号泣した。

    「学校から戻って来て、エラは心ここにあらずという感じでした。そしてすごく機嫌が悪くなり始めたのです。自閉症の子を持つ親なら理解できると思いますが、一旦ぐずるととんでもなく荒れてしまうことが多々あります。エラはこの日、家族に突っかかりました。『みんな私のことなんて大嫌いなのよ。どうやったら私は遠くに行けるの』と言って『死にたい』とまで口にしたのです。」

    自身のFacebookにもこのように投稿したジェナさんは、この日の夜にエラちゃんがコートも着ないまま裸足で家の外に飛び出してしまったと話している。その後、偶然荷物の配達に回っていたデリバリー運転手とエラちゃんの祖母がエラちゃんを見つけてなんとかなだめると、エラちゃんは学校で渡されたクリスマスカードのことを話し出した。心無いクラスメートのメッセージにジェナさんも心を痛めたが、エラちゃんには人は時にとても意地悪になるものと説明しなぐさめた。

    エラちゃんはこの夏、自分の誕生日パーティに32人のクラスメートを招待したが、来てくれたのはたった1人だけだったという。
    最近では、エラちゃんは休み時間に校庭で1人で過ごしていると学校側からも報告があったようだ。

    「エラは、クラスメートからのクリスマスカードに『友達からもらった』ととても喜んでいました。
    でも、クラスメートはエラの友達ではないことも私は知っているので、嬉しいと同時にやはり悲しい気持ちもあります。娘は自閉症なので、人生は困難なチャレンジばかりです。でも心が痛むのは、やはり娘に友達が1人もいないということなのです。」

    このように語るジェナさんは、自身のFacebookに「あなたの子供たちに、特別なサポートを必要とするクラスメートには悲しみではなく喜びを与え、思いやりを持って接することを教えてください」と綴った。

    この投稿は拡散し、ジェナさんは多くのユーザーらから励ましやサポートのメッセージを受け取った。あるレストランからは食事を無料で提供するとオファーがあり、ある男性からはエラちゃんをチェスター動物園に連れて行ってあげるといった申し出まであったという。また、多くの人からジェナさんのアカウントを通してエラちゃんへ素敵なクリスマスメッセージが届けられたようで、ジェナさんは見知らぬ人々の思いやりに感謝の気持ちを述べた。また、テックインサイトの取材にジェマさんはこのように明かしてくれた。

    「見知らぬ人々からの温かい言葉に娘は救われたといっていいでしょう。今は私に『ママ、私もう嫌われるって思わないよ』と言ってくれました。今の娘はクリスマスをとても楽しみにしているし、家族も安心しました。」

    ジェナさんによると、心無いクリスマスカードを送った少女の母親はジェナさんのアカウントに連絡し謝罪してきたそうだ。

    続きはソース元をご覧ください
    http://news.livedoor.com/article/detail/14074632/

    エラちゃん
    no title

    引用元: ・【英国】9歳の自閉症少女、クラスメートから「大嫌い」と書かれたクリスマスカード手渡される 号泣「死にたい」、裸足で外に飛び出す

    【イギリスの9歳の自閉症少女、クラスメートから「大嫌い」と書かれたクリスマスカード手渡される 号泣「死にたい」、裸足で外に飛び出す】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/14(木) 11:47:59.05 ID:CAP_USER9.net
    患者の肝臓にイニシャル、英医師が認める 検察「極めて異常」
    2017年12月14日 9:30 発信地:ロンドン/英国
    http://www.afpbb.com/articles/-/3155348?cx_amp=all&act=all
    no title

    病院で手術をする医師(2016年9月22日撮影、資料写真)。(c)AFP/Mahmoud ZAYYAT

    【12月14日 AFP】英国の外科医(53)が13日、病院で臓器移植の手術を行っていた患者2人の肝臓の表面に、自分のイニシャルの「焼き印」を入れていたことを法廷で認めた。その様子は同僚の医師が目撃していた。判決は来年1月12日に言い渡される予定。

     医師はサイモン・ブラムホール(Simon Bramhall)被告。勤務先のイングランド中部バーミンガム(Birmingham)にあるクイーン・エリザベス病院(Queen Elizabeth Hospital)でこの行為に及んだ。

     被告は暴行の罪を認めたが一方、実際に肉体に害を与える原因となる暴行の罪では無罪を主張した。

     法廷で検察官は、これは「孤立した事件ではなく2度繰り返された。相当の技能と集中を要し、同僚の面前で行われた」と指摘。「極めて異常で複雑な」事件だとし、このようなケースは「刑法に判例がない」と言及した。

     英公訴局(Crown Prosecution Service)のエリザベス・リード(Elizabeth Reid)氏は声明で「サイモン・ブラムホールは優秀な外科医だが、患者2人に対して手術中に暴行を加えた」と指摘。そのような暴行は倫理的に誤りであるだけでなく犯罪でもあり、患者の信頼を裏切るものだと指弾した。

     被告は保釈が認められた。(c)AFP

    引用元: ・【極めて異常】英医師が手術中の患者の肝臓に「焼き印」で自身のイニシャル入れる…検察「刑法に判例がない」

    【極めて異常 英医師が手術中の患者の肝臓に「焼き印」で自身のイニシャル入れる…検察「刑法に判例がない」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/08(水) 13:08:34.28 ID:CAP_USER9.net
    英王室のキャサリン妃が、来年4月に第三子の出産を予定していると報道があったばかりだが、今月、夫であるウィリアム王子が人口削減を訴える驚愕の発言をしていたことが明らかになった。

    ■ウィリアム王子「アフリカの人口が多すぎる……」

    英紙「The Telegraph」(2日付)などによると、アフリカの環境保護プロジェクトを支援するチャリティー団体「Tusk」の支援者であるウィリアム王子は、2日に開催された同団体主催のパーティーに出席。
    環境問題と人口問題についてスピーチを行った。

    「急激な人口増加により、アフリカの人口は2050年までに現在の2倍になると予想されています。
    これは毎月350万人増加することを意味しています。
    この人口急増が、アフリカに住まう野生動物たちにとって大きな負担となっていることは疑いのない事実です」(ウィリアム王子)

    あくまで環境問題を大義名分として、アフリカの人口抑制を訴える狡猾なスピーチであるが、すでに3人もの子宝に恵まれたウィリアム王子自身はどんな思いでこの発言をしたのだろうか?
    実は英国王室が、自分たちのことを棚に上げ、人口削減を口にしたのは、これが始めてではない。
    エリザベス女王の夫であり、ウィリアム王子の祖父であるフィリップ殿下もかつて、人口過剰は人類が直面している最大の危機であると発言し、「voluntary family limitation(自主的な家族制限)」を呼びかけたことがある。英国王室には何かにつけて人口削減を呼びかける習性があるのだ。

    ■英国王室(イルミナティ)が目論む「人口削減計画」

    それも故なきことではない。
    陰謀論では有名な話だが、英国王室は秘密組織「イルミナティ」の中核であるロスチャイルド家の支配下に置かれており、エリザベス女王は同組織の主要メンバーに名を連ねていると言われているからだ。

    よく知られているように、イルミナティの秘密計画の1つには、地球人口を激減させる「人口削減計画」がある。
    イギリス王室関係者の発言も、イルミナティメンバーの発言として読み解く必要があるのだ。

    イルミナティの指針の1つであり、人口削減についての国際社会のガイドラインになっているといわれているのが、1992年6月にリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミットで採択された「アジェンダ21」である。
    これは70億人余りいる地球人口の95%を削減、5億人の人口規模を維持するというものだ。

    「環境に対して、人間社会が影響を及ぼしているどの地域においても、国連をはじめ政府と大組織による、地球規模、国家規模、地域規模の包括的な実施計画が行われることになります」(「アジェンダ21」より)

    これだけでも恐ろしい話だが、イルミナティ、そして英国王室が人口削減計画をすでに実行に移している可能性も指摘されている。
    2013年2月、ブリュッセルにある国際慣習法裁判所は、1960年代から70年代にかけてカナダ先住民・モホーク族の子どもたち5万人を虐殺したとして、エリザベス女王、ローマ教皇、カナダ首相らイルミナティのメンバーと思しき30人余りの人物に対し、懲役25年の有罪判決を出しているのだ。

    そして、彼らのターゲットは決してアフリカの人々やネイティブアメリカンらだけではないということを忘れてはいけない。
    ドキュメンタリー映画『The Great Culling: The Truth About Our Water』(大選別:水道水の真実)などによれば、すでに我々が日々口にしている水道水や食物、医薬品にはじまり今こうして呼吸している空気までもが有害な化学物質にまみれているという。

    これこそがすでにはじまっている“大選別”で、我々は気づかないうちに化学物質に毒されており、不妊の蔓延、短命化が起こっているかもしれないのである。
    その証拠に、今年7月には、イスラエル・ヘブライ大学と米マウント・シナイ医科大学の研究により、ここ40年間で男性の精子数が60%近く減少、22年後には世界から精子が尽きることが明らかになっているのだ。
    我々は遺伝子的に絶滅させられようとしているのである。

    人口削減計画が現在どの段階にあるかは分からないが、今後も英国王室、ひいてはイルミナティメンバーの発言には十分注意しておいた方が良いだろう。
    今回のように、うっかり口を滑らせることもあるかもしれない。

    http://tocana.jp/2017/11/post_15008_entry.html

    引用元: ・【話題】英ウィリアム王子が戦慄発言「アフリカは人口多すぎるから減らせ」 英国王室=イルミナティによる人口削減計画の開始宣言か !?

    【英ウィリアム王子が戦慄発言「アフリカは人口多すぎるから減らせ」 英国王室=イルミナティによる人口削減計画の開始宣言か !?】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/22(日) 09:10:47.44 ID:CAP_USER9.net
    http://www.afpbb.com/articles/-/3147572?cx_position=18

    【10月21日 AFP】テリーザ・メイ(Theresa May)英首相が英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット、Brexit)についての協議が行われる部屋で一人きりで座って会談相手を待っている写真が20日、同首相の孤立した立場を物語っているとしてソーシャルメディア(SNS)で物笑いの種になった。

     インターネットで拡散された写真は、四つの鉢植えが置かれた広いテーブルに向かって、物思いにふけっている様子でぽつねんと座っているメイ首相を捉えている。

     実際にはこのときメイ首相は、交渉が難航しているブレグジット問題打開に向けた協議のため、欧州理事会(European Council)のドナルド・トゥスク(Donald Tusk)常任議長(EU大統領)を待っているところだった。

     しかしネットユーザーはすぐにこの写真に飛びつき、メイ首相の孤立した立場を象徴するものだとやゆ。同氏は英国を除くEU加盟27か国とのブレグジット交渉においても孤立し、今年6月の解散総選挙で自身が率いる保守党が過半数割れしたことを受けて党内でも批判の矢面に立たされている。

     EU首脳らは20日、ベルギー・ブリュッセル(Brussels)で12月に開かれる首脳会議でブレグジット交渉を次の段階に進める準備を始めることで合意し、メイ首相に助け舟を出した。(c)AFP

    2017年10月21日 16:14 発信地:ロンドン/英国

    no title

    引用元: ・【英国】英首相のブレグジット交渉での「ぼっち」写真、ネットで物笑いの種に

    【英首相のブレグジット交渉での「ぼっち」写真、ネットで物笑いの種に】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/20(金) 10:35:12.13 ID:CAP_USER9.net
    3

    2017年10月19日

    10月16日にデビューした日立製英国向け高速車両「クラス800」。この上り一番列車が大きな混乱を引き起こした(レディング駅にて、筆者撮影)

    「このたびのトラブルの件では、乗客の皆さまに大変なご迷惑をおかけした。申し訳なく思っている」。日立製作所の執行役常務で鉄道ビジネスユニットCOO(最高執行責任者)を務める正井健太郎氏が沈痛の面持ちで口を開いた。

    10月16日、日立製作所が手がける英国向け高速車両が営業運転を開始した。地元の人々の期待を一身に受け華々しく登場したが、ロンドン行きの一番列車にトラブルが続出。そのデビューは苦々しいものとなってしまった。

    英国では、主要幹線を走る長距離用車両の老朽化が著しく、順次新車へと更新する都市間高速鉄道計画(IEP)が進められているが、今回の日立製新車の導入はその先駆けとなる。

    ロンドンの起点はパディントン駅

    この日、営業運転が始まったのは「クラス800」と呼ばれる車両だ。日立は英国からIEPで更新される車両866両の納入および、現在から27年半にわたるメンテナンス事業を一括受注している。
    うち、最初の12編成は山口県下松市の同社笠戸事業所で生産され、現地に船で運ばれたが、残りの110編成は同社が2015年9月に運営を開始したイングランド北東部のニュートンエイクリフ工場で造られる。

    新型車両は、この日からクラス800を導入した鉄道運行会社グレートウェスタン鉄道(GWR)に369両、ロンドンからスコットランド方面に延びる東海岸本線を運営するヴァージントレインズに497両、それぞれ納入されることが決まっている。

    GWRのクラス800は「くまのパディントン」で日本でも広く知られるロンドンのパディントン駅を発着する。ロンドン発の一番列車は朝6時半過ぎ、多数のメディア関係者が見守る中、パディントン駅3番線へと現れた。
    出発を控えたプラットホームで、正井COOは「長い歳月を経て、このIEPの営業運転にこぎつけられたことは、われわれ鉄道に携わる者として誇りに思う。長期にわたる仕事の努力が報われ感無量」としたうえで、さらなる英国での受注に意欲を示した。

    →次ページ
    新型車両はどこを走るか?

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/193477

    ★1の立った日時 2017/10/20(金) 05:06:53.89
    前スレ http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508443613

    引用元: ・【技術】日立製作所が手がけた英国向け高速車両、トラブル続出 天井から水が流れ落ち、列車は大幅遅延 (東洋経済) ★2

    【日立製作所の英国向け高速車両、トラブル続出】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/14(土) 01:46:44.72 ID:CAP_USER9.net
    http://www.bbc.com/japanese/41611030

    英南東部イースト・サセックス州の観光地、「セブン・シスターズ」と呼ばれる白い崖を6月に訪れた学生が、記念撮影のポーズをとったところ、崖から転落死した。死因審問で11日、明らかになった。

    審問によると、韓国人女性へウォン・キムさん(23)は英語学習のために渡英。6月22日にイーストサセックス州カックミア・ヘイブンを1人で訪れた。
    調べによると、近くにいた人に写真の撮影を頼み、ジャンプしてポーズをとろうとしたが、足を滑らせ60メートル下に転落した。

    イーストボーンのアラン・クレーズ上級検視官は、キムさんは転落によって致命傷を負ったと説明した。

    「無益な死」

    イーストサセックス消防・救急隊のマーク・ウェブ氏は死因審問後、「信じられないほど悲しい出来事で、とても若い命が無益に奪われた」と語った。
    「崖の端には近づかないよう、お願いしたい」
    「この事故の前日にも、同じような場所で非常に大きい岩が崩落している。

    事故現場に向かう道には、崖が不安定だと警告する看板が設置されている。

    シーフォード町議会は2017年7月、外国語の警告版を増やす案を検討したが、否決された。

    クレイグ・ウィリアムズ町議会議員は、イーストサセックス州議会、ルウェス地区議会、沿岸警備隊、サウス・ダウンズ国立公園局などが全会一致で決めたことだと話した。
    「看板は今のままにする。増やしても混乱するだけだという判断だ。代わりに、根本的な対策をすることにした」
    「この地域や崖の上に旅行者を連れて来るバス会社やツアー運営会社に対して、警告してもらうようお願いしている」

    (英語記事 Student fell off Seven Sisters cliff 'posing for photo')

    2017/10/13

    「セブン・シスターズ」の名前で知られる崖は不安定だと警告する看板が複数設置されている
    no title

    ここ数カ月の間、崖の数カ所で大規模な崩落が起きている
    https://ichef.bbci.co.uk/news/410/cpsprodpb/12865/production/_96977857_de42.jpg

    引用元: ・【イギリス】ジャンプしてポーズを取ろうとし、足を滑らせる 記念撮影の学生が白い崖から転落死 英国の観光地セブンシスターズ

    【インスタ映えでジャンプして転落死 英国の観光地セブンシスターズ】の続きを読む

    このページのトップヘ