あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    インタビュー

    1: 小豆大福 2017/12/10(日) 12:37:03.47 ID:CAP_USER9.net
    3

    旭化成の小堀秀毅社長の発言が話題だ。12月7日の朝日新聞のインタビュー記事中で、自社に30代後半から40代前半の人員が少ないと話したためだ。

    この世代は、企業が採用数を絞った就職氷河期世代にあたる。インタビューでも小堀氏は「構造改革で採用を極端に減らしたためです」と、自社の採用戦略の責任を認めていた。しかしネットでは「今更言われても」「就職氷河期を作った立場の人間が言うことか」などの不満が出ている。

    「今さら足りないと嘆いてもロスジェネの時間と経験を積む機会は戻ってこないんだよ」

    小堀氏はインタビューで、

    当社では、30代後半から40代前半の層が薄くなっています。2000年前後に構造改革で採用を極端に減らしたためです。その世代が中間管理職として一番パワーをもたないといけない時代にさしかかってきました。キャリア採用もしていますが、なかなか人が集まりません」

    と発言。今後「現場で生産ラインを回せないくらい人が足りなくなることを危惧」していて、「ないものねだりをしても仕方ないので、若い人を早く登用して育てていきます」との見通しを語っていた。

    現在の30代後半~40代前半は、バブル崩壊後の不景気の中で就活を迫られた氷河期世代だ。この世代は、有効求人倍率が毎年1倍を下回り続け、新卒で職に就くチャンスが他世代より著しく低かった。更に、企業の新卒一括採用の風潮が今より強かったため、既卒者は卒業後、企業に門前払いされてきた。非正規やアルバイト等でなんとか食いつなぐ人も多かったため、キャリア採用で求められるような経験を積めていない人もいる。

    こうした背景を踏まえ、小堀氏の一連の発言は無責任だと批判する声が多い。氷河期世代に採用を渋ったのに、今更人手不足と嘆くのは虫が良すぎる、という訳だ。ネットでは

    「いまさら足りないと嘆いてもロスジェネの時間と経験を積む機会は戻ってこないんだよ。中途採用を頑張ったところでゼロサムだしさ」
    「採用絞るだけ絞っておいて20年後に『この層が薄くて困ってます』とか言い出すのホントウケる」
    「自分たちが『人手不足』にしてしまったことは棚に上げておいて、なにこの被害者ぶったもの言いは」

    などの不満や批判が噴出。2ちゃんねるでもスレッドが立ち、「そもそも氷河期世代をしっかり採用し、そして使い捨てにするんじゃなく20年間育てていれば今慌てる必要はないよね」「少し前まで非正規雇用で派遣奴隷が大量に増え使いたい放題だと喜んでいたくせに 」等、900を超えるコメントがついている。

    配信2017.12.8
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=44419

    ★1が立った時間 2017/12/09(土) 22:57:27.61
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512871732/

    引用元: ・【今さら】「40代前半がいない」人手不足を嘆く旭化成社長の発言に就職氷河期世代が猛反発 「自分たちが採用しなかったくせに」★9

    【「40代前半がいない」人手不足を嘆く旭化成社長の発言に就職氷河期世代が猛反発 「自分たちが採用しなかったくせに」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/28(木) 14:32:15.38 ID:CAP_USER9.net
    3ひるおび(TBS)の総理インタビューの編集が酷いと話題に…

    安倍総理が『加計問題について報道されなかった部分を見た人は理解いただいてる。TVは私が関与していない証拠となる第三者の証言も紹介すべき』という報道への苦言を悪質な編集で違う意味合いになるように編集し全国放送

    ▼DAPPIさんのツイート
    (ツイートに動画あり)

    DAPPI (@take_off_dress)さんが2:01 午後 on 火, 9月 26, 2017にツイートしました。
    #TBS の #ひるおび の総理インタビューの編集が酷い。

    安倍総理が『加計問題について報道されなかった部分を見た人は理解いただいてる。TVは私が関与していない証拠となる第三者の証言も紹介すべき』という報道への苦言を悪質な編集で違う意味合いになるように編集し全国放送
    https://t.co/DGVuJ4REph
    (https://twitter.com/take_off_dress/status/912542702956306432?s=03)

    ▼ネット上のコメント

    ・悪質。詐欺の手口

    ・安倍総理を晒すつもりが、逆に藪を突いて蛇が出たと言う事だ!

    ・TBSはそういうテレビ局です。連中らに公平公正は求めません、代わりに消えて無くなるのを求めます。

    ・おいおいこれマジかよ。いよいよ極まった感があるなあ。TBSやひるおびを糾弾するためには強く粗雑で下品な言葉を使わなければもはや不可能なレベルになってしまった。
    何が言いたいかというと、日本のテレビ局は一回潰れるべきということ。

    ・今日は妙に八代さんに話しをさせてませんでしたね。TBSはサンモニだけではない。と言う事が立証されました。

    ・後先考えない感じだなあ。一体この人たちは日本をどうしてしまいたいの?

    ・汚鮮したいんすよ。日本人の事など考えてもいませんから。

    ・もうTBS視聴をボイコット運動するしかないですね。

    ・もはや報道番組ではなく洗脳番組。真実を伝えるのではなく、テレビという大きな影響力を利用して自分達が思う様に伝える。そこに真のジャーナリズムなどない。

    ・これを見るのが選挙権のある騙されやすい老人達なので未だに地味に効果があるのが腹立たしい

    https://snjpn.net/archives/31790

    引用元: ・【テレビ】TBS・ひるおびの"総理インタビューの編集"が酷い…実際の総理発言内容と、違う意味合いになるように編集し全国放送

    【【偏向報道】またTBS...ひるおびの"総理インタビューの編集"が酷い…実際の総理発言内容と、違う意味合いになるように編集し全国放送】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/18(月) 10:32:00.44 ID:CAP_USER9.net
    317日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー」(日曜・後9時)で、衆議院の豊田真由子議員(42)とフリーアナウンサーの宮根誠司アナ(54)との2時間にも及ぶインタビューが放送された。

    15日に都内で収録されたインタビューで、暴言音声について反省の弁を述べた豊田議員。

    「地元に帰って、おわび行脚をして、これまでのご迷惑をかけた方にきちんと謝って、スタートするんだと言うことしか考えられないと話し、 「今回厳しいご意見、ご批判があることは本当に重く受け止めていますので、その上でもう一度チャンスを頂けるのであれば、ご関係の皆様とも話をして、もう一回、国と地元のために身を粉にして働きたい。失敗をさらしながら、一生懸命償いたい」と、国会議員を続けたいと語った。

    インタビューの最後には、宮根アナが「やってはいけないこと、言ってはいけないことはあったわけですけど、ダメなやつでも頑張るんです。頑張りましょう。逃げたら楽ですけど、逃げたらあきませんって」と励まし。

    豊田議員は深くうなずきながら「本当に、傷つけた全ての方に、本当の自分の人生を振り返って申し訳ないと思いますし、過去はやり直しがきかないですけれど、 未来に向かって本当、全部反省して、もう一回生きていかなきゃいけないな」と涙ながらに語った。

    9/17(日) 23:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000232-sph-soci

    時折、目に涙をためながら話した豊田氏は「(入院中は)自分が死んだ方がましという思いで過ごしてきました」。暴言については「あの異常な状況、おかしなテンションは初めて。聞く度にぼう然とします」と釈明。

    秘書のミスなどにより、それまでの議員生活ではないほどの苦情を有権者から受けたことを理由とした。また、暴行に関しては否定はしなかったものの「報じられているほどの大けがはさせていない」と話し、その後も一緒にうなぎなどを食べたと説明した。

     豊田氏は18日に選挙区内で後援者らに対し事情を説明する会合を開く予定。国会議員を続けていく意思を見せていることから、今後の支援を求めるとみられ、その後に取材に対応する可能性もある。

    9/18(月) 7:03配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000012-sph-soci

    2017/09/18(月) 00:48:11.92
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505663291/

    引用元: ・【テレビ】<豊田真由子衆院議員>多くの批判も「もう一回、国と地元のために身を粉にして働きたい」「死んだ方がましという思い」 ★2

    【【豊田真由子】多くの批判も「もう一回、国と地元のために身を粉にして働きたい」「死んだ方がましという思い」】の続きを読む

    9
    1: 小豆大福 2017/09/04(月) 20:02:52.74 ID:ncLG3k6Y0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    ロシアのモルグロフ外務次官は東京新聞のインタビューに応じ、南クリル諸島(北方領土)における露日共同経済活動の展望を語り、
    ロシアは日本が第2次世界大戦の結果を認めるよう徹底的に努力していくと述べた。

    モルグロフ外務次官は、平和条約問題におけるロシアの姿勢に変更はなく、第2次世界大戦の結果を日本が認めるよう一貫して努力していくと述べた。
    さらに、ロシアはクリル諸島の主権に関する原則的な姿勢を崩すつもりはなく、ロシア法を前提にしていくと強調した。

    https://jp.sputniknews.com/russia/201709044048868/

    【【ロシア】モルグロフ外務次官「日本は第2次世界大戦に負けたことを自覚すべき。」】の続きを読む

    このページのトップヘ