あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    クリスマスツリー

    1: 小豆大福 2018/01/07(日) 14:05:58.00 ID:CAP_USER9.net
    3

    キンコン西野「貯金2億円」発言で“総スカン”危機

     もはや“総スカン”状態か――。お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(37)が昨年12月上旬、深夜のバラエティー番組「EXD44」(テレビ朝日系)で「2億円の貯金がある」と明かし、お笑い界に大きな波紋を広げた。だが、話はそれで終わらない。西野の過去の問題言動が蒸し返され、いまや周囲のお笑い芸人たちから、大ヒンシュクを買っている。

     12月3日深夜オンエアの「EXD44」で西野は「すっごいお金を最近、稼いでいます」と口にし、貯金額を聞かれると、口ごもりつつも「貯金2億(円)です」と答えた。

     テレビ局関係者がこう明かす。

    「東京・新宿にある吉本興業東京本部には大きな中庭があるのですが、そこに昨年12月、巨大クリスマスツリーが登場したのです。実はこのクリスマスツリーは、企画から製作まですべて“西野プロデュース”によるものなんです」

     しかも、西野が自身のブログでも明かした通り、このクリスマスツリーとともに飾られた多数の小物とライトも、彼自身が新たに購入したものか、製作したものだという。

    「費用はすべて西野のポケットマネー。このクリスマスツリーには、カエルのオブジェなども一緒に飾られており、他のツリーとは一線を画す存在感だった。また、夜になると多数のライトが美しい光を放ち、西野の絵本『えんとつ町のプペル』のような幻想的な世界が広がるんです。西野だからこそ作れたクリエーティブなクリスマスツリーでした」(前同)

     西野は絵本作家としても成功を収め、2016年に出版された「えんとつ町のプペル」は、32万部超の大ベストセラーを記録。「俺はウォルト・ディズニーを超える」と豪語しているとか。

     さらに、出版業界に革命を起こそうと、オンラインサロン(ネット上の会員制コミュニティー)やクラウドファンディング(ネットを通じた事業資金調達)を推奨するなど、今や西野は“エンタメ業界の革命児”とさえ言われている。

     どうやら西野は本気でディズニーを超えることを狙っており「報酬よりも自分のやりたいことをやっていく」と、自己プロデュース論を周囲に語っている。つまり貯金が2億円あるから、好きな仕事をしていくというワケだ。

     実際に西野は、凋落ぎみのテレビ業界に軸足を置こうとは考えていないようで、今後は絵本や出版事業の他に、自身が考える新たな“仮想通貨構想”などの実現に向けて取り組んでいるとか。

    「プライベートでの交友関係も、芸人や芸能人よりもIT関係者や実業家が中心ですからね」(前同)

     こうした大いなる野望を掲げる西野だが、この「2億円」発言をきっかけに、これまでの炎上発言や、問題発言までも取り沙汰されるハメに。

     10年前、西野は「ひな壇に出るのはやめます」と宣言し、前出の同番組でも11月中ごろの放送でその真意を語った。この時には「向いていないことをあまりやらなくていい」などと話していた。この言葉はひな壇芸人たちの耳にどう響いたか?

    「聞きようによっては、やゆされていると取れなくもない発言。お笑い界の先輩芸人たちの耳にも入っており『不愉快だ!』と怒っている者も少なくない。西野自身が、芸人からの成り上がりなのにちょっとね。今は2億円の貯金があるからいいですが、もし金銭的に困った時、誰も助けてくれませんよ」(芸能プロ関係者)

     西野の性格から「先輩芸人らの嫉妬など意に介していない」(前出芸能プロ関係者)そうだが、周囲からは大ヒンシュクを買ってしまったとみられる。

     ビッグマウス発言の度が過ぎると、外敵を増やすことになる。野望達成の前に、誰かに足を引っ張られることにもなりかねない。

     西野の前途は、意外にも多難のようだ。
     https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/878164/

    引用元: ・【芸能】キンコン西野「貯金2億円」発言で“総スカン”危機

    【キンコン西野「貯金2億円」発言で“総スカン”危機】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/20(水) 16:28:43.54 ID:CAP_USER9.net
    3

    2017.12.20 15:50

     神戸市中央区のメリケンパークに設置された生木では世界一という高さ約30メートルのクリスマスツリーが物議をかもしている。「ご神木」と勘違いされたうえ、ツリーを素材としたアクセサリー販売が発表されると「営利目的か」などの批判が殺到。クリスマスを前に会場はにぎわいをみせるが、思わぬ“逆風”にツリーは揺れている。(岡本祐大)

     ツリーの企画はプラントハンター、西畠清順さんが代表の「そら植物園」(兵庫県川西市)を中心に、神戸市や市内の企業などでつくる実行委員会の主催。富山県氷見市から推定樹齢150年のアスナロを約1カ月かけて輸送し、11月17日に植樹された。今月2日の点灯式には西畠さんと親交がある歌手の槇原敬之さんが駆けつけ、ミニライブで盛り上げた。

     一方で、ツリーを輸送する際に木にしめ縄が巻かれていたことから、一部の人が「ご神木」と勘違い。当初はイベント後のツリーの扱いを未定としながら、大手通販会社「フェリシモ」(神戸市)が枝を使ったアクセサリーの販売を発表すると、インターネット上で「金のにおいしかしない」「エゴだ」などの意見があふれ、「炎上」状態となった。

     そら植物園や神戸市にも批判が殺到し、フェリシモはアクセサリーの販売休止を決定した。西畠さんも公式サイトに「営利目的ではない」などとした説明を掲載し、火消しに追われた。

     運営費に加え、会場は市有地で賃貸料も払っている。収益は願い事を書く飾りなどに頼っているが、飾りはロープを引っかける穴の強度不足のため海から吹き付ける強風で数十枚が落下するなどの被害も続く。運営費約3億円の回収も困難な状況だ。

     ただ“逆風”にさらされてはいるものの、来場者の多くは「世界一」を楽しんでおり、当初目標の100万人を超えるのは確実な状況。大阪府吹田市から来た高校3年の妻鹿樹(めが・いつき)さん(18)は「実際に見ると想像していたよりも大きくて感動した」と話していた。

     ツリーは最終的に生田神社(同区)の鳥居になることが決まっている。

    http://www.sankei.com/west/news/171220/wst1712200052-n1.html

    引用元: ・【神戸】「世界一Xマスツリー」物議「かわいそう」「金のにおいしかしない」「エゴだ」…批判殺到で炎上、思わぬ逆風

    【神戸「世界一Xマスツリー」物議「かわいそう」「金のにおいしかしない」「エゴだ」…批判殺到で炎上、思わぬ逆風】の続きを読む

    このページのトップヘ