1: 小豆大福 2017/10/05(木) 00:21:50.87 ID:CAP_USER9.net
1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171004/k10011167011000.html

乱射事件当時演奏のギタリスト 意見翻し銃規制賛成を表明
10月4日 6時01分
シェアするhelptwitterfacebookline
ラスベガスでの銃の乱射事件が起きた当時、現場となったコンサート会場で演奏していたギタリストの男性が、事件を受けて、銃規制に反対だったこれまでの立場を翻し、銃規制は必要だと表明して話題となっています。

ギタリストのケイレブ・キーターさんはこれまで、銃を持つ権利を奪うのは間違いだとして銃規制に反対してきました。ところが2日、ツイッター上に声明を発表し、事件現場に居合わせた経験から銃規制は必要だという考えを明らかにしました。

声明の中でキーターさんは「私は事件が起きるまでのこれまでの人生、ずっと、銃を所有する権利を支持してきたが、それがどれだけ間違っていたか言い表せないほどだ」と述べています。

そのうえで、ステージ周辺にいた複数のメンバーがけがをしたことを明らかにし、「私はあの夜、もう生き延びられないと感じ、両親に別れのメッセージを書いた。この経験によって今の銃をめぐる現状が完全に手に負えなくなっていることにはっきりと気付いた。今すぐ銃規制が必要だ」として銃規制の必要性を訴えています。

引用元: ・【保守派】米ラスベガス乱射事件当時演奏のギタリスト、銃規制反対から一転、銃規制賛成を表明「自分は間違っていた」

【米ラスベガス乱射事件当時演奏のギタリスト、銃規制反対から一転、銃規制賛成を表明「自分は間違っていた」】の続きを読む