あずきブログ@2chまとめ

あずきブログは2chまとめブログです。

    コーチ

    1: 小豆大福 2017/11/30(木) 07:55:35.28 ID:CAP_USER9.net
    3

    全国大会の常連で、優勝経験もある足利工大付属高(栃木県足利市)のバレーボール部で、60代の男性コーチが2年生部員の男子生徒(17)を正座させ、上半身を何度も蹴って負傷させていたことが、同校への取材で分かった。

    生徒側から相談を受けた栃木県警は傷害容疑を視野に捜査している。

    同校バレー部は春高バレーと呼ばれる全国大会に過去37回出場し、来年1月の同大会への出場も決めている。コーチは今年3月末に定年を迎えるまで同校教諭で監督を務めていたが、多くの部員に対し指導の一環として体罰をしていたとの証言がある。

    松下繁一校長は取材に
    「数年前に1度、部員への暴力で校内処分を受けたことがある」と話した。

    校長や関係者によると、コーチは6月下旬、被害生徒が女子マネジャーと数日前から交際を始めたことを知って叱責。体育館にある教官室で生徒を正座させたまま胸の辺りや背中を蹴り、約1週間のけがをさせた。部の決まりで部内の男女交際は禁止されており、コーチは「これは体罰だな」と言って暴行したという。校内の調査にコーチは「カッとなってやった」と説明したという。

    同校は7月、コーチを10日間の指導停止としたが、県教委や高体連には報告していなかった。松下校長は「(報告の)ルールがないので報告していない」と話した。

    被害生徒はコーチの他にも、複数の部員から顔を蹴られるなどの暴行を受けたことがあるという。被害生徒は9月に退部した。

    同部では2008年、上級生が下級生に暴行したり、熱湯をかけてやけどを負わせたりするいじめが発覚。その際は3年生2人が退学し、別の3年生1人が暴行容疑で書類送検された。

    以下ソース:毎日新聞 2017年11月30日 07時30分(最終更新 11月30日 07時30分)
    http://mainichi.jp/articles/20171130/k00/00m/040/168000c

    引用元: ・【栃木】バレー部でコーチが暴行か 部内男女交際禁止なのに女子マネと付き合った2年生男子蹴られ負傷 足利工大高

    【バレー部でコーチが暴行か 部内男女交際禁止なのに女子マネと付き合った2年生男子蹴られ負傷 足利工大高】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/12(木) 14:14:14.34 ID:CAP_USER9.net
    [11日 ロイター] - 米高級皮革ブランドのコーチ<COH.N>が11日、社名を「タペストリー」に変更すると発表し、ソーシャルメディアで反発の声が高まっている。

    コーチの株価は11日の終値が2.8%安。ただアナリストによると、これは同業LVMH<LVMH.PA>が好決算を発表したあおりを受けた面と、消費関連株全般が売られた流れによるところが大きい。

    それでも多くのツイッター利用者からは、76年の歴史があるコーチの名前を変えると決めたことへの批判が相次いでいる。ノードストロームやハドソンズ・ベイの重役だったアンドレア・ワッサーマン氏は「これは何とも奇妙で的外れな戦略だ。ぜひとも理由を知りたい」と投稿。デジタルコンテンツディレクターのJ・クリスチャン・バーナブ氏は「ひどいブランディングの考えであり、社名変更の提案者は首にするべきだ」と書き込んだ。

    一方、コーチのビクター・ルイス最高経営責任者(CEO)はこうした意見を一蹴。「結局のところ、一部のソーシャルメディアの反応は見当違いだ。なぜなら彼らはコーチというブランド自体を変えると思っているが、そうではない」と語り、コーチ以外にさまざまなブランドを提供している企業体としての新たな像を生み出したと説明した。

    実際、長年にわたってハンドバッグなどの人気ブランドとして成功を収めてきたコーチは近年、景気後退やオンラインショッピングの影響で成長に陰りが見え、新たなブランドの買収に活路を見出している。今年は同業のケート・スペードを24億ドルで取得した。

    コーチによると社名変更は31日付で、ニューヨーク証券取引所のシンボルは「TPR」になる。

    2017年10月12日 9時16分 ロイター
    http://news.livedoor.com/article/detail/13736518/

    画像
    no title

    引用元: ・【企業】コーチが「タペストリー」に社名変更、ツイッターでは反発の声

    【COACH(コーチ)が「タペストリー」に社名変更、ツイッターでは反発の声】の続きを読む

    このページのトップヘ