あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    サケ

    1: 小豆大福 2017/10/18(水) 05:46:58.09 ID:CAP_USER9.net
    no title

    イクラ バブル期以来の高値に

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7004604881.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    秋の味覚の代表ともいえる秋サケ。
    ことしは、記録的な不漁となった去年をさらに下回る厳しい状態が続いています。

    こうした状況は、私たちの台所にも影響を及ぼし始めています。
    水産の現場では何が起きていて、なぜ不漁が続くのでしょうか。

    10月中旬。
    例年であれば秋サケ漁の最盛期で船の底にはあふれるほどサケがあるはずですが、ことしはガラガラです。
    漁業者は「商売にならない。去年も悪かったけど去年より悪い。だんだん悪くなってきている」と話しています。

    サケの漁獲量は平成8年をピークに全国的に減少傾向で、去年は36年ぶりに10万トンを割り込みました。
    この影響を最も受けているのが、サケの卵・イクラです。
    100グラム1200円と去年の1・5倍で売られている店もあります。
    買い物客は「やっぱり庶民としては高いですよね、なかなか手が出ない」とか「安いともうちょっと買うんですけど、今年は買いづらい」などと話しています。

    イクラの取り引き価格は現在、1キロ5800円。
    これだけの高値は、バブル崩壊直後の平成5年以来、24年ぶりです。

    かき入れ時の年末商戦を前に、店側は大きな不安を抱いています。
    店主の柿田英樹さんは「イクラのニーズが高くなる時期なのでその時期高くなってしまうと売り上げに絶対響いてくるので今からこわいです」と話しています。

    売り上げの8割をイクラが占める工場では、地元だけではサケが足りないため、130キロ以上離れたオホーツク海側の斜里町など各地からサケを集めるため、輸送コストが収益を圧迫しているといいます。

    阿部英晃社長は「これだけ量が少ないですから。原料確保というのを優先でやっていますが目の前の近場と遠くから運んでくるのだと、運賃も変わってくるので、運賃格差も重荷にはなっています」と話しています。

    なぜ不漁が続くのか。サケの生態に詳しい専門家は、気候変動に伴ってサケの数そのものが少ない時期に入っている可能性があると指摘します。北海道大学国際連携機構の帰山雅秀特任教授は「1920年まではサケが少なくて、その後40年代中頃まで増えて、また減っている。70年代以降急激に増えて、それが2000年以降に減ってきているという傾向があります。長期的気候変動とサケの回帰量はリンクしているということがよくわかります」と話しています。

    こうした状態がいつまで続くのかについて、帰山特任教授は「今が底だと思いたいですけど、そこは本当に予測が付きません。はっきりいうと漁業にとっては今我慢の時期だと思います」と話しています。そのうえで、当面、漁の少ない状態が続くことも想定して、長期的にサケをとり続けられるよう、環境保護に地道に取り組むことが重要だと指摘します。帰山特任教授は「漁業というのは自然との共存との中で営まれているといいます。今取れないからと言って少ない魚をいっぱい取るとか、そういうことは是非避けたいです。サケが産卵できる川をどう守り、あるいは作っていくことが大事かと思います」と話しています。

    道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場では、漁の後半となる年末にかけても北海道の沿岸に近づくサケの数は、少ない状態が続くとみられるとしています。

    10/17 18:48

    引用元: ・イクラ バブル期以来の高値に 末端価格で100グラム1200円も・北海道

    【悲報 イクラ バブル期以来の高値に】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/05(木) 10:45:55.73 ID:CAP_USER9.net
    かつては10月10日は「体育の日」として日本の国民の祝日の一つであったが、いわゆるハッピーマンデー法により、2000年より10月の第2月曜日に移動。代わりに、というわけではないが、この日は全国水産物卸組合連合会が制定した「魚の日」。由来は魚=と(10)と(10)から。というわけで、マルハニチロでは、「魚の日に関する調査2017」をインターネットリサーチで実施。その結果を公開した。

    普段どのくらいの頻度で魚を食べているか聞いたところ、「週に2~3日」(43.5%)が最も多く、「ほぼ毎日」から「週に2~3日」までを合計した『週2日以上(計)』は58.8%となった。約6割の人は、週に複数日、魚を食べているようだ。

    ■魚を食べる頻度[単一回答形式]
    no title


    また、最近、自分の食生活は「魚食回帰」だと思うか聞いたところ、「はい」27.2%、「いいえ」72.8%となった。魚を食べる頻度や量が減っていたものの、以前と同じくらい食べるようになったという人は少なくないようだ。

    ■最近、自分の生活は「魚回帰」だと思う[単一回答形式]
    no title


    それでは、刺し身、寿司、焼き魚といった代表的な魚料理のほか、缶詰や魚肉ソーセージを食べることでも魚を摂取することができますが、日頃、どのようなものが食されているのか。 全回答者(1000名)に、日頃、魚を食べるために利用しているものを聞いたところ、「切り身」(70.2%)が最も多く、「刺し身(パック刺し身など)」(63.8%)、「寿司」(50.4%)、「干物」(40.6%)、「練り物(かまぼこ・ちくわなど)」(37.3%)が続いた。 魚の喫食頻度別にみると、週2日以上食べている人では、「干物」(50.2%)や「刺し身(パック刺し身など)」(71.8%)において週に1日以下の人より20ポイント前後高くなっており、食べやすい魚の加工品を上手くメニューに取り入れていることがわかる。

    ■日頃、魚を食べるために利用しているもの[複数回答形式]
    no title


    続いて「好きな魚」を聞いたところ、1位は「サケ」(59.6%)となった。四季を通じて手軽に入手できるので、食卓にのぼる機会も多いはず。次いで、2位「マグロ」(52.9%)、3位「アジ」「サンマ」(ともに51.0%)、5位「サバ」(46.0%)と、青魚が続く結果となった。 男女別にみると、男性では1位「マグロ」(53.0%)、2位「アジ」(52.0%)、3位「サケ」(50.6%)、女性では1位「サケ」(68.6%)、2位「サンマ」(54.4%)、3位「マグロ」(52.8%)となった。

    ■好きな魚[複数回答形式]
    no title


    次に料理別に食べたい魚を聞いたところ、「刺身で食べたい魚」では「マグロ」(59.5%)がトップとなり、「塩焼きで食べたい魚」では秋が旬の「サンマ」(43.5%)、「煮魚で食べたい魚」では「カレイ」(35.9%)、「フライ・揚げ物で食べたい魚」では「アジ」(58.2%)がそれぞれ1位になった。サンマの塩焼き、カレイの煮付け、アジフライといった定番の魚料理が人気を集めた。

    ■各料理で食べたい魚[各複数回答形式]
    no title


    ■調査概要
    調査対象/ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする全国の20歳~59歳の男女
    調査期間/2017年9月9日~9月11日の3日間
    調査方法/インターネット調査
    調査地域/全国
    有効回答数/1000サンプル

    マルハニチロ公式 「魚の日に関する調査2017」
    https://www.maruha-nichiro.co.jp/corporate/news_center/research/
    https://www.maruha-nichiro.co.jp/corporate/news_center/research/pdf/20171003_totonohi_cyousa.pdf

    引用元: ・【魚の日に関する調査2017】日本人の好きな魚 1位サケ 2位マグロ 3位アジ 約6割が週に2日以上、切り身・刺身が多く/マルハニチロ

    【魚の日に関する調査2017 日本人の好きな魚 1位サケ 2位マグロ 3位アジ 約6割が週に2日以上、切り身・刺身が多く】の続きを読む

    このページのトップヘ