あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    サッカー

    1: 小豆大福 2017/10/26(木) 16:11:47.74 ID:CAP_USER9.net
    株式会社リクルート住まいカンパニ(本社:東京都中央区代表取締役社長:淺野健)が運営する不動産・住宅サイト 『SUUMO(スーモ)』は、賃貸居住者へ住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施し、調査結果を「SUUMO 賃貸居住者に聞く!気になるランキング」としてご紹介しています。今回は、『あなたの住む都道府県で人気のあるスポーツは?』というテーマの調査結果をまとめましたので一部を抜粋してお知らせします。

    『あなたの住む都道府県で人気のあるスポーツは?』

    no title


    no title


    人気のスポーツと地元愛は直結する?地元チームの有無で人気スポーツが変動する結果に

    関東地方の第1位はこちらも『サッカー』。理由はやはり地元チームの存在。なかでも埼玉県民から「浦和レッドダイヤモンズがあるから」という声がよく聞かれました。首都圏ということもありチームも豊富で、スタジアムなど観戦できる施設も多いことも理由なのかもしれません。第2位は『マラソン』。こちらは「東京マラソン」や「箱根駅伝」など地元で開催される大きな大会の存在のほか、「皇居ランナー」など、身近にプレイヤーがいることが決め手になっているようです。第3位は『野球』。こちらも地元の強豪チーム・強豪校が人気の背景と考えられます。

    北海道・東北地方で「人気のあるスポーツ」の第1位は『サッカー』。北海道コンサドーレ札幌や、ベガルタ仙台など、主に地元のサッカーチームの存在が関係しているよう。第2位の『野球』や、第3位の『バスケットボール』などにもこの傾向は見られ、ホームチームの活躍には注目が集まっているようです。第4位と5位には雪国らしく『スキー』『スノーボード』がランクイン。競技人口や施設の豊富さとあわせて、「誰でも気軽にやろうと思えばできる」という意見から、雪国の北海道・東北地方民にとって身近なスポーツということが分かります。特徴的だったのは青森県の『ホッケー』と宮城県の『フィギュアスケート』。青森県ではアイスホッケーチームの「東北フリーブレイズ」の存在が大きく、宮城県は羽生結弦さんの出身地であることが人気の理由のひとつのようです。

    【他県ランキング紹介】
    各地に地元人気を象徴するチームや人物あり!マラソンだけはプレーヤー目線が多め?

    no title


    no title


    東海地方の第1位は『サッカー』。サッカーのメッカ・静岡県がある地域だけに納得の結果。やはり静岡県民の「Jリーグのチームが3つあるから」や「高校サッカーが強い」などの声が多く聞かれました。また、「サッカー王国だから」という声のように、サッカーが盛んなことに誇りをもっているようです。3位の『マラソン』はQちゃんこと高橋尚子さんの出身地である岐阜県、4位の『フィギュアスケート』は浅田真央さんの出身地である愛知県の声が多く聞かれました。

    関西地方の第1位は『野球』。高校野球の聖地・甲子園を擁する関西地方だけに、全体的に人気を博している様子がうかがえます。また、大阪府・兵庫県を中心に、「阪神ファンが多いから」とナニワの虎・阪神タイガースの存在を挙げる声もありました。

    九州・沖縄地方は第1位『サッカー』、第2位『野球』、第3位『マラソン』という結果に。福岡ソフトバンクホークスの本拠地・福岡県や、巨人のキャンプ地として有名な宮崎県では野球人気が高く、それ以外の県ではサッカー人気が高い傾向にあります。沖縄県はというと『バスケットボール』が第1位。琉球ゴールデンキングスという強豪チームの存在や、アメリカの文化に近いところも人気の要因かもしれません。

    そのほかの都道府県の「あなたの住む都道府県で人気のあるスポーツ」ランキングはこちらからチェック! https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/oyaku_category/chintai/fr_data/

    <調査概要>
    【調査実施時期】2016年3月11日~2016年3月30日
    【調査対象者】日本国内にて賃貸住宅に住んでいる20~79歳までの男性4161名・女性4189名
    【調査方法】楽天リサーチ インターネット調査
    【有効回答数】8350

    「SUUMO 賃貸居住者に聞く!気になるランキング」コーナーでは、住まいに関する様々なテーマについてアンケートを実施し、結果をまとめた記事を発表してまいります。

    2017年10月26日 12時00分
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000028482.html

    引用元: ・【調査】<『あなたの住む都道府県で人気のあるスポーツは? 』>「関東」1位サッカー60.3%、2位マラソン32.1%、3位野球31.7%...

    【あなたの住む都道府県で人気のあるスポーツは? 関東と関西で異なる傾向に】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/07(木) 06:58:57.62 ID:CAP_USER9.net
    3ハリルの本音は金銭闘争 W杯決定後“辞任示唆”会見の波紋

     先月31日のオーストラリア戦を2―0でモノにし、ロシアW杯本大会出場を決めた日本代表。

     消化試合となったアジア最終予選最終節のサウジアラビア戦(日本時間6日2時30分開始)は0―1の負け試合となったが、終わってみれば6勝2分け2敗(17得点.7失点)の勝ち点20。予選B組を堂々の首位通過である。

     2014年8月に日本代表監督に就任したアギーレ監督(58)が「スペインのクラブ監督時代の八百長疑惑」によって日本サッカー協会(JFA)から契約解除を言い渡された15年2月の翌月、後任監督としてハリルホジッチ(65)が来日。「イレギュラーな形で日本代表を任され、それでも結果を出したではないか!」と自画自賛しながら、フン反り返っても文句は言われないだろう。

     そのハリルホジッチ監督は、ピッチ外でも「JFA相手に仕掛けた戦いにも勝利した!」とはマスコミ関係者。

     オーストラリア戦直後の会見でハリルホジッチ監督は「試合前に(自宅のあるフランスに)帰国しようと思った」とコメント。続けて「ワタシがここ(日本代表の座)から、出て行って欲しいと望んでいる人々がいるかも知れない。もしかしたら(日本代表監督に)残るかも知れないし、残らないかも知れない」と言い放ち、マスコミ陣との一問一答に応じないで退席した。異例中の異例の出来事を前出のマスコミ関係者がこう解説する。

    足もとを見られた田嶋体制

    「JFA関係者に『(故人の)兄の妻が重病』と説明したが、それはおためごかしに過ぎない。実際、オーストラリア戦の翌日に『記者会見を開いて欲しい』と要求。その席で『(辞任をにおわせたのは)ワタシの仕事に敬意を払わない人に向けたものだった』と言い切った。『田嶋JFA会長や一部スポーツ紙が、ワタシのことを煙たがっている。W杯本大会出場を決めた時にガツンと言ってやれば、連中はシュンとなるだろう』というのがハリルの本音です。そもそもハリル招聘の責任者は元JFA専務理事の原博実氏(現Jリーグ副チェアマン)と元JFA強化委員長の霜田正浩氏(現ベルギー1部シントトロイデンのコーチ)です。田嶋会長にとって原氏は、16年1月のJFA初の会長選挙を戦った政敵。しかも来年1月の会長選挙に2度目の立候補が噂されている。原氏が連れてきたハリルが目立つたびに次期会長選挙に不利に働く……と田嶋会長は落ち着かない」 

     ハリルホジッチ監督が“敵対勢力”に好き勝手を言えるのも、JFAが「後任の外国人監督を探そうにも、仲立ちしてくれるエージェント会社などツテがない」(サッカーライター)ことを熟知しているからである。

    「14年ブラジルW杯で指揮を執ったザッケローニ元監督、アギーレ、そしてハリルホジッチの3人は、原氏と霜田氏が、個人的な人間関係をベースに海外のサッカー関係者に会い、実績のある指導者とコンタクトを取り、自ら面接して条件面の折衝などを行い、契約書にサインしてきた。10年南アW杯以降、JFAは原氏と霜田氏にオンブにダッコ。ハリルを解任したくてもJFA、田嶋会長には策もパイプもなく、そのことを分かっているからハリルは辞任を示唆してJFAを揺さぶった」(前出のライター)

     それがハリルのもうひとつの狙い、ズバリ「金銭闘争です」とある放送関係者。ハリルホジッチ監督の年俸は2億円といわれている。1年ごとに契約を更新しているが、W杯出場決定時に「条件を見直す」という条項があり、ハリルは「年俸2億円とW杯出場ボーナス5000万円を見直せ」と迫っているというのだ。

    「ハリルは年俸を3億円に、ボーナスを1億円にアップしろ! と要求しているそうです。JFAはスポンサー企業10社と契約を交わし、W杯出場が決まると3000万円程度のボーナスをJFAに支払う会社もある。それを聞き付けたハリルが『それを原資にカネを寄越せ!』と言い出した。あと個人的なスポンサー企業を見つけてくるように、と要求してJFAの幹部たちは苦り切っている」(前出の関係者)

     ロシアW杯が開幕する18年6月14日まで、ハリルがどんな無理難題を吹っかけてくるのか……。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/212972
    https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/212/972/806111d4dd76dcff282b2e99947e391920170906104905475.jpg

    引用元: ・【サッカー】ハリルの本音は年俸UP 『(辞任をにおわせたのは)ワタシの仕事に敬意を払わない田嶋や一部スポーツ紙に向けたもの』

    【【サッカー】ハリルの本音は待遇面の改善か 『辞任を匂わせていた』】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/06(水) 05:02:26.62 ID:CAP_USER9.net
    3キング・アブドゥラー・スポーツ・シティー
    26:30 KICK OFF ※日本時間

    サウジアラビア 1-0 日本

    得点者
    [サ]フハド・アルムワッラド(63分)

    https://web.gekisaka.jp/live/detail/?2940-2940-lv

    [日本代表]
    先発
    GK 1 川島永嗣

    DF 3 昌子源
    DF 5 長友佑都
    DF 19 酒井宏樹
    DF 22 吉田麻也

    MF 2 井手口陽介
    MF 7 柴崎岳 → FW 11 久保裕也(80分)
    MF 16 山口蛍

    FW 4 本田圭佑 → FW 18 浅野拓磨(46分)
    FW 8 原口元気
    FW 9 岡崎慎司 → FW 15 杉本健勇(67分)

    動物園φ ★
    ★1がたった時間:2017/09/06(水) 04:23:56.57
    ※前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504640545/

    引用元: ・【サッカー】日本、サウジアラビアに敗れる サウジがW杯出場権獲得、オーストラリアはプレーオフへ★3

    【【サッカー】日本、サウジアラビアに敗れる サウジがW杯出場権獲得、オーストラリアはプレーオフへ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/05(火) 20:52:07.38 ID:CAP_USER9.net
    3W杯アジア最終予選B組

    オーストラリア 2-1 タイ

    1-0 69分 ユリッチ
    1-1 82分 ポックラウ・アナン
    2-1 86分 レッキー

    http://www.livescore.com/worldcup/match/?match=1-2223847

    順位表
    http://www.livescore.com/worldcup/afc-qualification-3-round-group-b/

    引用元: ・【サッカー】オーストラリア、タイを2-1で下す 日本がサウジに○か△で2位突破、●でプレーオフへ

    【【サッカー】オーストラリア、タイを2-1で下す 日本がサウジに○か△で2位突破、●でプレーオフ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/05(火) 14:20:03.74 ID:CAP_USER9.net
    3<W杯サッカー>韓国-ウズベク戦、すべてをかけた「断頭台マッチ」

    サッカーは「戦争」だ。少なくとも2018ロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選第10戦の韓国-ウズベキスタン戦はそうだ。
    5日夜12時(日本時間)にウズベキスタン・タシケントのブニョドコルスタジアムで行われるこの試合(JTBC単独生中継)は「断頭台マッチ」と呼ばれる。
    負ければ刑場に連れられていくほど重要な試合ということだ。ぞっとするような表現だが、それだけこの一戦には多くのものがかかっている。
    数千億ウォン台の金と両国の名誉がかかる対決だ。代表チームにかける両国国民の期待がどのほど大きいかは言うまでもない。

    韓国(勝ち点14)はウズベキスタン(勝ち点12)に勝てば組2位で本大会に進出する。もし引き分け、または敗れる場合、3位のシリア(勝ち点12)、4位のウズベキスタンとの複雑な場合の数を考えなければいけない。

    落すれば韓国サッカーは想像しがたい大災難を迎える。すぐに大韓サッカー協会の年間スポンサーシップが減る。
    現在のスポンサーシップ規模は292億ウォン(約29億円)だが、もし本大会に進出できなければ後援額は大きく縮小するしかない。Kリーグの人気が落ちるのも確実だ。
    関連産業も次々と打撃を受ける。W杯本大会の中継権料として9500万ドル(約105億円)を投じた地上波テレビ3局(SBS・KBS・MBC)も広告収入が減り、莫大な損害が生じる。

    当然ながら韓国が本大会に進出できなければW杯配当金も受けることができない。2014年ブラジルW杯本大会に進出した韓国はグループリーグ敗退となったが、950万ドルの配当金を受けた。
    ここに韓国選手の欧州進出機会が減る「無形の損失」まで考慮すると、その影響は数千億ウォン規模になると推算される。このため両国のサッカー対決を取材するため38の国内メディアが約50人の取材陣をタシケントに派遣した。

    崖っぷちに立つ韓国は今回も孫興民(ソン・フンミン、25、トッテナム)に注目している。孫興民はウズベキスタンに向けて出国する際、帽子を深くかぶり、暗い表情だった。
    先月31日のイランとの第9戦で振るわなかったからだ。孫興民は昨年10月6日のカタール戦から1年近く代表チームで得点していない。
    しかし2015年1月に行われたウズベキスタンとのアジアカップ準々決勝では延長戦だけで2ゴールを決め、韓国を勝利(2-0)に導いた良い思い出がある。

    6月に右腕の手術を受けた孫興民は今も白い包帯を巻いて練習している。試合当日には代表チームを象徴する赤色のテープを巻いて出場する。
    孫興民はウズベキスタン戦の前日の記者会見に申台龍(シン・テヨン)監督(47)とともに姿を現し、必勝を誓った。

    ウズベキスタンも覚悟して試合に臨むのは同じだ。ババヤン監督が率いるウズベキスタン代表は最近7試合で5敗し、ファンの非難に苦しんでいる。
    主将のアフメドフ(30、上海申花)は「韓国に勝てなければウズベキスタンからサッカーそのものが消えるかもしれない。4年前と同じことは避けたい」と話した。
    ウズベキスタンは2014ブラジルW杯アジア最終予選でイラン、韓国に続く3位となった後、プレーオフで脱落した。
    ウズベキスタンで10年前からビジネスをしているカン・チャンソクさんは「旧ソ連から分離したウズベキスタンの人たちは故郷と変わらないロシアで開催されるW杯に客としてではなくホストとして行きたいという気持ちが強い」と伝えた。

    ウズベキスタンのサッカーファンは「ウズベキスタンの朴智星(パク・チソン)」と呼ばれるジェパロフ(35、エステグラル)に期待している。
    ジェパロフはAマッチ124試合(25得点)に出場したベテランだ。アジア年間最優秀選手賞を2回(2008年・11年)も受賞している。
    2010年から5年間、韓国プロサッカーKリーグのソウル・城南(ソンナム)・蔚山(ウルサン)などで活躍し、韓国のファンにもよく知られている選手だ。
    Kリーグ通算110試合で20得点・16アシストをマークした。ジェパロフは今回の最終予選で1試合あたりチーム最多の2.9本のクロスをマークし、13回のチャンスを作った。
    ジェパロフは「韓国サッカーをよく知っている。韓国に勝って必ずロシアに行く」と語った。

    >>2-5あたりに続く)

    中央日報 2017年09月05日09時46分
    http://japanese.joins.com/article/050/233050.html

    引用元: ・【サッカー/存亡】W杯出場逃せば韓国サッカー界に大打撃!ウズベキスタン主将「韓国に勝てなければ国内からサッカーそのものが消えるかも」

    【【サッカー/存亡】W杯出場逃せば韓国サッカー界に大打撃 スポンサー離れも】の続きを読む

    無題
    1: 小豆大福 2017/09/05(火) 12:21:56.31 ID:CAP_USER9.net
    ジッダ(サウジアラビア)4日】ハリルジャパンのロシアロード、第3章の幕が開く。8月31日のオーストラリア戦で18年W杯ロシア大会出場を決めた日本は5日(日本時間6日)、
    アジア最終予選最終戦でサウジアラビアと対戦する。

    バヒド・ハリルホジッチ監督(65)はこの一戦から先をチーム作りの「第3章」と位置付け、W杯で世界を驚かせる準備に入る。
    消化試合だが、DFラインを中心に主力級を多数先発起用する“ガチ布陣”で臨む見通しだ。この日は記者会見と公式練習が行われた。

    ちょうど1年前に、解任の文字が飛び交っていた。昨日のことのように、今はっきりと思い出すことができる-。
    第2章の幕開けだった昨年9月の最終予選初戦。ホームでUAEにまさかの敗戦を喫した。続くイラク戦に向け、ハリルホジッチ監督の進退が取り沙汰されていた時期だ。

    あれから1年。オーストラリア戦に勝ってW杯出場を決め、余裕を持ってサウジアラビアにやって来た。
    チームには勝者の余裕と充実感が漂う。試合前日の公式会見で指揮官は「今のグループの状態に満足している」とした上で、この最終戦の意義を語った。

    「我々はどこの国に行っても勝利を求めて戦っている。野心を持って。雰囲気も環境もかなり“熱い”ものになる。これは本大会に向け、素晴らしいテストになる」。

    ここから本大会までの準備期間を「第3章」と定義している。チーム作りの中で「最も厳しい、最も難しい」と語る時期。
    確かな芽が出た世代交代を一気に推し進めるのか、本田、岡崎ら北京五輪世代の奮起をうながしつつ見極める。

    2日の会見では「今現在、本日のチーム状況ではW杯では結果を残せない」と言い切ってもいる。
    サウジアラビアはW杯出場権獲得をかけ、死に物狂いで向かってくる。貴重な実戦、真剣勝負のテスト機会となる。

    指揮官は最終ラインを中心に、主力級の多い“ガチ布陣”で送り出すことが濃厚だ。前線は3トップの中央に岡崎、右に本田、左に原口と第2章序盤の主力を並べる見込み。
    一方、中盤には井手口や柴崎ら、第3章で期待を寄せる2人を組み込むことも。

    GK川島は「今までの監督の言ってること、行動を考えれば(W杯に)呼ばれることは(誰も)保証されてない」と危機感を口にする。
    イスラム教の聖地メッカへと続くジッダの地で第3章、新たな物語の幕が開く。なんでもないような夜にはしたくない。確かな手応えがほしい。【八反誠】

    <W杯ロード第1、2章終わって第3章「生存競争」>

    ▼ハリル第1章「格下に」 W杯アジア2次予選の初戦から始まる。15年6月16日、当時FIFAランク52位の日本はホームで同154位シンガポールに0-0で引き分け。
    日本がW杯に初出場した98年以降、W杯予選の初戦で勝てなかったのは初めて。

    ▼ハリル第2章「茨の道」 W杯アジア最終予選からスタート。初戦のUAE戦はホームで1-2と敗戦。
    アジア最終予選がホームアンドアウェー方式となった98年フランス大会以降、黒星スタートでW杯に出場した例はなかったが、8月31日のオーストラリア戦勝利でジンクスを破った。

    9/5(火) 7:50配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-01883024-nksports-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170905-01883024-nksports-000-view.jpg

    【【サッカー日本代表】未明にサウジ戦、ガチ布陣!FWは本田、岡崎、原口 中盤には井手口や柴崎ら】の続きを読む

    無題
    1: 小豆大福 2017/09/04(月) 23:43:31.71 ID:CAP_USER9
    9/4(月) 20:01配信
    SOCCER DIGEST Web

    敵地でUAEに手痛い逆転負けを喫したサウジアラビア。国内は一戦必勝のムードが高まり、重圧が選手たちを……。(C)Getty Images

    「大観衆は日本の選手たちのモチベーションを釣り上げる」。

     火曜日のワールドカップ・アジア最終予選、タイ戦に臨むサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)。埼玉スタジアムで日本に敗れたため、順位は3位のまま。2位のサウジアラビアとは同勝点の16で並び、得失点差で2ポイント下回っている。
     
     最終戦で日本がサウジに勝利すれば、オーストラリアは引き分け以上で本大会の出場権を得る。国内メディアのみならずサッカルーズの選手たちからもハリルジャパンの“インテシンティー”を望む声が後を絶たないなか、ついには豪州サッカー連盟も公式ホームページ上で期待感を露にした。
     
     日本はどんな状況でも勝利を求めて戦うチームだと持ち上げつつ、こう記した。
     
    「ジッダの一戦は、会場が無料開放となり、6万大観衆で埋め尽くされることになりそうだ。だがそれは日本の選手たちのモチベーションをより釣り上げる結果を招くだろう。我々はサウジアラビアより先に試合を終える。大量得点で勝利し、プレッシャーを掛けられる。良質な日本に彼らは勝てるのか。自信などないはずだ」
     
     さらに、前節に敵地ながらUAEに敗れたショックは大きく、サウジ代表は国内での高まる重圧に苦しんでいると説明した。
     
    「我々(オーストラリア)が勝ち、そして日本も勝って、この2チームがロシアへ行く」
     
     オーストラリア対タイ戦は、日本時間の火曜日午後7時キックオフ。サウジ対日本戦はその6時間半後のスタートだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170904-00029616-sdigestw-socc

    【【サッカー】豪州サッカー連盟もハリルジャパンに異例のエール!「我々と日本が勝ってロシア行く」「サウジは自信などないはず」】の続きを読む

    このページのトップヘ