あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    ソロ社会

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 09:45:06.48 ID:CAP_USER9.net
    3

    私たちは制約があると不満やストレスを感じますが、それがあるからこそ自由の獲得への欲求が高まります。逆に言えば、自由にさせられると不満もストレスもない分、自由のために行動するという意欲そのものを失うのです。

    結婚にも同じことが言えます。
    結婚が自由化されると結婚意欲を減退させ、未婚化を推進してしまうのではないか。
    今回はそんなお話をします。

    ■結婚の自由化が未婚化を推進している?

    未婚化の原因は決してひとつではなく、さまざまな要因が複層的に影響しあって起きています。
    が、巷(ちまた)で言われているような「未婚化は若い男の草食化」などではないということだけは断言できます。
    その論拠については、こちらの記事「『草食系男子の増加』という大いなる勘違い(http://toyokeizai.net/articles/-/148345)」でもご紹介しましたが、改めて男性の交際相手がいた比率の推移をご覧ください。

    少なくともここ30年間、男の交際率は変わっておらず、時代によって交際率が変化したなんてことは統計上はまったく言えません。
    むしろ、自発的に恋愛ができる男の割合なんてものはいつも3割にも満たず、7割強の男には交際相手はいなかったんです。
    最近の若者が「恋愛離れ」しているのではなく、バブル時代に青春を過ごした今50代以上の男性も、肉食系のイメージで見られがちですが、例外ではありません。

    「それはおかしい。かつてはみんな結婚できていたんだから」というご指摘もあるでしょう。
    確かにそのとおりです。
    ですが、だからといってかつての男が積極的だったという証明にはなりません。

    日本はかつて、皆が結婚する皆婚社会でした。
    国勢調査が始まった1920(大正9)年からのデータを振り返ってみても一貫して生涯未婚率は1990年まで5%以下で推移しています。
    この驚異的な婚姻率が1875年(明治8年)にはまだ3340万人だった人口を、1967(昭和42)年頃には1億を突破させるほど急成長させた原動力でもあります。
    しかし、それはいわば国家的な「結婚保護政策」のおかげだったことを認識したほうがいいと思います。

    近代日本の婚姻制度を成立させたのは1898(明治31)年に公布された明治民法です。
    誤解されている方も多いですが、ここで定められた結婚のあり方というのは、それまでの日本人庶民の結婚観とは大きく異なります。
    時代劇や歴史小説などでは主に武家の話しか出てこないため、すべての日本人が武家様式の結婚生活をしていたと思われがちです。
    しかし、武家人口は江戸時代の戸籍資料によると、総人口に対してわずか7~8%のマイノリティです。

    現在の私たちの祖先のほとんどが農民や町人であったわけで、日本人=武士という考え方は間違いです。
    当時の庶民たちの結婚は、夫婦別姓であり、ほとんどの夫婦が共働き(銘々稼ぎという)でした。
    何より、夫婦別財であり、夫といえども妻の財産である着物などを勝手に売ることはできなかったのです。

    要するに、明治民法が制定されるまでの日本人庶民の結婚とは、限りなくお互いが精神的にも経済的にも自立したうえでのパートナー的な経済共同体という形に近かったわけです。
    別の見方をすれば自由でもあり、夫婦の関係は対等でした。

    ■明治民法により妻の経済的自立と自由が奪われることに

    それが、明治民法により、庶民の結婚も「家制度」「家父長制度」に取り込まれることになり、主に妻の経済的自立と自由が奪われることになります。
    夫は外で仕事、妻は家事と育児という夫婦役割分担制もここから「あるべき夫婦の規範」として確立していきます。
    それにより、女性にとって結婚とは生きるための就職のような位置づけとなり、基本的に結婚をしないという選択肢はありませんでした。
    そこで大いに機能したのが「お見合い」という社会的なマッチングシステムなのです。
    実は、これこそが結婚保護政策の最たるものです。

    お見合いとは、個人の恋愛感情より、家と家という2つの共同体を結びつけるための機能が優先されるものであって、ある面では個人の自由がないと言えます。
    しかし、むしろ個人最適の選択によらず、強制的な全体最適を目指したシステムだからこそ、皆婚が実現できたともいえます。
    特に、自分からアプローチできない男にとってこのお見合いシステムというのは神システムだったと言えるでしょう。

    一部引用しました。全文はソースで
    http://toyokeizai.net/articles/-/202863

    引用元: ・【話題】100年前の日本人が「全員結婚」できた理由 「恋愛結婚」が9割の現代は離婚率も増加

    【100年前の日本人が「全員結婚」できた理由 「恋愛結婚」が9割の現代は離婚率も増加】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/01(月) 06:28:31.65 ID:CAP_USER9.net
    3

     男性23.37%、女性14.06%――。50歳まで1回も結婚したことがない人の割合を示す「生涯未婚率」の上昇が止まりません。今年発表された2015年の調査では、平成が始まった頃の1990年と比べて男性が4倍、女性が3倍となりました。2035年に独身者が5割近く、一人暮らしの世帯が4割近くに達するという推計が、現実のものになりつつあります。単身でいることが珍しくない時代に、ソロとして生きることとは。

    ■上がり続ける未婚率「何で結婚しないんだろう」

     博報堂・ソロもんLABO(ソロ生活者研究ラボ)リーダー・荒川和久さんが、独身者のデータやライフスタイルを研究するようになったのは、2010年の国勢調査がきっかけでした。調査を基に発表された男女の生涯未婚率は、男性20.14%、女性10.61%。生涯未婚率は、50歳時点で未婚の人はその後も結婚する可能性が低いという考えに基づいており、生涯独身を貫く人の割合をはかる物差しです。

     さらに2013年。「一人暮らしの世帯が2035年には4割近くに達する」という将来推計が、国立社会保障・人口問題研究所(社人研)から発表されました。荒川さんは博報堂入社後、マーケッターとして自動車、食品、化粧品、映画、住宅など幅広い業種を担当。増え続けるコンビニの売り上げと単身世帯の増加の推移がリンクするように、配偶関係や婚姻状況、雇用環境などの社会構造と合わせ鏡にある消費の移り変わりを見つめ続けてきました。

     「何で独身が結婚しないんだろう」「どういう人が結婚しないのか」

     未婚や非婚、離婚や死別など理由は様々ですが、消費ボリュームとして無視できなくなっている20~50代の独身者。その生活意識や消費意識を研究しようと、まずは独身男性に焦点をあて、2014年8月にソロもんLABOの前身、ソロ男(ソロ活動系男子)プロジェクトを立ち上げました。

    ■「一人が好き」でも未婚への後ろめたさ

     プロジェクトでは国などが公開しているデータの分析や、対象を女性にも広げ、3年間で計2万人以上の独身男女の意識を調べました。すると独身の中でも、「一人が好きだし、結婚する必要を感じない」と考える人と「結婚をしたいけどできない」と考える人に分かれていました。

     「一人が好き」という人は、「束縛されず自由でいたい」「一人の時間を大切にしたい」「問題があっても自分で解決する」という「自由・自立・自給」の価値観が共通してありました。自由でありたい、自立していたい、自給でいきたい。プロジェクトの調査では20~50代独身男女の4割がそれに該当します。

     一方、海外との比較や、独身者へのインタビューで改めて気が付いたのが、「結婚しないことが悪」という社会規範がいまだ根強く残っていることでした。

     「言った側はあいさつ程度にしか思っていない『結婚しないの?』が、『苦痛なんです』と答える人が想像以上に多かった。『結婚するつもりがない』と公言している人でも、深く調査をすると未婚への後ろめたさや自己否定が入っているんです」

    ■「9割が結婚したい」というデータの落とし穴

     国勢調査が始まった1920年(大正9年)から見ても、1980年代までの日本は生涯未婚率が男女ともに5%以下の『皆婚社会』でした。高度経済成長期が過ぎ、女性の社会進出の機運が高まると、結婚にとらわれない人生設計の選択肢が増えましたが、「『結婚をして子ども産み、一人前にするのが人としての務め』という価値観を譲らない人は依然として残っています。こうした空気は、メディアも作ってきました」。

     その例が、「独身の9割が『結婚したい』と考えている」というデータの落とし穴です。社人研が5年に1度実施している出生動向基本調査の一つで、2015年は「いずれ結婚するつもり」と答えた18~34歳の未婚男性が85.7%、女性が89.3%いました。

     このデータは、「いずれ結婚するつもり」か「一生結婚するつもりはない」の二択で構成されています。「いずれ結婚するつもり」と答えた人には続きがあって、調査時点での結婚意思を尋ねると男女の半数近くが「まだ結婚するつもりはない」と答えています。

    >>2以降に続く

    2017年12月31日
    withnews
    https://withnews.jp/article/f0171231004qq000000000000000W08010301qq000016504A

    ★1が立った時間 2017/12/31(日) 13:28:49.15
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514726134/

    引用元: ・【一人が好き】18年後には人口の半分が独身者 「ソロ当たり前」時代、独身者が備えるべきこと★5

    【18年後には人口の半分が独身者 「ソロ当たり前」時代、独身者が備えるべきこと】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/05(日) 08:30:12.01 ID:CAP_USER9.net
    テクノロジーはソロ社会を変えるのか。「超ソロ社会を救う『つながるぼっち』」をテーマに2035年に訪れる「超ソロ社会」などについて博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクトリーダー 荒川和久氏と慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネージメント研究科教授 前野隆司氏に聞く。(聞き手:佐々木紀彦NewsPicks編集長)

    ■日本は「独身社会」

    佐々木:
    2035年に訪れる「超ソロ社会」を一言でいうと?

    荒川:
    18年後には人口の半分が独身者、ということです。

    佐々木:
    このグラフを見ると衝撃的です。
    no title


    荒川:
    ここの独身者は未婚者だけではなく、1回結婚して離婚された方も含まれています。あとは、高齢者の方でパートナーが死別された方も独身になり、そういった方も含めてだいたい5対5。配偶者有がこれだけ下がるのもすごいことです。

    no title


    佐々木:
    高齢者の男性が亡くなり、女性が残る可能性が多いということですよね。独身者の中の内訳は…高齢の女性(ソロ婆)の方がすごい数。

    荒川:
    ソロ男・ソロ女は未婚の方です。

    佐々木:
    これを見るとわかるように、独身は人口の半分。高齢者がいかに多いかというのもわかります。

    荒川:
    日本は高齢化社会と言われていますが、高齢者の人口よりも独身の人口の方が多い。2035年は、独身の方は4800万人ですが、高齢者は4000万人に達していません。

    佐々木:
    ここまで独身が多いなんで意識していないですよね。

    荒川:
    「高齢化社会日本」ではなくて、「独身社会日本」なんです。

    佐々木:
    若い人たちも婚姻率が低くなっている状況はありますよね

    荒川:
    2035年には男は3割、女性も2割が生涯未婚。なぜ、男女差があるのかというと、男性が余るんです。都道府県別に出すと男性が余ってしまうのは、主に赤い部分(男性が余る)の茨城・栃木・福島です。

    no title


    >>2以降に続く

    配信Nov 03, 2017
    ホウドウキョク
    https://www.houdoukyoku.jp/posts/20860

    ★1が立った時間 2017/11/04(土) 09:30:22.20
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509828232/

    引用元: ・【超ソロ社会】2035年、日本人の半分が独身に 「独身社会」をどう生きる★6

    【2035年、日本人の半分が独身に 「独身社会」をどう生きる】の続きを読む

    このページのトップヘ