あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    ドクターX

    1: 小豆大福 2017/10/22(日) 08:31:52.74 ID:CAP_USER9.net
    no title


     「同じクールの連ドラに“3人の涼子”が出演するのは、久しぶりだと思います」(テレビ局関係者)

     まずは、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系・10月12日スタート・木曜午後9時~)に主演する米倉涼子(42)。
     「2012年に始まった人気シリーズも第5弾。5年目に突入するとあって、彼女には貫禄のオーラが漂って見えます」(ドラマスタッフ)

     この5年で平均視聴率が20%を超えたドラマは5作品しかない(NHKの朝ドラは除く)。
     「『半沢直樹』(TBS系)と『HERO』(フジテレビ系)以外はすべて『ドクターX』なんです。今回も20%超えは間違いなし。今やテレビ朝日最強の“キラーコンテンツ”になりました」(同)

     放送開始前の制作発表会見に出席した米倉は、過去のVTRを振り返って、
     「トシ取ったなって思いますね」
     と苦笑い。
     「いやいや、とんでもない。紺系の超ミニワンピースに白衣姿の彼女は、艶然としていて、とても輝いて見えました。ずっと足を組んだままだったので、“パンチラ”はありませんでしたが、四十路熟女のムッチリ太ももにはそそられました」(写真誌カメラマン)

     共演者の陣内孝則が、「日本一のドラマ」と絶賛すれば、草刈正雄は、
     「人気番組ならではのエネルギーを感じます」
     とニッコリ。

     そんな日本一のドラマは会見でも大盤振る舞い。
     主人公(米倉)の決めゼリフ「私、失敗しないので」を、全シリーズで通算何回言っているか当てるクイズをやった際、賞品としてロケでも使用されている日本を代表する超高級ステーキ店の18万円相当の極上サーロイン(1.5キロ)がド~ンと登場。正解の『70回』に一番近い回答をした西田敏行から米倉は“ア~ン”して食べさせてもらった。
     「何か“他のモノ”を食べさせたくなる衝動にかられましたね。それにしても、ここまで“画”になる女優はいませんねぇ」(スポーツ紙記者)

     それでも、太りすぎには細心の注意を払っているという。
     「お約束の“入浴シーン”もありますし、いつもヒールの高い靴をはいての演技なので、収録の合間は、熱心にストレッチをしています」(芸能関係者)

     これが、スタッフ、関係者の“目の保養”になるという。
     「壁に背中をつけて、足を曲げたり伸ばしたりするのですが、超ミニ姿なので、時折、中のパンティーが丸見えになることがあるそうです。お気に入りは、赤のヒモパンのようです」(芸能記者)

     さて、昨年暮、2歳下の実業家と結婚2年でのスピード離婚を発表し、現在は独身の米倉。
     「件のストレッチ効果なのか、ウエストがさらにキュッと絞られ、その分、おっぱいが巨乳化。Dから推定Fカップへと進化したそうです」(芸能ライター・小松立志氏)

     ゲスト出演した『あさイチ』(NHK)では、
     「私、本当に(コンプレックス)ありますよ。性格でしょ、生活態度でしょ…」
     と話していた。
     「“性格がコンプレックスってなんですか?”と聞かれると、彼女は“ちょっとマイナス思考とか、根に持つとか”などと、自分の性格を正直かつ冷静に分析していました。素は、大門未知子とは大違いのようです」(同)


    http://wjn.jp/article/detail/1527406/

    引用元: ・【テレビ】米倉涼子、篠原涼子、広末涼子 「同じクールの連ドラに“3人の涼子”」

    【米倉涼子、篠原涼子、広末涼子 「同じクールの連ドラに“3人の涼子”」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/21(土) 19:58:00.95 ID:CAP_USER9.net
    3

     女優・米倉涼子(42)主演のテレビ朝日系ドラマ「ドクターX 外科医・大門未知子」(木曜、午後9・00)の第2話(19日放送)で、ゆとり世代の若手医師たちが登場したことで、ネット上で賛否の投稿が相次ぎ、話題となっている。

     今シリーズは、第1話で「患者ファースト」を掲げて組織改革に挑む女性院長・志村まどか(大地真央)にまさかの「ゲス不倫」が発覚して失脚。
    続く第2話では、俳優・野村周平らが演じる「ゆとり世代の若手医師たち」が登場。

     上司の話を聞きながらスマホ、大門に乗じて定時帰宅、自信満々に理論を語るが実力が…と上司がコントロールできない姿が描かれた。

     放送を受け、ネット上では「ドクターX、攻めるなあ」「とうとうドクターXにもゆとりが!」とおもしろがる声があがる中、描かれた「ゆとり世代」に関しては賛否。

     「ゆとり世代バカにしすぎじゃない?」「偏見がすごい」「ゆとり=生意気って意味で捉えてる」「ゆとり世代へのディスり酷い そこまでないから」
    「空気読めないのとゆとりを同義にしないでほしいな」とドラマの中での描かれ方に反論意見も相次いだ。

     「やっぱりゆとりってこんな感じに見えるのね…」「ゆとり集団すげえなあ こんな風にはならないどこう」と反面教師とする意見や、「あれはむしろ悟り世代な気がするんだが」との指摘も。

     一方で「今は普通なんですかね」「イライラする」「うちの会社のゆとり達とダブる」と共感する意見も続いている。

     毎シリーズ、高視聴率を誇る同ドラマは、今回も第1話が20・9%、第2話が19・6%をマークしている。(数字は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13780474/

    引用元: ・【テレビ】「ドクターX」にゆとり世代の医師たちが登場 描き方に賛否

    【ドクターX ゆとり世代の医師たちが登場 描き方に賛否 】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/14(土) 07:06:21.66 ID:CAP_USER9.net
     昨年の年間ドラマ視聴率ランキングで民放1位(平均21.5%)を獲得した、米倉涼子(42)主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレ朝系)が12日スタート。放送記者が解説する。

    「『ドクターX』は今年がシーズン5。一話完結ながら病院内の権力闘争が根底にあり、それに立ち向かう一匹狼の大門の一貫した姿勢でまず魅せる。決め台詞『私、失敗しないので』はその象徴です。西田敏行(69)などのレギュラー陣に、大地真央(61)、草刈正雄(65)らが新たに加わり、マンネリどころか更に関心を高めている。今年も視聴率トップの座は揺るがないでしょう」

     期待は高いが制作費も膨らむ。テレ朝関係者が明かす。

    「本物志向のセットにベテラン役者の起用。米倉のギャラは今回、一話500万円ともいわれていて、制作費はさらにアップ。『ドクターX』はテレ朝内でも別格の存在ですが、『高視聴率はありがたいが、財布の心配もしないと』との声も出ているほどです」

     3日に行われた制作発表会見で、共演者を従え貫禄たっぷりの米倉は、「歳を取ったなって思います」と照れ笑いしながらも自信と余裕に溢れる表情を見せた。

    「近年、これだけドラマと主演者がマッチした例はない。大門=米倉が定着し、彼女も自信をつけて一昨年の離婚スキャンダルも撥ね除けた。今夏、米倉は2回目となるブロードウェイでのミュージカル公演をしましたが、所属するオスカープロモーションが『ドクターX』の景気づけもあってセッティングしたといわれています。いかに事務所が米倉に期待しているかの表れです」(芸能デスク)

     そこには事務所の台所事情も透けて見える。

    「ポスト米倉と力を入れていた武井咲(23)がEXILEのTAKAHIRO(32)とデキ婚。出産の後に早期復帰といわれてはいますが、どうなるかは不透明。上戸彩(32)もママになったし、かつて武井以上に期待されていた剛力彩芽(25)も深夜枠の主演がやっと。後輩も数はいますが、女優として成長するまでには時間がかかる。米倉が今の事務所を一身に背負っているといっても過言ではありません」(同前)

     米倉涼子、“失敗できない”秋の陣。

    (「週刊文春」編集部)

    https://news.infoseek.co.jp/article/bunshun_4489/

    引用元: ・【芸能】今年の本命“失敗できない”「ドクターX」 米倉涼子のギャラはおいくら?

    【ドクターXの米倉涼子のギャラが判明】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/13(金) 09:11:09.74 ID:CAP_USER9.net
    1

     女優の米倉涼子(42)が主演を務めるテレビ朝日の人気ドラマ第5シリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)が12日、15分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は20・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。

     4月クールの同局「緊急取調室」(木曜後9・00)の17・9%(初回)を上回り、今年の民放連続ドラマ1位の数字。20%の大台超えは初。
    人気シリーズとはいえ、平均視聴率2桁を獲得するも容易とは言えない現在のテレビ界において“異次元”の、貫禄の好発進となった。

     第1弾(2012年10月クール)は全8話平均19・1%、最終回24・4%。第2弾(13年10月クール)は全9話平均23・0%、
    最終回26・9%。第3弾(14年10月クール)は全11話平均22・9%、最終回27・4%。第4弾(16年10月クール)は
    全11話平均21・5%、最終回22・8%と大ヒットを記録した。

    スポニチ 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000079-spnannex-ent

    引用元: ・【視聴率】「ドクターX」第5弾 初回20・9%の好発進!今年民放連ドラ最高&初の大台超え

    【「ドクターX」第5弾 初回20・9%の好発進!今年民放連ドラ最高&初の大台超え 】の続きを読む

    このページのトップヘ