あずきブログ@2chまとめ

あずきブログは2chまとめブログです。

    ドローン

    1: 小豆大福 2017/10/11(水) 16:27:26.29 ID:CAP_USER9.net
    1

    今月はじめ、大阪空港の誘導路の上をドローンのような物体が飛行し、旅客機が着陸をやり直していたことがわかりました。国土交通省は、仮にドローンだった場合、航空機の運航に重大な危険を及ぼしかねない事態だとして、詳しい状況を調べています。

    日本航空によりますと、今月5日午後5時半ごろ、大阪空港で、離陸のため滑走路に向かっていた日本航空機のパイロットが、ドローンのような物体が誘導路の上を飛行しているのを見つけました。

    ドローンのような物体は赤っぽい色をしていて、およそ30メートルの高度と一定の速度を保ちながら、誘導路の上を東からに西に移動していたということです。
    ドローンのような物体はすぐに見えなくなり、航空機への接近はなかったということですが、大阪空港に向けて降下していた別の日本航空機が、念のため着陸をやり直したということです。

    空港周辺でのドローンの飛行は、おととし施行された改正航空法で原則、禁止されていて、国土交通省によりますと、仮にドローンだった場合、旅客機の運航に支障が出た初めてのケースとなります。

    国土交通省は、航空機の運航に重大な危険を及ぼしかねない事態だとして、警察にも情報を提供し詳しい状況を調べています。

    ■機長が機内アナウンスで説明

    着陸をやり直した旅客機に搭乗していた盛岡市の40代の男性は「着陸するために高度を下げていて、窓の外を見ていたところ上昇を始めたので『あれっ』と思った。その後、機長の機内アナウンスで『着陸態勢に入っていたが、空港内にドローンがいるようだと連絡が入り、安全確保のために再着陸の判断をしました』と説明があった」と話していました。

    配信10月11日 16時09分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171011/k10011174771000.html

    引用元: ・【伊丹】大阪空港でドローン飛行か 旅客機が着陸やり直し(10月5日)

    【危機一髪 大阪空港でドローンが飛行して旅客機が着陸やり直し】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/07(土) 17:13:30.95 ID:CAP_USER9.net
    http://jp.wsj.com/articles/SB12094166559930614459204583431790207292264
     【シドニー】オーストラリアでドローン撮影を手掛ける会社を創業したダニエル・パーフィット氏は、内陸部での2日間にわたる作業に最適な機材を見つけたと思った。
    翼幅2メートルほどのそのドローンはステルス爆撃機に似ており、価格は約8万米ドル(約900万円)だった。

     1つだけ問題があった。オーストラリアの空を支配するオナガイヌワシを怒らせたのだ。
     オナガイヌワシは上空から舞い降り、カーボンファイバー製の機体に鋭い爪で穴を開けた。
    ドローンはコントロールを失って墜落。
    「最終日の最終飛行の残り15分。そこでオナガイヌワシがドローンに急降下爆弾を落とした」とパーフィット氏は語った。

     ドローンは大きいため鳥によるダメージを受けないと思っていたが、機体は「粉々になった」という。

     大きいものでは重さ約4キロ、翼幅約240センチにもなるオナガイヌワシはオーストラリア最大の猛禽(もうきん)類だ。
    かつてはヒツジを襲うと嫌われ、賞金目当てにも狙われたが、現在はおおむね保護されている。
    タスマニア州に生息する亜種は今も絶滅の危機にひんしているが、それ以外はオーストラリア広域の上空を誇らしげに舞っている。

     オナガイヌワシには、ドローンに頂点捕食者の座を譲る気はないようだ。
    ハンググライダーに乗って時折現れる人間を攻撃してくることさえあるという。

     ドローンを攻撃する鳥は世界中にいるが、オナガイヌワシは特に空中戦が好きだとドローン操縦士らは話す。
     ナガイヌワシとの衝突を回避する長期的な解決策はまだない。
    ドローンに「目」をつけるといったカムフラージュはあまり効果がないようだ。
    ペッパースプレーや騒音装置を使った撃退も一部では検討されたという。

     メルボルンでドローンマッピング・検査会社「オーストラリアンUAV」を立ち上げたジェームズ・レニー氏は、
    農村地帯のドローン飛行の20%がオナガイヌワシの攻撃を受けるとみている。
    オナガイヌワシ9羽にドローンを追いかけられた経験もあるという。

     オナガイヌワシは、米国のハクトウワシやイヌワシよりも大きく攻撃的だ。
    オーストラリア内陸部の鳥類の王者であることに議論の余地はないが、ドローンをここまで攻撃する理由は完全には解明されていない。
    ドローンを餌あるいは新たなライバルとみているのだろうと専門家は話す。

     オーストラリアはドローン先進国を目指していることから、問題は一段と深刻だ。
    ドローンの世界大会を最近開催したクイーンズランド州は、昨年にはドローン実験費用としてボーイングに約78万ドルを提供した。
    オーストラリアで事業を拡大中のアマゾン・ドット・コムは、ドローンによる配送実験を行う可能性がある。
    ドローンの人気は、広大な土地を持つ鉱山会社や牧場主などの間でも高まっている。

     オナガイヌワシは雌雄つがいで攻撃を仕掛けることが多く、最初に失敗しても攻撃をやめるとは限らない。
    背後からの飛来や上からのタンデム攻撃まである。
    ドローン操縦士は、降下してきた1羽を避けられても2羽目に飛びつかれる恐れがあるとレニー氏は述べた。

     ペッパースプレーはオナガイヌワシを傷つける恐れがあり、騒音装置は扱いにくい上に効果が怪しい。
    そのため西オーストラリア州のセントアイブス金鉱で調査を担当しているリック・スティーブン氏らは、時間という武器を活用している。
    オナガイヌワシは早朝はそれほど活動的ではない。これは日光で地面が温まるまで上昇気流が形成されないからだ。

     スティーブン氏は、オナガイヌワシの攻撃によって最初の2年半に12機のドローンを失った。
    雇用主である南アフリカのゴールド・フィールズの損失は約21万ドルに上ったという。
    だが朝の飛行に集中した過去1年に失ったのは2機だけだ(それ以外にニアミスが2度あった)。

     ドローン撮影会社エアリアル・イメージ・ワークスの創業から約3年、パーフィット氏は警戒を怠っていない。
    最近3件の仕事はいずれもオナガイヌワシの攻撃を受けた。
     他の鳥は「ドローンに向かって飛んで来て、非常に攻撃的な動きをするが、実際に接触はしてこない。
    ドローンが攻撃されて怖いのはオナガイヌワシだけだ」

    画像:墜落したドローン
    no title


    動画:オナガイヌワシに撃墜されるドローン
    https://www.youtube.com/watch?v=Hr-xBtVU4lg&feature=youtu.be


    引用元: ・【海外】ドローンに現れた天敵、「空の覇権」譲らず オーストラリア(動画あり)

    【ドローンに現れた天敵 オーストラリアでドローンが撃墜される(動画あり)】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/06(金) 18:48:15.10 ID:CAP_USER9.net
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171006/k10011170521000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

    小型の無人機「ドローン」を使って商品を配送するサービスが、今月下旬から福島県南相馬市で始まることになりました。
    ドローンを使った商品の配送を始めるのはIT大手の「楽天」とコンビニ大手の「ローソン」です。

    両社は福島県の南相馬市でコンビニの商品をドローンを使って配送するサービスを今月下旬から共同で始めます。

    南相馬市は国から「ロボット実証区域」に指定され、ロボット産業の育成の拠点になっているということで、コンビニの商品をドローンで配送するサービスは、全国で初めてだということです。
    具体的には、南相馬市の小高地区を回るローソンの移動販売車で客から注文を受けると、およそ3キロ離れた店舗からドローンが7分ほど自律飛行して商品を移動販売車に届けます。
    配送の料金は無料だということで、ドローンを使うことにより移動販売車で扱っていなかった揚げ物などの温かい商品も提供することができるようになるとしています。

    楽天の三木谷浩史社長は「ドローンを必要とする過疎地で広くサービスを展開できるよう国の柔軟な規制緩和を期待したい」と述べました。
    ローソンの竹増貞信社長は「労働力不足に直面するなかコンビニ業界としてもドローンの活用を目指したい」と述べました。

    ドローン配送の仕組みは

    コンビニの商品をドローンで配送する全国で初めてのサービスが行われる福島県南相馬市の小高区は原発事故に伴う避難指示が去年解除されたばかりで、暮らしの不便さをいかに解消するかが課題になっています。

    このサービスでは、買い物客はコンビニの移動販売車が来るタイミングに合わせて地区の集会所を訪れます。
    移動販売車のスタッフに商品を注文すれば、およそ3キロ離れたコンビニの店舗からドローンで商品が10分ほどで配達され、その場で受け取ることができます。
    移動販売車が来るペースは週に2回で、1回の注文で2キロの重さまで運べるということです。
    ドローンが飛行するルートは、安全性を確保するため住宅などが少ないエリアの上空に設定し、自動で飛ぶようになっています。

    南相馬市の小高区では営業を再開した店はまだ少ないため、今回のサービスは地域に戻った住民にとって買い物の不便の解消につながることが期待されます。

    サービスが始まる地区に住む高野次夫さん(70)は「空から荷物を運んでくるなんて驚きました。高齢者も多いので、このサービスで買い物が便利になるといいと思います」と話していました。

    南相馬市長「地域コミュニティの活性化に期待」

    相馬市の桜井勝延市長は「ドローンが飛ぶことで地域のコミュニティが活性化するきっかけになることを期待したいし、導入するエリアも広げていただきたい」と話しています。

    10月6日 18時11分

    no title

    引用元: ・【福島】ドローンでコンビニ商品配送へ 買い物の不自由解消 南相馬市

    【ドローンでコンビニ商品配送へ 買い物の不自由解消 南相馬市】の続きを読む

    このページのトップヘ