あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    ネトウヨ

    1: 小豆大福 2017/12/11(月) 13:53:56.95 ID:CAP_USER9.net
     10日、かつてほっしゃん。の芸名で知られたお笑いタレント・星田英利が自身のTwitter上で「ネトウヨ」を名乗る人物に遭遇したと報告。実際に相対し、「ネトウヨの本質を見たわ。。。涙」と印象を語った。

     星田が後輩と食事していると、急に「俺、一般的にネトウヨっていわれる部類なんですけど」と名乗る人物が対面に座り、後輩の制止も無視し「政治的な演説」を始めたそうだ。

     星田は相手の演説を聞いていたそうだが、その人物は会計になると所持金が足らなかったらしく、星田が全額支払うことになったとか。さらに、相手は無職だったそうで、星田は「ネトウヨの本質を見たわ。。。涙」と嘆く。

     続けて、その「ネトウヨ」を名乗った人物は「見てられないファッションと風貌と挙動と礼儀」だったそう。星田は後輩と共に「何もできてなくて自分を名乗る表現が無いからって”ネトウヨ”って世間にバカにされる冠を名乗る奴」「そりゃネットに絡み取られてお天道様の下に出てこれんよな。。。」とつづり、宴席に乱入してきた「ネトウヨ」に痛烈な指摘をしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14012466/

    星田 英利 @hosshiyan
    後輩とご飯食べてたら、
    「俺、一般的にネトウヨっていわれる部類なんですけど、、、」っていうて男の奴が急に前の椅子に座って、後輩が止めるのも無視して相手の政治的な演説を聞いてんけど、お会計でそいつがお金足りなくて全額奢ったわ。笑
    聞いたら無職やねんて。
    ネトウヨの本質を見たわ。。。涙
    http://twitter.com/hosshiyan/status/939547620418060288

    星田 英利 @hosshiyan
    正直、見てられないファッションと風貌と挙動と礼儀だったから、後輩と「なるほどな、何もできてなくて自分を名乗る表現が無いからって”ネトウヨ”って世間にバカにされる冠を名乗る奴なんて、そりゃネットに絡み取られてお天道様の下に出てこれんよな。。。」って話になった。
    http://twitter.com/hosshiyan/status/939553614007230467

    元ほっしゃん。星田英利
    no title


    ★1=2017/12/11(月) 12:46:40.60
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512964000/

    引用元: ・【芸人】元ほっしゃん。星田英利、自称「ネトウヨ」に飲食代奢ったと報告「聞いたら無職やねんて。ネトウヨの本質を見たわ。。。涙」★2

    【元ほっしゃん。星田英利、自称「ネトウヨ」に飲食代奢ったと報告「聞いたら無職やねんて。ネトウヨの本質を見たわ。。。涙」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/12(火) 00:00:54.58 ID:CAP_USER9.net
    image昨今、安倍政権が揺れている。森友学園や加計(かけ)学園をめぐる疑惑、自民党議員や政権幹部の度重なる失言など、傲慢な態度に国民は怒りを募らせ、7月の都議選で自民党が大敗したことも記憶に新しい。インターネット上では反安倍派のみならず、保守派からも政権批判が噴出している有様だが、まるでそれに息を合わせるかのようにネトウヨたちも勢いづいているようだ。


    ■ネット上の過激コメント、その実態

     ところで、かねてよりこれらネトウヨの一部が「雇われアルバイトではないか」という噂があった。今年4月、インターネット上で配信されるニュースに対するコメントに関して、立教大学ネットワーク社会論の木村忠正教授とYahoo! ニュースが共同で調査・分析したところ、韓国・中国に対する排他的なコメントが上位を占めていることが判明したが、不思議なことにわずか1%のユーザーが1週間で100回以上もコメントを投稿しており、しかもこの1%のユーザーの投稿で全コメントの20%が形成されていたのだ。もしや、この1%のユーザーが「雇われアルバイト」ではないか? そう疑われても仕方のない実態が、数値によって浮き彫りになった形だ。

     日本では10年ほど前から嫌韓・嫌中関連の本がこぞって出版されるようになり、(あくまでも筆者の感覚ではあるが)インターネット上の嫌韓・嫌中コメントは2013年頃から激増したように思える。この2013年といえば、日本でネット選挙運動が解禁された年である。そして同年6月19日、参議院議員選挙に合わせる形で、自民党はネット選挙運動の推進を口実に特別チーム「Truth Team(T2)」を発足させたのだ。


    ※ 9月7日13時30分ごろ、この件について編集部が最新状況を自民党本部に電話で問い合わせたところ、広報局より「T2は2013年の参議院選挙のために限定的に組織されたものであり、選挙後に組織としては解散した」(担当者)との回答を得た。また、昨年4月にはNHKが「自民党 ネット上の声分析する新組織設置」と報じているが、この点についても尋ねたところ、「そのような専門組織を立ち上げた記憶はない。普段からネットの声にも耳を傾けるようにはしており、特に選挙の前などは注視するよう通達がくることはあるが、大々的に組織だって行っているわけではない」とのこと。では「NHKの記事は誤りということか?」との質問には「特にこちらで判断することはない」という。結局のところ真相はどこにあるのか、実態はなかなか見えてこなかった。

    2013年5月28日放送のNHKニュースウォッチ9でも取り上げられたが、このT2の主な業務は、自民党と立候補予定者のSNS(FacebookやTwitterなど)、ブログや掲示板(2ちゃんねるなど)の書き込みを24時間態勢で分析・監視すること。たとえば、候補者の名前を含むコメントがGoogleの検索上位に表示されるか分析したり、少しでも党や候補者の不利になるコメントには反論もしくは削除を試みるという。さらに、対立候補や他党に対するネガティブキャンペーンを繰り広げる役割も担うとのこと。筆者も経験上、政権批判のみならず、小沢一郎氏を擁護しただけで突然ネトウヨにしつこく絡まれた経験がある。

     チームのトップにはIT政策を担当する平井卓也衆議院議員が就任し、自民党ネットメディア局の議員約20人のほか、選挙スタッフやITベンダーのスタッフ、さらに顧問弁護士2人から構成されている。また、参加企業には超有名IT企業がこれでもかと名を連ねている。さらに2005年には、自民党幹事長補佐(当時)の世耕弘成議員が「チーム世耕」というインターネット上で自民党をサポートするチームを発足、やがてそれは「J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)」へと発展し、現在1万5000人以上もの会員を抱えているという。今は自民党を離党した小池百合子都知事も、当時は広報本部長で、かつては自民党支持のネトウヨ育成に力を注いでいた。


     真偽は不明だが、6月末より「雇われネトウヨの給料は1行20円」という情報も出回り始めている。発端は、とあるネトウヨがFacebookに情報を流出させたのだという。果たしてネット上に溢れる安倍政権賛美や嫌中・嫌韓コメントの“火付け役”は本当にアルバイトたちが担っているのだろうか。少なくとも、ネット上の意見が世論を正しく反映しているなどとは思わないほうが良さそうだ。

    http://tocana.jp/i/2017/09/post_13806_entry.html
    ★1)9月11日(月)21:25:08.63
    前スレhttp://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505138476/

    引用元: ・【話題】ネトウヨたちは自民党に雇われたアルバイト? 謎の組織「T2」について自民党本部に電凸してみた結果★4

    【【悲報】ネトウヨたちは自民党に雇われたアルバイト? 謎の組織「T2」について自民党本部に電凸してみた結果】の続きを読む

    このページのトップヘ