あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    ブレイク

    1: 小豆大福 2017/12/04(月) 16:49:35.57 ID:CAP_USER9.net
    先日、NHK大河ドラマ「いだてん~オリムピック噺~」に川栄李奈の出演が発表された。
    共演者にはビートたけし、森山未來、神木隆之介、等々・・・そうそうたる顔ぶれ。
    そこに肩を並べて、川栄李奈はいた。

    2015年にavexに移籍して本格的に女優業をスタートさせてから、約2年でNHK大河ドラマへの出演決定。
    これは異例のスピードと言えよう。

    舞台「AZUMI幕末編」「あずみ戦国編」では女剣士、NHK朝のテレビ小説「とと姉ちゃん」では仕出し屋の娘、映画「デスノート Light up the NEW world」では無差別殺人者、映画「亜人」では決してしなない唯一の女性亜人で男性相手に激しいアクションを披露する等、本当に幅広い役を演じ、出演してきた。

    CMではauの「三太郎シリーズ」で織姫(織ちゃん)として出演し、これが2017年8月のCM好感度ランキングで1位を獲得。
    さらに以前までの“おバカキャラ”のイメージとは真反対である「第48回衆議院議員総選挙」の選挙啓発イメージキャラクターにも抜擢されるなど、その勢いはとどまらない。

    2017年11月にオリコンの「2017年ブレイク女優ランキング」が発表されたが、川栄は2位を獲得した。
    このランキングを見て、面白いなと感じたところはランクインした女優のほとんどが、映画・ドラマでの主演、ヒロイン経験者だが、川栄は主演、ヒロインをここまで演じてきていないという所だ。

    「川栄さんは主演、ヒロインを本当にうまく引き立ててくれて、決して邪魔をしない芝居をしてくれる。かと言って、存在感がないということではなくて、しっかりとそこにいて全体をまとめてくれる。料理でたとえるなら、まさに“スパイス”です。メインの料理を引き立て、より美味しくし、時にはピリッと刺激を与えて、味をまとめてくれる。どんな料理にも“スパイス”は絶対必要で、それが、病みつきになってしまうんですよね。」と関係者は語る。

    “スパイス”と言われるだけあって、メインではなくても、しっかりとした存在感をしめし、いつも身近にあるという親近感がこのランキングの結果かもしれない。

    来年には出演映画が3本控えており、まだまだCMの出演も増えそうな予感だ。

    カメレオン俳優、バイプレイヤー、それとはまた一味違った”スパイス女優 川栄李奈”彼女のこれからの活躍が楽しみだ。

    http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_159731/

    映画『亜人』でキレキレのアクションを披露 川栄李奈
    no title

    朝ドラ『とと姉ちゃん』
    no title

    auCM「三太郎」シリーズ“織ちゃん”
    no title

    NHK大河ドラマにも出演決定 
    no title

    元AKB48川栄李奈
    no title

    no title

    引用元: ・【女優】異例のスピードで大河ドラマ出演決定、元AKB48川栄李奈が支持される理由

    【異例のスピードで大河ドラマ出演決定、元AKB48川栄李奈が支持される理由】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/16(月) 16:03:52.63 ID:CAP_USER9.net
    昭和のトーク番組「スター千一夜」は、アラン・ドロンや美空ひばりといった大物スターが、多数出演したことで知られる。
    仮に今も番組が続いていたなら、「千年に一人の美少女」と言われる橋本環奈(18)には、番組からお声がかかっただろうか。
    美人には違いないが、女優としての今後を占うと、不安材料があるというのだ。

     ***

    福岡県で活動するご当地アイドル・グループの一員だった橋本が、「千年に一人の美少女」と呼ばれたのを機に、瞬く間に全国区となったのが3年前。
    以来、歌手から女優中心に路線変更して、現在、人気沸騰中だ。

    スポーツ紙記者が言う。

    「今年3月には、昨年、主演を務めた映画『セーラー服と機関銃』のリメイクで日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しています。
    さらに都議選のイメージキャラに起用され、お茶の間にも知名度が広がりました」

    そのうえ、小栗旬や菅田将暉に次ぐメインの役どころを務めた映画「銀魂」は、現在も公開が続き、興行収入は40億円に迫る大ヒット。
    アジア圏だけでなく、米国や欧州での公開も予定されている。

    「『銀魂』は人気漫画が原作です。劇中では、原作のキャラクターの通りに鼻をほじったり、嘔吐するといった、アイドル出身なら躊躇しそうな演技もこなし、高評価を得ています」(同)

    先月まで主演を務めたドラマ「警視庁いきもの係」(フジ)は、平均視聴率が6・5%と振るわなかったものの、売れっ子女優の1人として一目置かれる存在だ。

    バラエティ番組で共演したタレントの関係者は、

    「収録現場には、マネージャーのほか、雑用をこなす付き人が数名、さらにメイクとスタイリストがそれぞれ1人ずついて、共演者の中でも目立っていました」

    制服姿か子供キャラ

    着実にスター女優への階段を上っているようだが、

    「彼女は、女優でやっていくには身長が低いんですよ。152センチしかないことが、今後の懸念材料になりますね」

    と言うのは、アイドル評論家の堀越日出夫氏。

    「なぜなら、背が低いというだけで、オファーされる役の幅が狭まってしまうからです。
    例えば、恋愛モノだと相手役との身長差が極端ですとバランスが悪く、キスシーンを撮るにしても、撮影に工夫が必要になる。
    そのため、通常ですとキャスティング側も、背の高い俳優との共演は避けることになるでしょう」

    最近、売れている女優で、背の低いと言われる有村架純が160センチ。さらに低い広瀬すずでさえ159センチ。
    今はまだいいが、低身長の橋本の汎用性が低いと見なされる日が将来的に訪れるのは、不思議なことではないというわけだ。

    それだけではない。アイドルに詳しいコラムニストの中森明夫氏によれば、

    「橋本の演技力はまだまだ期待できると思いますが、心配なのは、今後、どんな役を貰えるかということです。
    これまで出演映画はほとんどが制服を着た役で、『銀魂』も子供のようなキャラクターでした。つまり、彼女はまだ、実年齢と同じぐらいの役しか演じていないのです。
    一旦、少女役で有名になると、イメージが定着して、年を取った時に大人の女性を演じるのが難しい。制服の似合う可愛い少女から、全く異なる役柄に化けることが出来るかが、ポイントでしょう」

    美少女から大女優への脱皮は一夜にして成らず。

    「週刊新潮」2017年10月12日神無月増大号 掲載

    http://news.livedoor.com/article/detail/13752724/
    2017年10月16日 5時58分 デイリー新潮

    no title

    no title

    no title


    前スレ                      2017/10/16(月) 11:07
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1508119656/

    引用元: ・【芸能】橋本環奈、女優としての今後は… 「152センチしかない身長」「キャラ」に懸念 ★2

    【橋本環奈、女優としての今後に足りないもの】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/24(日) 09:14:15.39 ID:CAP_USER9.net
    no title


    数多くの芸能人が活躍している芸能界だが、いつの時代も『調子に乗っている』と現場でささやかれる人物は存在する。
    今回は現場で日々働くスタッフから、そんな芸能人は誰なのかを聞いた。

    「芸人さんで言えば最近はトレンディエンジェルが少々厄介な存在になりつつあります。
    番組の企画でも自分たちがカッコいいという印象が残らない内容だと納得しないようで、趣旨の説明に長引くことがあります。
    たとえば自分たちが終始バカにされるかのような企画は嫌がることが多く、スタッフとしてはなんとか企画を進めるために適当な理由を探して
    『クールに見えるはず』などと言いくるめる必要があります。
    そういう作戦を考える手間などもかかるので面倒です」(テレビ番組スタッフ)

    カッコよく見られたいという思いは理解できるが、職業上それよりも笑いを取れるか否かを重要視するべきなのではないだろうか。

    さらに芸人以外にも意外な名前があがった。

    「いまどきのタレントで調子に乗りまくっていると感じるのは、タレントのりゅうちぇるですね。
    最近は単独での仕事も増えていますが、現場で『これはやりたくない』『この立ち位置じゃ嫌だ』とゴネることも多くなっています。
    しかも、タメ口でスタッフにそれを言うので余計に印象は悪いです」(制作会社関係者)

    せっかくどんどん仕事が増えているのに、このような印象を持たれてしまうのは得策ではないはずだ。

    また、もうひとりの名前は音楽業界の売れっ子だった。

    「星野源ですね。会うたびに取り巻きのスタッフが増えていて、収録現場にも相当な大所帯で来ることも。しかも、それが本人の意向らしいので驚きです。
    大所帯で現場入りして自分の大物感を演出したい芸能人はベテランの方に多いので星野は珍しいケースですね。
    また、楽屋の広さや位置なども配慮しなければならない相手になっています」(同)

    歌手としてヒットを飛ばしているのだから、わざわざ自ら大物感を演出しなくてもいいはずだが……。

    このようにさまざまな意味合いで“調子に乗っている”芸能人の名前が挙がったが、共通しているのはここ数年で急激に露出度の増えた芸能人ばかりということだ。
    やはり、ブレイク直後はこのような態度になってしまうものだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1357978/
    2017.09.24 09:00 トカナ

    引用元: ・【芸能】「最近調子に乗りすぎ」関係者から不評の超人気芸能人3! ブレイクして天狗状態か!

    【【話題】現場スタッフが思う最近調子に乗っている超人気芸能人TOP3とは】の続きを読む

    このページのトップヘ