あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    ミサイル発射

    3

    1: 小豆大福 2017/12/15(金) 11:19:39.34 ID:CAP_USER9.net
    米誌フォーリン・ポリシー(電子版)は13日、北朝鮮の当局者が、核実験やミサイル発射を60日間停止すれば米国との直接対話の道が開けるとの「約束」を、米国が破ったと不満を訴えていると報じた。

    元職を含む複数の米政府当局者の話として伝えた。

    ティラーソン米国務長官は12日、「前提条件なしで会う用意がある」と述べたが、北朝鮮側は対話への関心を失っているという。

    同誌によると、実験の60日間の一時停止は米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮政策特別代表が今秋、提案した。米国との直接対話の状況を作り出せると北朝鮮側に示唆したという。この提案は先月、米紙ワシントン・ポストも報じていた。
    http://www.asahi.com/articles/ASKDG643KKDGUHBI04L.html

    引用元: ・【国際】 北朝鮮 「米が約束破った」

    【北朝鮮 「米が約束破った」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/30(木) 07:15:46.89 ID:CAP_USER9.net
    3

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000090-asahi-pol

     北朝鮮が29日に発射した弾道ミサイルについて日本政府は事前に兆候をつかんでいた。しかし、不完全な情報で不安をあおるリスクや情報収集を他国に依存している事情を考慮し、公表して国民に注意喚起することはなかった。

     「ミサイルの動きを完全に把握し、危機管理に万全の態勢をとった」

     安倍晋三首相は29日、記者団や参院予算委員会で繰り返し強調した。

     政府内では2日前の27日からミサイル発射の兆候を捉えた情報が駆け巡った。首相は官邸から車で約15分の自宅には帰らず、官邸隣の公邸に連泊した。菅義偉官房長官は衆院赤坂宿舎から駆けつけ、ミサイルがまだ飛んでいる最中の午前4時すぎに臨時会見を開き、「我が国の排他的経済水域(EEZ)内に落下するとみられる」と予測した。

     ミサイル発射後の初動は迅速だが、日本政府はこれまでもミサイル発射や核実験の兆候を事前公表したことはない。

     背景には、情報収集や分析を米国や韓国に大きく依存しているという事情がある。日本政府も6基の情報収集衛星を運用しているが、「大まかな動きは分かっても日本単独の情報では詳細は解明できない」(政府高官)のが現実だ。他国から得た情報をむやみに公表すれば信用を失い、重要な局面で情報が入らなくなるという懸念は大きい。日本政府が独自に収集した情報をもとに公表しても、北朝鮮が計画を変更するなどのリスクがある。

    引用元: ・【北朝鮮ミサイル】兆候つかんでいた政府 公表して国民に注意喚起しない事情[朝日新聞]

    【北朝鮮ミサイル発射の兆候つかんでいた政府 公表して国民に注意喚起しない事情[朝日新聞]】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/29(水) 11:47:58.40 ID:CAP_USER9.net
    3

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171129/k10011239531000.html

    北朝鮮の国営メディアは、日本時間の29日午後0時半から「重大報道」を行うと、予告しました。内容は明らかにしていませんが、北朝鮮が29日朝早く西部から日本海に向けて発射し、日本の排他的経済水域内に落下したと見られる弾道ミサイルに関する発表の可能性があります。

    引用元: ・【国際】北朝鮮国営メディア、午後0時半から重大報道を予告

    【北朝鮮国営メディア、午後0時半から重大報道を予告】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/15(金) 12:00:10.75 ID:CAP_USER9.net
    106朝日新聞デジタル

     総務省消防庁によると、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、発射から約3分後の15日午前7時00分に全国瞬時警報システム(Jアラート)が流れた。「建物の中、または地下に避難してください」と呼びかけた。同7分には新たな情報として、「ミサイルは北海道地方から太平洋へ通過した模様」と伝えた。

     避難を呼びかけた対象地域は、前回ミサイルが発射された8月29日と同じ北海道から長野県にかけての12道県(計617市町村)。同庁によると、12道県から被害があったとの報告は入っていないという。

     政府がJアラートを流したのは、2007年の運用開始以降、4度目。12年、16年の対象は沖縄県のみで、前回の8月29日に初めて広域に流れた。その際、9道県の24市町村で機器の不具合で情報が住民に届かなかった。

     同庁は今回、情報が住民に正しく行き渡ったか確認を進めている。

     Jアラートで避難を呼びかけた12道県は以下の通り。

     北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県。

    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK9H2GQBK9HUTIL003.html?iref=sp_new_news_list_n

    ★1がたった時間:2017/09/15(金) 09:21:31.16
    ※前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505434891/

    引用元: ・【北朝鮮ミサイル】Jアラート配信、ミサイル発射3分後 12道県へ★2

    【【北朝鮮ミサイル】Jアラート配信、ミサイル発射3分後 12道県へ】の続きを読む

    このページのトップヘ