あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    ミス

    1: 小豆大福 2017/11/23(木) 15:57:00.94 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮入国の香港船 千葉に寄港 警察のミスで出航許す「断じて許せない」官房長官
    2017年11月22日 18時58分
    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22828.html

    no title

    「断じて許せない」と口調を強める菅官房長官(政府インターネットテレビ)

     今月3日に千葉港に入港していた香港籍の貨物船が停泊中に、千葉県警の事情聴取を受けた際、「北朝鮮に2回寄港した」と証言していた事実が明らかになった。
    菅義偉官房長官は22日の記者会見で、「北朝鮮に寄港した全船舶の入港を禁止する特例法に違反する」として、「再発防止に向けて徹底した検証が必要だ」と強く非難した。

     この貨物船は先月27日、海上保安庁が確認した際は北朝鮮への寄港歴が確認されなかったが、その後、今月3日に千葉港に入港。
    千葉県警の水上警察隊の警官が今月12日、停泊中の同船に立ち入り調査したときに、船員が「今年1月と2月に北朝鮮に入港した」と証言し、関係書類を示した。

     しかし、県警は事実確認や海保など関係機関への情報提供を怠り、翌13日の出港を許したという。

     官房長官は会見で「国際社会が北朝鮮への圧力強化を進めるなかで、断じて許すことができない」としたうえで、
    関係省庁の局長クラスを集め、再発防止策を協議した事実を明らかにした。

     日本は、「特定船舶の入稿の禁止に関する特別措置法」で、北朝鮮に寄港した外国船舶の入港を禁止している。

    引用元: ・【国際】北朝鮮入国の香港船が千葉に寄港 警察のミスで出航許す 「特例法違反であり、検証が必要」官房長官が強く非難

    【北朝鮮入国の香港船が千葉に寄港 警察のミスで出航許す 「特例法違反であり、検証が必要」官房長官が強く非難】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/27(金) 10:37:06.27 ID:CAP_USER9.net
    フランス警察の特殊部隊RAIDが、探していた人物のいる家ではなく、その隣の家に間違えて突入した。
    家には、フランス北部リール近郊アム出身の夫婦とその1歳半の娘がいた。

    女性(妻)によると、ドアの外で音がしたのでドアスコープから覗いてみたものの何も見えず、一歩下がったその時、爆薬でドアがぶち抜かれたという。
    女性は娘の耳をふさぐことができたため、女の子は特殊部隊が家に突入する前に投げたスタングレネードの被害を受けずにすんだ。

    夫はベッドから引きずり出され、ひざまずかされて手錠をかけられた。
    なお特殊部隊は数分後に自分たちのミスに気づき、容疑者のいる隣の家へ向かった。

    その後、警察は家族に謝罪し、家のドアを修理することを約束した。
    特殊部隊の上層部は今回の出来事について、先にアパートのバルコニーに狙撃銃を持った人物がいることに気づき、RAIDがこの人物を迅速に拘束するために向かったが、その際には場所を特定するためにクローズアップ写真が使われたため、細部まで区別することができなかったと説明した。

    no title

    https://jp.sputniknews.com/world/201710264222354/

    ■ M84スタングレネード
    M84、正確にはXM84は、フラッシュバンや閃光発音筒とも呼ばれる、アメリカで現在使用されているスタングレネードである。
    起爆すると同時に170-180デシベルの爆発音と15mの範囲で100万カンデラ以上の閃光を放ち、突発的な目の眩み・難聴・耳鳴りを発生させる。
    防護されていない人員は方向感覚の喪失や見当識の失調を起こす。
    これらの影響は全て一時的なものであり、M84は非致死性兵器として分類される。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/M84%E3%B9%E3%BF%E3%B3%E3%B0%E3%AC%E3%8D%E3%BC%E3%89

    引用元: ・【国際】フランス特殊部隊、間違えて隣の家に突入…ドアを爆破してスタングレネード(閃光発音筒)を放り込んでしまう

    【フランス特殊部隊がありえないミス 間違えて隣の家に突入…ドアを爆破してスタングレネードを放り込んでしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ