あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    ミヤネ屋

    1: 小豆大福 2017/12/14(木) 15:51:28.98 ID:CAP_USER9.net
    3

     14日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、大相撲の元横綱・日馬富士関(33)の暴行問題で、被害を受けた幕内・貴ノ岩(27)の師匠・貴乃花親方(元横綱、45)が日本相撲協会の危機管理委員会による貴ノ岩の聴取を拒否した一件を特集した。

     宮根誠司キャスター(54)は13日の鏡山危機管理部長(元関脇・多賀竜)の5度目の部屋訪問も無視した形の貴乃花親方の姿勢に「これは社長が重役に『ある社員のことを聞きたい』と言っているのを無視しているのと同じ。普通の会社なら考えられないですよ」と一般企業に例えて批判。

     「5回訪問して会えなかった相撲協会の困惑は分かる。貴乃花親方にも相撲協会の“重役”として、積極的に調査に応じる義務があるのではないでしょうか」と続けた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000127-sph-ent

    引用元: ・【ミヤネ屋】宮根キャスター、協会の事情聴取拒否の貴乃花親方を批判「普通の会社なら考えられない」

    【宮根キャスター、協会の事情聴取拒否の貴乃花親方を批判「普通の会社なら考えられない」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/02(木) 16:27:10.60 ID:CAP_USER9.net
    1

    2日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、フリーアナウンサーの中山正敏がリポート中、周辺住民と思しき男性から怒声を浴び、生中継が中止になるハプニングが起きた。

    番組では、神奈川県座間市にあるアパートで9人の遺体が見つかった事件を特集。
    警視庁は同日、住人である白石隆浩容疑者を死体遺棄容疑の疑いで逮捕している。

    番組では、白石容疑者にまつわる最新情報を中継で伝えた。
    白石容疑者の自宅からは遺体の解体に使用されたと見られる凶器や結束バンドなどの拘束具が見つかり、240本あまりの人骨も見つかったという。

    中山リポーターは現場近くの建物の屋上から、周囲の模様と事件の経緯、近隣住民の反応などを伝えていた。
    中山は「別の建物の屋上に許可を得て上がらせていただきました」と前置きしてリポートを始める。
    その中で「止めろ!」などど、撮影中止を求める男性の怒鳴り声が聞こえ出したのだ。

    不測の事態に、スタジオが静まり返る。ワイプ越しの司会・宮根誠司は「なんか声、聞こえません?」と中山に尋ねる。
    すると中山が「不動産会社の方に一応確認させていただいたんですけれども」「大家さんの方で、ちょっとここ止めなさいということで…」と伝えてリポートを中断となっていた。

    宮根は「許可を取って中継をさせていただいたんですけども…」と説明しながら、スタジオから番組を進行していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13836901/
    2017年11月2日 16時14分 トピックニュース

    引用元: ・【テレビ】座間市死体遺棄事件で「ミヤネ屋」 一般人の怒声に現場リポートを中止

    【座間市死体遺棄事件で「ミヤネ屋」 一般人の怒声に現場リポートを中止】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/18(水) 16:05:39.09 ID:CAP_USER9.net
    3

    関西発のお昼の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(讀賣テレビ)で10年以上にわたり司会を務めるフリーアナウンサーの宮根誠司(54)が、
    同番組を降板し、フジテレビの新番組の司会に就く予定であることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

    讀賣テレビ関係者によれば、「来年3月末で『ミヤネ屋』を降板する」という。

    「今年8月に『ミヤネ屋』はスタジオをリニューアルしたばかりですが、去年頃から『ミヤネ屋』に対する宮根さんのモチベーションがなくなってきています。
    元々ほとんど台本なしの進行ですが、マンネリを感じている。所属事務所と本人は『視聴率が下がり追い込まれるまでに辞めて、
    キャスターとしての商品価値をキープしたい』と考えています」(番組関係者)

    そんな宮根に接触したのが、フジテレビだった。

    「来年4月から宮根さんにはフジテレビで放送される月~金の夕方帯の新たな報道番組の司会を務めてもらう予定です」(フジテレビ関係者)

    フジテレビにはどうしても宮根を獲得したい事情があった。

    「今の夕方帯の『みんなのニュース』は惨敗の状態です。同時間帯の番組では日テレ、テレ朝、TBSに負け続けている。
    10月にリニューアルしましたが、状況に変化は見られません」(同前)

    宮根の電撃移籍によって、フジテレビは復活することができるのか。

    フジテレビ、讀賣テレビに対し移籍について質問したが、共に「そのような事実はございません」と否定した。

    週刊文春10月19日発売号では、宮根本人への直撃取材、電撃移籍が内定した裏事情などについて詳報している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00004594-bunshun-ent

    引用元: ・【週刊文春】 宮根誠司 「ミヤネ屋降板」 フジ新番組に電撃移籍へ

    【文春砲 宮根誠司 「ミヤネ屋降板」 フジ新番組に移籍】の続きを読む

    このページのトップヘ