あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    ユーチューブ

    1: 小豆大福 2017/12/13(水) 11:59:24.92 ID:CAP_USER9.net
    3

    茨城県警は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネルを開設し、牛久市で平成12年に起きた強盗致死事件の「重要参考人」が映った動画を投稿した。

    この事件をめぐっては、重要参考人が少年の可能性が高いことから、県警は画像や動画の公開に慎重になっていた時期がある。

    警察庁の通達を踏まえ、県警ホームページには動画を公開してきたが、事件解決にはさらなる情報収集が必要と判断し、より多くの視聴者数を見込めるユーチューブの動画投稿に踏み切った。

    この事件は12年5月4日午前0時半ごろ、牛久市中央のスーパー駐車場近くで起きた。
    当時21歳の女性と一緒にいた同市岡見町のとび職、藤井大樹さん=当時(17)=が、男4人から殴る蹴るの暴行を受け、現金数千円を奪われた。藤井さんは9日後に死亡した。

    県警は女性の証言などを基に、事件の数時間前に現場近くのコンビニエンスストアに設置された防犯カメラに映っていた男4人を重要参考人とみて捜査を続けている。

    投稿された動画の長さは2分22秒で、視聴回数は12日時点で2万回を突破した。
    防犯カメラの動画に、「現在の年齢は30歳代後半または40歳代か?」「茨城県南部や千葉県に土地勘を有する人物か?」という情報や事件の概要、現場の説明などが加えられている。

    最後には4人の顔をアップにした静止画が映し出され、県警捜査1課と竜ケ崎署の連絡先が記されている。

    少年法では、少年保護の精神から少年容疑者の顔などの公開を禁じており、この事件でも発生から約3カ月後に4人の似顔絵を竜ケ崎署のホームページに掲載したが、その後、「少年の可能性が高い」として削除した。

    15年に警察庁が凶悪事件などでは少年でも公開捜査を可能とする通達を出し、16年に再び似顔絵を公開。
    昨年11月には防犯カメラの静止画を、今年5月には県警ホームページに動画を公開した。
    事件に関する情報提供は27年には0件だったが、静止画の公開後、9件寄せられた。

    公式ユーチューブでの動画投稿について、県警捜査1課の捜査員は「一人でも多くの方から少しでも情報をいただくために公開した。
    事件を解決して遺族や被害者の無念を晴らしたい」と決意をにじませる。(丸山将)

    情報提供は、竜ケ崎署(電) 、または県警捜査1課(電)。(電話番号はソース元)
    http://www.sankei.com/affairs/news/171213/afr1712130008-n2.html


    平成12年牛久市発生の少年被害強盗致死事件重要参考人
    https://www.youtube.com/watch?v=IKrGDFOpTKQ


    引用元: ・【社会】茨城県警、YOUTUBEに17年前の牛久市強盗致死事件“重要参考人”が映った動画を投稿 「無念晴らしたい」

    【茨城県警、YOUTUBEに17年前の牛久市強盗致死事件“重要参考人”が映った動画を投稿 「無念晴らしたい」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/06(水) 14:00:06.95 ID:CAP_USER9.net
    グーグル、傘下ユーチューブの動画視聴をアマゾン機器から遮断へ
    12/6(水) 11:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000029-reut-bus_all
    no title

    写真はサンフランシスコで2015年9月撮影(2017年 ロイター/Beck Diefenbach)

    [5日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは5日、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>がグーグル製ハードウエアを販売していないと批判し、
    傘下の「ユーチューブ」の動画がアマゾン製機器から利用できないようブロックすると明らかにした。

    グーグルとアマゾンは、クラウドコンピューティングやネット検索、音声認識機能付きスピーカーなどさまざまな分野で競合。ここへ来て両社は小競り合いの様相を呈している。

    ハイテク産業の専門家は、音声によるコンピューター制御が普及していくと予想するが、アマゾンやグーグルなどが市場で支配的になるかどうかは不明だ。
    調査会社eマーケターが今年公開した調査では、アマゾンの「エコー・ショー」が売り上げでグーグルの「ホーム」を上回っていた。

    グーグルは発表文で「アマゾンは、『クロームキャスト』や『ホーム』などの当社製品を扱わず、アマゾンの『プライム・ビデオ』を当社の『キャスト』利用者が視聴できるようにしておらず、
    前月には(グーグル関連会社である)ネストの最新製品の一部の取り扱いを中止した」と指摘。
    「相互関係に欠けることから、当社はアマゾンのエコー・ショーやファイアーTVにおけるユーチューブのサポートを停止する」と明らかにし、「この問題を早期に解決するための合意ができるよう望む」とした。

    これに対しアマゾンは「グーグルは、公開されたウェブサイトにおいて選択的に利用者のアクセスを遮断することで、失望を誘う前例を作ろうとしている」との不満を表明した。

    グーグルは9月にも、エコー・ショーからのユーチューブへのアクセスを遮断。後に再開していた。

    同社によると、ファイアーTVからのアクセスは来年1月1日にブロックされる予定。ファイアーTVはエコー・ショーよりも長期間販売しており、影響を受ける顧客は増える見通しだ。

    ★1= 2017/12/06(水) 11:53:08.88

    ※前スレ
    【グーグル】傘下ユーチューブの動画視聴をアマゾン機器から遮断へ…来年1月1日予定
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512528788/

    引用元: ・【グーグル】傘下ユーチューブの動画視聴をアマゾン機器から遮断へ…来年1月1日予定 ★2

    【グーグル 傘下ユーチューブの動画視聴をアマゾン機器から遮断へ…来年1月1日予定】の続きを読む

    このページのトップヘ