あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    ラーメン店

    1: 小豆大福 2017/10/25(水) 07:34:08.36 ID:CAP_USER9.net
    1

    元プロ野球選手のタレント・元木大介が24日、TBS系「坂上&指原つぶれそうなのにつぶれない店!」に出演。
    引退後に経営していたラーメン店2店舗をつぶしてしまった理由は、ラーメンの味が変わったことだったと明かした。

    元木は、ラーメン店経営時代に一番ギャラがおいしかった仕事として「物産展」を挙げた。
    有名人が経営しているがゆえに、出店料を出さずに物産展に招待されたといい、「一般の人は頼んで出ないといけないんですけど、かなりいい形で出させてもらえるし、
    写真とか握手してるだけでいいんですよ」と“うまみ”を明かした。

    司会の坂上忍から「何でそこまでやっててつぶれたの?」と質問されると、「味が変わった」と即答。
    続けて、「(味を)戻せって。分かんなかったら、本店に行って戻せって(店長に)言ったんですけど、そいつが、行かないんですよ」と説明した。

    意外な話の流れに出演者は苦笑。坂上から再度「なんで行かないの」と質問が飛ぶと、「分かんないんですよ。そいつ頑固なんですよ」と店長の頑固さを挙げていた。

    元木は都内でラーメン店「元福」を経営していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13795171/
    2017年10月24日 21時11分 デイリースポーツ

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・【野球】元木大介 経営したラーメン店がつぶれた理由を明かす

    【元木大介 経営したラーメン店がつぶれた理由を明かす 】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/06(金) 00:41:02.91 ID:CAP_USER9.net
    1

    大阪市内にある人気ラーメン店の店長が、店内で大麻を所持していたとして逮捕・起訴されました。

    大麻取締法違反の罪で逮捕・起訴されたのは、大阪市大正区にある人気ラーメン店「Antaga大正」の店長、梶林洋介被告(32)です。

    梶林被告は9月、店内で乾燥大麻およそ11グラム、末端価格にして5万円ほどを所持していたとされます。

    近畿厚生局麻薬取締部によると、梶林被告は財布や、店内のダンボール箱に袋に小分けにして大麻を隠していて「店の中で大麻の匂いがした」と話す客もいたということです。

    梶林被告は5年ほど前から大麻を使用していたとみられ、調べに対し「自宅では家族がいて吸えないので、店で保管し仕事終わりに吸っていた」と容疑を認めています。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000000-kantelev-l27

    ★1:2017/10/05(木) 20:44:42.23

    ※前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507203882/

    引用元: ・【大阪】客「店の中で大麻の匂いがした」 人気ラーメン屋店長逮捕★2

    【客「店の中で大麻の匂いがした」 人気ラーメン屋店長逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/28(木) 09:51:14.45 ID:CAP_USER9.net
    3 新潟県糸魚川市で昨年12月、計147棟が焼けた大規模火災で、火元となった同市大町1丁目のラーメン店の元店主で業務上失火の罪に問われた周顕和(けんかず)被告(73)の初公判が27日、新潟地裁高田支部で開かれた。火災後、「出火のお詫(わ)び」と題した文書を朝刊各紙に折り込んで配り、近隣住民に泣きながら謝罪した被告。起訴内容を認め、公判で語った言葉とは――。

     周被告は猫背気味の背中をめいっぱい伸ばして法廷に立った。

     裁判長から証言台の椅子に座るよう促されたが、「立っていた方が楽」と話し、そのままの姿勢で答え始めた。「私の不注意で火を出し、大変申し訳なく思っています。皆さんに多大なご迷惑をかけて大変申し訳ありません」。弁護士から火災について言いたいことを問われ、答えた。

     周被告は糸魚川市に生まれ、中学卒業後から実家のラーメン店の手伝いを始めた。「思いやりがあって、気持ちが優しい人で働き者」。妻は周被告の人柄をそう表現した。

     周被告はやがて経営を担い、妻と長男の3人で店を切り盛りした。幼い頃から仲が良く、ラーメン店の隣で精肉店を営んでいた男性は、周被告を「職人気質な人」と話した。

     公判で明らかになった火災当日の様子はこうだ。

     昨年12月22日の朝、周被告… 残り:766文字/全文:1301文字

    配信2017年9月27日19時15分
    朝日新聞デジタル 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.asahi.com/articles/ASK9W5TT0K9WUOHB01M.html?iref=comtop_8_07 

    引用元: ・【裁判】糸魚川火災 「死んでわびるしか」 ラーメン店店主妻の涙の証言に夫は… 新潟地裁

    【【裁判】糸魚川火災 「死んでわびるしか...」 ラーメン店店主の妻の涙の証言に夫は...】の続きを読む

    このページのトップヘ