あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    リスク

    1

    1: 小豆大福 2017/10/13(金) 20:50:20.53 ID:CAP_USER9
    この数年、女性が高齢で妊娠・出産することの難しさや危険性については広く認知されつつある。
    その一方、「男はいくつになっても、相手の女性さえ若ければ子どもをつくれる」と高をくくっている男性は多いのではないだろうか。
    だが、男性にも生殖の適齢期やタイムリミットは存在すると徐々にわかってきている。つい最近も、生まれた時に父親が高齢だった子どもは、自身の子どもの数が少ない傾向にあるという研究が発表された。英「Daily Mail」などが伝えている。


    ■高齢の父親は“リスク” 
    男性はいくつになっても父親になれる可能性があるが、高齢の父親が子どもにとってリスクであるという研究は以前から発表されている。
    父親の年齢が上がるほど生まれてくる子どもの健康に問題がある可能性は高くなる傾向にあり、
    父親が45歳以上だった場合、低身長や自閉症のリスクが20~25歳の父親を持つ子に比べて数倍に上がるとの報告がある。
    また、子どもが男の子の場合は技術オタクになりやすいという傾向もあるようだ。

    父親が高齢であるリスクは、その子が大人になった後にも影響するらしい。
    最近の調査で、生まれた時に父親が高齢だった子どもは、自身が大人になり、授かる子どもの数が少ない傾向にあることがわかった。
    この傾向は高齢の母親から生まれた子どもには見られなかったという。…

    研究を行ったのは独ゲオルク・アウグスト大学の研究チームだ。
    チームはスウェーデン、カナダ、ドイツの家系データを調べ、誕生時の両親の年齢と、成長後に持った子どもの数を調べた。
    すると、誕生時に父親が高齢だった人は、子どもの数が少ない傾向にあると判明したのだ。

    今回の調査では、産業革命前(1670~1850年)のデータも分析された。
    不妊の原因になったり子どもの発育に悪影響を及ぼしたりするような化学物質汚染などは存在しない時期である。
    産業革命前のデータからは、誕生時に父親が高齢だった子どもは、大人になるまで生き残る可能性が低い傾向にあることもわかった。
    ただし、20世紀以降のデータでは父親の年齢は子どもの生存率に大きな影響は与えないという。
    なぜ誕生時に父親が高齢だと後に持つ子どもの数が減るのか、その理由は不明だ。
    原因の一つは精子の劣化――つまり父親から子どもに渡される遺伝子のエラーと考えられている。
    また、子どもが完全に成長する前に両親が死にやすいためではないかという仮説も立つが、研究者チームはこれも否定している。
    ならば、祖母が孫の出生率や生存率を上げるという「おばあさん仮説」のように、祖父にも何らかの「おじいさん効果」が存在するのかもしれない。


    ■男性の危機は人類の危機!?

    妊娠・出産に明確なタイムリミットがある女性に比べ、男性には自分の生殖能力の限界について考える機会は少ないのではないだろうか。…
    だが、不妊症の半分は男性側にも原因があり、不妊で悩むカップル全体の2~3割ほどは男性側にのみ原因があるということくらいは知っておいた方がいいだろう。

    今年の7月には過去40年間で精子の数が半減したという衝撃的な研究も発表され、英「BBC News」が「精子数の減少が人類を滅亡させる」という、
    どこぞのニュースサイトのようなタイトルの記事をぶち上げている。
    子どもを持ちたいと思い始めた時点ですでに「手遅れ」だった、というのは女性だけに限った話ではないのである。

    http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201710_post_14746.html
    2017年10月13日

    【新説!精子にも適切な生殖時期があった!】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/13(金) 20:50:20.53 ID:CAP_USER9.net
    1

    この数年、女性が高齢で妊娠・出産することの難しさや危険性については広く認知されつつある。
    その一方、「男はいくつになっても、相手の女性さえ若ければ子どもをつくれる」と高をくくっている男性は多いのではないだろうか。
    だが、男性にも生殖の適齢期やタイムリミットは存在すると徐々にわかってきている。つい最近も、生まれた時に父親が高齢だった子どもは、
    自身の子どもの数が少ない傾向にあるという研究が発表された。英「Daily Mail」などが伝えている。

    ■高齢の父親は“リスク”

    男性はいくつになっても父親になれる可能性があるが、高齢の父親が子どもにとってリスクであるという研究は以前から発表されている。
    父親の年齢が上がるほど生まれてくる子どもの健康に問題がある可能性は高くなる傾向にあり、
    父親が45歳以上だった場合、低身長や自閉症のリスクが20~25歳の父親を持つ子に比べて数倍に上がるとの報告がある。
    また、子どもが男の子の場合は技術オタクになりやすいという傾向もあるようだ。

    父親が高齢であるリスクは、その子が大人になった後にも影響するらしい。
    最近の調査で、生まれた時に父親が高齢だった子どもは、自身が大人になり、授かる子どもの数が少ない傾向にあることがわかった。
    この傾向は高齢の母親から生まれた子どもには見られなかったという。…

    研究を行ったのは独ゲオルク・アウグスト大学の研究チームだ。
    チームはスウェーデン、カナダ、ドイツの家系データを調べ、誕生時の両親の年齢と、成長後に持った子どもの数を調べた。
    すると、誕生時に父親が高齢だった人は、子どもの数が少ない傾向にあると判明したのだ。

    今回の調査では、産業革命前(1670~1850年)のデータも分析された。
    不妊の原因になったり子どもの発育に悪影響を及ぼしたりするような化学物質汚染などは存在しない時期である。
    産業革命前のデータからは、誕生時に父親が高齢だった子どもは、大人になるまで生き残る可能性が低い傾向にあることもわかった。
    ただし、20世紀以降のデータでは父親の年齢は子どもの生存率に大きな影響は与えないという。
    なぜ誕生時に父親が高齢だと後に持つ子どもの数が減るのか、その理由は不明だ。
    原因の一つは精子の劣化――つまり父親から子どもに渡される遺伝子のエラーと考えられている。
    また、子どもが完全に成長する前に両親が死にやすいためではないかという仮説も立つが、研究者チームはこれも否定している。
    ならば、祖母が孫の出生率や生存率を上げるという「おばあさん仮説」のように、祖父にも何らかの「おじいさん効果」が存在するのかもしれない。


    ■男性の危機は人類の危機!?

    妊娠・出産に明確なタイムリミットがある女性に比べ、男性には自分の生殖能力の限界について考える機会は少ないのではないだろうか。…
    だが、不妊症の半分は男性側にも原因があり、不妊で悩むカップル全体の2~3割ほどは男性側にのみ原因があるということくらいは知っておいた方がいいだろう。

    今年の7月には過去40年間で精子の数が半減したという衝撃的な研究も発表され、英「BBC News」が「精子数の減少が人類を滅亡させる」という、
    どこぞのニュースサイトのようなタイトルの記事をぶち上げている。
    子どもを持ちたいと思い始めた時点ですでに「手遅れ」だった、というのは女性だけに限った話ではないのである。

    http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201710_post_14746.html
    2017年10月13日

    引用元: ・男にも生殖適齢期とタイムリミットが存在することが判明! 「高齢の父親のもとに生まれた子どもほどヲタになりやすい」他、リスク多数!

    【男にも生殖適齢期とタイムリミットが存在することが判明!】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/27(水) 11:32:52.59 ID:CAP_USER9.net
    魚介類食べるとうつ病リスク軽減 1日110グラムで
    朝日新聞:2017年9月27日05時01分
    http://www.asahi.com/articles/ASK9T6600K9TUBQU01W.html

     魚介類を1日に110グラムほど食べると、うつ病のリスクが下がるとの調査結果を国立がん研究センターなどのチームがまとめ、英科学誌ネイチャーの関連誌(電子版)に26日、発表した。青魚に多く含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)の影響とみられる。

     40~59歳の長野県内の男女1181人について、魚介類の摂取量や病歴、生活状況を調査。25年後に95人(8%)が精神科医にうつ病と診断された。

     魚介類の1日の摂取量に応じて4群に分けて分析すると、最も少ない群(中央値57グラム)に比べ、2番目に多い群(同111グラム)は、うつ病のリスクが56%低かった。
    EPAの摂取量でも同様に分析すると、最も少ない群(同200ミリグラム)と比べ2番目に少ない群(同307ミリグラム)は、うつ病のリスクが46%低かった。いずれも摂取量が多いほどリスクが下がるわけではなかった。

     調査を担当した国立がん研究センター・社会と健康研究センター健康支援研究部長の松岡豊さんによると、魚介類をたくさん食べる人はとる野菜の量も多く、揚げたり炒めたりでサラダ油を多く使う傾向がある。サラダ油に含まれるオメガ6脂肪酸は炎症を起こす作用があり、EPAの効果を打ち消した可能性があるという。松岡さんは「心の健康を保つために1日100グラムほどの魚介類を食べてほしい」と話している。

     一般的にサバの切り身は80グラム程度、イワシは1匹80~100グラムという。

    引用元: ・【健康】魚介類を1日110グラム食べるとうつ病リスク軽減 青魚に多く含まれるEPAの影響か 国立がん研究センター他

    【【まめ知識】魚介類を1日110グラム食べるとうつ病リスク軽減 青魚に多く含まれるEPAの影響か 国立がん研究センター】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/25(月) 18:17:52.04 ID:CAP_USER9.net
    3http://jp.reuters.com/article/uber-britain-idJPKCN1BX1H8

    [ロンドン 22日 ロイター] - ロンドン交通局(TfL)は、配車サービス大手ウーバー[UBER.UL]の営業免許を9月末で取り消すと発表した。ウーバーの営業により公共の安全が脅かされるリスクがあるとし、9月30日までの現在の免許期限を更新しないとした。

    ウーバーは21日の異議申し立て期間があり、申し立ての結論がでるまでは営業可能。 

    ウーバーはロンドンの民間タクシーのシェア3分の1を占めており、取り消しにより4万人のドライバーに影響が出る。ウーバーは争う方針を示した。 ロンドンのタクシー業界は、ウーバーは安全規則を緩め、業界を脅かしていると批判していた。

    2017年9月22日 / 13:48 / 1日前更新 

    引用元: ・【英国】ロンドン交通局、ウーバーの営業免許を9月末で取り消し ★2

    【【UBER】ロンドン交通局、ウーバーの営業免許を9月末で取り消し】の続きを読む

    このページのトップヘ