あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    リストラ

    1: 小豆大福 2018/01/15(月) 11:58:37.72 ID:CAP_USER9.net
    3

    銀行員、転職希望急増…収益悪化でリストラ不安
    2018年01月15日 07時00分
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180114-OYT1T50135.html

     転職活動する銀行員が急増している。

     人材サービス大手リクルートキャリアに転職希望者として新たに登録した銀行員数は、2017年度上期(4~9月)に前年同期比で約3割増加し、その後も増え続ける勢いだ。超低金利に伴う銀行の収益悪化などで、人員削減への不安が高まっていることが背景にあるとみられる。
     同社の集計によると、大手行と信託銀行、地方銀行などからの登録者数は16年度上期に前年同期比29・9%増加、17年度上期もさらに同29%増えた。昨年秋以降、メガバンク各行が大規模な人員削減策を公表すると、「将来のリストラ不安から転職希望者が殺到するようになった」(転職紹介大手)という。
     リクルート社が提供する転職紹介サービス「リクルートエージェント」には、16年度で全業界から約50万人が登録しており、銀行からも多い。ただ、銀行からの具体的な登録者数は公表していない。政府の労働力調査によると、16年の転職者数は306万人で前年より3%弱増えた。銀行員の転職希望者の増加率は、それを大幅に上回る水準だ。
    (ここまで448文字 / 残り526文字)

    ★1が立った時間 2018/01/15(月) 08:23:11.07
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515972191/

    引用元: ・【経済】銀行員、転職希望者急増…収益悪化でリストラ不安★2

    【銀行員、転職希望者急増…収益悪化でリストラ不安】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/02(木) 08:27:55.79 ID:CAP_USER9.net
    1

    「AIに仕事を奪われる日」が現実になってきた。
    メガバンク3行が、事務作業を人工知能(AI)やロボット技術に置き換えるなどして約3万3000人分の業務量を減らすことを検討しているのだ。
    国内業務の減速傾向が止まらなければ、バブル入行組などが希望退職の標的になる恐れもある。

    エリート銀行マンたちも足元は安泰ではなくなった。
    三菱UFJフィナンシャル・グループは、AIなどの技術を活用することで業務の自動化を進め、2023年度までに9500人分の業務量を削減する方針を打ち出している。

    グループ中核の三菱東京UFJ銀行の国内従業員の約30%に相当する。
    国内約480店舗のうち1、2割を統廃合し、無人店も検討するというから本気度が伝わる。

    みずほフィナンシャルグループも今後10年程度かけ、国内外の従業員の3分の1程度に当たる約1万9000人を減らす検討に入った。
    こちらもAIやロボットを活用、ITを活用した新たな金融サービス「フィンテック」を展開して業務を効率化する狙いだ。
    全国に約800カ所ある店舗の統廃合を検討、新規採用を抑えて人員を徐々に絞り、グループの従業員数は現在の約6万人から約4万人に減る見込み。

    三井住友フィナンシャルグループも生産性の強化や業務効率化を通じ、20年度までに4000人分の業務量を減らすとしている。
    国内事業では日銀のマイナス金利導入などによって融資の利ざやが稼げない状況が続き、収益環境が厳しくなっており、スリム化が避けて通れなくなっている。

    現状ではクビ切りなどは実施せず、配置転換や自然減によって業務量を減らす方針だが、AIやロボットの進化が続く半面、ヒトの生産性改善がなければ、バブル入行組など大量採用の世代を狙い撃ちにした希望退職を実施する事態も考えられる。
    半沢直樹ぐらいやり手なら大丈夫かもしれないが、普通のサラリーマンにとっては人ごとではない。

    https://i.imgur.com/xR4plQQ.png
    http://www.zakzak.co.jp/eco/news/171031/eco1710310006-n1.html

    ■前スレ(1が立った日時:2017/11/01(水) 10:35:06.45)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509530762/

    引用元: ・【経済】「AIに仕事奪われる」が現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも ★4

    【「AIに仕事奪われる」が現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも 続報2】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/01(水) 12:47:47.61 ID:CAP_USER9.net
    1

    「AIに仕事を奪われる日」が現実になってきた。
    メガバンク3行が、事務作業を人工知能(AI)やロボット技術に置き換えるなどして約3万3000人分の業務量を減らすことを検討しているのだ。
    国内業務の減速傾向が止まらなければ、バブル入行組などが希望退職の標的になる恐れもある。

    エリート銀行マンたちも足元は安泰ではなくなった。
    三菱UFJフィナンシャル・グループは、AIなどの技術を活用することで業務の自動化を進め、2023年度までに9500人分の業務量を削減する方針を打ち出している。

    グループ中核の三菱東京UFJ銀行の国内従業員の約30%に相当する。
    国内約480店舗のうち1、2割を統廃合し、無人店も検討するというから本気度が伝わる。

    みずほフィナンシャルグループも今後10年程度かけ、国内外の従業員の3分の1程度に当たる約1万9000人を減らす検討に入った。
    こちらもAIやロボットを活用、ITを活用した新たな金融サービス「フィンテック」を展開して業務を効率化する狙いだ。
    全国に約800カ所ある店舗の統廃合を検討、新規採用を抑えて人員を徐々に絞り、グループの従業員数は現在の約6万人から約4万人に減る見込み。

    三井住友フィナンシャルグループも生産性の強化や業務効率化を通じ、20年度までに4000人分の業務量を減らすとしている。
    国内事業では日銀のマイナス金利導入などによって融資の利ざやが稼げない状況が続き、収益環境が厳しくなっており、スリム化が避けて通れなくなっている。

    現状ではクビ切りなどは実施せず、配置転換や自然減によって業務量を減らす方針だが、AIやロボットの進化が続く半面、ヒトの生産性改善がなければ、バブル入行組など大量採用の世代を狙い撃ちにした希望退職を実施する事態も考えられる。
    半沢直樹ぐらいやり手なら大丈夫かもしれないが、普通のサラリーマンにとっては人ごとではない。

    https://i.imgur.com/xR4plQQ.png
    http://www.zakzak.co.jp/eco/news/171031/eco1710310006-n1.html

    ■前スレ(1が立った日時:2017/11/01(水) 10:35:06.45)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509500106/

    引用元: ・【経済】「AIに仕事奪われる」が現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも ★2

    【「AIに仕事奪われる」が現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも 続報】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/01(水) 10:35:06.45 ID:CAP_USER9.net
    1

    「AIに仕事を奪われる日」が現実になってきた。
    メガバンク3行が、事務作業を人工知能(AI)やロボット技術に置き換えるなどして約3万3000人分の業務量を減らすことを検討しているのだ。
    国内業務の減速傾向が止まらなければ、バブル入行組などが希望退職の標的になる恐れもある。

    エリート銀行マンたちも足元は安泰ではなくなった。
    三菱UFJフィナンシャル・グループは、AIなどの技術を活用することで業務の自動化を進め、2023年度までに9500人分の業務量を削減する方針を打ち出している。

    グループ中核の三菱東京UFJ銀行の国内従業員の約30%に相当する。
    国内約480店舗のうち1、2割を統廃合し、無人店も検討するというから本気度が伝わる。

    みずほフィナンシャルグループも今後10年程度かけ、国内外の従業員の3分の1程度に当たる約1万9000人を減らす検討に入った。
    こちらもAIやロボットを活用、ITを活用した新たな金融サービス「フィンテック」を展開して業務を効率化する狙いだ。
    全国に約800カ所ある店舗の統廃合を検討、新規採用を抑えて人員を徐々に絞り、グループの従業員数は現在の約6万人から約4万人に減る見込み。

    三井住友フィナンシャルグループも生産性の強化や業務効率化を通じ、20年度までに4000人分の業務量を減らすとしている。
    国内事業では日銀のマイナス金利導入などによって融資の利ざやが稼げない状況が続き、収益環境が厳しくなっており、スリム化が避けて通れなくなっている。

    現状ではクビ切りなどは実施せず、配置転換や自然減によって業務量を減らす方針だが、AIやロボットの進化が続く半面、ヒトの生産性改善がなければ、バブル入行組など大量採用の世代を狙い撃ちにした希望退職を実施する事態も考えられる。
    半沢直樹ぐらいやり手なら大丈夫かもしれないが、普通のサラリーマンにとっては人ごとではない。

    https://i.imgur.com/xR4plQQ.png
    http://www.zakzak.co.jp/eco/news/171031/eco1710310006-n1.html

    引用元: ・【経済】「AIに仕事奪われる」が現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも

    【「AIに仕事奪われる」が現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/29(日) 12:31:16.41 ID:CAP_USER9.net
    1

     マイナス金利や人口減で国内の銀行業が厳しい中、メガバンクが事業見直しを進めている。最大手の三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は、三菱東京UFJ銀行の店舗の最大2割程度の削減を検討。みずほFGはIT化などで今後10年で1万9千人分の業務量を減らす。組織のスリム化で収益力を高める。

     三菱東京UFJ銀は約480店のうち1~2割の統廃合を検討する。今後具体案をまとめ、来年度から3年間で進める。また今後15年で店舗を中核店とその他の店に分ける。多くの店は「軽量化店舗」として人員を減らし、窓口業務を完全にデジタル化した無人店も増える見通しだ。ここ10年で来店者は4割減ってネットバンキングの利用が増えており、地域性を見極めながら店舗配置を見直す。IT化による業務見直しも進めて、国内従業員約3万人の3割にあたる9500人分の業務を削減する。

     みずほFGも店舗の統廃合や業務見直しを進める方針で、近く構造改革案として公表する。全国約800店の機能を見直し、20~30店の統廃合を検討。事業効率化で、今後10年で従業員6万人の3割にあたる1万9千人分の業務を減らす。希望退職の募集などはせず、退職数と採用数の調整で対応する。事務部門を効率化して営業部門に再配置する。みずほ銀行やみずほ信託銀行、みずほ証券の事務作業を別会社に移すことも検討する。三井住友銀行も効率化で、今後3年で4千人分の業務量を減らす。(河合達郎、福山亜希)

    配信2017年10月29日05時06分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASKBX5JTFKBXULFA00G.html?iref=comtop_8_01

    関連スレ
    【AI】みずほFG 1万9千人削減へ★3
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509188223/

    ★1が立った時間 2017/10/29(日) 07:08:11.85
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509228491/

    引用元: ・【メガバン】三菱UFJ、店舗2割削減を検討 IT化で9500人分の業務削減へ★2

    【三菱UFJ、店舗2割削減を検討 IT化で9500人分の業務削減へ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/28(土) 11:15:32.91 ID:CAP_USER9.net
    3

    2017年10月28日 06時00分配信:読売オンライン
    http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20171028-OYT1T50006.html

     メガバンクの一角であるみずほフィナンシャルグループ(FG)が今後10年程度で国内外1万9000人の人員削減を検討していることが分かった。

     グループ全体の従業員数の約3分の1に相当する。超低金利で収益が伸び悩むなか、デジタル化を進めて収益力の強化を図る。

     みずほFGは2017年3月期で6035億円の最終利益を確保したが、今後、金融と情報技術(IT)を融合した金融サービス「フィンテック」の広がりで銀行以外の新興企業が台頭し、事業環境は厳しくなることが予想されている。

     このため、大規模な構造改革に着手し、先手を打つ必要があると判断した。従業員数は26年度までに1万9000人減らす計画だ。新規採用の抑制や退職者を含め、全体の人員を現在の約6万人から約4万人へと段階的に縮小する。

    (ここまで340文字 / 残り508文字)

    ★1)10月28日(土)6:21:21.72
    前スレhttp://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509139281/

    引用元: ・【AI】みずほFG 1万9千人削減へ

    【みずほFG 1万9千人削減へ メガバンクもリストラ時代】の続きを読む

    このページのトップヘ