あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    レイプ

    1: 小豆大福 2018/01/18(木) 11:00:06.40 ID:CAP_USER9.net
    3

    面識のない女性の顔を殴り、性的暴行を加えたとして、24歳の男が逮捕された。

    警視庁によると、逮捕された会社員の林孝輔容疑者は、先週、東京・江東区の路上で、面識のない30代の女性の顔を殴って性的暴行を加え、鼻の骨を折るなどのケガをさせた疑いがもたれている。

    林容疑者は酒に酔っていて、女性の顔を約10回殴り、「騒ぐと殴るぞ」などと脅したという。林容疑者は16日、上司に付き添われて警察署に出頭しており、「路上で女性と2人きりになり、今なら襲えると思った」と容疑を認めているという。

    2018年1月18日 10:27
    日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2018/01/18/07383221.html

    引用元: ・【東京】「路上で女性と2人きりになり、今なら襲えると思った」 面識のない女性の顔殴り性的暴行 24歳男逮捕

    【性犯罪「路上で女性と2人きりになり、今なら襲えると思った」 面識のない女性の顔殴り性的暴行 24歳男逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/03(水) 19:07:17.28 ID:CAP_USER9.net
    3

    ツイッターで知り合った少女の首絞める 殺人未遂容疑などで男を逮捕

     少女の首を絞めるなどして殺害しようとした上、乱暴したとして、警視庁八王子署は3日、殺人未遂と強制性交、未成年者誘拐容疑で、東京都八王子市久保山町、新聞配達員、斎藤一成容疑者(28)を逮捕した。

     「殺してほしいといわれたので殺そうと思った」と容疑を認めているという。

     八王子署によると、昨年12月30~31日、関東地方に住む10代の少女が短文投稿サイト「ツイッター」上に「死にたい」などと投稿しているのを斎藤容疑者が発見。
     「殺してあげる」などと連絡を取るようになり、今月2日午後に都内の駅で待ち合わせて斎藤容疑者方まで連れてきたという。

     斎藤容疑者は自宅に着くとすぐに少女の首を両手で絞めた後、ビニールひもでも絞めたが途中でやめ、乱暴。
     少女を放置したまま3日未明に職場に向かったという。
     少女は斎藤容疑者がいなくなった隙に逃げ出し、親族に連絡して保護された。

     逮捕容疑は、2日午後、自宅で少女の首を手やビニールひもで絞めるなどした上、乱暴したとしている。

    産経新聞  2018年1月3日 18時40分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14111617/

    引用元: ・「死にたい」投稿の少女を自宅に連れて行き首を絞めたが途中でやめて乱暴 殺人未遂・強制性交・未成年者誘拐容疑で新聞配達員逮捕

    【「死にたい」投稿の少女を自宅に連れて行き首を絞めたが途中でやめて乱暴 殺人未遂・強制性交・未成年者誘拐容疑で新聞配達員逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/06(水) 08:48:05.10 ID:CAP_USER9.net
    部屋を暗闇にし、集団で女子学生襲う 少年4人を強制性交等未遂容疑で逮捕 柳川署
    2017年12月05日 13時47分
    https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/378046/

     福岡県警柳川署は5日、強制性交等未遂容疑で、16歳の少年2人と、17歳の少年2人を逮捕した、と発表した。
     逮捕容疑は、4人で共謀して福岡県内に住む女子学生(21)相手に性的行為をしようと企て、10月22日夜、女性方に上がり込み、部屋の電気を消し、暗闇状態の中で、女子学生を引き倒し、押さえつけて抵抗できない状態にした上で、強制的にわいせつな行為をしようとしたが、未遂に終わった疑い。

    引用元: ・【福岡】部屋を暗闇にし、集団で女子学生襲う 少年4人を強制性交等未遂容疑で逮捕 柳川署

    【部屋を暗闇にし、集団で女子学生襲う 少年4人を強制性交等未遂容疑で逮捕 柳川署】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/29(水) 13:47:22.21 ID:CAP_USER9.net
    3

    http://www.afpbb.com/articles/-/3153394
    【11月29日 AFP】ノルウェーの警察当局は28日、同国北部ラップランド(Lapland)地方の小さな自治体で性的暴行が151件起きていたと発表した。子どもが被害者となったレイプ事件もあり、ノルウェー全土に衝撃が走っている。

     被害者や容疑者が少数遊牧民族サーミ(Sami)である事件が多くを占め、国の行政とサーミを隔てる長年の不信感が浮き彫りになった。

     日刊紙ベルデンスガング(Verdens Gang)が昨年、北部の自治体テュスフィヨール(Tysfjord)で性的暴行の被害を受けたという男女11人の証言を掲載したことがきっかけで警察の捜査が始まった。
    テュスフィヨールは北極圏内にあり人口は2000人に満たない。

     最新の警察の報告書は、被害者は4歳から75歳までの82人、容疑者は女3人を含む92人としており、うち数名は被害者と容疑者の両方として扱われている。
    これらの人たちの約70%はかつてラップ人と呼ばれたサーミの人々で、多くがキリスト教ルーテル派教会のレスタディウス派を信仰している。

     警察によるとこれまでに2人が計10件の暴行の罪で起訴された。起訴される人は増える可能性がある。

     151件の性的暴行のうち43件がレイプ(うち3件は被害者が子ども)で、100件以上が主に時効により立件できなかった。最も古い事件は1953年に起きたものだという。

     警察は記者会見で、民族や宗教でこれらの性的暴行を説明できるとは考えていないが、地域特有の秘密主義的な体質があり事件がなかなか明るみに出なかったと述べ、
    容疑者の中には悔悟の念から宗教に救いを求めようとした人たちもいたと明らかにした。(c) AFP/Pierre-Henry DESHAYES

    引用元: ・【国際】ノルウェーの小さな自治体(人口2000人)で性的暴行が151件起こる…被害者は4歳から75歳

    【ノルウェーの小さな自治体(人口2000人)で性的暴行が151件起こる…被害者は4歳から75歳】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/27(月) 11:55:32.87 ID:CAP_USER9.net
    1

    福岡県警小倉北署は27日、福岡県苅田町、飲食店従業員の少年と、北九州市若松区、会社員の少年の2人を、強制わいせつ容疑などで逮捕した。

     逮捕容疑は、共謀し、10月28日午前4時すぎ、北九州市小倉北区魚町の路上で、女性保育士を背後から襲い、羽交い絞めにして、近くの有料駐車場に連れ込み、代わる代わる、女性保育士の体を触る強制わいせつ行為をした疑い。飲食店従業員の少年は、強制性交等未遂容疑でも逮捕された。

    配信2017年11月27日 11時29分
    西日本新聞
    https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/376148/

    引用元: ・【福岡】少年2人がかり、女性保育士に強制わいせつ、強制性交等で逮捕 駐車場に連れ込み、代わる代わる、わいせつな行為

    【少年2人がかり、女性保育士に強制わいせつ、強制性交等で逮捕 駐車場に連れ込み、代わる代わる、わいせつな行為】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/14(火) 10:27:49.02 ID:CAP_USER9.net
    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000510-san-soci

    中学1年の女子生徒に乱暴したとして、神奈川県警金沢署は13日、強姦(ごうかん)容疑で、東京都目黒区大岡山の大学5年生、小椿淳介容疑者(24)を逮捕した。
    「弁護士と話をしてから話す」などと供述している。

    逮捕容疑は、4月19日午後8時15分ごろから約55分間にわたり、東京都羽村市内の公園で、中学1年の女子生徒(12)=同市=に乱暴したとしている。

    同署によると、当時中学2年の女子生徒(15)=金沢区=にみだらな行為をしたとして、
    今年9月に県青少年保護育成条例違反容疑で小椿容疑者を書類送検し、小椿容疑者が利用していた無料通信アプリの会話履歴を詳しく調べたところ、今回の事件が発覚したという。

    引用元: ・【社会】公園で中1女子を55分間に渡り乱暴。東京都目黒区の大学5年生を強姦容疑で逮捕

    【公園で中1女子を55分間に渡り乱暴。東京都目黒区の大学5年生を強姦容疑で逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/11(土) 19:52:41.63 ID:CAP_USER9.net
    3

    「私は相手の男性を告発したいのではありません。性犯罪の被害者が泣き寝入りせざるを得ない日本の司法システムや捜査方法、そして被害者に対して不寛容な社会のあり方を少しでも改善したくて、声を上げたのです」

     力を込めて語るのは、ジャーナリストの伊藤詩織さん(28才)。詩織さんは2015年4月3日、レイプ被害を受けたという。国際的なジャーナリストを目指し、希望に満ちていた彼女の人生は、この晩の出来事で一変してしまった。

     10月18日に著書『Black Box』(文藝春秋)を上梓した彼女は、そこで初めてフルネームを明らかにした。

    「世間からは『すごく勇気のある女性』と思われているけど、私は特別強い人間ではありません。レイプ被害は誰にでも起こることです。真実についてふたをしていたら自分のなかで苦しくなるだけなので、顔と名前を出して伝えようと決めました」(詩織さん)

    〈「警視庁刑事部長」が握り潰した「安倍総理」ベッタリ記者の「準強姦逮捕状」〉

     今年5月、『週刊新潮』(5月18日号)にこんなタイトルの記事が掲載された。記事中で「被害女性」とされたのが詩織さんだった。

     ニューヨークの大学でジャーナリズムと写真を専攻していた詩織さんは2013年秋頃、仕事で同地を訪れた元TBSテレビ報道局ワシントン支局長の山口敬之氏(51才)と知り合った。

     2015年3月、一時帰国して就職活動をしていた詩織さんが山口氏に仕事の斡旋を問い合わせるメールを送り、山口氏がTBSワシントン支局での採用を約束して以降、2人はメールをやり取りするようになる。

     同年4月3日、「就労ビザについて話したい」と山口氏から連絡を受け、2人は東京・恵比寿の串焼き店で会食する。山口氏はその場では仕事の話をせず、「予約してる店がある」と言って2軒目に誘った。

     しかし、串焼き店から徒歩数分の寿司店で日本酒を2合ほど飲み、気分が悪くなってトイレに入ってから、詩織さんの記憶はプツリと途絶えた。

    つづく

    11/11(土) 16:00配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171111-00000014-pseven-soci

    引用元: ・【テレビ】<伊藤詩織さん>「山口氏と闘うつもりない。仕組みを変えたい」

    【伊藤詩織さん「山口氏と闘うつもりない。仕組みを変えたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ