あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    上西小百合

    1: 小豆大福 2017/11/26(日) 11:33:45.28 ID:CAP_USER9.net
    3

    「広島母艦に新潟戦闘機」上西小百合氏また浦和やゆ

     元衆院議員の上西小百合氏(34)が25日、J1浦和レッズが10年ぶりにアジア・チャンピオンズリーグを制したことに対し、ツイッターで「レッズなんて、サンフレッチェを航空母艦にして、アルビレックスの戦闘機のせてるだけじゃん。」(コメントは原文のまま)とツイートした。

     詳細については語っていないが、この日先発した元サンフレッチェ広島のGK西川周作、DF槙野智章、MVPを獲得したMF柏木陽介を「航空母艦」、後半43分に第1戦に続き決勝で2戦連続ゴールを決めた、元アルビレックス新潟のMFラファエル・シルバ(25)を「戦闘機」に例え、他チームの戦力を使って優勝したとやゆしたとみられる。
    この日ベンチには元広島のDF森脇良太も入り、チームのベースを作り、7月に解任されたミハイロ・ペトロビッチ前監督も、浦和の前に広島を率いていた。

     上西氏は、7月15日の浦和とブンデスリーガのドルトムントとの親善試合の後、「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」などとツイッターで批判したことが、サッカーファンの間で物議を醸し、議論を呼んだ。

     さらに同17日にツイッターで、浦和への訪問を予告した上で、浦和サポーターに対して
    「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」などと批判的なツイートをした。

     同20日には「先程、浦和レッズ広報部より連絡がありました。私との面会を辞退するとの事でした。
    理由は“わざわざお越しいただくのも大変恐縮”との事でした。勿論これが本音ではなく、面倒な仕事を持ち込むなということでしょうが、日本を代表するビッグクラブの対応だとすれば、お粗末と思います」と、浦和の広報部を批判。
    「レッズ側は上西の炎上商法に付き合う気はないという事でしょう。ただ話をしないというのは怠慢です。私がレッズサポーターと揉めて得する事はない。会社がサポーターに追い付いていないんでしょう。百年構想が五十年で実現するかもしれないビッグクラブなのに、フロントがそれなら百年かかりますね」(コメントは原文のまま)とJリーグ百年構想に引っかけて批判を繰り返した。

     揚げ句に同22日には「くたばれレッズ!」とツイートしたことで、大阪の事務所に浦和レッズファンを名乗る人間が押しかける騒動にまで発展した。

     浦和のACL優勝から1時間後、再び浦和を批判するツイートをしたことで、ツイッター上では「炎上騒ぎを起こしたいのか」などと怒りの声が出た。
    一方で「実は、浦和のことが好きじゃないのか?」など、さまざまな意見が飛び交い、
    コメントは165件、リツイートは1016件に上った一方、いいねも825件あった。
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201711250000831.html

    前スレ
    【サッカー】上西小百合「レッズなんて、サンフレッチェを航空母艦にして、アルビレックスの戦闘機のせてるだけじゃん。」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511626284/

    引用元: ・【サッカー】上西小百合「レッズなんて、サンフレッチェを航空母艦にして、アルビレックスの戦闘機のせてるだけじゃん。」★2

    【上西小百合「レッズなんて、サンフレッチェを航空母艦にして、アルビレックスの戦闘機のせてるだけじゃん。」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/07(火) 12:53:06.43 ID:CAP_USER9.net
    上西小百合前衆院議員(34)が7日、自身のツイッター更新し、神奈川新聞が報じた衆院議員の山尾志桜里氏(43)の事務所の政策顧問に週刊文春で不倫疑惑が報じられた弁護士の倉持麟太郎氏(34)が近く就任するとの記事を受けて、自身の見解を示した。

    上西氏は、ツイッターで「まあこれなら堂々と会えるもんね。李下に冠を正すっていうのが山尾スタイルなのか。しかし山尾さんどこまで女なんだろう」と持論を展開した。

    山尾氏は不倫疑惑を受けて民進党を離党し、先月の衆院選で当選した。
    疑惑については会見で「男女の関係はない」などと否定している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000051-sph-soci

    上西小百合氏
    no title

    引用元: ・【タレント】上西小百合氏、山尾志桜里氏の政策顧問に不倫疑惑の弁護士・倉持氏就任の報道に「山尾さんどこまで女なんだろう」

    【上西小百合氏、山尾志桜里氏の政策顧問に不倫疑惑の弁護士・倉持氏就任の報道に「山尾さんどこまで女なんだろう」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/23(月) 21:48:15.51 ID:CAP_USER9.net
    3

    10月23日放送の情報番組「ビビット」(TBS系)で、前衆院議員の上西小百合氏がリポーターとして登場。
    自民党を離党して無所属で衆院選に出馬した豊田真由子氏の選挙戦を取材。
    また、豊田氏が訪れたというそば店ではグルメリポートにも挑戦した。最後には「以上、現場の上西でした」と語り、マイクを置いて去って行ったのだった。

    政治家から一転、タレント活動の第一歩を踏みしめた上西氏だが、これにはスタジオの出演者からも「何のVTRだったんだ!」(堀尾正明)、
    「もう出てこないっていうことなんですかね。マイクを置いたということですけれども」(国分太一)、「この番組はメディアとしてのプライドがないのか」(カンニング竹山)と猛ツッコミ。ネット上には、それを上回るほどの批判の声が寄せられている。

    「ビビットはもう見ない」「朝から不愉快」「視聴者の気持ちを一切考えていない」など、上西批判と起用した番組批判が多数書き込まれています。
    上西氏は議員時代から『注目されなければ発言は聞いてもらえない』と公言して、炎上上等の物言いを繰り返してきました。
    確かに、そのたびに話題にのぼり注目はされましたが、多くの敵を作ったことも事実。
    そんな上西氏をタレント扱いして起用した番組、そして喜び勇んで出演した上西氏の双方に、バッシングが向けられたかたちです」(芸能ライター)

    政治家ではない今となっては、上西氏がどんな活動をしようとかまわないが、不愉快極まりないメディア出演だけは勘弁してほしい、というのが視聴者の正直な気持ちかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13789464/
    2017年10月23日 18時0分 アサジョ

    引用元: ・【芸能】「もう見ない!」上西小百合をリポーター起用した「ビビット」が大不評!

    【上西小百合をリポーター起用した「ビビット」が大炎上】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/29(金) 08:57:01.71 ID:CAP_USER9.net
    10月22日投開票の衆院選への不出馬を表明している上西小百合氏(34)が29日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)に出演し、今後、グルメリポーターへ転身したい希望を明かしていた。

    番組によると、上西氏の下には現在、テレビ、雑誌などからのオファーが殺到しているという。上西氏は「基本的には純バラエティーですね」と明かすと、同席した笹原雄一秘書が「何とかチャレンジとかそういうものばっかりですよ」と明かした。

    今後、笹原氏はマネージャーを務め「拠点を東京に移してもらって、さんざん使い回して年末ぐらいまでに勝負かけようかなと。稼ぐだけ稼いで、もういいんじゃないって」と年末までに積極的に露出する方針を示していた。

    その上で上西氏はやりたい仕事として「グルメリポーター」と即答し「けっこううまいと思うんですよ」と売り込んでいた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000108-sph-ent

    上西小百合氏
    no title

    引用元: ・【タレント転身】上西小百合氏、番組出演オファーが殺到 やりたい仕事は「グルメリポーター」

    【【上西小百合】タレント転身で番組出演オファーが殺到 やりたい仕事は「グルメリポーター」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/29(金) 06:14:58.18 ID:CAP_USER9.net
    バラエティ出演時は解散後の衆院選出馬を匂わせながら、突然の不出馬会見。政治評論家への転身を宣言し、大手芸能事務所との契約まで取り沙汰されている衆院議員の上西小百合氏。SNSでの数々の炎上も彼女の知名度アップに役立ったことは明白で、世論を引っかき回したあげくの“勝ち逃げ”感が強い。ところが、そんな上西議員をスパッと切り捨てた芸人に拍手喝采が起こっている。

     ファインプレーを見せたのが、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきお。伊達は26日に出演した昼のバラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)で、上西小百合議員の不出馬問題を「正直どうでもいい」と突き放し、さらに「あんまり人のことを嫌いにならないけど、この人は好きじゃない」と本音でバッサリ。「本業以外の面で目立ちすぎてる。いろんなところに噛みついたり、タレントならすぐなれるみたいな…」と、怒りが収まらない様子だった。

    「他人の悪口を言わない伊達にしては本当に珍しい。しかも、嫌悪感たっぷりに言ってましたからね。それを受けてMCの坂上忍も『タレントみたいなことして知名度あげて、また選挙出るって言ってるんでしょ。今でも十分(知名度は)あるのに、だったら勝てるんじゃないですか?』と、上西議員の痛いところをみごとに突いてみせました。現役議員でありながら、完全に売れっ子タレント気取りの彼女によほどハラワタが煮えくり返っていたのでしょう」(女性誌編集者)

     普段はおとぼけの伊達の痛撃に、視聴者も溜飲を下げたのか「激しく同意」「もっと言ってほしい」「伊達さんの怒りが頂点に達している感じがスカッとした」「テレビから依頼殺到とか、本当にやめてほしい」など、続々と賛同や称賛がネット上に書き込まれた。

     現在、上西氏は東国原英夫とネット上でバトルを繰り広げていることから、サンド伊達も巻き込まれるんじゃないかと不安視する声も一部にはあるが、メディア関係者は「心配無用」としてこう言う。

    「サンド伊達はネタもトークも面白く、『週刊文春』の好きな芸人ランキングの4位に選ばれるほど好感度が極めて高い。しかも今回言っていることは正論そのものですし、もし上西氏が彼に噛み付いても、まったくプラスはない。人気者の伊達を叩く材料はないし、そもそも策士の上西氏ですから、ケンカする相手は吟味しているはず」(週刊誌記者)

     これまでほとんどの批判にやり返してきた上西議員だが、今回ばかりは相手が悪い。あっさり「不戦敗」となりそうだ。

    (飯野さつき)

    アサジョ2017年9月28日18時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_38028/?ptadid=

    写真
    no title

    引用元: ・【テレビ】<上西小百合が完敗!>サンド伊達の一刀両断にバイキング史上最大級の賛辞

    【上西小百合をバッサリ! サンド伊達の一刀両断にバイキング史上最大級の賛辞】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/25(月) 16:32:18.03 ID:CAP_USER9.net
    衆議院議員の上西小百合氏(34)が25日、東京・衆議院第二議員会館で会見し、28日の臨時国会で衆院が解散した場合の次期衆院選に出馬しない意向を改めて発表した。
    上西氏は22日に、不出馬の意向を報道各社に伝えていた。

    紫のワンピースに薄いグレーの上着を羽織って登場した上西氏は、カメラマンに囲まれて笑顔で写真撮影に応じた。
    そして冒頭で「来月予定されている総選挙に出馬しない意向を固めました」と報告。
    不出馬の理由として「野党共闘統一候補として私が立つつもりでいましたが、本日までにその環境を整えることはできませんでした」と説明した。

    過去には「選挙というのは、勝つために出るもの。その時に一番当選する確率が高い、そして私の政治信条に似通った政党から出馬をしたいなと思っています」と発言していた上西氏。
    この日も改めて「出馬しないのは、勝てないからです」と明言し、「次の選挙は来年5月ごろだと想定していた。私の戦略ミスです」と悔恨も口にした。

    一部で報じられたタレント転身ついては「私は政治家としてメディアに出た訳であって、国会に戻れるように活動していく」と、あくまで政治家としての活動が基本であることを強調。
    それでも「テレビが嫌いなわけではないですし、テレビ局に行くのも好きですから、タレント活動に近いことをすることもある」と満更でもない様子も見せ、「国会に戻るために、存在感、発信力、知名度を保たなければいけないので」と強い意欲を示した。

    また、たびたび“炎上騒動”を巻き起こした自身のツイッターについて「私は橋下さんのやり方が好きなんです。ちょっと過激なことを言って、議論を引き出す。それによって問題点が浮き彫りになってくるから」とその効力を主張。
    「橋下さんもいろんな表現を使って薪ををくべています。私も、これからもいろんな発信すべきことを発信していきたい」と継続することを宣言した。

    http://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/25/0010586469.shtml

    会見で不出馬を表明した上西小百合議員
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・【タレント転身】上西小百合議員が不出馬会見「勝てないから」 タレント活動には意欲満々

    【【タレント転身】上西小百合議員が不出馬会見「勝てないから」 タレント活動には意欲満々】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/22(金) 18:48:57.87 ID:CAP_USER9.net
    3“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員(34=無所属)が、次期総選挙に出馬しない意向を固めたことが21日、本紙の取材でわかった。

    週明けの25日にも上西氏本人が記者会見を行う。







    橋下チルドレンとして注目を浴びたものの“国会サボリ疑惑”、最近ではJリーグ浦和レッズサポーターへの暴言ツイートで世間を騒がせてきたが、無念の不出馬を決めた現在は、修行僧のように自身の言動を反省しているという。

    一方で交際中の年上男性との結婚がこのほど決まったとの情報も…。前代未聞の“不出馬婚”の行方は――。

    「次の選挙は当選する確率が高い政党から出ます」(2017年7月19日の記者会見で)

    「私は死ぬまで政治家ですので、次の選挙も立候補します」(17年2月6日、映画「ウィーナー」のイベントで)

     こう言ってはばからなかった上西氏に議員バッジを外す時が来た。関係者の話を総合すると、上西氏は来月10日公示、22日投開票が濃厚な解散総選挙で、大阪7区(吹田市、摂津市)からの出馬を断念。すでに後援会や側近には伝えているという。

     上西氏は12年12月の衆院選で日本維新の会(当時)から出馬し、初当選。選挙時や当選後もツンデレな対応をしたことから女優の沢尻エリカ(31)に例えられ“浪速のエリカ様”と呼ばれたが、慎重なマスコミ対策と猫をかぶっていたせいもあって、意外にも“ブレーク”したのは2期目に入ってから。

     15年3月の“国会サボリ疑惑”の文春砲で渦中の人となり、維新の党を除名処分に。その後は開き直ったかのように、メディア出演やセクシー自叙伝の出版、最近では浦和レッズサポーターに「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とつぶやき、大炎上した。

     他方で森友学園問題は地元大阪で起きた不祥事とあって、業者へのヒアリングや実地調査を精力的に行い、核心を突く事実を暴いた場面も。無所属ながらも国会で追及する野党勢をアシストし、結果的に安倍政権を追い込んだ立役者の一人だったともいえる。

     前出関係者によると、無所属の上西氏は「政治は政党が行うもの」という理念のもと、総選挙を見据え、水面下で複数の政党と接触。政党入りを模索していたが、残念ながら不調に終わってしまったという。

     不出馬を決めた上西氏は支援者の顔を思い出し、涙に暮れた。高校時代の憧れだった歌手・安室奈美恵(40)の引退発表と自らの引き際を重ね、感慨にふける場面もあったという。

     気になる今後については、すでに芸能事務所が獲得に乗り出しており、タレントや政治評論家として活動していく見込み。収録済みのテレビ番組は複数ある。情報発信も従来通り、ツイッターやインスタグラムで行い、機が熟せば政界への再挑戦も考えているという。

     プライベートでは、かねて交際中の年上男性との結婚がほぼ内定。当初は存在自体が怪しまれ、“エア彼氏説”も浮上していたが、フィアンセは羽賀研二受刑者(56)、もしくはショーンK(49)似のイケメンセレブ男性という。一部では「妊娠した」という情報も出回っている。上西氏に近い関係者は「政界引退ではないが、仕切り直そうということになった。本人も『私の故郷は永田町』と話している。将来的に人妻議員となって戻ってくればいい」と話す。

     25日に行う予定の記者会見では、不出馬表明のほか、これまでの言動に対する反省の弁も口にする。

    「あれだけ威勢のよいことを言っておいての不出馬ですから、批判は甘んじて受けると。己を見つめ直すために、四国八十八か所巡りを勧める声もある」(関係者)

    “政界の炎上クイーン”がいなくなるのは寂しいが、また新たなフィールドで活躍していくだろう。

    2017年9月22日 16時30分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13648723/

    引用元: ・【芸能】<上西小百合議員>「衆院選不出馬」年上恋人と結婚へ...タレントや政治評論家として活動していく見込み

    【【上西小百合議員】「衆院選不出馬」年上恋人と結婚へ...タレントや政治評論家として活動していく見込み】の続きを読む

    このページのトップヘ