あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    不倫

    1: 小豆大福 2017/12/12(火) 12:04:09.24 ID:CAP_USER9.net
    1

    「取り返しのつかないことをした」。夫は静かな法廷でうなだれた。大阪府東大阪市の自宅で4月に妻=当時(35)=を暴行して死なせたとして傷害致死罪に問われた大工の男(37)の裁判員裁判が11月、大阪地裁で開かれた。約20分間に及んだ犯行を「一方的で卑劣な暴行」と非難した検察側に対し、弁護側は「日常的なDV(ドメスティックバイオレンス=配偶者間暴力)はなかった」と主張した。その結果、地裁は被告に執行猶予付き判決を言い渡した。夫の暴行により妻が死亡するという衝撃的な事件。裁判所が実刑判決を言い渡さなかった理由とは。

    ■「I LOVE YOU」のネックレス

     公判資料によると、被告と妻は平成16年、被告がプロポーズし結婚。大工として独立したころで、翌年には長男が、2年後には次男が生まれた。

     「ささいなけんかはあったが、夫婦仲はよかった」と被告は振り返った。順調に進むと思われた生活。だが今年3月、2人の歯車が狂い始めた。

     この月上旬、妻はリビングでストーブやテレビをつけっぱなしで寝ることがあった。被告は何回も注意をしたが、直らなかったといい、約1カ月後、口論の末に被告が家を出て、別居が始まった。被告は離婚届を書き、妻に渡したが、話し合った末、元通りの生活を続けることにした。

     弁護人「関係修復のため、どんなことをしたのか」

     被告「和歌山県の神社にお参りにいきました」

     神社で2人でおはらいをしてもらったという。翌日、被告は自宅に戻った。そのとき、妻の首元に見覚えのないネックレスがかかっているのに気づいた。ネックレスには「I LOVE YOU」という文字が入っていた。

    ■「やり直そうと思った」

     被告は妻に詰め寄った。

     「不倫しているんちゃうか」

     妻は否定したが、被告は携帯を見せるよう要求し、LINEで、ある男性とやり取りしているのを見た。「不倫している」と分かるような親密なものだったという。被告は妻に携帯を投げつけ、頭を蹴り、「出ていってくれ」と怒った。

     その後、被告は家を出た妻に、「子供たちは本当に自分の息子か」「相手に謝罪文を書かせろ」などとメールを送った。だがその後、「子供らに謝りにこないか」とのメールを送信した。「仕事場の人に『離婚はすぐできるから、子供のためにがんばったら?』といわれ、やり直そうと思った」からだったという。

     4月22日、妻は自宅に戻ると、1階リビングで、2人の子供に「ごめんな、ごめんな」と頭を下げ続けた。

    ■頭を蹴り、胸ぐらつかんで投げ倒す

     その後、子供たちは2階の部屋へ上がり、夫婦2人で話し合いになった。

     検察官「会話の内容は」

     被告「はっきり覚えていません。(不倫)いつからしてたん?と聞きました」

     被告は妻の不倫を今年3月の別居後だと思っていた。だが、予想と異なり、妻は別居前の「昨年12月ごろ」と答えた。

     被告はこれに激高。妻の頭を平手で4、5発、たたいたほか、足の裏で頭などを数回蹴り、胸ぐらをつかんで妻を投げ倒した。妻は無抵抗のまま暴力に耐えていたが、投げ倒されると、目を見開いたまま呼吸が不自然になったという。

     暴行は午後11時30分ごろから約20分間続き、妻は翌23日朝、搬送先の病院で急性硬膜下血腫などによる脳ヘルニアにより死亡した。

     検察側によると、事件当時の妻は身長150センチ、体重33キロだった一方、被告は身長177センチ、体重63キロ。かなりの体格差があった。検察側は論告で「2人の体格や力の差は明らか。妻の頭や顔、手足には多くの皮下出血があった。執(しつ)拗(よう)な暴行を一方的に加えた」と指摘。不倫だとしても「これだけの暴行を受ける必要はなく、犯行は身勝手で悪質だ」と非難した。

    >>2以降に続く

    配信2017.12.12 06:30
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/171208/wst1712080068-n1.html

    引用元: ・【大阪地裁】不倫した妻に20分にわたって暴行、死亡させた夫 猶予付き判決の理由は… 無抵抗の体重33kgの妻を投げ倒す

    【不倫した妻に20分にわたって暴行、死亡させた夫 猶予付き判決の理由は… 無抵抗の体重33kgの妻を投げ倒す】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/26(日) 21:11:26.75 ID:CAP_USER9.net
    交際男性との結婚を宣言し、NMB48を卒業した須藤凜々花(21)が、26日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」(日曜、午後1・30)に出演。
    山尾志桜里衆院議員の不倫疑惑に関して「不倫を下品なことだって叩くほうが下品」と主張した。

    番組で手を挙げた須藤は「国会議員の方は風俗に行っちゃいけないんですか?」と唐突に質問。
    司会の渡辺真理らが真意をはかりかねて「行って悪いことはない…」と返すと、須藤は「女の人の風俗って、あまりないじゃないですか。結構そういうの調べるんですけど、添い寝サービスとかはありますけど」「女の人にだって性欲はあるじゃないですか」との発言を展開。

    そのうえで「恋をすることがそんなに…。両方合意じゃないですか。不倫と言っても。だから下品なことだって叩く方が下品じゃないかなと思います」と主張した。

    周囲から、自分の交際男性が合意で不倫したら許すのかと聞かれると「その時は殴りますけど」と笑わせ「でも、それをほかの人に叩かれたらムカつきます」と語っていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00000130-dal-ent

    「そこまで言って委員会NP」 須藤凜々花
    no title

    no title

    no title

    no title

    元NMB48 須藤凜々花
    no title

    no title

    引用元: ・【アイドル】元NMB48須藤凜々花「不倫を下品と叩くほうが下品」「女の人にだって性欲はある」持論を展開

    【元NMB48須藤凜々花「不倫を下品と叩くほうが下品」「女の人にだって性欲はある」持論を展開】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/15(水) 20:05:11.15 ID:CAP_USER9.net
    3


     佐藤琢磨(40)といえば、今年5月に開催された世界三大レースの一つ「インディ500」を
    アジア人として初制覇するなど、モータースポーツ界のサラブレッドとして知られた存在だ。
    トランプ大統領が来日した際には、安倍総理主催の晩餐会に招かれる栄誉にもあずかっている。
    そんな琢磨は、「独身ネタ」がウリのフリーアナウンサーと7年にわたって不倫関係にあった。

     ***

     琢磨は2005年に同い年の妻と結婚し、2人の子供のパパでもある。11月4日、琢磨が運転するクルマの助手席から降りてきたのは、その妻とは異なる女性だった。彼女はスーパーに立ち寄ったのち、近くのマンションへ。少ししてクルマを置いた琢磨が現れると、同じマンションに入っていく……。
    同じような光景は、この日の前後にもたびたび確認された。

     女性の正体は、昨年3月まで「5時に夢中!」(TOKYO MX)でアシスタントを務めていた
    フリーアナの内藤聡子(43)。「独身ネタ」がウリで「セレブ志向丸出し」と評される彼女と琢磨は、このマンションで生活を共にしていたのだ。

    「週刊新潮」の取材に、琢磨は内藤との不倫関係を認め、こう語る。

    「10年秋、ラジオ番組で一緒になって盛り上がり、僕のレースを番組で応援に行くということにもなって仲良くなった。(不倫関係になったのは)それから数カ月後ですかね」

     妻は不倫をどう認識しているのか。

    「内藤さんのことは12年夏ごろに知られて、その時期に離婚に向けての話をしたのも事実です。ただ、正直な話、非常に悩んでいます。僕のレースを内藤さんが支えてくれた部分は確実にありますが、一方で、子供への思いも大きい」

     現在、妻とは代理人を通して話をしているという琢磨だが、妻の知人からは少しニュアンスが異なる証言も……。11月16日発売の「週刊新潮」では、警察沙汰を招いた騒動と併せて詳しく報じる。琢磨と内藤が同居するマンションでの“お見送り”の様子を収めた動画を配信中。

    「週刊新潮」2017年11月23日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00532916-shincho
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20171115-00532916-shincho-000-2-view.jpg

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510734196/

    引用元: ・インディ王者「佐藤琢磨」が「内藤聡子」と7年不倫 本人認める★2

    【インディ王者「佐藤琢磨」が「内藤聡子」と7年不倫 本人認める】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/16(木) 07:56:32.42 ID:CAP_USER9.net
    1

    漫画家の小林よしのり氏(64)が、2017年11月13日のブログで「週刊文春」記者の名前を公開した。あわせて、同誌の記者・カメラマンだとする男女2人の写真も掲載している。

    その後、小林氏は15日早朝、「恐怖で怯える週刊文春」と題したブログを公開。
    「週刊文春!ここまで腰抜けだったか!」と切り出し、「山尾事務所に対して、文芸春秋の顧問弁護士から、抗議文書が届いたのである」と訴えたのだ。

    「週刊文春」名義のファクス写真も掲載
    騒動の発端となったのは、小林氏が11月13日に公開した「狂気に走る週刊文春」などと題したブログ記事だ。

    このブログではまず、12日に大阪で行われた小林氏主催の言論イベント「ゴー宣道場」に、山尾志桜里衆院議員、弁護士の倉持麟太郎氏が出席したことを報告。
    その上で、2人の不倫疑惑を報じた「週刊文春」の記者が、山尾氏を「尾行していた」と訴えた。

    「東京駅に着いて山尾氏がホームに降りた途端、週刊文春の男女記者2名が襲撃してきた。呆れたことに同じ新幹線に乗っていたのだ」
    このブログ記事には、週刊文春の女性記者、男性カメラマンとされる人物の写真が計2枚掲載されている。記者の写真はブレているが、カメラマンの写真は顔がはっきりと分かる1枚だ。
    女性記者の名前が入った「週刊文春」名義のファクス写真も掲載されている。

    また、小林氏が翌14日に公開したブログ記事では、別の男性記者の名前入りファクスの写真を掲載。その上で、前日のブログ記事について、

    「(週刊文春編集部は)ストーカーの名前も写真も暴露されて、大恥をかくことになった」
    とも振り返っていた。

    小林氏は「勝利」宣言、文春は「詳報」予告
    その後、小林氏は15日早朝のブログで、文藝春秋(東京都千代田区)が先日のブログ記事に「抗議」してきた、などと報告した。同社の顧問弁護士名義でのファクスが、山尾氏の事務所に届いたというのだ。

    小林氏はブログに「週刊文春!ここまで腰抜けだったか!」と書き、ファクスの内容について、

    「山尾氏を尾行していた××(伏せ字は編集部、原文では女性の名前)とニット帽の男の写真を載せたこと、そして追加文書を載せたことが、『肖像権』や『著作権』を『侵害する可能性があります』などとのたまっているのだ」
    と説明した。ブログの末尾では、

    「ゴロツキ並みの手法を使って、山尾・倉持の人権をとことん踏みにじったくせに、大恥かいたら法で守られたいというクソ野郎ども」と同誌を痛烈に批判している。

    なお週刊文春は15日夕、「山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と1泊2日の大阪出張」と題したウェブ版記事を配信。記事の詳細は翌16日発売の「週刊文春」(11月23日号)誌面で伝えるとしている。

    しかし、小林氏はこの文春記事にもブログで反応。15日昼に更新したブログで、「週刊文春の記事を見た」として、「小林よしのりVS週刊文春の戦争は、わしの完全勝利である」と主張。その上でブログでは、

    「タイトルが『山尾志桜里、1泊2日一緒に大阪出張』となっているが、これは大衆に誤解を与えることを狙ったものである。山尾氏と倉持氏は、別々に大阪に行って、別々に帰った。『一緒に』行ったわけではない!」と反論している。

    先の文春のウェブ版記事(15日)では、16日発売号で、「1泊2日の大阪出張の詳細に加え、倉持氏の義母へのインタビューなど、山尾・倉持両氏の新たな関係について詳報している」と予告している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13896108/
    2017年11月15日 20時19分 J-CASTニュース

    引用元: ・【芸能】小林よしのり、「文春記者の顔」ブログで公開 山尾議員取材めぐりガチバトル

    【小林よしのり、「文春記者の顔」ブログで公開 山尾議員取材めぐりガチバトル】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/14(火) 10:49:24.24 ID:CAP_USER9.net
    1

    不倫に激高、妻を死亡させた夫に判決
    11/13 19:36

    今年4月、大阪府東大阪市で妻の不倫に激高し暴行を加えて死亡させた傷害致死の罪に問われていた夫の裁判で、大阪地裁は執行猶予の付いた有罪判決を言い渡しました。

    判決によりますと、東大阪市の大工・本間征司被告(37)は今年4月、妻の淑子さん(当時35)が不倫をしていたことに激高し、自宅で何度も淑子さんの頭を殴ったり投げ倒すなどの暴行を加え、急性硬膜下血腫などの傷害を負わせて死亡させました。

    13日の判決で大阪地裁は「抵抗しなかった被害者に対し、暴行を繰り返したことは厳しい非難を免れない」とした一方で、「被告人が激しい怒りを覚えたのは理解ができ、重大な傷害を負わせる意図はなかった」として、本間被告に対し懲役3年執行猶予5年の判決を言い渡しました。

    MBS NEWS
    http://www.mbs.jp/news/kansai/20171113/00000057.shtml

    引用元: ・【裁判】妻(当時35)の不倫に激高、暴行を加えて死亡させた夫(37)に執行猶予付き有罪判決…大阪地裁

    【妻(当時35)の不倫に激高、暴行を加えて死亡させた夫(37)に執行猶予付き有罪判決…大阪地裁】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/13(月) 18:55:40.83 ID:CAP_USER9.net
    1

    山尾志桜里衆院議員が不倫疑惑報道の相手、倉持麟太郎弁護士を政策顧問とすることに批判がやまない。そんな中、評論家の小林よしのり氏が山尾氏を批判する人々に対して「聖人君子ぶったクズどもが」とブログに記述。不快感をあらわにしている。

    「後押ししたのはわしだ」

    2017年11月7日の神奈川新聞のインタビューで、山尾氏は倉持氏を政策顧問にすると明かした。改憲論議のために「今後も倉持氏からサポートを受ける必要があると判断した」との理由だ。テレビのワイドショーなどでは、山尾氏の判断に疑問が相次いでいた。

    かねてから山尾氏を支援してきた小林氏は、今回の倉持氏起用についても全面支持している。8日のブログでは、ワイドショーでの扱いを「ゲスの勘繰りで楽しんでいた。邪推、嘲笑、罵詈雑言」と非難。「山尾志桜里が倉持を政策顧問にしたのは、憲法改正に備えてのことだ。与党の発議前に議論を挑むには、もう時間がないから、このタイミングしかなかった。それを後押ししたのはわしだ」とし、山尾氏らを批判する人々に対し

    「わしの前で堂々と言えるか? 聖人君子ぶったクズどもが!」

    と吐き捨てた。

    7日のブログでは、神奈川新聞のインタビューで山尾氏が語った「むき出しの好奇心になど屈しない」との言葉をあげながら、「まったく舌を巻くほどの完璧さだ」と称賛していた。「わしは本当に『志』があり、『使命感』があり、やるべき仕事が定まっている政治家だから、山尾志桜里を応援しているのだ」とし、具体的には「待機児童問題」と「憲法問題」が「(当選)3期目の大目標」という。ブレーン役としての倉持氏も「確かに必要だとわしが保証する」と支持した。

    「そういう風に言われるぞ、いいかとわしは言った」

    8日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)では、山尾氏から「相談を受けてOKしましたよ」と直接話したとして、その根拠を明かしている。

    「年内に(改憲について)論点整理を出さないといけないほどのスピード。できるのは山尾志桜里しかいない。憲法について広範にでき、動けるのも倉持しかいない」

    2人が「公で会える」と揶揄されるおそれについて、「そういう風に言われるぞ、いいかとわしは言った。不倫関係を続けるために政策顧問にしたとか、そういう超ゲスの勘繰りが一般人なんだぞと。そこは覚悟しろよ」と言ったとし、山尾氏は「分かっています。それでも自分はこの仕事をやらなければ」と応じたという。

    不倫疑惑報道に対する山尾氏の「説明責任」についても見解を示している。9日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で玉川徹氏が、「逆風の中で山尾氏本人が不倫はないと言って、無所属で衆院選に当選したのを受け、まだ不倫の話をすべきなのか」と疑問を投げかけたことに、小林氏は同日のブログで「全くその通りである」と同調している。

    2017年11月10日 20時41分 J-CASTニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13874352/

    引用元: ・【話題】<小林よしのり>山尾議員批判に猛反発! 「わしの前で言えるか?聖人君子ぶったクズどもが」

    【小林よしのり 山尾議員批判に猛反発! 「わしの前で言えるか?聖人君子ぶったクズどもが」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/11(土) 18:12:04.70 ID:CAP_USER9.net
    3

    夕刊フジ2017.11.11
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171111/soc1711110006-n1.html?ownedref=not 176et_main_newsTop

     週刊文春が「禁断愛」のお相手と報じた弁護士の倉持麟太郎氏(34)を政策顧問に迎えるとして再炎上している山尾志桜里衆院議員(43)だが、ここにきて選挙戦で「むき出しの好奇心などはまるでなかった」と言い出した。不倫疑惑に関する有権者の批判がなかったかのような口ぶりだが、残念ながら事実ではない。山尾氏が選挙戦で地元有権者から浴びせられた罵声や怒号、嫌悪の視線など、一部始終を夕刊フジ記者が明かす。

     好き嫌いは別にしても、当選後の山尾氏に対し、違和感を覚える人も多いのではないか。

     地元の愛知県ではなく、神奈川新聞に3日連続で登場した山尾氏。8日付の「山尾志桜里氏が語る(中)」では、《週刊誌やワイドショーによる報道で批判にさらされたが、選挙戦が始まり地元に帰って私が見たものは、そうしたむき出しの好奇心などはまるでなかった》《熱意のこもった本気の応援をもらった》と振り返り、自分がいかに有権者に支持されたかをつづっている。

     だが、記者が見たものは、まるで異なる。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【衆議院議員】記者は見ていた!山尾氏のウソ「むき出しの好奇心などはまるでなかった」 選挙戦実際は批判の嵐

    【記者は見ていた!山尾氏のウソ「むき出しの好奇心などはまるでなかった」 選挙戦実際は批判の嵐】の続きを読む

    このページのトップヘ