あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    不在

    1: 小豆大福 2017/10/26(木) 08:35:09.92 ID:CAP_USER9.net
    1

    衆議院議員総選挙の終了を待って23日に放送された「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!? ~」(フジテレビ系、月曜21時~、篠原涼子主演)で、すべての秋ドラマがそろいました。

    あらためてプライムタイム(19~23時)で放送されている計14本のラインナップを見渡してみると……あることに気づいてしまったのです。

    「明日の約束」(フジテレビ系、火曜21時~、井上真央主演)、「監獄のお姫さま」(TBS系、火曜22時~、小泉今日子主演)、
    「相棒」(テレビ朝日系、水曜21時~、水谷豊主演)、「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系、水曜22時~、綾瀬はるか主演)、「科捜研の女」(テレビ朝日系、木曜20時~、沢口靖子主演)、
    「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜21時~、米倉涼子主演)、「刑事ゆがみ」(フジテレビ系、木曜22時~、浅野忠信主演)、
    「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます! ~」(テレビ東京系、金曜20時~、沢村一樹主演)、
    「コウノドリ」(TBS系、金曜22時~、綾野剛主演)、「この声をきみに」(NHK、金曜22時~、竹野内豊主演)、
    「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系、土曜22時~、櫻井翔主演)、「陸王」(TBS系、日曜21時~、役所広司主演)、
    「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系、日曜22時30分~、ディーン・フジオカ主演)。

    主演の年齢は、60代の水谷豊さん(65歳)、役所広司さん(61歳)。50代の沢口靖子さん(52歳)、小泉今日子さん(51歳)、沢村一樹さん(50歳)。
    40代の竹野内豊さん(46歳)、篠原涼子さん(44歳)、浅野忠信さん(43歳)、米倉涼子さん(42歳)。30代のディーン・フジオカさん(37歳)、綾野剛さん(35歳)、櫻井翔さん(35歳)、綾瀬はるかさん(32歳)、井上真央さん(30歳)。

    そして20代は……誰もいません。計14人の平均年齢は44.5歳と、ドラマ史上まれに見る高齢だったのです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171026-00194331-toyo-soci
    10/26(木) 6:00配信

    引用元: ・【芸能】テレビドラマから20代主演俳優が消えた理由

    【テレビドラマから20代主演俳優が消えた理由 】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/26(木) 08:57:23.04 ID:CAP_USER9.net
    3

    米アマゾン、不在でも家の中に配達 専用の無線鍵使う
    2017/10/26 6:25

     【シリコンバレー=中西豊紀】米アマゾン・ドット・コムは25日、受け取り手の不在時に宅内に商品を届けるサービスを米国で始めると発表した。独自のデジタル技術で配達員が家の鍵を開け、家の中に荷物を置く。
    専用監視カメラの併用で配達員の不正を防ぐ。日本では不在時の再配達が宅配事業者の重しになっているが、こうした問題を解決する可能性がある。

     11月8日から「プライム」と呼ばれる有料会員を対象に全米37都市で開始する。名称は「アマゾン・キー」。
    サービスを受けたい人は、無線で解錠が可能なスマートキーを玄関の鍵として使用。さらに室内から玄関を撮影できるようクラウドにつなぐ監視カメラを居間の天井などに設置する。

     アマゾンの荷物を届けに来た配達員はその時だけに付与される暗号通信を使って鍵を開け、荷物を宅内に置く。
    宅配の直前からカメラが作動する仕組みになっており、受け取り手はスマートフォンを通じて配達員が家の中で不正を働いていないかなどを遠隔から確認できる。

     アマゾンは同サービスを不在時の宅配だけでなく、ハウスクリーニングやペットの散歩代行などにも広げていく考え。
    例えば夜に急な来客が生じた場合、仕事中の昼間であっても夜までの家の掃除をアマゾン経由で専門業者に頼むことが可能になる。


    続きはソースで
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22721970W7A021C1000000/

    引用元: ・【アマゾン・キー】Amazon、専用の無線鍵を使い不在でも家の中に配達するサービスを来月開始へ

    【Amazon、専用の無線鍵を使い不在でも家の中に配達するサービスを来月開始へ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/22(金) 11:09:09.26 ID:CAP_USER9.net
    106https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00010004-nishinpc-soci

    捜査出動のため、たまたま警察官が不在だった交番で、逃げ込んできた男性が2人組の男に暴行を受けた事件を捜査していた福岡県警柳川署は22日、福岡県柳川市の自営業の男(34)ら2人を傷害容疑で逮捕した。

    逮捕容疑は、共謀して、9月15日午後11時36分ごろ、同市内の雑居ビル通路で、男性(35)の顔面を殴りつける暴行を加えた。被害男性は福岡県警柳川署西鉄駅前交番に逃げ込んだ。

    ところが、通常3~4名が勤務している同交番には、たまたま別の事案捜査のため全員が出動していたため、交番内にはだれもおらず、被害男性を追いかけてきた2人は、交番で、再び男性に暴行を加え、傷害を負わせた疑い。

    引用元: ・【社会】2人組の男に顔面を殴られ交番に逃げ込むも警官は全員出動中。追いかけてきた男らに無人の交番内で更に暴行。福岡県柳川市

    【【悲報】福岡県・柳川 2人組の男に顔面を殴られ交番に逃げ込むも警官不在でさらに暴行】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/19(火) 17:35:52.04 ID:CAP_USER9.net
    ソフトバンクのCMシリーズ「白戸家」が放送開始から10年の節目を迎えて、初期メンバーが「白戸家」宅で一堂に会した。

    娘役の上戸彩さん(32)、「お母さん」役の樋口可南子さん(58)、「お父さん」犬こと白戸次郎。
    なぜか、「お兄ちゃん」役のダンテ・カーヴァーさん(40)の姿がない――。

    「白戸家」シリーズの新作CMがネットで波紋を広げている。東京スポーツで先日、「ゲス不倫」を報じられたダンテさんは、記念すべきCMへの出演を見送られたのではないか、と臆測を呼んでいるのだ。

    「ダンテの不倫が原因じゃ...」
    ソフトバンクは2017年9月14日、白戸家シリーズの新CM「花束渡す」篇を公開した。おなじみの衣装を着用した上戸さんと樋口さんが、大勢のスタッフに見守られる中
    、「よろしくお願いします」とスタジオに入り、「お父さん」犬が待機するセットに腰かける場面から、CMはスタートする。

    「10年間、白戸家、お疲れ様でした!ありがとうございました!」
    スタッフの1人がそう大声を上げると、上戸さんと樋口さんは拍手喝采を受けて花束を贈られた。狐につままれたような顔で、「え?ちょ、ちょ、ちょっと待って」「終わるの?あたしたち」と頭上のくす玉を引く2人。

    「10年間ありがとうございました!」と垂れ幕が飛び出し、「10年間ありがとう。新しい家族割はじまる。」と字幕が流れたところで、CMは終了する。

    このCMがテレビで放映されると、ツイッターなどで疑問の声が続出した。
    2007年のシリーズ開始当初から一貫して白戸家の「お兄ちゃん」を演じてきた米出身タレントのダンテ・カーヴァーさんがいなかったからだ。

    「切ないな」と悲しみの声が広がっている一方、8月下旬の東京スポーツで「ゲス不倫」を報じられたからだろう、と見る向きがある。
    東スポ記事によると、ダンテさんは日本人の妻と子ども2人を抱えながら、20代女性と不倫交際した挙句、妊娠させたという。
    仮に、ソフトバンクが白戸家のCMに幕を下ろすとすれば、ダンテさんの不倫報道が原因だとしか考えられないと、ネットで臆測を呼んでいるのだ。

    「ソフトバンクのCM白戸家終わるのどう考えてもダンテの不倫が原因じゃ。。。」
    「白戸家のCM、10周年で区切りみたいな感じにしてるけど結局ダンテの不倫があって使えなくなったから切り替えるだけでしょ?」
    「ソフバンの白戸家CM終わるんか?やっぱりお兄ちゃんの不祥事で消されたか」
    「白戸家CMはマジでクビなんか?笑 やっぱりやらかしたからなんかな」
    ソフトバンク広報「関係ない」
    J-CASTニュースが9月13日、ダンテさんの不倫報道とCMとの因果関係についてソフトバンクの広報担当者に取材すると、

    「今後のテレビCM展開にダンテさんの報道の件は関係していません」
    と返答があった。

    「ORICON NEWS」や「MAiDiGiTV」など、報道各社がYouTubeで公開した上戸さん、樋口さんへのインタビュー動画によると、2人ともCMが終了するかもしれないと不安に感じながら撮影していたという。

    樋口さんは「今後どうなっていくと思いますか」と質問され、「受け入れ態勢はできていますから、何でも私たち、やれます。ただ終わるのだけはね...」と話し、
    上戸さんは「『終わる』というのが、こんなに切なくて悲しいのか、と身に染みて感じました」と語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13632910/
    2017年9月19日 15時19分 J-CASTニュース

    no title

    引用元: ・【芸能】白戸家「10年間ありがとう」CM、ダンテ・カーヴァーの姿なし 不倫報道でクビ?取材すると...

    【【ソフトバンク】白戸家「10年間ありがとう」CM、ダンテ・カーヴァーの姿なし 不倫報道でクビ?取材すると...】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/09(土) 07:21:11.26 ID:CAP_USER9.net
    31位の『関ヶ原』から7位の『スパイダーマン:ホームカミング』まで前週とまったく順位は同じ。そしてその1位の『関ヶ原』の週末成績は前週の31万2400人、興収3億9600万円から、動員21万3600人、興収2億7130万円と約32%ダウン。新学期も始まり、夏休み興行も完全に終息した9月第1週は、ランキングの動き、全体の数字ともに極めて静かなものとなった。

     『君の名は。』(約250.3億)、『シン・ゴジラ』(約82.5億)、『ファインンディング・ドリー』(約68.3億)、『ONE PIECE FILM GOLD』(約51.8億)、『ペット』(約42.4億)と、7月と8月に公開された作品だけで年間興収ランキング・ベスト10の半分となる5本(外国映画2作品、日本映画3作品)を占めていた2016年と比べて、2017年の夏の興行ははっきりと低調に終わった。

    「『君の名は。』と『シン・ゴジラ』が異常だったのでは?」と思う人もいるだろう。実はその前年の2015年には、7月と8月に公開された作品が年間興収ランキング・ベスト10のうち6本(外国映画4作品、日本映画2作品)と、さらに全体の中で大きな比率を占めていた。映画の興行にとって、いかに夏休み興行が重要であるかがわかるだろう。

     まだ公開中の作品もあるので数字は確定していないが、今年の7月と8月に公開された作品で年間興収ランキング・ベスト10に入る見込みなのは、『怪盗グルーのミニオン大脱走』と『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』の2作品のみ。作品自体の少なさもさることながら、そこに1本も日本映画が入っていないというのは非常事態と言っていい。

    ちなみに、データを辿って調べてみたところ、年間興収ランキング・ベスト10に7月、8月公開の日本映画が入っていないのは、なんと『007 ゴールドフィンガー』『マイ・フェア・レディ』『サウンド・オブ・ミュージック』が年間トップ3だった1965年以来。実に52年ぶりの珍事というか、惨状である。

     どうして2017年の夏はそんなことになってしまったのか? 別に責任を押しつけるわけではないが、ごくごく冷静に状況を分析するならば、ポスト・ジブリとしての役割を作り手側も自認して送り出した『メアリと魔女の花』と、ポスト『君の名は。』としての期待値が上がりすぎていた『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、その2作品の興行的不発が直接的な原因だ。

     『メアリと魔女の花』は夏休み期間を通じて8週連続で週間トップ10入り、先週末のランキングでようやくトップ10圏外に。それなりに腰の強い興行で30億をなんとか突破。『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』も先週末で3週連続トップ5入りと、公開直後にネット上を中心に広まっていった不評のわりには健闘しているという見方もできるだろう。

    しかし、夏休みという公開時期、そして公開時のスクリーン数の多さをふまえると、そのポジションに相応しい結果を残したとは到底言えない。

     今回過去50年間以上の興行成績を精査してみてわかったのは、「大ヒット作が続いた2016年の反動が2017年にきてしまった」というなんとなくの印象論は間違いであること。近年、日本映画はアニメ作品への依存度が急速に増しているが、アニメ作品は実写作品以上に観客の目がシビアで、興行的には博打的要素が強い。

    新作が1本予定されているとはいえ、今後もポスト・ジブリ、ポスト宮崎駿という課題はずっとついてまわるわけだが、それだけでなく、実写日本映画の制作環境や作品の質や商品価値(一番手っ取り早いのはヒット作のフランチャイズ化だが、その成功例が出せないでいる)の根本的な底上げができない限り、来年以降も夏が来るたびに博打を繰り返すだけになってしまうだろう。

    宇野維正

    9/7(木) 17:30配信 realsound
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170907-00010013-realsound-ent

    引用元: ・【映画】<興収>52年ぶりの珍事!年間トップ10に「夏の日本映画」が1本も入らない2017年

    【【悲報】<興収>52年ぶりの珍事!年間トップ10に「夏の日本映画」が1本も入らない2017年】の続きを読む

    このページのトップヘ