あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    中止

    1: 小豆大福 2017/11/22(水) 10:17:26.82 ID:CAP_USER9.net
    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000012-sph-soci

    イオングループ傘下のコンビニ「ミニストップ」(千葉市)は、来年1月から国内全店約2200店で成人向け雑誌の販売を中止すると発表した。コンビニ業界では初めての試み。
    一般の小売店で幅広く成人誌を置くのは諸外国では珍しいとされ、訪日客が多くなる2020年の東京五輪・パラリンピックを前に対応が必要と判断した。同グループでは書店を含め、雑誌を扱う全国7000店でも販売をやめる。

    ミニストップの判断を受け、成人雑誌業界では「やむを得ない」というムードが広がっている。アダルトゲーム月刊誌「BugBug」を出版する富士美出版の宗像知行編集部長は「ミニストップの例に限らず、規制を求める声は水面下で出ていた。30年以上前に米カリフォルニアへ行ったが、当時からアダルト雑誌は店頭などでは簡単に買えなかった。日本のほうが特殊だったのかも」と話した。

    日本の成人雑誌は戦後の1950年代頃から出始め、写真や漫画など、さまざまな形態やジャンルの雑誌が創刊。70年代には専用自動販売機も街中に登場。バブル期の80年代には「デラべっぴん」(04年休刊)などの人気雑誌も次々誕生したが、2000年代に入り、自治体の規制やインターネットのアダルトサイトなどの影響で廃刊が相次いだ。宗像さんによると、販売店などからの要望に応じて表紙を性的刺激が少ないものにするなど同社に限らず、業界全体で協力はしているが「外堀が埋められてきているように思います」と危機感をにじませた。

    引用元: ・【文化】「今までの日本が特殊だったのだ・・・」出版界は諦めムード。「ミニストップ」成人雑誌NO

    【「今までの日本が特殊だったのだ・・・」出版界は諦めムード。「ミニストップ」成人雑誌NO】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/02(木) 16:27:10.60 ID:CAP_USER9.net
    1

    2日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、フリーアナウンサーの中山正敏がリポート中、周辺住民と思しき男性から怒声を浴び、生中継が中止になるハプニングが起きた。

    番組では、神奈川県座間市にあるアパートで9人の遺体が見つかった事件を特集。
    警視庁は同日、住人である白石隆浩容疑者を死体遺棄容疑の疑いで逮捕している。

    番組では、白石容疑者にまつわる最新情報を中継で伝えた。
    白石容疑者の自宅からは遺体の解体に使用されたと見られる凶器や結束バンドなどの拘束具が見つかり、240本あまりの人骨も見つかったという。

    中山リポーターは現場近くの建物の屋上から、周囲の模様と事件の経緯、近隣住民の反応などを伝えていた。
    中山は「別の建物の屋上に許可を得て上がらせていただきました」と前置きしてリポートを始める。
    その中で「止めろ!」などど、撮影中止を求める男性の怒鳴り声が聞こえ出したのだ。

    不測の事態に、スタジオが静まり返る。ワイプ越しの司会・宮根誠司は「なんか声、聞こえません?」と中山に尋ねる。
    すると中山が「不動産会社の方に一応確認させていただいたんですけれども」「大家さんの方で、ちょっとここ止めなさいということで…」と伝えてリポートを中断となっていた。

    宮根は「許可を取って中継をさせていただいたんですけども…」と説明しながら、スタジオから番組を進行していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13836901/
    2017年11月2日 16時14分 トピックニュース

    引用元: ・【テレビ】座間市死体遺棄事件で「ミヤネ屋」 一般人の怒声に現場リポートを中止

    【座間市死体遺棄事件で「ミヤネ屋」 一般人の怒声に現場リポートを中止】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/12(木) 20:20:26.90 ID:CAP_USER9.net
    先日大きな話題を呼んでいた映画『オレの獲物はビンラディン』の前売り特典である特製うまい棒“ニコラスティック”が配布中止となることが明らかになった。
    同作のインターナショナル・セールス会社FilmNation International, LLCと日本の配給会社トランスフォーマーが12日、声明文を連名で発表した。

    特製うまい棒“ニコラスティック”は、12月16日から日本公開される映画『オレの獲物はビンラディン』の主演ニコラス・ケイジが写っているアートワークをパッケージに使用したデザインで、
    特別鑑賞券(税込1,500円)の特典として、一部の上映劇場にて窓口購入者限定で進呈される予定であった。

    同二社は配付中止となった理由について、「残念ながら、このプロモーション展開により、ニコラス・ケイジ氏が日本の製菓会社に対して肖像権を与えているような誤解が生じ、
    多くのニュースメディアを通じて間違った情報が拡散されました。ケイジ氏は、これを認識しておらず、肖像権の使用許諾も与えていないことに加え、特定の製菓会社を支援している事実もありません」とコメント。

    「FilmNation International, LLC とトランスフォーマー、並びにこのプロモーショングッズの製造と発表に関わったすべての関係者はケイジ氏の肖像をこのような形で使用したこと、
    並びにそれによって彼と彼のイメージ、評価に与えた損害を遺憾に思います。ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫びを申し上げます。誠に恐れ入りますが、何とぞご理解いただきますようよろしくお願いいたします」と謝罪した。

    ニコラスの顔が全面に配置されているそのインパクトの大きさから、特製うまい棒“ニコラスティック”のニュースはSNSで大反響を呼び、それは海外へも波及。複数の海外メディアがこの前売り特典を取り上げ、羨望の声もあがっていた。

    なお、前売り特典はうまい棒からポストカードへと変更になり、10月20日の発売を予定しているという。詳細は公式ホームページや公式SNSなどで発表される。
    『オレの獲物はビンラディン』は、祖国アメリカを愛するあまりたった一人でオサマ・ビンラディン捕獲に挑み、2010年にパキスタン当局に拘束されたアメリカ人男性の実話に基づくコメディー。(編集部・石神恵美子)

    シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年10月12日 20時9分
    https://news.infoseek.co.jp/article/cinematoday_N0095244/

    写真
    no title

    引用元: ・【映画】<ニコラス・ケイジ>「うまい棒」配付中止へ・・・・・

    【悲報 ニコラス・ケイジ特製うまい棒は配布中止】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/12(木) 16:26:37.05 ID:CAP_USER9.net
    1

    神奈川県大磯町の町立中学校の給食から異物が相次いで見つかり、大量の食べ残しが出ていた問題で、製造・配送を請け負っていた業者が町に対し、13日で納品を中止すると通告していたことが分かった。

    一連の問題を受け、町は業者との契約を解除する方針だったが、代替業者はまだ見つかっていない。町は来週以降、生徒に弁当を持参するよう求める方針だが、保護者にも戸惑いが広がっている。

    この業者は東京都内に本社が、神奈川県内に複数の工場があり、昨年1月から2019年3月まで、町立中2校に給食を納品する契約を町と結んでいた。だが、開始当初から「味が薄い」「冷たい」という声が生徒から上がり、今年7月までに髪の毛やビニール片などの混入も計84件見つかったことなどから、多い時で半分以上が食べ残される異常事態が続いていた。

    (ここまで350文字 / 残り273文字)

    2017年10月12日 15時22分
    YOMIURI ONLINE 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171012-OYT1T50081.html

    引用元: ・【神奈川】大磯町 「まずい給食」今週限りで中止 業者が町に通告

    【大磯町 「まずい給食」今週限りで中止 業者が町に通告】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/12(木) 10:51:34.05 ID:CAP_USER9.net
    http://www.asahi.com/articles/ASKBC4CTMKBCUCVL00D.html
     売り上げ減少が続く文庫本について図書館での貸し出し中止を文芸春秋の松井清人社長が要請することが分かった。貸出数の4分の1を文庫が占める地域もあるなどと実情を示し、13日の全国図書館大会で市場縮小の要因の一つと訴える。

     2015年の同大会でも新潮社の佐藤隆信社長がベストセラーの複数購入を出版不況の一因と主張。その後、図書館側が「因果関係を示すデータはない」と反論し、議論は平行線をたどった。今回は文庫に焦点を絞って問題提起する。

     出版社側の調べでは、文庫本の貸し出し実績を公表していた東京都内の3区1市で、15年度、荒川区は一般書の26%を文庫が占めた。ほかの区市では新書も合わせた統計で2割前後に上った。松井氏は「文庫は自分で買うという空気が醸成されることが重要」と訴え、一石を投じる。

     出版社は、小説などを雑誌で連…

    残り:207文字/全文:554文字

    ★1)10月12日(木)6:17:16.08
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507756636/

    引用元: ・【本】文庫本「図書館貸し出し中止を」 文芸春秋社長が要請へ★2

    【文芸春秋が図書館での文庫本の貸し出し中止を訴え 売り上げ減少で】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/02(月) 14:57:29.64 ID:CAP_USER9.net
    no title

    がん闘病中だった漫画家のつかじ俊氏が9月25日、死去した。
    1日、ブログやツイッターなどで家族が報告。
    昨年4月に「きょうのきゅうしょく!」の連載が2話で中止になった月刊漫画雑誌「ヤングエース」も2日、ツイッターで発表した。

    つかじ氏のブログとツイッターで、家族一同として「平成29年9月25日に安らかに旅立ちました。生前、作品を愛してくださいました皆さま、また、お世話になりました先生、出版関係の皆さまには深く感謝申し上げます」と悲しみの報告。

    「さらに、闘病に関して多くの方々から応援を頂き、励ましの言葉を掛けてくださいましたことは、どれほど本人の心の支えになっていたか、深く深く感謝と共にお礼申し上げます。いつの日も、心の片隅に思い出として残していただけることを念じて、旅立ちの報告をさせていただきます」とつづった。

    つかじ氏は昨年3月19日付のブログで「今日、手術やそれに関する説明をされました。進行がん、つまり悪性でした。心のどこかで奇跡的に良性…なんて考えていたのですが、やはりそんな奇跡は起こりませんでした。もっと早く見つかれば良かったんですけど、やはり25歳でがんだとは医者も滅多に思わないそうですね」と、自身が進行性のがんを患ったことを告白。

    また、翌4月には、月刊漫画雑誌「ヤングエース」に掲載された「きょうのきゅうしょく!」の連載が中止になったことが、同誌5月号で発表され、連載を中止し、治療に専念することを伝えていた。

    前日1日の家族の報告を受け、同誌のツイッターも2日午後に「『きょうのきゅうしょく!』の作者・つかじ俊先生がお亡くなりになりました。突然の訃報で、いまだに信じられません。心よりご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

    つかじ氏は今年9月12日、自身のツイッターで「今日で27歳になりました。なんとか生きる事ができました」と誕生日を迎えたことをつぶやいたばかりだった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000107-spnannex-ent

    引用元: ・【訃報】漫画家・つかじ俊氏死去、27歳の若さで…がん闘病中 連載2話で中止

    【訃報 漫画家・つかじ俊氏死去、27歳の若さで…がん闘病中 連載2話で中止】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/18(月) 08:37:48.28 ID:CAP_USER9.net
    https://www.cnn.co.jp/m/showbiz/35107374.html

    (CNN) 米人気歌手レディー・ガガさんは16日までに、持病の難病「線維筋痛症」での激痛を訴え、ブラジル・リオデジャネイロで予定していたコンサートを中止すると発表した。

    インスタグラムでの声明で表明したもので、回復次第、ブラジル公演を実施するとも約束した。

    強い痛みの発生を受け、入院して専門医らの治療を受けているという。


    ガガさんは先に、動画配信大手ネットフリックスに掲載されるドキュメンタリーで線維筋痛症を患っていることを公表。病名を明かしたことについてはこの病気の啓蒙(けいもう)と患者同士の連帯を図ることを期待していた。

    線維筋痛症では全身に痛みや倦怠(けんたい)感など発症するという。

    2017.09.16 Sat posted at 16:02 JST

    レディー・ガガ。持病により入院に、ブラジル公演の中止を発表
    no title

    引用元: ・【芸能】難病「線維筋痛症」のレディー・ガガ、激痛で入院 ブラジル公演中止

    このページのトップヘ