あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    事情聴取

    1: 小豆大福 2017/11/25(土) 12:11:04.87 ID:CAP_USER9.net
    日に日に新たな証言者が出るなど、いよいよ混沌としてきた日馬富士の殴打事件。23日は貴ノ岩の「日本の父」なる人物がワイドショーに匿名で登場し、あれやこれやと語っていた。

    そんな中、相変わらず周囲のクビをひねらせているのが貴乃花親方(45=元横綱)の言動だ。被害者である貴ノ岩から話を聞きたいという相撲協会の事情聴取の要請に「協力できません」と、かたくなに拒否している。

    あくまで貴乃花親方が自身の主張を曲げないのであれば、行き着く先はひとつしかないだろう。本紙でコラム「戯作者の難癖口上 さあさ、お立ち会い」を連載している松崎菊也氏が、23日付の紙面で「新日本相撲協会と全日本相撲協会に分裂する正夢」と書いた団体分裂がそれだ。

    松崎氏が言う。

    「おそらく貴乃花親方は『このままでは相撲協会はダメだ』という思いがふつふつとあったのでしょう。どんな団体でも、分裂するときは『この人とはやっていけない』『この組織はダメだ』という思いが引き金になるもの。ここまでくれば、ファンも貴乃花親方が協会と和解するとは誰も思いませんよ。貴乃花親方の思惑は別にして、『殴られたのはこっち。だから警察に任せている』という主張は組織としてはともかく、筋論としては間違ってはいない。当然、貴乃花親方から謝罪するとは思えないし、協会も『わかった。次の理事長はおまえにするから矛を収めてくれ』なんて言うはずがない。本当に相撲協会が分裂するかもしれません」

    そもそも貴乃花親方は2016年の理事長選直後から、「職務放棄」が問題視されていた。理事として出席すべき行事に参加せず、今回の件でも協会をないがしろにしている。貴乃花親方が現体制と対立しているのは事実としても、だからといって、職務を放棄していいことにはならない。

    ビジネス評論家で好角家の菅野宏三氏は「その意味では貴乃花親方は間違っています」と、こう続ける。

    「企業でもそうです。出世争いに敗れたとしても、組織の一員である以上は会社のために協力はすべき。まして相撲協会は公益財団法人で、貴乃花親方は理事。一般企業ならば取締役に当たる立場です。たとえ理事長選で負けたとしても、終わればノーサイドじゃないですか。今回の暴行事件で警察に被害届を出すこと自体は問題ないにせよ、なぜその前に協会に報告しなかったのか。さらに協会の調査にも協力できないと言っている。現在は一般企業でも透明性が重視されている時代です。調査に協力できない理由があるならば、それをファンにもわかるようにきちんと説明する義務がある。もし、それすらも嫌だと言うのならば、組織を離れるしかないでしょう」

    貴乃花親方に自分なりの理想があるというならば、相撲協会にこだわる必要はない。新しく相撲団体をつくり、協会を見返すくらい良い組織をつくればいいだけの話だ。

    11/25(土) 9:26配信 現代
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000011-nkgendai-spo

    写真
    no title


    【大相撲】<貴乃花親方>バッシングされても相撲協会と決裂した本当の理由 ★3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511492341/

    【大相撲】<元旭鷲山氏>貴ノ岩と25日に面会へ 貴乃花親方も「彼が来るなら」と快諾 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511494224/

    【大相撲】<貴乃花親方の不可解なファッシッョン>「マフィアにしか見えない」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511387975/

    【テレビ】<貴乃花親方の服装>母・藤田紀子が率直意見!「勘違いされる。やめてほしい」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511474382/

    引用元: ・【大相撲】<貴乃花親方>相撲協会「脱退」必至 事情聴取を真っ向拒否

    【貴乃花親方 相撲協会「脱退」必至 事情聴取を真っ向拒否】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/20(月) 02:46:03.28 ID:CAP_USER9.net
    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000024-sph-spo

    大相撲の横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=に暴行を受けた前頭8枚目・貴ノ岩(27)=貴乃花=が、今年の夏巡業中に同じモンゴル人力士を殴打していたことが18日までに分かった。

    関係者によると、日馬富士は貴ノ岩の乱暴なふるまいに立腹しており、10月25日に鳥取市内で暴行に及んだ要因の一つになっているという。後輩への説教のつもりが度を越し、日本中を騒がせる横綱による暴力事件につながった可能性がある。

    被害者である貴ノ岩も暴力を振るっていた。関係者によると事件が起きたのは夏巡業中で、殴られたのは別の部屋の幕下以下の力士。宿舎の風呂場の湯が出なかったため、貴ノ岩は確認を命じたが、報告が十分に伝わらずに激高。顔面を数発殴り、膝蹴りしたという。この場面を多くの力士が目撃していたという。

    暴力行為は許されることではないが、殴った相手が同郷の先輩の関取ということで、大事にせず被害届など表立った行動は起こすつもりはないと言う。しかしその後、この件が日馬富士に伝わり、度を越した貴ノ岩の行為をいさめる必要があると考えていたという。

    今回の日馬富士の暴行事件の背景には、思い上がった後輩の態度を許せないと判断した横綱の“制裁”の意味もあったと指摘する声もある。結果として暴行は明るみに出て、日本中の注目の中で任意とはいえ警察の聴取を受ける段階にまで発展した。

    力士の模範であるべき横綱が、暴力の連鎖で相手を負傷させた事実は決して許されるものではない。殴打に訴えず、番付最高位の立場と説得力ある言葉で後輩力士の言動をいさめれば、違う結果になっていたのかもしれない。


    1が建った時刻:2017/11/19(日) 10:18:05.20
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511100009/

    引用元: ・【日馬富士暴行】貴ノ岩、夏巡業中に同じモンゴル人力士を殴打していたことが判明。日馬富士激怒の一因か★4

    【日馬富士暴行 貴ノ岩、夏巡業中に同じモンゴル人力士を殴打していたことが判明。日馬富士激怒の一因か】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/10(火) 21:53:30.01 ID:CAP_USER9.net
    1

     長野市の善光寺で多数の×印の落書きが見つかった事件で、47歳の女性が警察が任意で事情を聴かれていることが分かった。

     この事件は長野市の善光寺で8日に国宝の本堂や国の重要文化財の山門と経蔵などで×印の落書きが見つかったもの。その後、大勧進や大本願などの建物でも落書きが確認されている。

     善光寺周辺では神社や寺のほか、飲食店や商業施設でも同じ落書きが見つかっていて、その数は100か所以上に上っている。警察によると、この落書き事件で長野市の47歳の女性から任意で事情を聴いているという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171010-00000077-nnn-soci

    引用元: ・【社会】善光寺落書き 47歳女性から事情聴取

    【善光寺落書き 47歳女性から事情聴取】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/12(火) 10:21:25.14 ID:CAP_USER9.net
    3豊田真由子議員を埼玉県警が事情聴取 傷害などの疑い 被害届の一部を否定
    08:04
    https://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/sankei-afr1709120003.html

     自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区)から暴言や暴行を受けたとして、元政策秘書の男性が埼玉県警に被害届を出していた問題で、県警が豊田氏を事情聴取していたことが11日、豊田氏側の関係者の話で分かった。県警は7月、被害届を受理し、傷害などの疑いで捜査を始めていた。豊田氏は被害届の内容の一部について「事実と違う」と指摘しているという。
     6月22日発売の週刊誌「週刊新潮」の報道によれば、豊田氏は5月、男性が車を運転中に後部座席から「ハゲ」「死ねば」などと罵声を浴びせ、頭や顔を数回殴ってけがをさせた。男性はその後、県警に被害に遭った当時の音声データや診断書などを提出した。
     豊田氏は報道後、精神的に不安定となり、現在も入院中。8月下旬以降、病状が回復し、医師の許可の範囲内で一部の支持者らと直接連絡を取っている。8日発売の月刊誌「文芸春秋」では、議員活動を続ける意向を明らかにしている。
     関係者によると、豊田氏は月内にも記者会見を開き、事件について謝罪した上で、詳しい説明を行う意向だという。県警は詳しい経緯を調べた上で、今後の方針を決める。

    引用元: ・【埼玉】豊田真由子議員を埼玉県警が事情聴取 傷害などの疑い 被害届の一部を否定

    【【報道】豊田真由子議員を埼玉県警が事情聴取 傷害などの疑い 被害届の一部を否定】の続きを読む

    このページのトップヘ