あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    五輪

    1: 小豆大福 2017/09/27(水) 20:20:09.76 .net
    3【アムロス】安室奈美恵の引退表明で「誰が東京五輪で歌うのか?」と話題 / ネットの声「ジャニーズとAKBは勘弁」「小林幸子が世界の度肝を抜く」などビックリ

    2018年9月16日をもって引退すると電撃発表した歌手の安室奈美恵さん。その功績は余りにも大きく日本中に衝撃が走っているが、なぜか3年後の東京五輪にまつわる話題がネット上で盛り上がりを見せている。


    その内容とは、本命の1人として見られていた安室さんの引退により「誰が東京五輪の開会式で歌うのか?」というもの。ネタ的な意見も含めて、ネット上ではカオス的な展開になっているのでご紹介したい。

    ・本命の1人
    あくまで推測の域を出ないが、やはり安室さんは東京五輪の開会式で歌う本命の1人であったことだろう。歌唱力はもちろんのことエンターテイメント性も含めて、日本を代表するトップアーティストの1人であることは疑う余地がない。

    その他に本命候補と見られているのが、リオ五輪の閉会式で音楽を総合プロデュースした椎名林檎さん。そして2016年にアーティスト活動を再開した宇多田ヒカルさんあたりだろう。どちらも開会式を託すのにふさわしい実力の持ち主だが、ネット上ではこの2人以外の名も多く飛び交っている。

    ・ネットの声
    「順当にいけば椎名林檎か宇多田ヒカルだろうな」
    「その2人なら納得できる」
    「頼むからジャニーズとAKBだけはやめてくれ」
    「嵐が君が代を歌うとする。それに熱狂するジャニヲタとか想像するだけで恐ろしい」
    「EXILEも勘弁な」
    「秋元康先生もジャニー喜多川さんも、おとなしく手を引いてください」
    「SMAP復活フラグが立ったんじゃね?」
    「夏のお祭りには桑田佳祐とサザンが良く似合う」
    「B’zがいるだろうが!」
    「小林幸子が世界の度肝を抜く」
    「日本らしく演歌でいいじゃん。氷川きよしにずんどこ節歌ってもらおう」
    「由紀さおりあたりでいいだろ」
    「みなさん、ピコ太郎をお忘れかな?」
    「別に歌う必要がない」

    印象的だったのは「誰に歌って欲しい」という意見よりも、「ジャニーズやAKBなどのアイドルだけはやめてくれ」という声が多かったこと。アイドル文化はジャパニーズカルチャーのひとつであることは間違いないが、東京五輪の開会式には不向きだと考えている人が多いようだ。

    まだ3年あるとも、もう3年しかないともいえる2020年の東京五輪。安室さんの引退表明は時空を超えて、こんな話題にも影響を及ぼしている。
    https://gunosy.com/articles/aDmeS
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    引用元: ・【五輪】2020東京五輪は誰が歌うのか? ジャニーズAKBはやめての声

    【【五輪】2020東京五輪は誰が歌うのか? ジャニーズAKBはやめての声】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/26(火) 05:12:38.14 ID:CAP_USER9.net
    本田真凛シニア初Vかすむ…女王は驚異のSP高得点発進

     フィギュアスケートのオンドレイ・ネペラ杯(スロバキア・ブラチスラバ)が21日(日本時間22日)に開幕。女子ショートプログラム(SP)でエフゲニア・メドベージェワ(17=ロシア)が、自身の持つ歴代最高得点80.85点に迫る80.00点で首位に立った。
    世界選手権、GPファイナル2連覇中の女王が来年2月の平昌五輪に向けて好スタートを切った。メドベージェワは今季初戦の国際大会で安定した演技を披露。スケート技術や表現力など5項目の構成点はすべて9点台と驚異的な数字を並べた。

     フィギュアのシーズンが本格的に開幕し、米NBCスポーツ(電子版)は21日、平昌五輪のメダル予想を掲載。記事では、メドベージェワを金メダルの最有力候補に挙げ、「最大のライバルはシニアデビューした昨季のジュニア世界選手権優勝のアリーナ・ザキトワ(ロシア)と準優勝の本田真凜になるだろう」としている。

     16歳の本田は先のUSインターナショナルクラシック(米ソルトレークシティー)でシニアの国際大会初優勝。一躍、平昌五輪の代表候補に浮上したが、合計得点は198.42。SPでは66.90点とメドベージェワの足元にも及ばなかった。

     平昌の日本女子の出場枠は「2」。本田が平昌のリンクに立ったとしても、ロシア女王の引き立て役に終わりかねない。

    日刊ゲンダイDIGITAL 2017年9月23日
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/214189
    画像:平昌五輪では引き立て役?
    no title


    ※直近の大会の2人の成績(>>28.3点差)
    メドベージェワ:SPは80.00点、FSは146.72点で、合計226.72点(※優勝)
    本田真凛:SPは66.90点、FSは131.52点で、合計198.42点(※優勝) 

    引用元: ・【フィギュア】シニア初V・本田真凛の得点は女王メドベの足元にも及ばず(※28.3点差)、もし五輪に出れても、引き立て役で終わりかねない

    【【本田真凛】シニア初Vも得点は女王メドベの足元にも及ばず もし五輪に出れても、引き立て役で終わりかねない・・・・・】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/18(月) 11:27:40.43 ID:CAP_USER9.net
    3女子シングル2枠の激戦代表争い/平昌を目指す選手

    <フィギュアスケート:USインターナショナルクラシック>◇第3日◇16日◇米国・ソルトレークシティー◇女子フリー

     本田真凜(16=大阪・関大高)が、鮮烈なシニアデビューを飾った。ショートプログラム(SP)首位で迎えたフリーは、標高約1300メートルの難条件で酸欠になりながらも大きなミスなく滑り切り、131・52点、合計198・42点で優勝。平昌五輪シーズンを最高の形でスタートした。

     平昌五輪フィギュアスケート女子シングルの日本の枠は3大会ぶりに2枠に減り、本田にもこれから激しい代表争いが待ち受けている。
    選考は12月の全日本優勝者が最優先。残りは全日本2、3位や全日本覇者を除くグランプリ(GP)ファイナル日本勢上位2人、世界ランキングなどから総合的に判断される。
    GPシリーズのスケートカナダ、中国杯に出場する本田は、まずはその2大会で表彰台に絡む活躍が必要となる。
    その上でGPファイナル、全日本選手権で上位進出を目指す。
    ライバルは全日本3連覇中の宮原、2月の4大陸選手権を制した三原、15、16年全日本2位の樋口、本田同様に今季からシニアに転向した坂本、白岩らになりそうだ。

    [2017年9月18日9時12分 紙面から]

    日刊スポーツ 
    https://www.nikkansports.com/sports/news/201709180000152.html

    <関連スレ・関連記事>
    【フィギュアスケート】<本田真凜>シニアデビュー戦でV!坂本花織は4位/ USインターナショナルクラシック最終日★2
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505696727/
    【フィギュア】樋口新葉は2位、15歳ザギトワが逆転V 松田悠良は5位 ロンバルディア杯 - 産経ニュース
    http://www.sankei.com/sports/news/170916/spo1709160004-n1.html
    【フィギュア】<日本のフィギュア熱に伊メディア驚嘆!>報道陣30社「サッカー選手のように愛される」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505568724/

    【旬!スポーツ】浅田真央の後継者は誰か 宮原知子、本田真凜、三原舞依…平昌五輪出場枠争う戦いスタート 男子は羽生、宇野が順調な仕上がり - 産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/170828/wst1708280009-n1.html 

    引用元: ・【女子フィギュア】平昌五輪2枠の激戦代表争い!シニア初戦Vの本田真凜のライバルは全日本3連覇中の宮原、四大陸Vの三原、樋口、坂本、白岩ら

    【【女子フィギュア】平昌五輪2枠の激戦代表争い!シニア初戦Vの本田真凜のライバルは全日本3連覇中の宮原、四大陸Vの三原、樋口、坂本、白岩ら】の続きを読む

    このページのトップヘ