あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    人殺し

    1: 小豆大福 2018/01/06(土) 14:43:18.64 ID:CAP_USER9.net
    3

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00054068-gendaibiz-bus_all&p=1

    (略)

    いつか「仕返し」されるのでは?

     ――10年前って、今の自分の姿が想像ついていましたか。(テレビ局関係者の質問)

     進:想像がつくわけ、ないじゃないですか。10年前は政治家になっていないですよ。あの頃は世襲批判でクソミソでしたよ。その時の経験が、今みたいな発言につながるんですよ。良い時に祭り上げられる時の映像は、将来叩き落される時に使われるんです。それを痛感したのが、10年前でした。だから、一喜一憂はしなくなりますよ。よく報じてもらえる時は、叩きつぶされる時のスタートだなと思っています。

     ――そんなにマスメディアを挑発し続けて、いつか仕返しされるという恐れはないですか。

     進:メディアにかかわる人たちは、「メディア自体が権力だ」ということを自覚していない人が多いと思います。よくメディアの役割は権力の監視とチェックだと言うけど、じゃあ、そのメディアそのものは権力じゃないんですか。

     メディアってすごい権力ですよ。人を潰せますよ。誤解なく言わせてもらえば、人を殺せますよ。社会的に、政治的に。そのことを自覚していないのか、自覚をしていないふりをしているほうが都合いいからそうしているのか。どちらかはわかりませんけど、メディアって恐ろしい生き物ですよ。

     一度、空気が作られたら、嵐が過ぎ去るのを待つしかない。あの空気の作り方はスゴイ。怖いですよ。それに対する恐れがないと政治の世界では生きていけない。だって、できますもん、メディアが「コイツを潰そう」と思ったら。

     ――小泉さんにはメディアの権力さえも凌駕する国民的な人気があるという自覚はありませんか。

     進:人気だって、メディアが作れるし。そういった意味でね、報道にはすごく冷めているんですよ。だって、あれだけ世襲批判で叩かれた後に、ある週刊誌に「世襲こそ革新を生む」という特集(「AERA」 2014年6月2日増大号)があった。それを見た時、椅子から転げ落ちそうになりましたよ。

    (略)

     「正論」のマシンガントークは、20分ほど続いた。その間、サッカー少年団のママたちから振舞われたアツアツの豚汁を平らげた。最後はひょっこりやってきた小学生に促されるまま、進次郎はグラウンドに戻っていった。

     全国紙やテレビ、週刊誌の政治報道をオワコンとみなし、情報源を媒体のブランドより個人の署名で選別、ニュースや新書より古典、あるいは当事者の声を聞くことに時間を費やす。意識高い系ならではの「知の技法」だ。

     かと思えば、朝日新聞、日本経済新聞、文藝春秋、東洋経済オンラインという全国紙、経済紙、出版、ネットニュースの各トップブランドで「ポートフォリオ」を組み、編集部からのラブコールを逆手に取る形で頻繁に登場することで、権力者の矛盾を突く報道機関を自由自在な「PR」の道具としてしたたかに駆使していく──。

     2017年から顕著になってきた小泉進次郎の「メディア論」は、果たして日本のデモクラシーにとって吉と出るのか、凶と出るのか。言葉巧みに人を取り込む術に長けた彼の言いなりにもならず、批評的距離を保てる「国民的メディア」が存在しなければ、それはチェックできない。無論、新聞・テレビの政治部記者には、その役割は期待できそうにない。

    引用元: ・【小泉進次郎】メディアはすごい権力 誤解なく言わせてもらえば、人を殺せます。社会的に、政治的に

    【小泉進次郎 メディアはすごい権力 誤解なく言わせてもらえば、人を殺せます。社会的に、政治的に】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/11(月) 19:42:52.36 ID:CAP_USER9.net
    311日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、番組コメンテーターのマツコ・デラックスが、スキャンダルを徹底的に追及する風潮に苦言を呈した。

    番組では「密会愛報道 山尾志桜里氏 説明責任は不要?」と題して、夕刊フジの記事を取り上げた。記事によると、ダブル不倫疑惑を報じられた衆議院議員の山尾志桜里氏に対して、説明責任を果たしていないとの批判の声が高まる一方で、動画サイトの生放送に出演した漫画家の小林よしのり氏は「イメージ商売のタレントと違い、政治家の不倫に説明責任は必要ない」と持論を展開したことを伝えている。

    この記事について、司会のふかわりょうからコメントを求められた女装家のナジャ・グランディーバは、タレントや政治家という肩書きは関係なく公の場で「説明責任というか『不倫しちゃいました』みたいなことは言ってもらいたい」と主張する。その理由について「お茶の間はそういうのがないと楽しくない」「私たち女装家の楽屋も、そういう話題で盛り上がる」とぶっちゃけた。

    するとマツコが「基本的に人間は、悪口が楽しいんですから」と割って入った。マツコは、人の悪口が楽しいと語る一方で「叩きすぎ」ともいう。

    マツコは「その人の人生を終わらせてしまうぐらい、根こそぎやってしまう」「悪口を楽しんでるんじゃなくて、人殺しを楽しんでいるようになっちゃってる」と、不倫疑惑をはじめとする昨今のスキャンダルの報じ方や、徹底的に追及する風潮は、陰口で楽しむ程度を超えていると指摘する。

    さらにマツコが「女装の楽屋で飛び交っているような、オシャレ文言はない」と嘆くと、ナジャも「とどめを刺している感じね…」と苦い表情を浮かべる。マツコは「陰口を叩くにしても、もう少しオシャレになってほしい」と苦言を呈していた。

    2017年9月11日 19時20分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13598272/

    引用元: ・【テレビ】<マツコ・デラックス> 昨今の不倫疑惑追及に苦言!「人殺しを楽しんでいるよう」

    【【テレビ】<マツコ・デラックス> 昨今の不倫疑惑追及に苦言!「人殺しを楽しんでいるよう」】の続きを読む

    このページのトップヘ