あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    今井絵理子

    1: 小豆大福 2017/10/11(水) 05:46:35.22 ID:CAP_USER9.net
     7月末にSPEEDのメンバー・今井絵理子参院議員との不倫疑惑が報じられ、その後、政務活動費の架空発注をめぐって議員辞職した元神戸市議・橋本健氏だが、同市内にある自宅マンションを差し押さえられていたことを、発売中の「フライデー」(講談社)が報じている。

     橋本氏は、不倫報道直後、会見を行い男女の関係を真っ向から否定。今井議員も否定しただけに一難去ったと思いきや、市政報告チラシの印刷代を架空請求していたことが発覚。8月29日に市議を辞職していた。

     それだけにはとどまらず、さらにまた一難。同誌によると、9月22日、自宅マンションが神戸市によって差し押さえられてしまったというのだ。

     同市収税課は、差し押さえの理由について、同誌に「お答えできない」と回答。しかし、その理由は架空請求していた約720万円の返納ができていないためだとしか考えられないという。

     橋本氏は、市議のかたわら、同市内の歯科医院で院長もつとめており実入りはかなりあったという。ところが、遊び好きで別居中の妻にも生活費を支払っていたため、金銭的に困窮しているというのだ。

     「自分の責任とはいえ、今井議員との不倫が発覚したことから真っ逆さまに転落した橋本氏。それに対して、今井議員はすっかり“雲隠れ”の状態。22日投開票の総選挙、本来ならばその知名度を活かして各候補の応援に回らなければならないはずだが、応援行っても逆効果。そのため、しばらくは“開店休業状態”だが、それでも給与は支払われる。参院で解散がないため、任期の4年以上は悠々自適なはず」(永田町関係者)

     SPEED時代の稼ぎをたっぷり蓄えているであろう今井議員だけに、窮地の橋本氏に“救いの手”を差し伸べたほうがよさそう?

    2017年10月11日 1時1分 リアルライブ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13730479/

    写真
    no title

    引用元: ・【話題】<どん底に転落した今井絵理子議員の不倫相手>元神戸市議・橋本健氏、自宅マンションを差し押さえ

    【どん底に転落した今井絵理子議員の不倫相手 元神戸市議・橋本健氏、自宅マンションを差し押さえ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/25(月) 17:53:20.60 ID:CAP_USER9.net
    3

     不倫疑惑を週刊文春で報じられ、民進党を離党して以降、雲隠れしていた山尾志桜里衆院議員(43)が22日、地元の愛知県で次期衆院選挙に出馬する意向を表明した。

     山尾氏は支援者を集めた会合に出席。小雨が降るなか、支援者たちは会場に続々と到着した。マスコミにもみくちゃにされながら登場した山尾氏は「無所属で直近の選挙に挑戦させていただきたい」と立候補を表明。

     さらに会合後のぶら下がり会見では、不倫疑惑について「男女の関係にない」とあらためて否定した。記者からは具体的な説明を求める質問が相次いだが、「相手のご家族に心痛を与えるので、新たな主張は控える」「今回の(不倫)報道について、政治家の説明責任はどうあるべきなのか」と、記者団に反論する場面も見られた。

     山尾氏に対しては支援者から「ガンバレ!」と応援する声が上がった一方、70代の男性からは「支援者が納得するように包み隠さず話してほしい」との声も。別の支援者は、次の衆院選について「民進党の支援も受けられないし、厳しいんじゃないか」と見通しを示した。

     不倫騒動では、ベッキーや今井絵理子参院議員(自民党)も会見で不倫を否定し、バッシングを受けた。山尾氏は9月7日に国会内で開いた離党会見でも記者の質問を無視し、逃げるようにその場を去っていた。説明不足の印象はいなめない。危機管理コンサルタントの田中辰巳氏は「ベッキーや今井氏より最悪の会見だった」と話す。

     「山尾氏は自分が置かれている状況がまったくわかっていません。だから、今回のように周囲の反応を無視した行動がとれるのです。これは危機管理ではなく、危機"喚起"でしかありません。問題はさらに大きくなっていくでしょう」

     永田町に解散風が吹き荒れる中、山尾氏の行動は民進党議員の悩みのタネだ。ある民進党議員は「地元で女性の支援者から問い詰められて、大変ですよ……」と嘆く。

     前出の田中氏は言う。

     「今回の釈明でイメージを落としたのは山尾氏だけではありません。幹事長に起用しようとした前原(誠司・民進党代表)氏の『人を見る眼』も疑われることになった。
    このままでは山尾氏は誰からも信用されない政治家になってしまいます。今からでも遅くないので、議員辞職をするぐらいのことをしないと、有権者が納得することはないでしょう」


    (ぶら下がり会見での主な質問と山尾氏の回答は以下のとおり)

    ――説明が遅かったのでは。

     率直なところ、一連の報道があってから、名前もあがった一私人の弁護士さんの家族にご迷惑をかけています。家族などへの嫌がらせもありましたので、なかなか戻れなかった。

    ――不倫報道で指摘された4日間、誰とどこで何をしていたか。

     (週刊文春の)報道以降、様々なメディアも通じて、いろんな報道がなされました。私も悩みました。こういった内容の報道について、政治家はどこまで説明責任を負うべきなのかを突きつけられました。そういった中で、一つ一つのことについて私が新たな主張をさらに重ねたり、付け加えれば、さらに先方のご家族にも、私の家族にも、またいろんな心痛や心労や生活上の支障もおそらく続くのではないだろうかということを、この2週間含めて推察をしています。今回の報道について、政治家の説明責任はどうあるべきなのか。そして、その責任を(愛知)7区で挑戦をする私は果たしているのか、いないのか。有権者一人一人の物差しで、一人ひとりの判断で、最終的には通信簿をつけていただきたいと思っています。

    ――不倫関係にはあったんですか、なかったんですか?

     会見でもお話しましたように、男女の関係はありません。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170922-00000057-sasahi-pol

    引用元: ・【W不倫】山尾志桜里の2度目の不倫釈明がベッキー、今井絵理子以上にお粗末だったワケ

    【【W不倫】山尾志桜里の2度目の不倫釈明がベッキー、今井絵理子以上にお粗末だったワケ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/18(月) 00:59:15.84 ID:CAP_USER9.net
    自民党の今井絵理子参院議員と不倫疑惑にある橋本健元神戸市議の夫人からの書面を17日、フジテレビ系「Mr.サンデー」が報じた。
    夫人は「このまま終わらせない」としており、番組に出演した八代英輝弁護士は、夫人が今井議員を提訴することを検討している可能性を指摘した。

    書面で橋本元市議の妻は「今井さんからは謝罪どころかなんのご連絡もありません。
    お子さんがおられると聞いていますが、自身の責任でこのような事態をどう考えて、どう責任を取るおつもりでしょうか。
    私としてもこのままで終わらせることは一切考えておりません」としていた。

    宮根誠司アナウンサーは「夫婦関係が破たんしていると橋本元市議はおっしゃってたんですが、
    奥様がこういうふうに何の謝罪もないと、どういうふうにお考えですかというのは大変重いと思うんですけどこのあたりも誠意にかける?」
    と八代弁護士に意見を求めた。

    八代弁護士は「おそらく、奥様としては破たんの原因が今井絵理子議員にあるということで提訴を考えている」と推測。
    宮根アナは「というふうにもとれますね」と応じた。

    2017年9月17日 22時1分 デイリースポーツ
    http://news.livedoor.com/article/detail/13626434/

    写真
    no title

    引用元: ・【テレビ】<今井絵理子議員>橋本元市議の妻から提訴の可能性も…妻「このままで終わらせない」

    【【今井絵理子】不倫の代償 橋本元市議の妻から提訴の可能性も…妻「このままで終わらせない」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/12(火) 21:19:48.42 ID:CAP_USER9.net
    ここのところマスコミから「山尾・宮崎・今井のうち誰がいちばん悪質なのか」とか、「コメンテーターが山尾さんだけに同情的だったりするのはおかしいと思うか」とかいうことでコメントが求められている。
    ばかばかしい気もするが、いちおう応えているうちに、頭の整理が出来てきたのでアゴラにも書いておく。

    結論からいえば、私はダントツで山尾さんが悪質だと思う。

    (1)不倫の確実性
    宮崎氏は認めているが、山尾氏と今井氏は認めていない。ただ、山尾氏も今井氏も不倫していると見られても仕方ないことはしている。普通、山尾氏や今井氏のようなことして潔白だといってもそれを信じる配偶者はいないだろう。
    そういう意味では、差は決定的ではない。

    (2)W不倫かどうか
    山尾氏と宮崎氏はW不倫だが、今井氏は自身は独身だ。

    (3)夫婦で協力して子育てに取り組む模範例を標榜していたか
    山尾氏は「保育所落ちた日本死ね」で流行語大賞。宮崎氏もイクメンを売りにしていた。今井氏は子育てママは標榜していたがほかの両氏ほどではない。

    (4)他人の不倫を厳しく批判していたか
    山尾氏は宮崎氏に、同じ人種とは見られたくないとかいっていたはず。宮崎・今井氏はとくに発言なし。

    (5)政治家としての立場の重要性
    山尾氏は野党第一党の幹事長予定者だし、元検事、宮崎・今井は陣笠政治家。

    (6)ほかに不倫があったか
    宮崎は他にも噂あり(議員在任中)。山尾・今井は不明。

    上記を総合的にみれば、どうも山尾氏がいちばん悪質なのではないかと思う。

    それから、不倫のようなことを政治のメインテーマとすべきかということも議論されているが、それについては、山尾氏に断然問題がある。

    まず、(4)でも指摘したように、山尾氏がまさにそのような話を政府与党批判の材料として使った過去がある。それに限らず、宮崎氏や今井氏について、マスコミでなく民進党の政治家が批判の先頭に立ってきた。
    それに比べると、山尾氏批判を政府与党の主要政治家が派手に展開しているわけでない。

    そのあたりも考慮すれば、民進党のほうから、これからは、政治家の個人的スキャンダル追及をほどほどに留めるという宣言をするのが先決と言う気がするおかしいだろうか(二重国籍などは個人的問題でないので悪しからず)。

    私は前原民進党にとって大事なことは、政府与党批判でなく、自ら前政権時の失態を反省しているかや、政権担当能力が身についたかであって、個人的スキャンダルにせよ政策にせよ、
    政府与党批判をするより、そっちを証明することが優先で政権への近道だと思うが、いかがだろうか。

    八幡 和郎

    9/12(火) 17:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170912-00010011-agora-pol

    写真
    no title

    引用元: ・【話題】<不倫>山尾志桜里、宮崎謙介、今井絵理子の誰が悪質か ---

    【【話題】<国会議員不倫>山尾志桜里、宮崎謙介、今井絵理子の誰が悪質か ---】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/09(土) 08:46:05.46 ID:CAP_USER9.net
    3妻子ある橋本健元神戸市議(37)との略奪不倫が報じられて話題となった、自民党の今井絵理子参議院議員(33)が「議員バッジを外したい」と周囲に漏らしていると一部で報じられている。
    今井絵理子は週刊誌で、新幹線車内での“手つなぎ爆睡写真”や、ホテル内をパジャマ姿でうろつく姿などが掲載されたが、どうやらこれが今井絵理子のプライドを傷つけているという。

    今回の一件で今井は、事情聴取を受け厳重注意に留まったが、これだけ周囲に叩かれるという経験がなかったため、覇気がなくなってしまったというのだ。

    「今井は議員立候補時点から、国会議員の資質に関する声が上がっていました。
    沖縄出身であるにもかかわらず、米軍基地問題の見解を述べられず〝これから勉強します〟という体たらくを見せる場面もありましたしね。
    昨年はなんとか議員として当選したものの、〝なぜ国会議員になろうと思ったのか〟〝単なる客寄せパンダでしかない〟という意見もあるようです」(芸能記者)

    さらに一部では、注目を集めることでチヤホヤされたかったから、議員になったのではないかとも揶揄されているようだ。
    国会議員としてはまさに“背水の陣”な状態だが、今井はこの状況において、なんと芸能界復帰のタイミングをうかがっているという噂が持ち上がっている。

    ■「橋本市議が悪い」

    「不倫疑惑相手である橋本元市議が、この報道後〝恋愛感情を間違いなく抱いていた〟〝自分の方から握ってしまった〟とコメントしてしまっているので、世論を〝男の方が悪い〟
    という方向に持って行こうとしている部分があるようです。
    さらに、橋本元市議は支援者へ配る広報紙の印刷の架空発注で、さらに風当たりが強くなっています。
    このタイミングをみながら、ひっそりと今井は議員を辞職しようとしているとも言われているようです」(前出・芸能記者)

    そんななか、今井は先月31日発売の『週刊新潮』(新潮社)で、今夏の内閣改造で副大臣や政務官に就任した同僚議員にビール券を送ったとして、公職選挙法違反の疑いが指摘されている。
    芸能界復帰を画策する前に、こうした自身の不正行為に対しても、適切な対応が必要なのではないだろうか。

    「実際に選挙法違反に問われれば、それこそ芸能界復帰も困難になるでしょう。
    今井が思う以上に、世間の厳しい視線が自身に突き刺さっています。全てをうやむやにしたままでは、
    おそらく議員も芸能人もどちらの座も、失うことになるのには違いないと思いますが……」(同・記者)

    今井が現在すべきなのは、すべての件におけるしっかりとした説明なのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1353183/
    2017.09.09 08:05 デイリーニュースオンライン

    引用元: ・【芸能】今井絵理子“議員辞職”をつぶやくウラで目論む芸能界への復帰プラン

    【【SPEED】今井絵理子“議員辞職”をつぶやくウラで目論む芸能界への復帰プラン】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/08(金) 07:10:46.62 ID:CAP_USER9.net
    4 お笑い芸人、タレント、政治家、作家……。そして7日、また、民進党の山尾志桜里衆院議員の「不倫」問題が報じられた。なぜ今、こんなに不倫報道が過熱するのか。

     同日発売の「週刊文春」は「イケメン弁護士と『お泊まり禁断愛』」とのタイトルで、山尾氏が妻子ある男性と密会していたと大きく報じた。山尾氏は同日、離党を表明した。民放各局のワイドショーや情報番組は7日朝からこの話題でもちきりだった。例えば、テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」は約45分を割いた。出演者が、国会論戦で活躍した山尾氏についた異名をもじり、「ジャンヌ・ダルクは最終的に火あぶりになるわけで」とコメント。笑いがわく一幕もあった。

     不倫報道は最近目立つ。政治家では宮崎謙介氏、今井絵理子氏、中川俊直氏、お笑い芸人の宮迫博之さん、俳優の渡辺謙さんや斉藤由貴さん、作家の乙武洋匡さんら多くの有名人が報じられた。週刊誌のスクープなどをきっかけにテレビやネットで取り上げられ、謝罪を迫られるパターンだ。

     いつの世にも不倫はあり、古今東西の文学の題材にもなってきた。だが、メディアコンサルタントの境治さんは「それにしても、いまの報道の過熱ぶりは異常だ」とみる。民放の在京キー局が、不倫報道にどれだけ時間を割いているかをデータ会社に依頼して調べたところ、2014年、15年は30時間未満だったのに、16年に170時間に急増、今年は8月27日までで120時間に上り、「この2年の突出ぶりが際立つ」という。

     要因の一つはネットとテレビの相乗効果だ。週刊誌がネットで不倫報道を予告するパターンが始まり、ある民放キー局幹部は、「世の中の一大事のように報じるのはどうかと思う。だが、制作現場にとって、ネット上の反応が世間の関心事のバロメーターになっている。ネットが盛り上がると、テレビでも取り上げやすくなる」と語る。

    9/8(金) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000017-asahi-soci
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170907004878_comm.jpg

    引用元: ・【テレビ】不倫報道、なぜ過熱する? テレビでは笑いがわく場面も

    【【不倫報道】なぜ過熱する? テレビでは笑いがわく場面も】の続きを読む

    このページのトップヘ