あずきブログ@2chまとめ

あずきブログは2chまとめブログです。

    仕事

    1: 小豆大福 2017/10/11(水) 06:02:08.27 ID:CAP_USER9.net
    吉岡里帆が新垣結衣も綾瀬はるかも「無視」で持論展開? 「嫌で仕方なかった」に非難の声も

     女優の吉岡里帆が、自身の「グラビア時代」を振り返る発言が波紋を呼んでいる。

     吉岡は女性向けサイト「She is」で、シンガーソングライターの吉澤嘉代子と対談。仕事観やフィクションについて語り合ったわけだが、そこで自身の「グラビア時代」の気持ちを語った。

     以前から「グラビアは嫌い」などという情報も多く流れていた吉岡だが、どうやらそれは事実のようで「切り売りの時間」「私は水着姿なんて絶対出したくなかった」「そういう教育を受けてきた」としており、当時は辛かったと語っている。

     そして、こう語るとファンから反感を買うとした上で「求めてくれる人に応えるのが私の生き方」とし、現在はその経験がプラスになっていると結論づけた。

     また、吉岡は水着時代を、女優を続ける上で「ハンデを抱えている」と考えているようで、それは「脱いでる人が芝居している」と思われることだとし、そうでない人との差が極めて大きいとした。

     しかし、この発言に対しては総ツッコミが......。

    「今女優として飛躍した綾瀬はるかさんや新垣結衣さん、有村架純さんなど、多くの女優さんは水着になった経験があります。しかし、彼女たちに『脱いでる人が芝居を』などと思う人がどれだけいるんだ、という声はありますね。水着をして増えた仕事もあるでしょうし、それでもなお否定する姿に反感が集まるのも理解はできます。演技が評価されれば、そんなイメージなどすぐ吹き飛ぶということでしょう。まあ、売れてからグラビアをやる女優さんは少ないですし、吉岡さんの発言はみんなの本音の代弁ということもあるのでしょうが......」(記者)

     さて、吉岡の演技に関してだが、夏に放送された『ごめん、愛してる』(TBS系)の演技は、さほど芳しくもない様子。
    果たして今後、衝撃的だったグラビア時代を超える演技を見せられるのかに注目だ。

    ビジネスジャーナル 2017.10.07
    http://biz-journal.jp/gj/2017/10/post_4552.html

    吉岡里帆の参考水着画像:no title
    no title

    新垣結衣の参考水着画像:no title
    no title

    有村架純の参考水着画像:no title
    no title

    綾瀬はるかの参考水着画像:no title
    no title


    長澤まさみの参考水着画像:no title
    no title

    堀北真希の参考水着画像:no title
    no title


    <関連スレ>
    吉岡里帆「水着姿なんて絶対出したくなかったが夢をつかむため抗えなかった。『脱いでる人が芝居している』と見られるハンデを抱えた」★5
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1507625599/

    引用元: ・女優・吉岡里帆の「水着仕事が嫌で仕方なかった」発言に非難の声!綾瀬はるか、新垣結衣、有村架純など多くの女優は水着仕事の経験がある

    【吉岡里帆に批判殺到 その理由は】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/12(木) 10:29:11.82 ID:CAP_USER9.net
    3

     元SMAPの中居正広(45才)が、6年にわたって交際していた30代のダンサー・Aさんと破局していたことがわかった。

     今年3月、女性セブンのスクープでふたりの交際は発覚した。Aさんは幼い頃からモダンバレエやジャズダンスを始め、安室奈美恵(40才)のバックダンサーを
    務めたほどの実力者で、最近はAKB48グループの振付師としても活躍している。

     中居とは8年前、AさんがSMAPの振り付けサポートをしていた時に出会った。個人レッスンを通じて打ち解けたふたりが恋に落ち、一緒に住む関係になるまで
    時間はかからなかった。

    「出会ってしばらくして同棲を始めたそうです。念のためか、彼女は中居さんの自宅マンションの目と鼻の先にワンルームマンションを借りていました」(芸能関係者)

     外で食事をすることはほとんどなく、デートはもっぱら自宅。しかし、彼女は「家の中でふたりでいられればいい」というタイプだったこともあり、
    中居も安心して過ごせたという。

    「過去にテレビで『野球』『地元の友達』『麻雀』を“絶対に譲れないもの”として挙げるほどオッサン的な中居さんは女性にとって面倒くさい男ですが、
    Aさんは細かいことを一切言わず、すべて彼の好きなようにさせた。それが中居さんにとっては心地よかったようです。あのズボラな中居さんが6年も同棲生活を
    続けたことからも、結婚も近いのではと噂されていました」(スポーツ紙記者)

     しかも、奇しくもSMAPを解散し、アイドルという“足かせ”がなくなった今、結婚に踏み切るのには充分なタイミングだったはず。しかし、中居が6年間にわたる
    関係の先に選んだのは、ゴールではなくピリオドだった。中居を知る関係者が指摘する。

    「ふたりは長く交際してお互いに結婚も意識していたようですが、急転直下でSMAPが解散することになり、環境が変わりました。中居くんは、TBSで時間や
    形態を変えながら20年近く続けてきた音楽番組が9月末に終了するなど、仕事の面で影響が出た。もともと中居くんが事務所に残留したのは、これまでお世話になった
    スタッフに迷惑をかけられないという理由でした。責任感の強い中居くんとしては“今は結婚ではなく、仕事の正念場”というのが正直なところでしょう」

     Aさんにとっても決断の時期だったようだ。

    「すべて中居さんの好きなようにさせるAさんといえども、年齢的にそろそろ結婚したいという思いがあった。ふたりで話し合った結果“ゴールが見えないなら、
    ここで区切りをつけましょう”と別れに踏み切ったそうです」(Aさんの知人)

     今年に入ってから働きづめだった中居は冒頭の通り、遅めの夏休みを取ってプライベートで東南アジアを旅行する計画を立てていたが、土壇場になってキャンセルした。

    「中居くんが一緒に旅立とうとしていたのはAさんではなかったみたいです。すでに中居くんは次のステージに向かっているようです」(前出・中居を知る関係者)

     一方のAさんにも、別れのショックは見当たらないという。

    「彼女は最近、吹っ切れたようにダンスの仕事に励んでいます。今まで以上に仕事に打ち込んでいますよ」(前出・Aさんの知人)

     ふたりもまた、「新しい地図」を手に、別の道を歩み始めた。

    ※女性セブン2017年10月26日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171012-00000002-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171012-00000002-pseven-ent&p=2

    引用元: ・【芸能】中居正広、6年交際のダンサー恋人と破局 「結婚より仕事」

    【中居正広、6年交際のダンサー恋人と破局 「結婚より仕事」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/29(金) 13:37:56.20 ID:CAP_USER9.net
     50代の妻子ある主治医とのW不倫を認めた女優の斉藤由貴が、母親役でレギュラー出演しているNHK Eテレ「高校講座 物理基礎」の出演を辞退したことが28日、同局から発表され、各スポーツ紙が報じている。

    各紙によると、26日に斉藤の所属事務所から辞退の申し出があったそうで、すでに収録済みの11月22日放送分を最後に降板。その後は斉藤抜きで放送されることになるという。ただし、NHKオンラインに掲載中の同番組は、通信教育の受講者の学習機会確保のため、掲載を継続するという。

     W不倫を認めて以降、斉藤は21日に来年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の出演を辞退。出演していたCM2本も降板し、木曜レギュラーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」への出演は無期限で休止となってしまった。

     「ネットニュースではW不倫の話題に紛れるように、出演した公開中の映画『三度目の殺人』の関連記事が掲載されているが、同作での好演がまったく話題になっていない。所属事務所の公式サイトではまだ公開されていない撮影済みの映画2本が告知されているが、女優業での今後のスケジュールは白紙になってしまった。事務所も斉藤本人もここまでW不倫のダメージがあるとは夢にも思わなかっただろう」(芸能プロ関係者)

     そんな中、発売中の「女性セブン」(小学館)が、斉藤が「西郷どん」を降板した余波を報じている。同誌には今年3月、「週刊文春」(文芸春秋)で21歳年下の元ホステスとの不倫を報じられ、7月に釈明会見を行った渡辺謙が出演。

     斉藤の降板により、「渡辺謙はどうなんだ」という批判の声が集まりかねないため、渡辺は非常に苦しい立場に追い込まれてしまったというのだ。今後、渡辺が登場する機会があれば、確実に斉藤の降板について質問が飛びそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1359843/
    2017.09.29 12:20 リアルライブ

    https://www.youtube.com/watch?v=Lh0O13J5Hbk


    斉藤由貴「白い炎」

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・【芸能】ついに仕事がなくなった斉藤由貴

    【【不倫の代償】ついに仕事がなくなった斉藤由貴】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/25(月) 22:39:35.14 ID:CAP_USER9.net
    324日放送の「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)で、林修氏が英語はできても仕事はできない学生を酷評した。

    番組では、林氏が「ある有名な企業の採用の基準」として、「英語も仕事もできる」「英語はできないが仕事はできる」「英語はできるが仕事はできない」「英語も仕事もできない」と4分類された学生を、どの順番で採用するかという話を紹介した。

    優先順位を付けると、「英語も仕事もできる」「英語はできないが仕事ができる」の次は、「英語も仕事もできない」で、最後が「英語はできるが仕事ができない」という学生なのだそうだ。

    林氏は「英語はできるが仕事はできない」という学生の評価が低い理由を、「『英語ができる』ことを『仕事ができる』と勘違いして、一番使い物にならないから」だと説明した。企業側からすれば「自分は何にも出来ないんです」という学生を採用したほうが「鍛えやすい」のだとか。

    青山学院大学陸上競技部監督の原晋氏が「世の中的に英語ができたら、すべてができると勘違いしてる世代がありますよね」と指摘すると、林氏は「日本社会はね、ちょっとそこの物差しが狂ってる」と同意する。さらに林氏は「元々のスペックを高くしといたら、英語はすぐできるようになります」と断言していた。

    2017年9月25日 10時54分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13659446/

    引用元: ・【テレビ】<林修氏> 英語はできても仕事ができない学生を「一番使い物にならない」と酷評!

    【【林修先生】英語はできても仕事ができない学生を「一番使い物にならない」と酷評wwwww】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/24(日) 14:19:53.67 ID:CAP_USER9.net
    3父親刺殺容疑で逮捕の男子高校生「きつく当たる父親怖かった」

    21日、静岡市で父親の首などを刃物で刺し殺害したとして逮捕された16歳の男子高校生は、取り調べに、「以前から、きつく当たってくる父親が怖かった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかりました。

    男子高校生は事件当時、夕食の時間に自分の部屋で、ゲームをしていたことを父親から注意されて逆上したとみられています。

    また、母親が、「夫は仕事のストレスを家庭に持ち込んでいた」という趣旨の話をしているということで、警察は、男子高校生の動機などを調べています。

    http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3166392.htm‬

    引用元: ・【静岡】ゲーム逆上父親殺傷、母親「夫は仕事のストレスを家庭に持ち込んでいた」

    【静岡 ゲーム逆上父親殺傷、母親「夫は仕事のストレスを家庭に持ち込んでいた」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/15(金) 20:42:02.03 ID:CAP_USER9.net
    2014年に亡くなった元プロ野球選手・香川伸行さん(享年52)の妻・弘美さん(55)が15日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)にVTR出演。
    香川さんの最期が携帯電話を握りしめて絶命する孤独死だったことを明かした。

    腎不全のため、人工透析を受けていた香川さんの突然の死。
    貯金はゼロ、生命保険もゼロだったため、残された弘美さんと5人の子供は困窮。
    長男は大学を中退し、二女、三女は不登校に。
    弘美さんも生活のため、中学教師を辞め、より収入の高い肉体労働生活になったという。

    さらに香川さんの寂しすぎる最期も明らかに。晩年の香川さんは現役時代110キロだった体重が138キロに。
    心配する家族に「なるようにしかならん」と言い放ち、07年には糖尿病の悪化から腎不全に。
    医師からは「余命1か月」を診断され、身体障害者1級となり一生、人工透析が必要な体になってしまった。

    それでも「ええんちゃうか」と食事制限もせず、子供の将来の心配もしない香川さんに弘美さんの怒りが爆発。
    「子供じゃないんだから、自分でやれることはやってよ」と言い放ってしまったという。

    そして、香川さんが亡くなった当日、仕事先の弘美さんに娘から「パパが動かない」という電話が。
    急いで自宅に戻った弘美さんが部屋に入ると、香川さんは長年の人工透析から来る急性心筋梗塞で、すでに息がなかったという。

    誰にも看取られない孤独死を遂げた香川さんだが、握りしめていた携帯電話には「仕事はありませんか?」という営業先の電話番号が。
    香川さんが死の瞬間まで野球関係の仕事を求めて、電話をかけていたことが明らかにされた。
    弘美さんは「夫は『ええんちゃうか』と言いながら、必死で仕事を探していたんです」と涙ぐみながら一言。
    子供たちもそれぞれ前向きに再出発を図っていることを明かした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13618695/
    2017年9月15日 20時5分 スポーツ報知

    http://そうだったんだ.com/wp-content/uploads/2015/05/%E9%A6%E5%B7%9D%E4%BC%B8%E8%A1%8CTOP%E7%BB%E5%8F.jpg
    http://そうだったんだ.com/wp-content/uploads/2015/05/%E9%A6%E5%B7%9D%E4%BC%B8%E8%A1%8C%E3%97%E3%AD%E3%95%E3%A3%E3%BC%E3%AB.jpg
    no title


    https://nipponbaseball.web.fc2.com/personal/batter/kagawa_nobuyuki.html
    成績

    引用元: ・【野球】ドカベン・香川伸行さん、携帯電話握りしめての孤独死だった!「仕事ありませんか?」が最後の通話

    【【悲報】ドカベン・香川伸行さん、携帯電話握りしめての孤独死だった!「仕事ありませんか?」が最後の通話】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/12(火) 08:35:55.14 ID:CAP_USER9.net
    3 女優斉藤由貴(51)が50代医師とのダブル不倫を認めたことで、テレビやCMなど仕事への影響が避けられない状況となった。

     現在放送中のTBSドラマ「カンナさーん!」(火曜後10・00)や、公開中の映画「三度目の殺人」に出演。いずれも母親役で、最近はCMも含めて母親を演じることが多い。テレビ関係者は
    「天然ボケの雰囲気と可愛らしさは同性にも受け、年齢的にも母親役が多かったが、今後は女性や主婦層を敵に回してしまう可能性があるので起用しづらい」と指摘。7月31日に行われた「三度目の殺人」の完成披露イベントには出席したが、8月2日に不倫が報じられて以降、今月9日の初日舞台あいさつには登壇しなかった。

     CMキャラクターを務めている美容商品「天使のララ」の販売会社「エミネット」は「今月中にも所属事務所と話し合いの場を持ち、契約の更新・終了などを含め、今後の対応を協議する」と説明。au「森家シリーズ」のCMに起用していたKDDIは「対応を検討中」とした。

     所属事務所は「活動は休止しない」としており、ニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」は継続の意向。今後の仕事については「既に出演が決まっている映画やドラマのほか、オファーを受けているものも多くある」という。

    ただ、ドラマ関係者は「不倫のイメージは制作側やスポンサーに嫌がられるので、白紙になる仕事も多いのでは」と推測。斉藤自身も文書で「今後お仕事で派生するペナルティーは、覚悟してお受けいたします。

    斉藤にやらせようとせっかく依頼してくださったのに、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。7日に出演した「オールナイトニッポン…」では「飯がまずい毎日を送っている」と心境を明かしたが、女優業も“まずい”ことになりそうだ。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000004-spnannex-ent

    引用元: ・【芸能】不倫の代償…斉藤由貴 母親役のイメージに泥、仕事への影響不可避

    【【悲報】不倫の代償…斉藤由貴 母親役のイメージに泥、仕事への影響不可避】の続きを読む

    このページのトップヘ