あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    任天堂

    1: 小豆大福 2017/12/13(水) 12:25:21.04 ID:CAP_USER9.net
    3

     任天堂がスマートフォン用ゲームの開発について、現在提携しているDeNA以外にガンホーとも話し合いを進めていたとウォールストリートジャーナルが報じた(Nintendo Looks for Help to Raise Its Smartphone Game)。ガンホーは否定。担当記者Takashi Mochizukiは「私が長い時間かけて各所から集めた情報によるとガンホーが任天堂にアプローチをしたのは間違いがない」とツイート。

     ガンホーはスマートフォン向けパズルRPG「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)開発元。パズドラは11月時点で国内累計4700万ダウンロードを超える、ミクシィXFLAGの「モンスターストライク」(モンスト)と並ぶ人気タイトル。2015年には任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けのゲームソフト「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション」を発売している。

    配信2017年12月13日 10時15分
    アスキー
    http://ascii.jp/elem/000/001/602/1602539/

    引用元: ・【企業】任天堂ガンホーと協業検討か 現在提携しているDeNA以外に話し合いとWSJが報じる

    【任天堂ガンホーと協業検討か 現在提携しているDeNA以外に話し合いとWSJが報じる】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/05(木) 10:20:30.85 ID:CAP_USER9.net
     任天堂は5日、家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」を小型にして復刻させた「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(ミニスーファミ)」を発売した。全国の家電量販店などで予約が殺到しており、品薄感からインターネットの通販サイトでは希望小売価格の8618円を大きく上回る価格がついているケースもある。

     この日はJR大阪駅前の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」でも販売を開始。

     スーパーファミコンは平成2年に発売された据え置き型ゲーム機で、累計約4910万台が売れたヒット商品。復刻版では「スーパーマリオカート」や「ゼルダの伝説」といった21のゲームを内蔵しており、テレビにつないで遊ぶ。昔のゲームカセットは使えない。

     品薄の懸念に関し、任天堂の担当者は「今年だけでなく来年も販売状況を見ながら継続して生産出荷する」と説明している。

    2017.10.5 09:26更新
    http://www.sankei.com/west/news/171005/wst1710050031-n1.html

    画像
    no title



    引用元: ・【ゲーム】任天堂「スーパーファミコン」の復刻版発売…予約殺到、希望小売価格大きく上回る通販サイトも

    【任天堂「スーパーファミコン」の復刻版発売…予約殺到、希望小売価格大きく上回る通販サイトも】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/23(土) 08:43:08.14 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000000-jct-sci
    3
    任天堂の復刻版ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(ミニスーファミ)が、2017年10月5日の発売を待たずして、早くも「プレミア価格」で売買されている。

    9月16日に予約受付が始まるやいなや、多くの購入希望者が実店舗・ネット通販を問わず殺到。瞬く間に「売り切れ」報告が相次ぐなど、人気が過熱している。こうした需要に伴って、早くもオークションサイトなどで「高額転売」の動きが出ているのだ。

    ■「4万円」の高額出品も

    ミニスーファミは、1990年に発売された家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」を
    手の平サイズで復刻したもの。「スーパーマリオワールド」「ファイナルファンタジーVI」
    など当時人気を集めた名作ソフト21タイトルが本体に収録されている。
    希望小売価格は7980円(税別)だ。

    予約が始まった9月16日には、早朝から200人以上の行列ができた「ヨドバシAkiba」
    (東京・秋葉原)を筆頭に、店頭での予約販売を行った各地の量販店に購入希望者が殺到。
    ネット通販サイトでも、受付開始から数分から数十分で「完売」となるケースが相次いだ。

    このように人気が過熱するミニスーファミをめぐって、オークションサイトなどでは、
    まだ商品が手元に届いていないにも関わらず、早くも定価の数倍の値段で出品する
    ユーザーが現れている。

    例えば、20日19時時点で「ヤフオク!」を調べると、112件の出品がヒットする。
    すでに入札がある出品も多く、どれも定価の1.5倍程度の値段が付いている。
    中には、「最低入札額」を2万5000円に設定したものもあった。

    Amazonの「マーケットプレイス」上にも転売屋とみられる計181の業者が商品を出品しており、
    こちらは最低価格で1万7350円。配送料別で4万円という強気の価格設定で販売する
    業者も出ていた。

    ただ、Amazonの販売ページ上には、「本商品の参考価格は8618円(税込)です」という
    注意書きも表示されている。これは、マーケットプレイスでの販売価格が正規価格よりも
    著しく高い場合に表示されるもので、品薄が続く任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」
    などにも掲載されている。

    引用元: ・【注意】ミニスーファミに「転売ヤー」群がるが・・・、今、高値で買うと後悔するぞ!

    【【任天堂】ミニスーファミに「高額転売」の動き 4万円越えも】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/12(火) 20:16:34.81 ID:CAP_USER9.net
    https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20170912-00075674/
    3
    任天堂が『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(ミニスーファミ)』の予約受付を9月16日から順次開始する予定だと発表しました。

    予約や販売の方法については店舗によって異なる場合があるとしています。

    なお、発表ではミニスーファミは10月5日の発売日以降も出荷を行うこともあわせて告知されており、これは日本よりも早く予約が開始された海外で転売の被害が確認されているためと思われます。

    ミニスーパーファミコン、先行予約の北米ではすでに転売屋の餌食に

    転売については任天堂アメリカのレジー社長も「ミニスーファミは生産を劇的に増大させており、オークションサイトなどで購入しないことを強く進めたい」 英経済誌『フィナンシャル・タイムズ』のインタビューで語っており、 任天堂が転売への対策を強めていることを確認できます。

    ミニファミコンの生産再開も

    このほか任天堂は2016年11月に発売した『ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ(ミニファミコン)』についても、2018年中の生産再開を決定したと発表しています。

    引用元: ・【ゲーム】任天堂「ミニスーファミ」の予約開始日は9月16日に決定。「ミニファミコン」の再販も発表

    【【ゲーム】任天堂「ミニスーファミ」の予約開始日は9月16日に決定。「ミニファミコン」の再販も発表】の続きを読む

    このページのトップヘ