あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    価格

    1: 小豆大福 2018/01/17(水) 11:03:04.62 ID:CAP_USER9.net
    3

     インターネット上で取引される仮想通貨の代表格「ビットコイン」の価格が17日、主要な国内取引所で急落し、一時、昨年11月下旬以来約2カ月ぶりに1ビットコイン=100万円を割った。世界的な規制強化の流れを不安視し、投資家の売り注文が出たとみられる。

     取引所を運営する「コインチェック」(東京)によると、17日午前に99万7千円まで下落した。午前10時現在は125万円前後まで戻した。

     仮想通貨を巡っては、韓国政府が取引所の閉鎖を可能にする特別法制定を検討すると伝わっている。

     ビットコインは昨年12月、一時230万円超まで上昇。その後は下落と上昇を繰り返していた。

    配信2018/1/17 10:59
    共同通信
    https://this.kiji.is/326179412743177313

    関連スレ
    【仮想通貨】ビットコイン 昨年9月以来最大の下落、12%安 リップルは一時28%急落-規制警戒で★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516117166/

    引用元: ・【仮想通貨】ビットコイン百万円割れ

    【仮想通貨ビットコイン百万円割れ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/05(金) 07:06:17.10 ID:CAP_USER9.net
    3

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180105/k10011279561000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    1月5日 6時51分
    「日本の台所」とも呼ばれる東京・築地市場で、年始恒例の「初競り」が行われました。ことし10月に豊洲市場への移転が決まり、最後の初競りとなる見通しで、最高値は青森県の大間港で水揚げされたクロマグロが3645万円で競り落とされました。

    築地市場では移転先の豊洲市場のオープンが、ことし10月11日に正式に決まったことから、年始恒例の初競りは今回で最後となる見通しです。

    競り場には全国の港や海外から運ばれてきた生や冷凍のマグロが並び、このうち、生マグロの卸売場では卸売業者の代表が新年のあいさつとして「住み慣れた築地でのあいさつもことしが最後になる。世界に冠たる築地ブランドを豊洲ブランドにかえるのは築地で働く一人一人の責務だ」と述べ、手締めをして商売繁盛を祈りました。

    冷凍マグロの卸売り場では午前5時半すぎ、鐘の音が鳴り響き、業者たちが威勢のよい声を上げながら、品定めしたマグロを次々に競り落としました。

    最高値となったのは、青森県の大間港で年末に水揚げされた重さ405キロのクロマグロで、3645万円で競り落とされました。

    初競りを終え、市場業者たちは今後は築地市場での営業などを続けながら豊洲への移転の準備を進めることになり、10か月後、およそ80年の歴史に幕を閉じる時を迎えます。

    注目のすしチェーン店 ことしは最高値のマグロ競り落とさず

    築地市場の初競りで例年、最高値のクロマグロを競り落としてきたすしチェーン店では、青森県大間港で水揚げされた190キロのクロマグロを3000万円余りで買い取りました。

    最高値のマグロの競り落としは見送りましたが、1キロ当たりの単価は16万円と最も高くなっています。

    競りのあと、木村清社長は「最高にいいマグロを買うことができた。今回は、これよりも大きなマグロがあったが、質を見て選んだ。最高値ではなく、ちょっと悔しい思いもあるが、おいしいマグロであることは間違いないので、ぜひ食べに来てもらいたい」と話していました。

    そして、築地での初競りが最後となることについては「寂しい思いもあるが、時代の変化なのでしかたない」と述べ、来年、豊洲市場で迎える初競りでもよいマグロを仕入れたいと意気込んでいました。

    木村社長の会社では5年前に、過去最高値の1億5000万円余りで競り落とすなど、平成24年から去年までの過去6回のうち5回、最高値のクロマグロを買っていて、築地で最後となる今回も結果が注目されていました。

    引用元: ・【築地市場で最後の初競り】 最高値は3645万円のクロマグロ

    【築地市場で最後の初競り  最高値は3645万円のクロマグロ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/20(水) 15:42:53.20 ID:CAP_USER9.net
    3

    仮想通貨ネムが最高値 中国アプリで採用、約1年で360倍に
    2017/12/20 12:15
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL20HNG_Q7A221C1000000/

     インターネット上の仮想通貨「NEM(ネム)」が上昇している。テックビューロ(大阪市)が運営する仮想通貨取引所「Zaif」によると、19日に一時127円台まで上昇し、節目の100円を超えて最高値を付けた。1年ほど前は0.35円程度で推移しており、約360倍になった。中国の騰訊控股(テンセント)が提供するスマホ向け無料対話アプリ「微信(ウィーチャット)」にネムで決済する電子財布(ウォレット)が21日から提供開始となることを受けて、流動性拡大を期待した買いが入った。

     ネムはブロックチェーン「NEM(ネム)」を基に生まれた仮想通貨で通貨の単位は「XEM(ゼム)」。関与している日本の技術者が多いことでも知られる。最近では人気お笑いコンビ「かまいたち」がお笑いコンテストの賞金の使い道を巡り、ネムに言及したことで話題となった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    引用元: ・【経済】仮想通貨ネムが最高値 中国アプリで採用、約1年で360倍に

    【仮想通貨ネムが最高値 中国アプリで採用、約1年で360倍に】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/13(水) 09:38:53.27 ID:CAP_USER9.net
    Web直販は朝10時から受付開始です

    PC周辺機器などで知られるグリーンハウスが、50型としては国内最安を謳う4K液晶テレビ2モデルを本日(12月13日)に発売。同社のオンライン直販「グリーンハウスストア」では、午前10時から注文開始となります。

    最大の特徴は価格とコストパフォーマンス。価格は税別ながら5万円を切って4万9800円。それでいて4K対応というだけでなく、液晶パネルのバックライトは直下型を採用するなど、少し前であれば上位モデル並であった装備も有します。

    なおバリエーションは販路による差で、直販向けモデル『GH-TV50AB-BK』と、ゲオ店頭発売向けモデル『GH-TV50A-BK』の計2種類。基本性能には差はありません。ただしメーカー保証に関しては、前者が1年間で、後者が2年間と、ゲオ向けモデルのほうが長く設定されています。

    価格が大きな目玉となるモデルだけに、気になるのは基本性能に関してですが、本機は昨今の4Kテレビだけありかなり充実。HDR(映像ソース)にこそ非対応ですが、メーカーによっては上位機種にのみ搭載れるような画質向上技術を取り入れています。

    まず液晶の駆動方式は、大型パネルで採用例の多いVA方式。さらにバックライトは、LEDを全面に敷き詰めた直下型を採用。画面の上下両端にのみLEDを搭載するエッジ型に比較すると、製造コストや消費電力では不利ですが、輝度ムラや明暗差の表現では有利となる、本来は高級機に向けた技術です。

    さらに動きの速い箇所でのブレを防ぐ「フレーム間補正機能」や、ゲームなどで威力を発揮する「低遅延モード」も搭載。パネル側の最大表示色数も約10億7400万色(ただし8bit駆動+FRCによるもの)と明記されており、また信号入力段も「4K60p 4:4:4フォーマットの映像に対応」。
    このあたりの仕様だけを見ていると、低価格のモデルとは思えない充実度です。

    そして気になるのが、特徴の一番先に「メイン基板に日本製ボードを採用」との文言がある点。液晶テレビのメイン基板といえば、画像処理エンジンや各種メニューを操作するためのSoC(CPU)など、画質や操作性に関わる重要な箇所。日本製というのは否が応でも気になるところ。

    ありがたいことにグリーンハウスの公式ページには、こうした場合の手がかりとなる映像メニューや番組表のサンプルが掲載されています。これらを見る限り、最近廉価版4Kテレビで話題になっている「東芝のREGZAシリーズに近い表示」に見えます。

    さらにチューナーは地上デジタル放送のみならず、BS/CSデジタル放送とも2基を備えるタイプ。録画はUSB接続での外付けHDDに対応するため、ハードディスクをUSB接続するだけで裏番組録画が楽しめます。

    また入力端子はHDMI3系統に加え、コンポジットビデオ入力(RCAピン、映像×1、ステレオ音声用×2)も搭載。HDMIのバージョンは明記されていませんが、公式ページの解説には「HDMI3は4K映像の入力とCEC機能に対応」との記載があることから、少なくとも3番端子はHDMI 2.0と思われます。

    本体サイズは、スタンドありの状態で112.7×69.5×28.6cm(幅×高さ×奥行)、スタンドなしでは112.7×66.6×6.6cm。重量はそれぞれの状態で11kg/10.7kgとなります。

    このように本機は、基本的な仕様をざっと見る限り、最安価という点を除いても戦闘力のある仕様。

    ここ最近の廉価な4K液晶テレビは、夏に発売されたドン・キホーテの50型モデル(税別で5万4800円でした)を皮切りに、11月末にMrMaxが49型を4万8800円で発売するなど、非常にホットな市場となっています(ただし、どれも台数限定となっていますが)。

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/9f880e963fb027c20cb5f356fc4aac90/205947347/gh_tv50a_controller_s.jpg

    配信12月13日
    engadget.
    http://japanese.engadget.com/2017/12/12/50-4k-4-9800-led/

    引用元: ・【テレビ】50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日13日10時発売 直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製

    【50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日13日10時発売 直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/12(火) 11:35:45.82 ID:CAP_USER9.net
    3

    防衛省は自民党の国防関係の会合で、新たに導入する地上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の価格について、1基当たり1000億円弱になるという見通しを示しました。

    今月22日に予定されている来年度予算案の決定を前に、12日、自民党の国防関係の合同会議が開かれ、小野寺防衛大臣は新たに地上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を2基導入するため、今年度の補正予算案と来年度予算案に関係する経費を盛り込む方針を説明しました。

    そして防衛省の担当者が、導入予定の「イージス・アショア」の価格について「装備やレーダーの種類などによって変わってくる」としたうえで、1基当たり1000億円弱になるという見通しを示しました。

    また、防衛省が新たに戦闘機に搭載する長距離巡航ミサイルを導入することについて、出席者から「いわゆる敵基地攻撃を意図したものではないことをはっきり示すべきだ」という意見や「専守防衛の範囲内であることを国会で丁寧に説明してほしい」といった要望が出されました。

    配信12月12日 11時12分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171212/k10011255491000.html

    引用元: ・【防衛省】新たに導入する、新型迎撃ミサイル イージス・アショア “1基1000億円弱”

    【【防衛省】新たに導入する、新型迎撃ミサイル イージス・アショア “1基1000億円弱”】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/11(月) 15:54:33.57 ID:CAP_USER9.net
    3

    人気の日本酒「獺祭」を販売する旭酒造が、「お願いです。高く買わないでください」と呼びかける意見広告をだした。

    12月10日付の読売新聞朝刊 HuffPost Japan
    https://o.aolcdn.com/images/dims?crop=832%2C1146%2C0%2C0&quality=85&format=jpg&resize=630%2C868&image_uri=http%3A%2F%2Fo.aolcdn.com%2Fhss%2Fstorage%2Fmidas%2F356da171a97f5a35e4a23a6ecc744498%2F205938391%2Fdassai3.jpg&client=a1acac3e1b3290917d92&signature=5a9a660bef282a2389a79a46c203fdbf611d4296

    旭酒造の桜井一宏・代表取締役社長の名前で意見広告が掲載されたのは、12月10日の読売新聞・全国版の朝刊。広告には「獺祭」のメーカー希望小売価格と、全国各地の正規販売店がずらりと並んだ。

    背景には、ブランド銘柄への人気集中がある。毎日新聞(https://mainichi.jp/articles/20161007/ddf/041/040/006000c)によると、インターネットなどを通じて、無免許で不正転売しているケースが増加。国税当局も対応を強化しているという。

    「プレミアム価格」と称して、メーカーが提示している希望小売価格の数倍の値段で、取引されることもしばしばだ。

    ●担当者「獺祭はお客さんの幸せのためにある」

    旭酒造の担当者は、意見広告を出した理由について、ハフポストに以下のように語った。

    「私たちのお酒はお客様の幸せのためにあります。でも、その思いとは裏腹に、大手スーパーなどでも『プレミアム価格』などと称して、商品が高い価格で売られている現状があります」

    「お客様の中には、ご自身が払っている金額が、私たちの提示している価格と大きく乖離していることをご存知ない方もたくさんいます。その状況を突破したいという思いで新聞広告を出しました」

    新聞広告の約半分の面積を使って正規販売店を載せたのは、正当な価格で買ってほしいと訴えたかっただけではない。転売の過程で、商品の質が劣化してしまうことを懸念しているのだという。

    「商品が不透明な流通網でやりとりされると、保存状態も悪く、品質が落ちている可能性も高いです。値段は高くし商品は劣化している、という状態は、私たちの望んでいるお客さまの幸せではありません」

    配信2017年12月11日 15時18分
    HuffPost Japan
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/11/dassai-ad_a_23303173/

    引用元: ・【日本酒】獺祭「お願いです。高く買わないで」 人気すぎる日本酒メーカー(旭酒造)が呼びかけた理由

    【獺祭「お願いです。高く買わないで」 人気すぎる日本酒メーカー(旭酒造)が呼びかけた理由】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/11(月) 07:47:43.05 ID:CAP_USER9.net
    3

     「ゴルフバッグの送料は往復で820円上がった。嫁に怒られる」。ヤマト運輸や佐川急便が10~11月に相次ぎ実施した宅配便値上げが家計を直撃している。その分、来年3月まで料金をすえ置いている日本郵便「ゆうパック」に日本中の荷物がシフトしている。だが日本郵便も喜んではいられない。

    ■来年2月まではゆうパック

     札幌市に住む50代の主婦は、東京で一人暮らしをする娘に宅配便で食品を仕送りしている。10月のヤマ… ※続く

    配信2017/12/11 6:30
    日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24414940Y7A201C1000000/

    引用元: ・【宅配】「ゆうパック」年末危機 ヤマト・佐川値上げで殺到

    【「ゆうパック」年末危機 ヤマト・佐川値上げで殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ