あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    傷害致死

    1: 小豆大福 2017/10/03(火) 23:37:17.91 ID:CAP_USER9.net
    警視庁捜査1課、40歳父親を傷害致死容疑で逮捕

    生後1カ月の長女を乳幼児揺さぶられ症候群で死亡させたとして、父親の中馬(ちゅうまん)隼人容疑者(40)=東京都町田市=が傷害致死容疑で逮捕された事件で、長女の背中側のあばら骨が5本折れていたことが、捜査関係者への取材で分かった。中馬容疑者は容疑を否認しているが、警視庁捜査1課は強い力で揺さぶったことを示す証拠とみている。

    捜査関係者によると、長女ひかりちゃんのあばら骨は計14本折れていた。胸部は心臓マッサージをした際に折れることもあるが、背部側のあばら骨も5本折れていた。また頭部には、揺さぶられた衝撃で血管が切れてできる硬膜下血腫もできていた。

    一家は3人暮らし。事件があった今年1月13日の深夜に母親(26)が風呂に入った時にひかりちゃんに異変はなかったが、20分後に風呂から上がると、リビングのベビーベッド上で容体が急変していた。その間は中馬容疑者とひかりちゃんの2人きりだったという。【深津誠、春増翔太、山本佳孝】

    配信2017年10月3日 18時35分
    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20171004/k00/00m/040/037000c

    関連スレ
    【東京】生後1カ月の長女揺さぶり死なす 容疑で父親逮捕、町田
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507002217/

    引用元: ・【東京】生後1カ月長女、揺さぶり死なす 背中側あばら骨が5本・計14本折れる 硬膜下血腫も/町田

    【生後1カ月長女、揺さぶり死なす 背中側あばら骨が5本・計14本折れる 硬膜下血腫も 東京】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/27(水) 22:13:23.24 ID:CAP_USER9.net
    3“夫逮捕と思い 救急車呼べず”

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003523581.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    大阪・堺市の3歳の男の子の行方がわからなくなり、その後、遺体が山の中で見つかった事件で、傷害致死などの罪に問われている両親の裁判が開かれ、母親は、「救急車を呼んだら、息子への暴力がばれて夫が逮捕されてしまうと思い呼べなかった」と述べました。

    大阪・堺市の鉄筋工、梶本卓被告(36)と妻の千穂被告(33)は、おととし12月、当時住んでいた松原市の住宅で、長男の樹李ちゃん(当時3)の頭を殴ったり、壁に打ちつけたりして死亡させ、遺体を千早赤阪村の山に遺棄したとして、傷害致死や死体遺棄などの罪に問われています。

    27日、大阪地方裁判所堺支部で開かれた裁判員裁判で、千穂被告は、弁護士の質問に対し、
    「夫が息子をたたいている時、ドア越しに注意したり、ドアを開けて右ひじをつかんだりしたが、止めることはできなかった」と述べました。

    また、
    「夫は、息子が亡くなると遺体を2階に運んだ。このまま隠すのだろうと思っていた。山の中に捨てたことは、逮捕されたあとに知った」と述べました。

    裁判長から「救急車を呼べなかったのか」と聞かれると、千穂被告は、「息子への暴力がばれて、夫が逮捕されてしまうと、生活に支障が出ると思い呼べなかった」と述べました。

    09/27 20:40

    引用元: ・【裁判】我が子より夫が大事ラブラブ妻 救急車呼ぶと夫が逮捕されてしまうと、息子(3)が殴られ死んでも通報せず・堺市の事件

    【【裁判】我が子より夫が大事ラブラブ妻 救急車呼ぶと夫が逮捕されてしまうと、息子(3)が殴られ死んでも通報せず・堺市の事件】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/25(月) 12:11:09.92 ID:CAP_USER9.net
    3警視庁板橋署は25日、同署に勾留していた男性(46)が留置施設の同部屋の男(32)から頭を踏みつけられる暴行を受け、死亡したと発表した。

    同署は男を傷害容疑で現行犯逮捕し、容疑を傷害致死に切り替えて経緯を調べる。







    同署によると、現場は署内にある留置施設の3人部屋で、当時は男性と男がいた。
    今月4日午後1時25分ごろ、留置施設を巡視していた署員が「バン」という大きな音を聞いて部屋に向かうと、男が男性の顔を踏みつけていた。

    男性は意識不明の状態で病院に運ばれ、24日に死亡した。男は暴行を加えたことを認めているという。

    以下ソース:毎日新聞 2017年9月25日 11時44分(最終更新 9月25日 11時50分)
    http://mainichi.jp/articles/20170925/k00/00e/040/194000c

    引用元: ・【東京】「バン」という大きな音 留置施設で頭を踏みつけられ男性(46)死亡、同部屋の男(32)が暴行 板橋署

    【【傷害致死】「バン」という大きな音 留置施設で頭を踏みつけられ男性(46)死亡、同部屋の男(32)が暴行 板橋署】の続きを読む

    このページのトップヘ