あずきブログ@2chまとめ

あずきブログは2chまとめブログです。

    剛力彩芽

    1: 小豆大福 2017/12/07(木) 12:10:43.97 ID:CAP_USER9.net
    https://mdpr.jp/news/detail/1732727
    2017.12.07 11:28

    7日、都内にて「2018年オスカープロモーション晴れ着撮影会」が行われ、同事務所に所属する剛力彩芽や藤田ニコルが出席した。
    今年は、剛力、藤田ほか、吉本実憂、小芝風花、本田望結、高橋ひかる(※「高」は正式には「はしごだか」)、藤田ニコル、岡田結実、井頭愛海、井本彩花、是永瞳の10人が集結。
    それぞれ、個性豊かな晴れ着姿をお披露目した。(modelpress編集部)

    (左から)是永瞳、井頭愛海、岡田結実、小芝風花、吉本実憂、剛力彩芽、本田望結、高橋ひかる、井本彩花、藤田ニコル
    no title


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・【芸能】剛力彩芽・藤田ニコル・本田望結・岡田結実らオスカー美女10人、艶やか晴れ着姿で集結

    【剛力彩芽・藤田ニコル・本田望結・岡田結実らオスカー美女10人、艶やか晴れ着姿で集結】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/24(火) 13:35:45.87 ID:CAP_USER9.net
     女優の剛力彩芽(25)が24日、日本テレビ系「スッキリ」にVTR出演し、剛力家の仲の良さを示す“家族エピソード”を披露した。

     家族とは現在も一緒に風呂に入っているといい、剛力は「母親とはしょっちゅう入るんですけど、父親も全然」とあっけらんと25歳となった今でも父親と入浴していることを明かした。

     「旅行とかで貸切風呂に行った時はみんなで入る。こないだも父親は長風呂なので、“急いで”って言ったら、“いいよ、入ってきて”って言われて」と、詳細を説明した。

     娘を持つ父親でもあるMCの加藤浩次は、「すごいね。娘が入ってきたら気を遣うよ。俺、(間違って入って来ないように)風呂に入るときに娘に“入るぞ”って一声かけるもん」と話していた。


    2017年10月24日 12時15分 デイリースポーツ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13792651/

    写真
    no title

    引用元: ・【テレビ】<剛力彩芽>今でも両親と入浴!「母親とはしょっちゅう入るんですけど、父親も全然」

    【剛力彩芽 今でも両親と入浴!「父親とも全然」発言に全国のお父さんは】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/09(月) 09:23:42.90 ID:CAP_USER9.net
    それは9月18日のことだった。ロッテ「雪見だいふく」の新CM発表会に、商品をイメージした白い衣装で登場した土屋は、

    「太鳳さんって身体柔らかいですよね。〆雪見ということで、〆を身体で表現してほしいのですが」

     などという司会者の無茶振りにも、笑顔で応えていた。ちなみに「〆雪見」とは、日々のちょっとした節目に雪見だいふくを食べよう、という提案だそうだが、ともかく“事件”は発表会の後半で勃発した。

    「チョコパイの上に雪見だいふくを載せ、カスタードクリームをかけた土屋オリジナルのレシピを紹介する際、“雪見だいふく……あーっ、えっと、違う、えっと、雪見、もう1回行きます。私がアレンジさせていただいた新メニューは、雪見エッグベネディクトです”と、まさかの“テイク2”を要求してきたんです」

     と、居合わせた芸能記者は語るが、続いてさらに唖然とさせられたという。

    「最後に司会者からメッセージを求められ、“ぜひぜひぜひ雪見だいふく、〆雪見だいふく……(司会のほうを見て)合ってますよね? 〆雪見だいふくで、違う。〆雪見で……あの(うつむいて笑いながら)混ざっちゃう、〆雪見で素敵な時間をすごしてください”と、何度も新CMのコンセプト“〆雪見”を間違えては、言い直したんです」

     記者は周囲と顔を見合わせ、こう結論づけたという。

    「ありゃ、映画病だね」

     どんな病気なのか、さる芸能関係者が説くには、

    「土屋は今、CM8本に出ていますが、テレビドラマは昨年4月期と10月期に出ただけで、活動の軸を映画に置いている。今年は3月公開の『PとJK』、6月公開の『兄に愛されすぎて困ってます』、9月公開の『トリガール!』、12月公開予定の『8年越しの花嫁』と4本で主演。来年も2本が公開予定です」

    「飽きてしまう」

     で、映画病とは、

    「同じシーンを何度も撮り直す映画の感覚に引っ張られている」(先の記者)

     というわけである。

     さて、ビョーキになるほど没頭している映画の出来について、映画評論家の北川れい子さんに尋ねると、

    「『まれ』ではまじめな女優という印象でしたが、最近はマンガや小説など人気原作ありきの、チャラい女子高生などの役ばかり。どれも目と口を大きく開けてきょとんとした顔で大騒ぎで。うんざりですね」

     と、手厳しい。

    「こうして悪意がなく、憎めないけど浮世離れしていて、人騒がせなチャラガールばかり演じていたら、観客も土屋に飽きてしまうと思う。実際、最新の『トリガール!』は週間観客動員数でトップテンに一度も入っていません。これでは若い才能が消耗してしまう危険性があります」

     だが土屋の名誉のために言えば、彼女、評判は悪くない。先の記者によれば、

    「日本女子体育大学で舞踊学を専攻中で、根っからの体育会気質。誰にでもすぐ立ってお辞儀をする礼儀正しさがある。女優としてもクセがないのですが、“青春映画女優”から脱皮を図ろうとしても、その先には年下の広瀬すず(19)がいる。広瀬は女子高生役を演じつつも、是枝裕和監督の目に止まり、女優としての幅を広げています」

     ビョーキは、155センチと小柄な土屋が大きく脱皮する糧になるか?

    「週刊新潮」2017年10月5日号 掲載

    2017年10月9日 5時59分 デイリー新潮
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13722699/

    写真
    no title

    引用元: ・【芸能】<土屋太鳳>懸念される“映画病” チャラい女子高生役ばかりを演じ、映画評論家「うんざりですね」

    【土屋太鳳 ゴリ押しで映画に出演もチャラい女子高生役しか回ってこないワケ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/28(木) 09:15:46.93 ID:CAP_USER9.net
    3 崖っぷちに立たされている? タレントで女優の剛力彩芽(25)が、2017年下半期からドラマ出演の機会が減少しつつある。

     “ゴリ押し女優”として名を馳せた剛力の女優ロードは、このまま終わりを告げてしまうのか。

     今年8月に25歳になった剛力。ヒット作に恵まれないまま、数多くのドラマや映画に出演して“ゴリ押し女優”と揶揄されてきた。

     ファンの間では「ゴリ押しが減った」と言われているが、2017年もこっそり多数のドラマに出演。1月期の深夜ドラマ『レンタルの恋』(TBS系)を皮切りに『女囚セブン』(テレビ朝日系)、松本清張没後25年特別企画の単発ドラマ『誤差』(テレビ東京系)、そして9月10日に放送された『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ系)の特別ドラマ『私たちの薩長同盟』に出演。またウェブドラマ『フェイス -サイバー犯罪特捜班-』にも主演として参加した。

    ■ゴリ押し健在も…地上波の連ドラ出演が減少傾向

     こうして振り返ると“ゴリ押し健在”という印象を受ける。ただ下半期は連ドラに出演する様子がなく、Webドラマや単発ドラマが増加傾向だ。単なる偶然なのだろうか。

     「“下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる”とも言えないほど、軒並み結果が出ない。特に『レンタルの恋』の大爆死は、TBSの『テッペン!水ドラ!!』枠の廃止(10月から、同深夜ドラマ枠は『クレイジージャーニー』を放送)に一役買ったと指摘されている。もはや“持ってない”女優と言わざるをえない。たしかにスタッフ受けはいいが、各局とも結果が出ない女優をいつまでも出す余裕はないのだろう」(報道関係者)

    剛力の女優業を脅かす要因は、他にもある。

     近年「ゴリ押し」と評判の俳優、女優が増加中なのだ。特に菅田将暉(24)や山﨑賢人(23)、広瀬すず(19)、二階堂ふみ(23)が台頭し、映画やドラマに次々と出演。また土屋太鳳(22)や高畑充希(25)、芳根京子(20)、波瑠(26)など朝ドラ勢の躍進も無視できない。
     
     「どの事務所も新人を売り出すのに必死で、意図的にゴリ押しを敢行するところもある。
    また剛力は出演作が“ハズレ”のイメージが強く、演技もどこか一本調子で視聴者に飽きられている。主演にこだわっているかぎり、今後より厳しい戦いが強いられるだろう。一つでも大ヒット作があれば話は別なのですがね……」(前出・報道関係者)

     女優業がイマイチふるわない剛力。このまま若手に弾き飛ばされ、連ドラ主演の道は閉ざされるのか。はたまた冬から再び盛り返すのか。もうしばらく目が離せそうにない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1359251/
    2017.09.28 08:40 デイリーニュースオンライン

    引用元: ・【芸能】剛力彩芽の連ドラ出演が減少傾向?大コケ続きで女優生命の危機に

    【【剛力彩芽】連ドラ出演が減少で崖っぷち? 大コケ続きで女優生命の危機に】の続きを読む

    このページのトップヘ