あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    割合

    1: 小豆大福 2018/01/05(金) 11:42:44.93 ID:CAP_USER9.net
    若者の「恋愛離れ」に歯止めがかかったようだ。
    2018年に成人式を迎える新成人600人のうち「これまでに交際経験がある」と答えた人の割合は昨年の59%から62%にまで上昇。

    男性では54.3%から55.3%に、女性では63.7%から68.7%に増加した。
    楽天オーネットが1月4日に発表した「恋愛・結婚に関する意識調」で明らかになった。

    no title


    「現在、交際している人がいる」と答えた人の割合も全体で30.7%から31.5%にまで増加している。
    恋人がいると答えた人の割合は、1996年の50.0%をピークに下降を続け、2011年には23.0%に。
    その後は上昇傾向が続き、2014~2018年は5年連続で増加を続けている。

    ■「交際相手がほしい」も2015年の62.6%から76.5%にまで上昇

    「出会いのきっかけ」で最も多かったのは「大学・専門学校」(30.2%)で、次に多かったのは「中学・高校時代の同級生」(18.0%)だった。
    3番目に多いのは「ネット(SNS)」の15.3%で、新成人がSNSを通じて恋人と出会っていることもわかった。

    ただし、男性に絞ると「その他」が22.4%で「ネット」(14.5%)を上回っている。
    選択肢には、「合コン」、「アルバイト」、「紹介」なども並ぶ中、それらに含まれない「その他」の方法で出会っている男性が多いということだ。

    no title


    現在、恋人がいない人に「交際相手がほしいか」を聞いたところ、「ほしい」と回答した人は76.5%に上った。
    「恋人がほしい」と回答した人の割合も2000年の90.0%をピークに下降傾向にあったが、2015年(62.6%)以降、増加が続いている。

    交際相手がほしい理由としては、男女ともに「一緒に時間を過ごす相手が欲しい」(71.4%)、「ときめきたい」(47.1%)が多かった。
    しかし3番目に多い理由としては、男性の場合「Hがしたい」(28.6%)で、女性の場合「何でも相談できる異性がほしい」(22.1%)となっている。

    no title


    「将来、結婚したい」と答えた新成人の割合も2年連続で増加し、2018年は83.8%に達した。
    結婚したい理由としては、男性は「好きな人と一緒にいたい」(55.7%)が最も多く、女性は「子どもが欲しい」が60.5%でトップだった。
    若者の「恋愛離れ」に歯止めがかかった形だが、相手が見つからない人や恋愛に興味がない人にとっては生きづらい世の中になりそうだ。

    https://news.careerconnection.jp/?p=48378

    引用元: ・【話題】新成人の3人に1人は恋人がいることが判明!交際経験ありも6割を超え 若者の「草食化」に歯止めか

    【新成人の3人に1人は恋人がいることが判明!交際経験ありも6割を超え 若者の「草食化」に歯止めか】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/03(水) 12:14:46.74 ID:CAP_USER9.net
    3

    藤沢数希さんの小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』のドラマ化(2017年12月28日に放送)を記念して、各電子書店で「脱・草食系男子フェア」を開催しています!
    その中から日替わりで"脱・草食系男子本"をおすすめします。

    ■『ルポ 中年童貞』 中村淳彦?

    性交渉未経験の男性がこの20年間、増え続けている。
    いまや30歳以上未婚男性の4人に1人が童貞だ。
    彼らに共通するのは、過剰なプライドの高さ、コミュニケーション不全、潔癖な女性観だ。
    童貞というコンプレックスは彼らの社会的な自立をも阻害する。
    性にまつわる取材を続ける著者がえぐる日本社会の不健全さ。衝撃のルポルタージュ。
    本書は中年童貞がどのような存在で、彼らが社会にどのような影響を及ぼしているのかを可視化するのが第一の目的である。

    童貞とは「性交未経験の男性」のことだ。
    国立社会保障人口問題研究所「第14回出生動向基本調査」(2010年)によると、20~24歳の未婚男性で性交経験がない人は、40・5%と前回(2005年)に比べ6・9ポイント上昇。
    さらには、30~34歳の未婚男性のうち、性交経験がない人の割合は26・1%となっている。
    おおよそ、4人に1人以上が童貞という計算だ。

    この数値を元に計算すると、30歳以上の未婚男性はおおよそ800万人、全国に209万人の中年童貞がいることになる。
    これは長野県の総人口と、ほぼ同数だ。
    「出生動向基本調査」は5年ごとの調査で、性交経験のない男性はここ20年の間、上昇し続けている。
    性交経験の有無や頻度、回数は、極めてパーソナルな問題であり、個人の自由だ。
    秘めたる性交経験が社会に影響を及ぼすわけがないじゃないか、と思われがちだが、性交未経験の男性は婚姻率の低下や少子化はもちろん、イドルやアニメなどの娯楽産業、アダルトビデオや性風俗などの性産業の動向と密接に関わるだけでなく、職場においてはパワハラやセクハラなどの人間関係、労働の長時間化、離職率など、社会の根幹に関わるネガティブな問題に繋がっている、というのが私の仮説だ。

    中年童貞の深刻さに気づいたのは、私が2008年に異業種参入で介護事業を始めてからである。
    爆発的に需要が増える団塊世代が後期高齢者になる2025年に向けて、老人たちの介護を民間に委ねる介護保険が始まるなど、介護事業は日本の中で数少ない成長産業として、民間企業を中心に現在進行形で急拡大している。

    ただ、元々不人気職種であるため、人材不足は深刻だ。
    極端な売り手市場であり、健康であれば誰でも介護職にありつける。
    本来、介護は経験と知識と技術によって高齢者の命を預かる専門職である。
    にもかかわらず、人材の選別はまったく機能していない。
    希望者全員が採用され、他業種ではありえない人材の異常な質の低下が全国的に進行している。

    未経験なのに介護の世界に足を踏み入れてしまった私にも、うんざりするほどの様々な困難があった。
    困難のすべては介護を必要とする要介護高齢者ではなく、働く介護人材の問題である。
    そこではかなりの確率で30代、40代、50代の中年男性にぶつかった。彼らは総じて未婚中年男性たちだった。

    どうして彼らが繰り返し人間関係でトラブルを起こすのか。深い疑問が浮かんだ。
    すべての問題は、彼らが周囲の人間と軋あつ轢れきを起こしたり、他人を攻撃したり、イジメたりすることから始まる。
    その行動がいかによくないことか注意してもまったく理解してもらえない。
    彼らは決定的に物事の考え方や行動が周囲とはズレていた。

    彼らは、全員、介護現場の末端でともに働いた男性たちだ。
    プライベートな会話の中で、彼らに直接的、または遠まわしに「セックス経験の有無」を訊ねたこともある。
    すると、全員が堂々と、または言い訳しながら「ない」と答えた。
    一人や二人ならば単なる個人の性格や事業所の不運と思っただろうが、数年間に及んで何人もの中年男性が同じようなトラブルを起こし、その原因のほとんどは「決定的に物事の考え方や行動がズレている」ということは変わることがなかった。
    私は介護現場の末端で、30歳を超えて性交未経験の中年男性に大きな問題が潜んでいることを確信した。

    記事を一部引用しました。全文はソースで。
    http://blogos.com/article/268207/

    引用元: ・【話題】介護事業を始めて気がついた中年童貞の深刻さ…「女性の裸を見て嘔吐」「処女でない女は人間ではない」「貞操がプライド」

    【介護事業を始めて気がついた中年童貞の深刻さ…「女性の裸を見て嘔吐」「処女でない女は人間ではない」「貞操がプライド」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/07(火) 08:38:58.72 ID:CAP_USER9.net
    テクノロジーはソロ社会を変えるのか。「超ソロ社会を救う『つながるぼっち』」をテーマに2035年に訪れる「超ソロ社会」などについて博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクトリーダー 荒川和久氏と慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネージメント研究科教授 前野隆司氏に聞く。(聞き手:佐々木紀彦NewsPicks編集長)

    ■日本は「独身社会」

    佐々木:
    2035年に訪れる「超ソロ社会」を一言でいうと?

    荒川:
    18年後には人口の半分が独身者、ということです。

    佐々木:
    このグラフを見ると衝撃的です。
    no title


    荒川:
    ここの独身者は未婚者だけではなく、1回結婚して離婚された方も含まれています。あとは、高齢者の方でパートナーが死別された方も独身になり、そういった方も含めてだいたい5対5。配偶者有がこれだけ下がるのもすごいことです。

    no title


    佐々木:
    高齢者の男性が亡くなり、女性が残る可能性が多いということですよね。独身者の中の内訳は…高齢の女性(ソロ婆)の方がすごい数。

    荒川:
    ソロ男・ソロ女は未婚の方です。

    佐々木:
    これを見るとわかるように、独身は人口の半分。高齢者がいかに多いかというのもわかります。

    荒川:
    日本は高齢化社会と言われていますが、高齢者の人口よりも独身の人口の方が多い。2035年は、独身の方は4800万人ですが、高齢者は4000万人に達していません。

    佐々木:
    ここまで独身が多いなんで意識していないですよね。

    荒川:
    「高齢化社会日本」ではなくて、「独身社会日本」なんです。

    佐々木:
    若い人たちも婚姻率が低くなっている状況はありますよね

    荒川:
    2035年には男は3割、女性も2割が生涯未婚。なぜ、男女差があるのかというと、男性が余るんです。都道府県別に出すと男性が余ってしまうのは、主に赤い部分(男性が余る)の茨城・栃木・福島です。

    no title


    >>2以降に続く

    配信Nov 03, 2017
    ホウドウキョク
    https://www.houdoukyoku.jp/posts/20860

    ★1が立った時間 2017/11/04(土) 09:30:22.20
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509984181/

    引用元: ・【超ソロ社会】2035年、日本人の半分が独身に 「独身社会」をどう生きる★20

    【超ソロ社会 2035年、日本人の半分が独身に 「独身社会」をどう生きる 続報2】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/01(水) 12:48:28.57 ID:CAP_USER9.net
    1

    35歳から54歳の未婚者の約半数が「あえて結婚していない」として、結婚を望んでいないことが分かりました。

    明治安田生活福祉研究所が35歳から54歳の男女1万人を対象に行った結婚意識に関する調査によりますと、未婚者の49%が「あえて結婚していない」と答え、「結婚したいができていない」の51%とほぼ同数でした。

    「あえて結婚しない」理由としては「元々、結婚を望んでいない」という独身主義が最も多く、「独身は精神的・時間的に自由がきく」が続いています。また、男女とも年齢が高くなるほど「今さら、結婚するような年齢ではない」との回答が多くなっています。

    逆に「結婚したいが、現在も独身でいる」理由としては、男性では「家族を養うほどの収入がない」、女性では「希望の条件を満たす異性に巡り会わない」がトップでした。このほか、これまでに経験した結婚のチャンスについて聞いたところ、「0回」と答えた人が男性で57%、女性で42%となり、「3回以上」と答えたのはともに1割ほどでした。

    ---明治安田生活福祉研究所---
    2017年 35~54歳の結婚意識に関する調査(2017年10月27日)
    http://www.myilw.co.jp/research/report/2017_03.php
    http://www.myilw.co.jp/research/report/pdf/myilw_report_2017_03.pdf

    ■あえて結婚していない理由
    (「もともと結婚を望んでいない」)
    男性 5人に2人
    女性 3人に1人

    ■結婚したいものの現在独身でいる理由
    男性 「家族を養うほどの収入がない」3割
    女性 「希望の条件を満たす異性に巡り合わない」4割

    ■一生独身でいることを決意・覚悟した理由
    (「結婚に向いていない」)
    男性 4割
    女性 3割

    ■45歳以上でやっぱり結婚したいと思うようになった理由
    (「老後1人で生活することへの不安」)
    男性 4割
    女性 5割

    ■これまでに経験した結婚のチャンスが「0」回
    未婚男性の6割
    未婚女性の4割

    ■理想・条件を下げておくべきだったと考える年齢
    男性 30代前半
    女性 20代後半~30代前半

    ■結婚相手として希望する相手の年齢
    男性 「自分よりも年下」
    女性 「自分と同年齢層」

    ■結婚相手に求める理想・条件を下げた年齢
    男性4割 30代前半
    女性4割 20代後半

    ■理想・条件を下げて後悔している50代前半既婚者
    男性 4割
    女性 6割

    配信2017/10/27 16:21
    テレ朝ニュース
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000113232.html

    ★1が立った時間 2017/10/28(土) 21:05:15.82
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509484864/

    引用元: ・【調査】35~54歳の未婚者 半数が「あえて結婚していない」 「結婚したいができていない」とほぼ同数★27

    【35~54歳の未婚者 半数が「あえて結婚していない」 「結婚したいができていない」とほぼ同数 続報】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/28(土) 21:05:15.82 ID:CAP_USER9.net
    1

    35歳から54歳の未婚者の約半数が「あえて結婚していない」として、結婚を望んでいないことが分かりました。

    明治安田生活福祉研究所が35歳から54歳の男女1万人を対象に行った結婚意識に関する調査によりますと、未婚者の49%が「あえて結婚していない」と答え、「結婚したいができていない」の51%とほぼ同数でした。

    「あえて結婚しない」理由としては「元々、結婚を望んでいない」という独身主義が最も多く、「独身は精神的・時間的に自由がきく」が続いています。また、男女とも年齢が高くなるほど「今さら、結婚するような年齢ではない」との回答が多くなっています。

    逆に「結婚したいが、現在も独身でいる」理由としては、男性では「家族を養うほどの収入がない」、女性では「希望の条件を満たす異性に巡り会わない」がトップでした。このほか、これまでに経験した結婚のチャンスについて聞いたところ、「0回」と答えた人が男性で57%、女性で42%となり、「3回以上」と答えたのはともに1割ほどでした。

    ---明治安田生活福祉研究所---
    2017年 35~54歳の結婚意識に関する調査(2017年10月27日)
    http://www.myilw.co.jp/research/report/2017_03.php
    http://www.myilw.co.jp/research/report/pdf/myilw_report_2017_03.pdf

    ■あえて結婚していない理由

    (「もともと結婚を望んでいない」)
    男性 5人に2人
    女性 3人に1人

    ■結婚したいものの現在独身でいる理由
    男性 「家族を養うほどの収入がない」3割
    女性 「希望の条件を満たす異性に巡り合わない」4割

    ■一生独身でいることを決意・覚悟した理由

    (「結婚に向いていない」)
    男性 4割
    女性 3割

    ■45歳以上でやっぱり結婚したいと思うようになった理由

    (「老後1人で生活することへの不安」)
    男性 4割
    女性 5割

    ■これまでに経験した結婚のチャンスが「0」回
    未婚男性の6割
    未婚女性の4割

    ■理想・条件を下げておくべきだったと考える年齢
    男性 30代前半
    女性 20代後半~30代前半

    ■結婚相手として希望する相手の年齢
    男性 「自分よりも年下」
    女性 「自分と同年齢層」

    ■結婚相手に求める理想・条件を下げた年齢
    男性4割 30代前半
    女性4割 20代後半

    ■理想・条件を下げて後悔している50代前半既婚者
    男性 4割
    女性 6割

    配信2017/10/27 16:21
    テレ朝ニュース
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000113232.html

    引用元: ・【調査】35~54歳の未婚者 半数が「あえて結婚していない」 「結婚したいができていない」とほぼ同数

    【35~54歳の未婚者 半数が「あえて結婚していない」 「結婚したいができていない」とほぼ同数】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/24(火) 09:26:45.50 ID:CAP_USER9.net
    3

    世の中で叫ばれている童貞・処女の急増問題を検証。

    日本男性の草食化が叫ばれて久しいが、厚生労働省の研究機関が2010年の出生動向基本調査で明らかにしたことには、30代前半の男性のうち約26・1%が未だ童貞だという。
    つまり、30代前半の男性の4人に1人は童貞という計算になる。意外に多い! 
    ちなみに、別の年の童貞率を見ると87年は27・1%、92年は22・7%まで減るがその後は再び増加し現在の値まで上げている。
    また、ほかの年代を見ても最近は増加傾向にあるようだ。

    一方で、30代前半の女性については87年は44・4%と処女率が半数近くだったが、97年に28・8まで下がり、年々減少傾向で2010年には23・8%まで下がった。
    しかし、02年から10年の間で処女率が減少しているのはこの年代のみで他はすべて増加しているから、やはり、男女ともに処女・童貞率が上がっているようだ。

    とはいえ、87年の水準と比べるとそれでもまだ童貞・処女は少ない方だし、単純に90年代の男女がヤリすぎていただけのような気もするが…?


    2017.10.23 14:01 週刊実話
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171023/Weeklyjn_13607.html

    前スレ                  2017/10/23(月) 15:33
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508794953/

    引用元: ・【社会】30代前半の4人に1人は“童貞” ★3

    【30代前半の4人に1人は童貞だと、30代前半の処女の割合は?】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/23(月) 15:33:10.89 ID:CAP_USER9.net
    1

    世の中で叫ばれている童貞・処女の急増問題を検証。

    日本男性の草食化が叫ばれて久しいが、厚生労働省の研究機関が2010年の出生動向基本調査で明らかにしたことには、30代前半の男性のうち約26・1%が未だ童貞だという。
    つまり、30代前半の男性の4人に1人は童貞という計算になる。意外に多い! 
    ちなみに、別の年の童貞率を見ると87年は27・1%、92年は22・7%まで減るがその後は再び増加し現在の値まで上げている。
    また、ほかの年代を見ても最近は増加傾向にあるようだ。

    一方で、30代前半の女性については87年は44・4%と処女率が半数近くだったが、97年に28・8まで下がり、年々減少傾向で2010年には23・8%まで下がった。
    しかし、02年から10年の間で処女率が減少しているのはこの年代のみで他はすべて増加しているから、やはり、男女ともに処女・童貞率が上がっているようだ。

    とはいえ、87年の水準と比べるとそれでもまだ童貞・処女は少ない方だし、単純に90年代の男女がヤリすぎていただけのような気もするが…?

    http://dailynewsonline.jp/article/1368317/
    2017.10.23 14:01 週刊実話

    引用元: ・【社会】30代前半の4人に1人は“童貞”

    【30代前半の4人に1人は童貞】の続きを読む

    このページのトップヘ