あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    北九州

    1: 小豆大福 2017/12/10(日) 16:24:05.63 ID:CAP_USER9.net
    3

    所在不明の倉敷市議見つかる 北九州市内で保護、けがなし
    2017年12月10日 15時27分
    http://www.sanyonews.jp/article/639437/1/

     11月30日ごろから所在が不明になり、親族から玉島署に行方不明届が出されていた倉敷市の岡見忠市議(36)=同市=が9日夜、北九州市内で保護されたことが10日、分かった。岡見氏にけがはないという。

     同署によると、福岡県警の警察官が9日夜、同市内で1人でいる男性に職務質問したところ、岡見氏と名乗ったため保護した。連絡を受け駆け付けた親族と同署員が本人と確認した。同署は岡見氏の健康状態や所在が不明になった理由などを調べている。

     関係者によると、岡見氏は11月30日に所属する会派の勉強会に参加した後、連絡がつかなくなり、12月定例市議会初日の6日の本会議を欠席した。

     岡見氏は2017年1月、倉敷市議に初当選し1期目。

    関連
    【岡山】<行方不明>倉敷市議、連絡とれず 今年1月に初当選
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512786213/

    引用元: ・【岡山】所在不明の倉敷市議見つかる 北九州市内で保護、けがなし

    【所在不明の倉敷市議見つかる 北九州市内で保護、けがなし】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/13(月) 12:21:09.05 ID:CAP_USER9.net
    北九州市で20歳の男と女子中学生を含む少年4人が17歳の少年を監禁したり、けがをさせるなどしたとして逮捕されました。

    警察によりますと、15歳の女子中学生と17歳から18歳の少年3人は先月3日、北九州市小倉北区の17歳の少年を無理やり車に乗せ、6日午前にわたって公園や仲間の家に連れ回して監禁した疑いが持たれています。

    さらに、20歳の宮尾改容疑者を加えた5人でその間に殴る蹴るの暴行を加え、ライターのオイルを掛けてやけどをさせるなど、全治1カ月以上の重傷を負わせた疑いが持たれています。警察は少年らの認否を明らかにしていません。

    17歳の少年は女子中学生と以前、交際していて、その友人だった少年らと知り合ったということです。警察で動機など詳しい経緯を調べています。

    no title


    以下ソース:テレビ朝日 2017/11/13 11:51
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000114402.html

    引用元: ・【福岡】20歳男や女子中学生らのグループが…17歳少年を“連れ去り暴行” 北九州市

    【20歳男や女子中学生らのグループが…17歳少年を“連れ去り暴行” 北九州市】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/08(水) 10:04:36.31 ID:CAP_USER9.net
    3

     8日午前6時10分頃、北九州市八幡西区穴生4のマンションに住む女性から、「主人が自宅で猟銃を撃った」と110番があった。女性は外に逃げ出し、けがはないという。

     福岡県警八幡西署の発表によると、女性は夫婦2人暮らし。60歳代の夫が飼い犬を撃ち、現時点で室内には夫だけが立てこもっているとみられる。同署は、現場の周囲約300メートルの住民らの避難誘導を進めている。

     現場は、JR鹿児島線・陣原駅から南へ約600メートル。近くには小学校もある。

    http://yomiuri.co.jp/national/20171108-OYT1T50010.html

    引用元: ・【北九州立てこもり】「主人が自宅で猟銃撃った」…飼い犬撃ち立てこもる

    【北九州立てこもり「主人が自宅で猟銃撃った」…飼い犬撃ち立てこもる】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/08(水) 09:22:50.55 ID:CAP_USER9.net
    1

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171108/k10011215211000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    11月8日 9時00分

    福岡県警察本部によりますと、北九州市八幡西区穴生4丁目のマンションで、住民の男が猟銃のようなものを発砲して部屋に立てこもっているということです。

    警察によりますと、男は60代で妻と暮らしていて、8日朝、マンション内で飼っている犬を猟銃のようなもので撃ち、部屋の外に逃げた妻が午前6時すぎに警察に通報したということです。警察はマンションの周囲およそ300メートルの住民の避難誘導をしています。

    引用元: ・【福岡】 男がマンションで発砲 立てこもり 北九州

    【男がマンションで発砲 立てこもり 北九州】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/08(水) 08:52:08.15 ID:CAP_USER9.net
    1

    福岡県警八幡西署によると、8日午前6時10分ごろ、女性から「一緒に住んでいる人が自宅で猟銃を発砲した」と110番通報があった。

    北九州市八幡西区穴生(あのお)4丁目のマンションの一室で男が猟銃のようなものを発砲し、立てこもっている。女性にけがはないという。

    八幡西署は、マンションから半径300メートル内の住民らを避難させている。

    以下ソース:朝日新聞 2017年11月8日08時36分
    http://www.asahi.com/articles/ASKC82RS0KC8TIPE003.html

    引用元: ・【福岡】北九州で猟銃発砲?立てこもり 周辺住民を避難 八幡西区

    【北九州で猟銃発砲?立てこもり 周辺住民を避難 八幡西区】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/19(木) 11:24:32.57 ID:CAP_USER9.net
     18日午後5時15分ごろ、北九州市八幡西区鷹の巣3丁目にある穴生(あのお)浄水場の近くで地中の導水管(直径120センチ)が壊れ、筑豊電鉄の線路や市道に大量の水や土砂があふれた。市上下水道局が導水管のバルブを締め、水は約1時間後に止まった。筑豊電鉄が安全確認のために運行を一時停止。市によると、市道は約650メートルにわたり通行が約2時間半規制された。

     現場は同区森下町で、筑豊電鉄の森下駅と今池駅の間。市や県警によると、壊れたのは力丸ダム(福岡県宮若市)から浄水場へ水を送る導水管。噴き出した水は約1千トンで、道路の冠水はひざ下くらいまでになった。けが人は確認されておらず、市が壊れた原因を調べている。(宮野拓也、新屋絵理)
    http://www.asahi.com/articles/ASKBL65WNKBLTLLS00B.html
    導水管が壊れ、地上の筑豊電鉄の線路や市道で水が噴き出した
    no title

    引用元: ・【北九州】ダムからの導水管が破損、水1千トンが地上に

    【ダムからの導水管が破損、水1千トンが地上に (画像あり)】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/11(水) 19:00:05.12 ID:CAP_USER9.net
    娘と死のうと対向車にぶつかる 母親を逮捕 北九州
    10月11日 17時55分

    10日、北九州市の国道で乗用車どうしが正面衝突し、4歳の女の子が意識不明の重体になるなど5人が重軽傷を負いました。警察によりますと、運転していた女の子の母親が「娘と一緒に死のうと思い対向車にぶつかっていった」と供述したということで、11日、傷害の疑いで逮捕されました。

    10日午前、北九州市若松区乙丸の国道495号線で乗用車どうしが正面衝突し、双方の車の5人が重軽傷を負い、このうち4歳の女の子が頭などを打って意識不明の重体となっています。

    警察の調べによりますと、運転していた女の子の母親が「娘と一緒に死のうと思い、対向車が来たので車でぶつかっていった」と供述したということで、警察は11日、傷害の疑いで逮捕しました。

    逮捕されたのは福岡市東区の無職、荒木美鈴容疑者(36)で、相手の車の生後およそ9か月の男の子と30代の両親に骨折などのけがを負わせた疑いが持たれています。

    警察は、対向車にわざと車を衝突させて無理心中を図ったと見て、動機などを調べています。

    NHK NEWSWEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171011/k10011174971000.html
    no title

    引用元: ・【福岡】「娘(4)と一緒に死のうと思い対向車にぶつかっていった」無理心中か、母親(36)逮捕 娘が意識不明の重体など5人重軽傷…北九州

    【「娘(4)と一緒に死のうと思い対向車にぶつかっていった」無理心中か、母親(36)逮捕 娘が意識不明の重体など5人重軽傷】の続きを読む

    このページのトップヘ