あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    卒業

    1: 小豆大福 2018/01/23(火) 11:07:26.09 ID:CAP_USER9.net
    【芸能】メンバー卒業後にいきなり勝負をかけたももクロ

     アイドルグループ・ももいろクローバーZの有安杏果が21日、千葉・幕張メッセで開催されたラストライブで卒業し、残りのメンバー4人で5月23日に東京ドームで10周年記念ライブを開催することが発表されたことを、各メディアが報じている。

     報道をまとめると、同公演は15日に急きょ発表されたにもかかわらず、同所に併設されたイベントホールでのライブビューイングとあわせて3万7237人の“モノノフ”(=ももクロファン)が集結。

     リーダーの百田夏菜子は「あまりにもまっすぐすぎて、伝えることができなかったんだけど、本当は10周年は5人で迎えたかったです」と本音を吐露。「サプライズで1曲プレゼントしたい」と切り出し、有安に贈る歌「新しい青空」を残る4人で披露したという。

     最後のあいさつで有安はファンに感謝。そのうえで、「この4人と、モノノフさんで5人だと思ってます。10周年も20周年もこの4人のことをよろしくお願いします」と卒業に対する悔いをにじませながらファンに頭を下げたというのだ。

     その後、ももクロにサプライズを知らせにやってくることでおなじみの松崎しげるが突然登場。代表曲「愛のメモリー」に乗せて、5月23日に東京ドームで10周年記念ライブを開催することを発表。また、同日、初のベストアルバム発売も告知されたという。

     「16年2月から、発売した2枚のオリジナルアルバムを引っさげ、名古屋・大阪・札幌・福岡・西武プリンスでドームツアーを行ったが日程の関係で東京ドーム公演は開催できなかった。それなりに動員はできたものの、アルバムの売れ行きはそれほど伸びず。今後、4人体制でやっていけるかどうかを占う意味で、東京ドーム公演の開催を決断したようだ」(レコード会社関係者)

     ももクロの今後は、東京ドーム公演のデキにかかっているようだ。

    http://wjn.jp/article/detail/6935929/
    no title

    引用元: ・【芸能】メンバー卒業後にいきなり勝負をかけたももクロ

    【メンバー卒業後にいきなり勝負をかけたももクロ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/15(月) 12:16:16.63 ID:CAP_USER9.net
    アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の有安杏果(22)がグループを卒業することが分かった。
    15日、グループの公式サイトと自身のブログで発表した。
    21日に滋賀県東近江市布引運動公園陸上競技場で行われるライブがラストとなる。

    有安は「ありがたい環境でやらせていただきましたが、子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました」と卒業を決断した理由を説明。
    今後については「具体的には何も決まってません。逆に何も予定のない日々を人生で一度くらい過ごしてみたいなと思ってます」としている。

    そしてメンバー、スタッフやファンに感謝し、「みなさんにはどれだけ『ありがとう』と言っても、感謝の想いを伝えきれません。今回の私のわがままに対してはいろんな意見があると思いますが、8年間一緒に歩いてきたみなさんの中に『お疲れ様』と言ってくれる人が一人でもいたら嬉しく思います。8年間、本当にありがとうございました」としている。

    有安は2009年7月、「ももいろクローバー」に加入。
    ダンスと歌唱力を武器に活躍していたが、13年には喉の治療で2カ月声が出せなくなるアクシデントに見舞われ、15年には扁桃腺摘出手術を受けた。
    昨年3月には芸能活動と学業を両立し、日本大学芸術学部写真学科を4年で卒業。
    同10月には初のソロアルバム「ココロノオト」をリリースし、日本武道館での単独公演も行った。
    イメージカラーは緑。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000098-spnannex-ent

    「ももいろクローバーZ」有安杏果
    no title

    引用元: ・【アイドル】有安杏果「ももクロ」卒業を電撃発表!「普通の女の子の生活を送りたい」

    【有安杏果「ももクロ」卒業を電撃発表!「普通の女の子の生活を送りたい」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 12:54:48.65 ID:CAP_USER9.net
    3

    高校生起業家が億単位の資金を集める時代。大学生が社長を務めるスタートアップは、さらに本格的な成長ステージに入るケースが増えてきた。その裏側でじわり目立ち始めたのが、「大学卒業より事業優先」で中退を選ぶ若者たち。授業に出る時間を惜しみ、大卒という肩書にすらこだわらない彼らの価値観を探った。

    ■親には事後報告。進路は自分で

    「とにかく若いうちに社会で経験を積みたかった。世の中に新しい仕組みをつくりたい」。営業クラウドソーシングサービス「kakutoku」を手がけるNitlon(ニトロン、東京・渋谷)社長の満田聖也(22)は2017年春、大学をやめ事業に絞った。会社設立から2年弱、平均年齢が6歳上の社員たちを率いる満田の語り口は落ち着き払っている。

    熊本商業高校時代は米アップル創業者のスティーブ・ジョブズに憧れ、地元熊本でプレゼンテーションをしあう団体「FDM」を主催。30~50歳代の中小企業経営者らと毎月、議論を交わした。

    世界で活躍できる能力を得ようと、留学生が多く英語での授業が過半の立命館アジア太平洋大学(大分県別府市)に進学。だが1年生の時、縫製クラウドソーシングのシタテル(熊本市)にインターンをすると起業がぐっと身近になった。シタテル社長の河野秀和(42)から営業統括を任され、セレクトショップなどを回り自信をつけた。

    その過程で「営業には前近代的な曖昧さが残る。営業プロセスにデータを活用できないか」と着想。16年2月、営業人材を効率的に求める企業と営業のプロをマッチングするサービスを開始。コロプラの投資子会社コロプラネクストから1000万円の投資も受けた。

    2年間の休学の間に顧客企業は増え続け、本社は東京に移転。東京から別府まで通うわけにもいかず、17年春に中退した。「親には事後報告した。これまでも自分で進路を決めてきた」とさらり。取引先は400社に達し、手応えも感じている。

    対照的に「中退を親に話したときは絶句していた」と苦笑いするのは、クラウド経費精算サービスを手がけるベアテイル(東京・千代田)社長の黒崎賢一(26)だ。

    小さい頃からのIT(情報技術)オタク。私立武蔵高校在学中の16歳からIT雑誌向けに学生ライターとして寄稿し、小遣い稼ぎをしてきた。10年に筑波大学に入学し、12年に「無駄な時間を世の中から省きたい」と学友2人と起業した。

    1億円以上の資金調達も続け、順調に成長するなか17年春に大学を中退。大卒の肩書よりも事業に懸ける情熱が上回った。親も息子の会社の評価額を聞いて納得するようになったという。

    ■大卒がゴールではない

    「学生時代の起業はキャリアに必ずプラス。失敗しても就職の際にアピールできる」(現役学生社長)。そんな認識が広がり、学生の起業はもはや驚きではなくなった。成功すれば資金調達もしやすい環境になった。

    学生スタートアップ17社に投資してきたコロプラネクスト投資担当の松原脩平(27)は「最近はインターンも経験した優秀な人材が増えている」と指摘する。半面、学生は投資家へのリターンのためにより事業に集中する必要が出てくる。

    「小さいときから塾に通い、高い授業料を払って大学を出ることだけがゴールだろうか」。動画投稿サイトで活躍する「ユーチューバー」の事務所、VAZ(バズ、東京・渋谷)社長の森泰輝(27)は、現在の教育自体に疑問を投げかける。

    森は早稲田大学在学中に別の事業を興して失敗し、借金返済に追われたこともあった。15年に立ち上げた2社目がVAZ。もともと在学中、「サークルのOBに会って大企業に憧れを抱かなくなった」。著名ユーチューバーの活躍で事業は拡大し、17年春に中退して学歴は「高卒」になった。

    そんな森がいま力を入れるのが非大卒の若者と企業をマッチングする就業支援サービスだ。スマートフォン(スマホ)で就職相談や面接のあっせんができる。「大卒の新卒採用が始まったのは60年前。今度は中卒や高卒の学生にも選択肢を示したい」と話す。

    一方、学生に起業を呼びかけているベンチャーキャピタル(VC)、スカイランドベンチャーズ(東京・渋谷)代表パートナーの木下慶彦(32)は「大卒か中退かと聞かれたら、卒業はしておいたら、と答える」という。「日本で経済同友会に入りたいのでもなければ大卒は不要。ただ、グローバルでは肩書みたいなものも必要になる」というのが理由だ。

    米シリコンバレーでも学生起業家の中退が広がっている。最近、カリフォルニア州立大学バークレー校を訪れた起業家は「優秀な学生

    以下ソース先で

    2018年1月1日 6:30
    日本経済新聞
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO2521488028122017XY0000

    引用元: ・【肩書】「大学卒業より事業」 学生起業家に広がる中退 大卒がゴールではない

    【「大学卒業より事業」 学生起業家に広がる中退 大卒がゴールではない】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/02(木) 13:09:40.26 ID:CAP_USER9.net
    11月13日の卒業公演をもって、AKB48から卒業し、芸能界から引退することを発表している島田晴香が、11月10日にフォトブック『そんな生き方』(竹書房)を発売。
    セクシーな撮りおろしとともに、圏外メンバーの苦しみ、ジェラシー、そしてAKB48への愛と感謝を語りおろしている。

    フォトブック『そんな生き方』はセクシーなランジェリー姿をを含む96ページのカラー撮りおろし写真および、本人による語りおろしを収録。
    さらに小嶋真子、村山彩希との対談、かつてのAKB48の先輩である秋元才加のインタビューも掲載されている。

    島田は刊行にあたり「AKB48に入って8年間ずっと総選挙『圏外』メンバーだった私が、今まで話されていないAKB48の表舞台から裏側まですべてお話しします…。圏外メンバーの苦しさ、憤り、ジェラシー、を正直に書きました。頑張っても頑張っても、最後までダメだった私が、AKB48への愛と感謝、後輩へ託す熱い気持ちを書きました。AKB48 の卒業とともに、今まで表現することができなかった私のすべてをこの本に詰め込みました」と想いを語っている。

    なお発売当日10日には、福家書店・新宿サブナード店にて、発売記念お渡し会イベントが開催される。

    ■島田晴香(しまだはるか)
    1992年12月16日生まれ、静岡県出身。
    身長162cm、B85・W59・H87。
    AKB489期生、チームK副キャプテン。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000330-devi-ent

    島田晴香フォトブック『そんな生き方』
    no title

    no title

    no title


    AKB48 島田晴香
    no title

    no title

    no title

    引用元: ・【AKB48】卒業・芸能界引退の島田晴香、セクシーなランジェリー姿披露 万年圏外メンバーの苦しみも告白

    【AKB48卒業・芸能界引退の島田晴香、セクシーなランジェリー姿披露 万年圏外メンバーの苦しみも告白 】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/02(木) 11:33:56.93 ID:CAP_USER9.net
    3

    年内でAKB48を卒業するまゆゆこと渡辺麻友(23)が31日、出身地・埼玉県のさいたまスーパーアリーナで卒業コンサートを開催した。
    王道アイドルとして確固たる地位を築いた渡辺は、残り2か月のAKB人生で“神7”ならぬ“ノースキャンダル7”を育て上げようとしているという。

    卒業を決断したことについて、渡辺は「これからのAKB48は、たくさん頼りになる後輩もできた。この子たちなら、AKB48を任せられるなと思った」と告白。
    実際、ライブでAKB48の横山由依(24)、小栗有以(15)、久保怜音(13)、岡田奈々(19)、高橋朱里(20)、向井地美音(19)、倉野尾成美(16)らを出演メンバーに選び、一緒にパフォーマンスをした。

    終演後、メンバーチョイスについて「普段からいろんなメンバーを見て私が『いいな』と思ってる子。もっと輝いて、AKBのセンターを張れるんじゃないかと私が期待しているメンバーを選んだ」と説明。
    「注目しているのが、AKB48のチーム8で東京代表の“ゆいゆい”こと小栗有以ちゃん。メキメキと成長して、アイドルオーラも出してる。卒業コンサートでも目立たせました。
    これからAKBの王道、正統派アイドルとして頑張ってほしい」と期待を込めて語った。

    AKB関係者は「渡辺は、やはり王道アイドルが報われるべきだという思いがある。それは自身が肝に銘じた『アイドルはノースキャンダルであるべき』という考え。
    岡田奈々、高橋朱里、小栗有以、向井地美音ら後輩を抜てきしたのは、スキャンダルがないのも理由の一つになっている」と指摘する。

    渡辺といえば、6月に行われたAKB選抜総選挙で卒業を発表したが、元NMBの須藤凜々花(20)がまさかの結婚宣言でぶち壊してしまったことも記憶に新しい。

    「渡辺は総選挙スピーチで、アイドルとしては裏切りといえる須藤の結婚宣言について、苦言を呈した岡田奈々と高橋朱里に『私の言いたいことをすべて言ってくれた』と感謝しているんです。
    だからこそ、自身の卒業コンサートで目立つポジションに抜てきし、“ノースキャンダル7”にも期待している」(前同)

    渡辺のアイドル魂を引き継ぐ後輩メンバーたちが、AKBを光り輝かせることができるか――。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/814981/

    引用元: ・【芸能】まゆゆ卒コンで“ノースキャンダル7”指名 王道アイドル魂を継承

    【まゆゆ卒コンで“ノースキャンダル7”指名 王道アイドル魂を継承】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/21(土) 21:38:30.72 ID:CAP_USER9.net
    虹のコンキスタドールの奥村野乃花がグループを卒業する。

    これは本日10月21日に東京・WWW Xで行われたワンマンツアー「衝動的etc」の夜公演で本人の口から発表されたもの。
    ライブ終了後に奥村は自身のブログを更新しており、彼女は卒業について「皆さんがたくさん応援してくれたおかげでいろんなことを経験できて、自分が思い描いていたアイドルとしての目標は達成できた気がしていたところでした」「新しい目標も見つかったこのタイミングで虹コンとしての目標は心強い仲間に任せて、私は自分の目標を叶えるために決断をすることにしました」とつづっている。

    なお彼女は2018年1月7日に東京・赤坂BLITZで行われるライブを最後にグループを卒業することをアナウンスしており、このライブについて「皆さんに応援していてよかったと思ってもらえるようなステージにします!」とファンに呼びかけている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00000049-natalien-musi

    「虹のコンキスタドール」 “ののた”奥村野乃花
    no title

    no title

    「虹のコンキスタドール」
    no title

    no title

    引用元: ・【アイドル】「虹コン」“ののた”奥村野乃花、卒業を発表「アイドルとしての目標は達成できた」

    【「虹コン」“ののた”奥村野乃花、卒業を発表「アイドルとしての目標は達成できた」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/01(日) 09:15:37.87 ID:CAP_USER9.net
    48グループの現役メンバーの中で注目度はトップクラスでしょう。
    NMB48のキャプテンを務める山本彩さんは、今年の総選挙を辞退したことでも話題を呼びました。
    昨年末の紅白選抜で1位に輝き、総選挙での躍進も確実視されていましたが、NMB全体のことを考えて総選挙は後進に道を譲る形を取ったようです。
    NMBは、突然の結婚宣言が物議をかもした須藤凜々花さんが8月をもって卒業、さらに木下百花さんも3夜連続の卒業イベントを開き、9月27日の公演を最後に“元”メンバーとなりました。
    人気メンバーの相次ぐ卒業に、グループにおける山本さんの存在感はかつてないほど高まっているのです。

    「AKBは嫌いでもさや姉だけは好き」

    しかしながら、山本さんこそ、いつ卒業してもおかしくない実力を持つメンバーです。
    “さや姉”の愛称で親しまれる山本さんですが、メンバーの面倒見が良いのはもちろん、イベントなどでのファンへの対応も「神対応」と言われます。
    そして、一緒に仕事をしたスタッフからも、聞こえてくるのは良いうわさばかり。
    芸能界で長く生き残っていくには「この人とまた一緒に仕事がしたい」とさまざまな人に思われることが大切であり、それも実力のうちと言えますが、その点、山本さんには一切不安がありません。

    さらに、よく言われるのが、48グループファンではない一般の人たちにも人気がある、ということです。
    グループのファンが書き込むネットの掲示板でも「去年の夏電車で浴衣着た結構可愛い女の子がiPhoneに山本彩シール貼ってて覗いたら壁紙もさや姉でびっくりした記憶あるわ」「AKB嫌いとか言う人でもさや姉だけは好きって人多い」といった評判。
    アイドルだからといってファンに過剰にこびている感はなく、それでいてファンをとても大切にしていて、気取ったところがない自然体。
    発言なども「スマートで無理がない」と言えるでしょう。

    もちろん、ビジュアル面でも48グループ屈指の人気があります。
    男性誌のグラビアに水着で登場してセクシーなプロポーションを披露する傍ら、女性ファッション誌にも似合うおしゃれさを兼ね備えています。
    昨年末、1位に輝いた紅白選抜は一般視聴者の投票によるもので、それだけ一般人気が高いということが証明された形です。

    サプライズの好きな48グループだけに、山本さんにもいつどのようなサプライズがあるかわかりませんが、卒業はサプライズというよりもむしろ、歓迎すべき新たな旅立ちと言えそうです。
    今のところ、卒業のうわさが出ても山本さん本人が「今はそのつもりはないですから」と否定しています。
    NMB48の地盤がしっかり固まったと実感できた時が、決断の時となりそうです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171001-00010001-otonans-soci

    NMB48 “さや姉”山本彩
    no title

    no title

    no title

    no title


    [MV] 山本彩 「JOKER」
    https://www.youtube.com/watch?v=jR6f3sTRuJc


    引用元: ・【NMB48】“さや姉”山本彩の魅力はどこから来るのか 神対応、ビジュアル…「AKBは嫌いでもさや姉だけは好き」

    【【NMB48】“さや姉”山本彩の魅力はどこから来るのか 神対応、ビジュアル…「AKBは嫌いでもさや姉だけは好き」】の続きを読む

    このページのトップヘ