あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    台風

    1: 小豆大福 2017/10/23(月) 08:05:27.08 ID:CAP_USER9.net
    1

    衆院選投開票の22日に本州へ接近している超大型で非常に強い台風21号について、気象庁は22日、関東に接近、上陸する台風としては「史上最強クラス」との見解を明らかにした。

    23日未明から明け方にかけて関東、東海地方に上陸する見通し。
    23日の通勤時間帯に影響する恐れがある。東海で24時間雨量が最大600ミリと予想されるほか、進路西側の近畿、北陸でも雨量の増加が見込まれる。広い範囲で暴風雨となり、衆院選の投票率や投開票の作業にも影響が出そうだ。

    気象庁によると、台風21号は日本の南海上を北へ速度を上げながら進んでおり、23日午前0時には紀伊半島にかなり接近し、23日明け方までには愛知県から千葉県にかけての沿岸部に上陸する恐れがある。
    関東を縦断した後、東北の東沖へ抜け、24日午前には北海道の東で温帯低気圧に変わる見通し。

    海面水温の高い海域を通ったことで勢力を強め、中心気圧965ヘクトパスカル前後で最大風速40メートルの強い勢力と大型の強風域を保ったまま上陸するとみられる。

    関東へ上陸した台風としては中心気圧960ヘクトパスカルが記録上最低で、関東へ上陸すれば「史上最強クラス」(同庁)。
    また、「超大型」での上陸は全国的に前例がないという。

    続きはソース先をご覧ください
    http://www.sankei.com/affairs/news/171022/afr1710220013-n2.html

    2017/10/22(日) 17:06:45.03
    ※前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508710235/

    引用元: ・【台風21号】関東上陸「史上最強クラス」 気象庁見解、23日未明から明け方に 300ミリは都心の1カ月分超★23

    【台風21号 関東上陸「史上最強クラス」 気象庁見解、23日未明から明け方に 300ミリは都心の1カ月分超 続報】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/23(月) 05:47:46.51 ID:CAP_USER9.net
    1

    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017102290194730.html

    JR東海は22日、台風21号の影響で、静岡、愛知、三重、岐阜の4県で同社が管轄する在来線について、23日の始発から上下で運転を見合わせると発表した。

    名鉄は、尾西線、津島線、知多新線と河和線で運転を見合わせしているほか、23日は点検のため始発から全線で運転を見合わせる。

    近鉄も名古屋線・大阪線などで運転を見合わせている。23日は点検のため、始発から運転を見合わせる。

    引用元: ・【台風】JR東海在来線と名鉄・近鉄、始発から運転見合わせ

    【台風 JR東海在来線と名鉄・近鉄、始発から運転見合わせ 】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/23(月) 07:35:47.00 ID:CAP_USER9.net
    1

    10月23日 7時32分

    国や自治体によりますと、23日午前6時半現在、氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川は、以下のとおりです。

    ▽山形県では高畠町の屋代川、
    ▽福島県では福島市の濁川、相馬市の地蔵川、
    ▽茨城県では高萩市の関根川、日立市の茂宮川など、
    ▽群馬県ではみなかみ町の利根川、太田市の蛇川、
    ▽栃木県では佐野市の三杉川、
    ▽埼玉県ではさいたま市の鴨川、東松山市の市野川など、
    ▽千葉県では一宮町の一宮川、
    ▽神奈川県では平塚市の相模川、小田原市の山王川など、
    ▽東京都では文京区の神田川、
    ▽長野県では千曲市の沢山川、
    ▽山梨県では大月市の相模川、
    ▽甲府市の間門川など、
    ▽岐阜県では養老町の牧田川と泥川など、
    ▽愛知県ではあま市の福田川、
    ▽三重県では伊賀市の木津川、
    ▽滋賀県では長浜市の姉川、
    ▽京都府では福知山市の土師川と牧川、それに由良川など、
    ▽福井県では福井市の「狐川」、小浜市の南川など、
    ▽石川県では加賀市の柴山潟と動橋川、
    ▽富山県では高岡市の小矢部川、
    ▽広島県では三原市の和久原川と福山市の箱田川、
    ▽鳥取県では湯梨浜町の東郷池です。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171023/k10011193551000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    引用元: ・【台風】全国の氾濫危険水位超えの河川(午前6時半現在)

    【台風 全国の氾濫危険水位超えの河川】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/22(日) 15:33:27.15 ID:CAP_USER9.net
    3

    22日午前、滋賀県湖南市の住宅街で道路がおよそ17メートルにわたって陥没しました。水道管が破裂して周辺で断水しているということで、湖南市はこの大雨が影響した可能性があるとみて、復旧を急いでいます。

    22日午前11時すぎ、滋賀県湖南市岩根の住宅街の市道が、長さおよそ17メートル、深さおよそ2メートルにわたって陥没しました。

    警察や湖南市によりますと、水道管が破裂していて、周辺の住宅40世帯で断水しているということです。

    湖南市は、台風21号の接近に伴った大雨が影響した可能性があるとみて、復旧を急ぐとともに給水車を派遣して対応しています。

    配信10月22日 15時23分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171022/k10011186641000.html

    引用元: ・【滋賀】道路が17m陥没し水道管破裂 大雨が影響か/湖南市

    【台風の大雨で道路が17m陥没した...水道管が破裂したらしい】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/22(日) 10:15:11.17 ID:CAP_USER9.net
    no title

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171022/k10011185751000.html

    日本の南の海上を北上している超大型で非常に強い台風21号は、23日にかけて本州にかなり近づき、広い範囲で大荒れとなる見込みです。
    特に東海や関東などでは記録的な大雨となるおそれがあり、気象庁は、土砂災害や川の増水、暴風や高波に厳重に警戒するとともに、早めに安全な場所に移動するなど対策を進めるよう呼びかけています。

    気象庁の発表によりますと、超大型で非常に強い台風21号は、午前5時には沖縄県の南大東島の東240キロの海上を1時間に30キロの速さで北北東へ進んでいると見られます。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

    台風は、23日にかけて強い勢力を保ったまま本州にかなり近づく見込みです。

    沖縄県の大東島地方はさきほど台風の暴風域から抜けましたが、このあと数時間、猛烈な風が吹くおそれがあるほか海上は猛烈なしけが続く見込みです。

    台風の接近に伴って沖縄県や鹿児島県では風が強まり、午前3時半ごろに鹿児島県屋久島町尾之間で32.4メートル、午前0時40分ごろに沖縄県南城市で28.1メートルの最大瞬間風速を観測しました。

    前線も活発 断続的に激しい雨

    一方、本州の南岸に停滞する前線の活動が活発になっている影響で、西日本と東日本の太平洋側を中心に発達した雨雲がかかっています。

    西日本と東日本の太平洋側を中心に、これから23日にかけて、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

    22日夜遅くまでに降る雨の量は、いずれも多いところで東海で500ミリ、近畿で400ミリ、四国と関東甲信、それに伊豆諸島で300ミリ、九州南部と北部、中国地方、北陸で200ミリ、鹿児島県の奄美地方で180ミリ、東北で100ミリと予想されています。

    その後、さらに雨量が増える見込みで、22日夜遅くから23日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、北陸で300ミリから400ミリ、近畿と東海、関東甲信、東北で200ミリから300ミリ、伊豆諸島で100ミリから200ミリ、中国地方と四国、北海道で100ミリから150ミリと予想され、東海や関東などでは記録的な大雨となるおそれがあります。

    風や波 高潮にも警戒を

    台風の接近に伴って、これから23日にかけて西日本と東日本でも次第に風が強まり、猛烈な風が吹くほか、22日の波の高さは近畿と東海、それに伊豆諸島で10メートルと猛烈にしける見込みで、広い範囲で大荒れになる見込みです。

    また、今は大潮の時期にあたるため、満潮の時間帯を中心に高潮による浸水のおそれがあります。

    気象庁は、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水、暴風、高波、それに高潮に厳重に警戒し、早めに安全な場所に移動するなど対策を進めるよう呼びかけています。

    ★1:2017/10/22(日) 05:41:41.53
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508618501/

    引用元: ・【気象】超大型で非常に強い台風21号、広範囲で大荒れの見込み ★2

    【超大型で非常に強い台風21号、広範囲で大荒れの見込み 続報】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/22(日) 05:41:41.53 ID:CAP_USER9.net
    no title

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171022/k10011185751000.html

    日本の南の海上を北上している超大型で非常に強い台風21号は、 3日にかけて本州にかなり近づき、広い範囲で大荒れとなる見込みです。
    特に東海や関東などでは記録的な大雨となるおそれがあり、気象庁は、土砂災害や川の増水、暴風や高波に厳重に警戒するとともに、早めに安全な場所に移動するなど対策を進めるよう呼びかけています。

    気象庁の発表によりますと、超大型で非常に強い台風21号は、午前5時には沖縄県の南大東島の東240キロの海上を1時間に30キロの速さで北北東へ進んでいると見られます。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

    台風は、23日にかけて強い勢力を保ったまま本州にかなり近づく見込みです。

    沖縄県の大東島地方はさきほど台風の暴風域から抜けましたが、このあと数時間、猛烈な風が吹くおそれがあるほか海上は猛烈なしけが続く見込みです。

    台風の接近に伴って沖縄県や鹿児島県では風が強まり、午前3時半ごろに鹿児島県屋久島町尾之間で32.4メートル、午前0時40分ごろに沖縄県南城市で28.1メートルの最大瞬間風速を観測しました。

    前線も活発 断続的に激しい雨

    一方、本州の南岸に停滞する前線の活動が活発になっている影響で、西日本と東日本の太平洋側を中心に発達した雨雲がかかっています。

    西日本と東日本の太平洋側を中心に、これから23日にかけて、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

    22日夜遅くまでに降る雨の量は、いずれも多いところで東海で500ミリ、近畿で400ミリ、四国と関東甲信、それに伊豆諸島で300ミリ、九州南部と北部、中国地方、北陸で200ミリ、鹿児島県の奄美地方で180ミリ、東北で100ミリと予想されています。

    その後、さらに雨量が増える見込みで、22日夜遅くから23日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、北陸で300ミリから400ミリ、近畿と東海、関東甲信、東北で200ミリから300ミリ、伊豆諸島で100ミリから200ミリ、中国地方と四国、北海道で100ミリから150ミリと予想され、東海や関東などでは記録的な大雨となるおそれがあります。

    風や波 高潮にも警戒を

    台風の接近に伴って、これから23日にかけて西日本と東日本でも次第に風が強まり、猛烈な風が吹くほか、22日の波の高さは近畿と東海、それに伊豆諸島で10メートルと猛烈にしける見込みで、広い範囲で大荒れになる見込みです。

    また、今は大潮の時期にあたるため、満潮の時間帯を中心に高潮による浸水のおそれがあります。

    気象庁は、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水、暴風、高波、それに高潮に厳重に警戒し、早めに安全な場所に移動するなど対策を進めるよう呼びかけています。

    引用元: ・【気象】超大型で非常に強い台風21号、広範囲で大荒れの見込み

    【超大型で非常に強い台風21号、広範囲で大荒れの見込み 】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/21(土) 16:45:15.75 ID:CAP_USER9.net
    21日午前10時の台風の位置と進路予想
    no title

    22日昼までに予想される雨の量。その後もさらに雨量は増える見込み
    no title


    超大型で非常に強い台風21号は、日曜日には沖縄地方に接近、22日から23日(月)にかけては西日本から東日本、北日本にかなり接近する見込み。前線を刺激するため、西日本や東日本の太平洋側を中心に台風接近前から大雨になるおそれがある。
    暴風や高波、高潮、大雨に厳重な警戒が必要だ。

    台風21号は、午前10時には日本の南にあって、1時間におよそ15キロの速さで北東へ進んでいる。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は70メートルで、暴風域を伴っている。
    今後、台風21号は日本の南を北上し、非常に強い勢力で沖縄地方に接近、その後も勢力をあまり落とすことなく、23日にかけて、西日本から東日本、北日本にかなり接近する見込みだ。

    台風21号 総雨量800ミリ超えも 大雨への備えを万全に
    22日昼までに予想される雨の量。その後もさらに雨量は増える見込み。

    ■<大雨・雷・突風>

    台風を取り巻く発達した雨雲や本州の南海上に停滞する前線の影響により、南西諸島や西日本、東日本の太平洋側を中心に、あさって23日にかけて、非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨が降る見込み。

    東海地方では総雨量が多いところで800ミリを超える予想で、近畿でも600ミリ超え、関東甲信では500ミリほどに達するおそれがある。

    ■<あさって23日正午までの24時間予想雨量〉(多いところ)

    東海地方 400~600ミリ
    近畿地方、関東甲信地方、伊豆諸島 300~400ミリ
    中国地方、四国地方、北陸地方、東北地方 200~300ミリ
    九州北部地方 100~200ミリ

    台風の接近と通過に伴い、南西諸島から西日本、東日本を中心とした広い範囲で大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。

    台風21号 総雨量800ミリ超えも 大雨への備えを万全に

    ■<暴風・高波・高潮>

    台風の影響で、南西諸島ではあす22日にかけて、西日本と東日本では22日から23日にかけて、猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなるところがある見込み。
    暴風やうねりを伴った高波に厳重な警戒が必要だ。

    また、南西諸島から東日本では、台風の影響が大潮の時期と重なり潮位が高くなる。気象庁は、海岸や河口付近の低地での高潮による浸水や冠水に警戒を呼びかけている。

    今回は、台風の接近、満潮時間、黒潮の蛇行など悪条件が重なっているため、近畿から関東の沖では特に高潮のおそれがある。

    ■大雨・暴風など早めの備えを

     各地で大荒れの天気が予想され、早めの備えが大切となる。前線を刺激するため、特に大雨に対する万全な準備が必要だ。

    ・室外にあるものは飛ばされて凶器になるおそれがあるため室内にしまう
    ・事前に避難所や避難経路を確認する
    ・携帯電話の充電や懐中電灯の電池を確認する
    ・排水溝などの掃除をしておく
    ・水や食料などの確保をしておく
    ・雨で増水した川や、崖の近くなど危険な場所に近づかない

    配信10/21(土) 11:57
    ウェザーマップ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00010001-wmap-soci

    引用元: ・【台風21号】22日に沖縄接近 総雨量800ミリ超えも 大雨への備えを万全に

    【台風21号 22日に沖縄接近で選挙にも影響 今後の進路は】の続きを読む

    このページのトップヘ